カテゴリー「プロ野球」の記事

2017/07/06

そうそう、こういうのが見たかったのだよ

久しぶりに横浜スタジアムへ行った。

ベイスターズ×タイガース

「ヨコスタ」と言います


中谷→原口の連続HRなどで阪神が16安打10得点。

投げては今年ついに覚醒した秋山が試合をつくり、終わってみれば5-10の完勝だった。

フレー、フレ、フレ、フレー


この満足感…それだけ目の前で勝ち名乗りを受ける猛虎の姿に飢えていたということか…。

おかげでビールもおいしかった!
オリジナルクラフトビール…DeNAがスポンサーになってここはホント変わったものだ。

ラガーももちろん飲みました


ペナントレースももうすぐ折り返し地点。
阪神は開幕から好調だったベテラン勢が調子を落としてきている今、やはり若手の奮起が待ち遠しいものだ。

1人、誰か1人でいいから、頭一つ抜きん出る存在が出てきてくれれば…
そこから同世代は切磋琢磨し、上の選手は尻を叩かれ、相乗効果でチームに勢いが出ると思うのだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/30

待ってるぞ西岡

 2005年にスタートしたセ・パ交流戦も、今年で13年目を迎える。「リーグの威信をかけた戦い」とも称される交流戦だが、これまでの通算対戦成績を見ると、セ・リーグの821勝に対して、パ・リーグが925勝(引き分けが54)と、パ・リーグが優位。年度別の成績を見ても、12年間でパ・リーグが11度の勝ち越しと、パの独壇場と言わざるを得ない状況だ。
 今年はセ・リーグの巻き返しはあるのか。さらに、現在上位をキープしているチームはその座を守れるのか。逆に低迷球団の浮上のきっかけになるのか。個々の対決も含めて、交流戦の見どころを探る。
 セ・リーグの逆襲の鍵を握りそうなのが阪神だ。金本監督が2年目を迎えたチームは、ゴールデンウイークの広島との首位攻防戦に3連勝して首位の座に立った。その後は交流戦前の3カードで、いずれも負け越して2位に転落したが、チーム防御率2.86は12球団トップを誇る。昨季の交流戦成績が防御率0.82で、今季もリーグトップタイの6勝をマークしているメッセンジャーを中心とした先発陣に、マテオ、ドリスのリリーフ陣も好調で、パの強力打線にも対抗できそうだ。打線も今季FA移籍した糸井嘉男を中心に福留孝介、鳥谷敬のベテラン勢が好調で、高山俊や中谷将大、原口文仁などの若手も力を付けている。
 ここ8年間の成績はいずれも6位以下と、交流戦を苦手としている阪神だが、今年は日程面でも有利な状況にある。一昨年から18試合となり、ホームとビジターの3カードずつとなるが、敵地でのオリックス戦が地元の大阪ドームで行われるため、遠征は千葉と福岡の2回のみとなっている。交流戦期間の3週間のうち、2週間を地元に腰を据えて戦うことができるアドバンテージを生かしたい。(後略)
 (17'5.30『AERA dot.』

阪神タイガースの調子がいい。

何と言っても鳥谷・福留・糸井のベテラン勢。

きっと彼らをけしかける若手の突き上げがあってのことだろう。
まさに両輪回ってるー!


毎年交流戦が始まる時は「(パ相手に)星の配給か…」と憂うつに思っていたのだけれども、今年は「どこまでやれるか!」ととても楽しみに思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

いざ開幕

 野球日本代表「侍ジャパン」の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕。日本は1次リーグ初戦でキューバに、14安打11得点の猛攻で乱打戦を制した。
 初回、2死二塁から4番・筒香(DeNA)の右前適時打で先制。先発の石川(ロッテ)が4回2安打1失点で試合を作ると、五回には松田(ソフトバンク)の3ランを含む打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。七回に2番手・則本(楽天)が3失点し、3点差まで詰め寄られたが、流れを引き戻したのはまたも4番だ。
 2死一塁で打席に立つと、3ボール1ストライクから5球目。内角高めの直球を狙った。見逃せばボール球だったが、フルスイングした打球は大きな弧を描き、ゆっくりと右翼スタンドへ。ダメ押しの2ランになった。
 八回に2点を返されるなど、キューバに最後まで粘られたが、裏の攻撃で松田が4安打目の右前適時打。3ランを含む4打点の活躍で勝利を決定付けた。このリードを平野(オリックス)-秋吉(ヤクルト)-牧田(西武)が必死に守り抜き、日本が大きな1勝を手にした。
 開幕戦を乱打戦で制した小久保監督は「独特の緊張感でスタートして初回の菊池のプレーが大きかった」と初回無死一、二塁から好守で二ゴロ併殺に仕留めた菊池(広島)のプレーをたたえた。続けて「8番の松田もよく返してくれたし、守りで青木のプレーも大きかった。今日のことは終わりなんで。全部勝って2次プールに行かないといけないんで、明日も勝ちます」と次戦に目をやった。
 8日はオーストラリアとの第2戦。弾みを付け、日本はエース・菅野(巨人)で連勝を狙う。
 (17'3.7『デイリースポーツ』

「またいいようにMLBに搾取されて…」とか、
「こんな時期にムリヤリ調整してシーズンに影響出たらどうするの…」とか、
「フルメンバーじゃないし」とか、

何かと今まで冷ややかな視線を送っていたWBCであったが、いざ開幕してしまうとやっぱり、

「日本代表には負けて欲しくない!」
と、応援してしまうというものだ。


監督が焦っていたのかそれとも何も考えていなかったのか全てその場のノリだったのか、テレビ解説陣も苦言を呈するほどだった後手後手の継投策…
その采配を選手個人個人が己の力量でカバーしなんとか勝利をおさめた、そういった印象の初戦であった。

とどのところつまり、戦略的課題は山積みということだ。


筒香に松田、小林と、目立った選手はたくさんいたけれども、やっぱり今夜は菊池涼介、この人に尽きるだろう。

再三のチームのピンチを救い空気をガラリと変えた華麗で鉄壁の守備、これぞまさしく日本のプロ野球の素晴らしさだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/25

当たらない例のアレ

プロ野球開幕!

直前に業界から悪いニュースばかりが報じられてしまったので、あとはもう選手本人たちがグラウンドのプレーで返すのみ。
真摯に、がんばってもらいたい。


と、いうわけで、毎年やんわりとしてみるものの絶対に当たらない、2016順位予想!

【セ・リーグ】
1.スワローズ
2.タイガース
3.ジャイアンツ
4.ベイスターズ
5.カープ
6.ドラゴンズ

【パ・リーグ】
1.ホークス
2.ファイターズ
3.マリーンズ
4.ライオンズ
5.バファローズ
6.イーグルス

実力揃いのパリーグが本当に難しいわからない。
3位〜5位なんて特に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/19

若き監督

 野球の国際大会「プレミア12」は19日、東京ドームで準決勝1試合を行った。世界ランキング1位の日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)が韓国(同3位)と対戦、先発の大谷(日本ハム)が7回11奪三振の力投を見せたが、救援陣が九回に打ち込まれて3-4で逆転負けし、優勝はならなかった。
 魔の九回だった。日本は継投が後手に回って3点のリードを守れず、まさかの逆転負け。小久保監督は「(九回に猛攻を見せた韓国の)流れを止められなかったのは僕の継投ミス」と悔しさをかみしめつつ責任を認めた。(後略)
 (15.11.19『毎日新聞』

その時々の選手の調子や、経験、そして対戦相手との相性などは全く関係なく、自分が名前をよく知る選手を並べて、決まった順番決まった場面で出していって、全てをグラウンドに任せっきりだったような…

「ここでコイツが打ったら(抑えたら)、ドラマティックだよなぁ!」采配だった。


あれだけのメンバーがいながら、ただただ監督の若さが出てそれが足を引っ張ってしまったという結果になってしまった。

今後も小久保監督が国際大会の監督を続けるというのならば、何よりこの大会の反省を大いなる糧にしてもらいたいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/15

ダメだこりゃ。

神宮球場阪神タイガース戦へ行った。

トルクーヤ


相手の先発館山を前に、毎度ヒットは出るもののその後が続かない。

こういう展開って、3回くらいまでは、
「おっ!今日は打線調子いいぞ!」
って思うのだけれども、

さすがにそれが4回5回と続いてくると、
「何やってんだよ!攻めあぐねてるだけじゃないか!」
って気付くもの。

福留何やってんだよ…


こうして点が入らないとヤキモキしていると、気付けば点を取られていて…

ミスも連発し…

最終的には替わった若手中継ぎ陣が崩壊し、大量失点…


打てない・守れない、全くいいところがない、ストレスだけが溜まる完敗であった。
「来なきゃよかった…。」

こんなぶざまな試合やっていて首位なのだから、やっぱり今年のセ・リーグは、おかしいよなァ。

花火だけは楽しみました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/07/24

野球のテーマパーク

カブレラ地蔵設置ぶりくらいに西武“プリンス”ドームへ行った。

電車を下り、みんなが一斉に向かう正面改札、そこをくぐると広がる、球場や出店、そしてそれらを彩るフラッグや球団広告…
西武球場前駅のこのリゾート感・テーマパーク感はやっぱりワクワクする。

陽が長くなりましたね

世の中ガチじゃねーことなんてねーんだよ!

イエロー


人工芝の広場のようになっているドームの外野自由席は、のんびりできてとてもいい。

レジャーシートにお弁当やお酒を広げて、家族連れやグループで楽しめる。

今夜は寝転がりながら、おかわり選手のメモリアルおかわりを目撃。

西武ドームはホームが三塁側


さらに試合後は、急遽グラウンドを開放!

フワフワの人工芝、強烈な照明、グルリと囲むスタンド…
野球選手が体験しているモノの一端を味わえて、とにかく感動した。

みんなで走り回って、転がり廻って、
エアバックホーム!
エアフェンス際の魔術師!

すごく楽しかった。

走っても走ってもヒザが痛まない!


今日はライオンズの提供する環境とファンサービスに、脱帽させられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/07/04

6弱

 セの首位争いのバカバカしさが頂点に達した。3日の広島戦でヤクルトが1-7の惨敗。借金1となり、首位の座から転落……と思われたのもつかの間、2位阪神がDeNAにサヨナラ負け。何とか首位をキープできたものの成績は37勝38敗……。つまり、セは全球団借金というプロ野球史上初の珍事となったのだ。
 理由はセ・パの力の差にあることは言うまでもない。交流戦でパに蹴散らされ、球界の借金はセばかりに押し付けられた。ちまたではサッカーに倣って「2部リーグ」なんて呼ばれているが、彼我の差を考えれば紛れもない事実だろう。
 もっとも、セ球団のファンは「借金リーグ」大歓迎だ。なにせ3日現在、1位ヤクルトから5位広島まで0.5ゲーム差。最下位中日を含めても4ゲームというダンゴレースである。どこが優勝してもおかしくないどころか、明日にはひいきのチームが首位に立っていることもある。勝てばうまい酒が飲め、負ければ「次の試合こそは!」と応援する手にも力が入る。(後略)
 (15.7.4.『日刊ゲンダイ』

ベイスターズの没落やセリーグの混戦を笑っている場合じゃない。

まさに「人気のセ・実力のパ」極まれり。

さすがにここまで実力差が出てしまうと、ひいきチームの勝った負けたに一喜一憂しているのではなく、少しは恥ずかしく感じなければと思うのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/24

いよいよ

いよいよプロ野球も開幕。

そこで私の、2015ペナントレース予想!

【セ・リーグ】
1.タイガース
2.カープ
3.ジャイアンツ
4.ベイスターズ
5.スワローズ
6.ドラゴンズ

【パ・リーグ】
1.バファローズ
2.ホークス
3.ファイターズ
4.マリーンズ
5.ライオンズ
6.イーグルス

フレー、フレ、フレ、フレー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/11

日本の稲葉

北海道日本ハムファイターズ東京ドーム主催試合へ。

稲葉篤紀に、会いに。

イナバ!イナバ!


もちろんヤクルトの稲葉、日ハムの稲葉であるけれども…
WBC、そしてオリンピックで日の丸を背負って戦ってくれた、日本代表の稲葉でもあったわけで、たくさんの興奮をもらった彼の、東京で見る最後になるかもしれない勇姿は見ておきたかったのだ。

満員の外野席で稲葉ジャンプができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧