カテゴリー「プロレス」の記事

2017/03/13

賛否両論は当然

 テレビ朝日系で13日未明に放送された日曜エンタ「現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 本来、12日午後8時58分のゴールデンタイムに放送されるはずでしたが、生中継されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)「日本対オランダ」がおよそ5時間に及ぶ死闘となり、試合終了が11時54分。プロレス総選挙の放送が深夜0時13分からのド深夜にずれ込んでしまいました。
 そんな中での4・8%は大健闘といえますが、プロレスにとっては約30年ぶりのゴールデン復活だったので、仕切り直してきちんと放送してほしかったという思いも残ります。番組がなかなかの力作だっただけに、もったいないというか。
 実際、見ごたえがありました。代々木競技場にリングを設置し、新旧のスター選手、プロレス大好き芸能人、客席のプロレスファンで熱気があふれます。ランキング20位のほか、名勝負や華麗なパフォーマンスの数々、レスラーによるレスラー評、豪華なゲストOBなど、プロレス全盛期の面白さがよみがえる2時間でした。(後略)
 (17'3.13『日刊スポーツ』

当日は昼からしっかりお酒を飲んでいたため、例に漏れず自分も次の日に録画鑑賞であった『プロレス総選挙』。

弘明寺“プロレス道場”経由で投票アンケートが回ってきたり、同店でロケが行われたりと以前からその情報は耳に入ってきていたのだけれども、「主に女性に参加してもらいたい」というスタンスやテレビ朝日が制作するという部分で内容が偏ることは容易に想像できた。

そして視聴した率直な感想は、

「ベスト20じゃおさまり切らない」
「現役レスラーと鈴木奈々がいらないかった」
というイメージだった。


やっぱりOBと現役は別のランキングにするべきだったし、カツカツのプログラム内にミーハーなタレントによる足りないガヤはジャマでしかなかった。


以前同テレビ局で制作された『声優総選挙』の時は、錚々たる大御所声優陣を抑え、下の世代ながら誰もが認める天才でありスーパースター・エンタティナーでもある山寺宏一氏が1位を獲得し、過去と同時に未来のあるランキングとなったが、今回はそうならなく残念でもあった。


しかしながら結局負けじと自分で“自分的プロレス総選挙ベスト20・レジェンド版/現役レスラー版”を考えても考えても、朝から考えたってまとまらなかったのだから、こうやってムリヤリでも何か1つの結果として業界を盛り上げるきっかけを出してくれたことには純粋に賞賛をおくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

実のところ誕生日は2月29日(うるう年)

歌舞伎町スタンリークラブにて今夜は、HEAT-UP魔界錬闘会ガッツワールド等インディープロレス団体各所でリングアナウンサー・場内実況・音響・制作などで絶賛活躍中の弥武芳郎氏のバースデーナイトだった。

ファンも関係者も「やぶさんいつもありがとうございます!」といってしまうやぶさん


今、このタイミングで、今だからこそ、やぶさんに聞きたいことは、プロレス業界の裏話…なんかではなく…

“ファイプロの新作はどうなるのか”


突如として謎の“ファイプロ風”動画がスパイクチュンソフト側から発表されたことを受け(「ついにきたか」と業界沸騰中)、元スパイクのプランナーだった彼に対してこれに尽きるというものだ!


が、結局…

「(内容に)期待せず待つことにしましょう」

ということに落ち着いた。


色々とすっかり様変わりしてしまう前のかつてのゲーム業界の話をうかがうと、もちろん今のゲームはスゴいものだけれども過去のゲームも、ドット職人に代表される今とは異なる技術力や、何より「(採算度外視で)つくりたいものをつくる!」というその現代以上の情熱があり、スゴかったのだなぁ…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/27

“此処でしか魅られない戦いがある”

「此処でしか魅られない戦いがある。」

浅草友人会興行。

浅草友人会興行


葛西純伊東竜二が同じリングに上がる”

これだけで新木場1stRINGがパンパンになるんだから、まだまだデスマッチには、プロレスには、夢がありますなぁ!


Slipknotが流れた瞬間「そうきたかー!」とそのカードに唸ったメインイベントは、役者が揃って大興奮だった。

対峙する葛西伊東

待つクレイジーモンキー

織姫と彦星


居並ぶ045邪猿気違's…

やっぱり絵になる

団体対抗戦だと思ったら


1秒でも長くこの光景を眺めていたい!

いつもの技も葛西氏が食らうと!

“ひどいことする”邪鬼よ、帰ってこい!

充実

伊東正岡組も意外といいビジュアルでした

ガラスボード被弾は伊東

葛西氏人一倍血みどろ


そして試合を征した正岡は改めて、「(デスマッチドラゴンとは)組むより戦いたい。いつか挨拶に行くから。」と宣言。

しかしそれをクレイジーモンキーが遮り、「遠距離恋愛中」の伊東・沼澤にラブコール!

背中で語る

大復活!


最高かよ!


その他にも三代目血みどろブラザーズの登場や、団体を背負い一騎当千に単身出陣する吹本賢児、充実ぶりをみせる宮本裕向竹田誠志など、

いい面構えになってきた2人

いざ出陣


これからはじまる大日本プロレスのデスマッチリーグ戦、そしてFREEDOMSのタイトル戦線、さらにはこれからのデスマッチ業界の序章のような興行で…

選手たちはそんなんじゃないと言うかもしれないが、何か、

“春の訪れ”

の兆しのようなものを感じたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

プロレスと競馬

“プロレス” と “競馬”

は、それこそレスラーとサラブレッドと対象は異なるが、その生涯を戦いに費やす生き様や、師弟や血統の脈々と継がれる大河ドラマ的流れなど、ドラマチックな共通項が多く両者にかぶさるファンも多いため、

「競馬やったら?プロレスファンなら絶対楽しめるよ!」

と方々でずっとすすめられていたのだ。


今日ついに、なじみの弘明寺“プロレス道場”店内ですすめられるがままにG1『フェブラリーステークス』を予想することとなり、前日から競馬新聞やネットで情報を収集し(「競馬新聞の読み方」からはじめた)、色々と勘も働かせた結果…

にわかに活気づく店内…!(午後3時)


見事三連複的中!


ザ・ビギナーズ・ラック!

…100yenに止めずもっと投資しておけばよかったァ…。

みんなで応援する競馬中継は大盛り上がりだったし、何よりこうなってしまうと(馬にではなく金に)欲が出てしまい、「また次も…」となってしまうというものだ。

3-9-10!


今日はお願いして普段より早く、お陽さまの出ている時間からお店を開けてもらい、家族と来店。

マスターや奥さま、そして常連という名の飲み仲間たちにまで気を遣っていただき、わがこは情報溢れる店内に目を白黒させ、およめさんは去年からその味を恋しく思っていた名物・有刺鉄線電流爆破チキンに舌鼓を打ち、みんなで満足の1日となった。

おいしくいただきました

こちらがかの名物です

ここの奥さまはホントによくできた人です


それにしても、昼からお酒飲んで、競馬予想して、プロレスのことああだこうだ語るなんて…

これが社会人の正しい休日じゃい!

わがこには父の背中を見ず育ってもらいたいものだ。

締めは豚汁!(これもとってもいおいしかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/17

おかえりジョー!

昨年、突如悪性脳腫瘍に冒され欠場を余儀なくされた全日本プロレス、ジョー・ドーリング。

今年はじめにその病を克服し復帰をはたしたというニュースを耳にしていたが、病気が病気のためかつてのようなファイトはもう見られないだろうと勝手に思っていた。


しかし今日後楽園ホールで見たジョーの姿は…絶好調!

この2人は怖過ぎる


一度辞めた全日本にリターンしてきたKAIを前に、そしてその厚顔さに怒りを湛える諏訪魔を横に、さらに客席にはフラリと現れた大仁田厚を見下ろし、誰よりもホールを熱くさせていた!

ホールに響く「ジョー」コール!
そしてぶっ飛ばされたKAIは脳震盪で途中脱落…!

KAIは完全に存在を消される結果に…


その姿はむしろ欠場前より調子がいいのではないかと思うくらいの暴れっぷりであった。

ジョー、完全復帰だ!

しかも動ける!


彼はデカくて動けて強くて怖い、全日本プロレス優良ガイジンレスラーの系譜を脈々と注ぐ存在。

やっぱりここのマットには彼がいなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

極寒の地から

大日本プロレスの上野大会が今年に入って土日にも開催され、ついに足を運べることとなった。

不忍池


いやァ…

それにしても…

さーーーーーむかったーーーーー!

ほぼ外ですから


昼間は「思ったよりもあたたかいかな…」なんて思っていたのだけれども、お陽さまが沈みはじめてから急冷却。

それからはとにかくもう寒くて寒くて…試合にも集中できず、このまさに底冷えというものに耐え忍ぶだけであった。

興行後電車に乗っても寒さは抜けず、なじみの飲み屋さんにかけ込んでいつもの「とりあえずビール」が「とりあえず熱燗」となるのであった。


この状況下で氷まみれの池が戦場の“シベリアンデスマッチ”を戦うレスラーがいたり、会場全体がズブ濡れとなる“ポセイドンマッチ”を嬉々として観戦するファンがいるというのだから(明日開催)…

かつて伊東竜二が言っていたように、ホントにこれは、

「現代に蘇りし奇祭」
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/10

30分の重さ

大日本プロレスの平日開催の後楽園ホール大会が今年から19時開始→18時半開始になり、(18時上がりの)サラリーマンにはシンドくなった。

特に昨今のように興行がパッケージングされる中、仕事終わって職場飛び出してどんなに急いでもそれを頭からみることができないのは辛いものがあるというものだ。


しかも今日の興行は、

第1試合にイチバン下の若手が出場し、
SOS×ヤンキー2丁拳銃の素晴らしい試合があり、

3月からのデスマッチシングルリーグ戦の機運が高まり、
神谷英慶×将軍岡本という新たな因縁が芽生え、

そしてメインは“一発”“一瞬”の緊張感のある、最近のストロングBJとはまた一線を画した名勝負、

…と、とてもいい大会だったために、その思いはますます強くなったのであった。


休憩や全試合終了後に、ファンも団体側も余裕を持てるのはいいことなのだけれども…やっぱり、ねェ。

人

間

風

車

!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

ロッキンポ10th

2017年1月20日はプロレスラー竹田誠志・デビュー10周年記念日!

と、いうわけでその当日、地元町田で記念イベントが開催。


会場の“町田ヒットパレード”は超満員札止め!

次々と消費されるお酒、使用コスチュームオークションの高騰、雷雲の如くたかれるフラッシュ、開かれるシャンパン…
異様な盛り上がりを見せた夜であった。
町田に金の雨が降ったぜ!

めでたい!


普段ネガティブモード全開で、

「そろそろ引退です…」
「3年後生きてるかな…」

なんて言ってるクレイジーキッドも、今夜は大勢のファンのプレッシャーにあてられたのか、

「15年周年、20周年とできるようにがんばります!」

と叫んだ。


それを証明するかのように早くも初夏のアメリカ遠征が決定。
かの“ザンディグ”杯を争うという。

そして地元で興行開催の夢も控えている。


11年目からも同様に壮絶なファイトをみせてくれることだろう。


改めまして10周年、オメデトーゴザイマス!
\ロッキンポ!/

11年目は勝負の年!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/15

餅つきの神のお言葉

先の木曜日、横浜プロレス酒場YAMARYUで開催された“ピッサリナイト”。

首回りが太すぎて小剣の短いネクタイで決めた(この現象めちゃくちゃカッコイイ)岡林裕二が、その怪力で「生搾り“ゴーレム”レモンサワー」をふるまう夜であった。

レモンの繊維の1本1本まで絞る!


そこで聞いた“お餅つき”の話。

プロレス入りの前、自衛隊時代によく餅つきをしていて、そこで鍛えられた。

餅つきは決して力ではない、コツがある。

それをつかんだ今、永遠に餅をついていられる(!)


と、いうわけで、明けて明けて明けて日曜日、

大日本プロレスの道場イベントにて、コレを見ないと新年がはじまらない!
そんなプロ餅つき士・岡林裕二先生のお餅つきに、今年も立ち会うことができた

相変わらず素晴らしかった。

神の鉄槌

ちゃんこもおいしかったです

よし、新年だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

私のプロレス2016

1年前60いくつだった私の、2016年のプロレス観戦数は46。

家族が増えて観戦数も増えてたらさすがに怒られそうなので安心した。

コチラが内訳


数年前まであれだけ足を運んでいたNOAHアイスリボンに、ついに行かなくなった1年だった。

また嘱目が向く日が来るのだろうか。
向かせてもらいたい。


そして、今年もそれらをふり返りながら、『ネットプロレス大賞』に投票した。

以下は私の投票。(各賞内、上掲載が上位)

〈MVP〉------------------------------
○宮原健斗(全日本プロレス)
団体の顔であった諏訪魔の欠場・団体のピンチを見事に守り切った。
復帰した諏訪魔にも勝ち時代をゆずらず、完全に全日本のエースとなった。

○石川修司(フリー)
DDT・大日本での八面六臂の活躍は、実績・インパクトと共に素晴らしかった。

○内藤哲也(新日本プロレス)
年明け早々の中邑やAJの抜けた穴を完全に埋めた。
よくぞここまで盛り返しスター選手になったと感心する。


〈ベストバウト〉------------------------------
○那須晃太郎×竹田誠志(8月7日/那須晃太郎自主興行/TAKESHIBAコロシアム)
実のところこの試合はチケットを買って会場に足を運べなかったのだが(わがこの誕生を見ていた)…
観戦した友人の感想やその熱量でベストバウトと確信した。
撮影も入っていなかったため幻の名勝負、思い入れのたくさん詰まった初対決。
「もぎってないチケットは、記念すべき日としてお子さんのアルバムに貼ってください。」(ナスリン)

○宮原健斗×関本大介(5月25日/全日本/後楽園ホール)

〈カコキジ〉「動かず…」(16.5.25)

団体内で防衛を重ねた宮原が、いよいよ外敵を迎え撃つこととなった最初の試合。
この壮絶な一戦を制したことで彼が本当のチャンピオン・団体を背負い守ることとなったように思うのだ。

○岡林裕二×神谷英慶(7月24日/大日本/両国国技館)

〈カコキジ〉「ひたむきにひたすらに」(16.7.24)

強い強いチャンピオンに何度も倒されながらも必死に食らいつき、ついに花を咲かせた…神谷の姿には感動させられた。
純粋に試合だけみても好勝負だった。


〈最優秀タッグ〉------------------------------
○関本大介&岡林裕二
世界タッグにBJWタッグ、そして最任タッグリーグ優勝…文句なし!
前回のプロレス大賞受賞時より、岡林が成長することによって完全無欠のチームになった。

○ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
2016年の新日本を支えたムーブメント。

○GET WILD(大森隆男&征矢学)
祝・復活!
『アメトーーク』で話題になった直後の別れはとにかくもったいなかった。
また凸凹な旋風を巻き起こしてもらいたいものだ。


〈新人賞〉------------------------------
○橋本千紘(センダイガールズプロレスリング)
才能や将来性だけじゃなく、早くも出してしまった結果…スゴい新人だと思う。

○野村卓矢(大日本プロレス)
甘いマスクとリング上でのアグレッシブさ、そのON・OFFは若手とは思えない。
久々に“スターの原石”が出てきた感がある。

○カサンドラ宮城(センダイガールズプロレスリング)
そのブレない特異なキャラクターは、すごく頭のいい人なんだなと感じさせる。


〈最優秀興行〉------------------------------
○超戦闘プロレスFMW/2月26日後楽園ホール大会

〈カコキジ〉「FMWがあった。」(16.2.26)

ベテランたちがプロレスにしがみつき、人生をさらけ出し必死に叫ぶ。
その光景は決して時代遅れでも拙くもなく、ただただ熱かった。
「今さら大仁田」「今さらFMW」と思いながら足を運んだ自分を恥じるくらいに、その変わらぬメッセージに心をうたれた。

○新日本プロレス/1月30日後楽園ホール大会
中邑真輔壮行試合。
チケットのプラチナ化など、発表時発売時から盛り上がりがスゴく、「新日本もここまできたか!」と興行前から興奮を覚えた。

○亜利弥’20周年記念興行/1月8日新木場1stRING大会
乳がんステージ4の宣告からリングに上がった亜利弥’の興行は、レスラーの覚悟と人間の生きる強さを教わった。
興行後、プロレスに・感動に触れることによって本人がみるみる元気になって今現在に至る、という逸話も素晴らしい!


〈最優秀団体〉------------------------------
○新日本プロレス
文句なし!
直後はさすがにあったが…数ヶ月後には中邑・AJのショックを払拭し、その不在を興行で感じさせなかったというのがスゴい

○大日本プロレス
デスマッチとストロングの両輪が回り出した。

○超戦闘プロレスFMW
上記の通り感動させられたから。
プロレスはやっぱり流行り廃りではないのだ。


〈最優秀プロレスを伝えたで賞〉------------------------------
○蝶野正洋
今や世間にプロレスを届けている先鋒。
大みそかの“ビンタ”は毎年心から楽しみにしている。

○新日本プロレス・ライオンマークTシャツ
あのTシャツだけでなく、子供服などにも展開され…
昔からあるマークが・アイテムが、時代遅れにならず今のカッコいいものとして扱われている、これってスゴいことだと思う。

○博多大吉
ただの懐古主義者ではなく、昔も愛し、今のプロレスもしっかりとチェックしている、芸能界のプロレス伝道師。


色々あった昨年、でも業界内のパワーバランスは数年間ずっと変わっていないように思う。

今年はこれを崩してもらいたい!

どこかがやるのか、どこかがやらかすのか…とにかくそんなことを望んでいる。

8.7決戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧