カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017/11/12

安心安全健全な町・狛江

大阪から急いでおらが町狛江に帰る。

今日は市挙げての年に1度のお祭り、“狛江市民まつり”だからだ。


11時発の新幹線に飛び乗り、午後2時半くらいにすべり込んだ会場は、大にぎわい。

小学校会場

市役所会場


しかしすでに所々終了している出店やイベントが…
そう。ここの祭りは朝9時に始まり午後3時半には終了する健全なものなのだ…。

お店の準備もあるからね…?


そんな安心安全都市狛江で、来年、数年ぶりの花火大会が開催される。

今日も(あったんだ)観光協会の方たちが宣伝や募金活動に勤しんでいた。

お金くれ!


きっと狛江らしいつつましやかな大会になるだろう。
楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

Osakaの魔力か

と、いうわけで、大阪に遊びに行った。

Twitterとプロレスがきっかけで出会った各地の友人たちとの定期会合だ。


高速バスを降りたらドッと疲れが出るからそのままサウナへ、と思っていたのに雨上がりの大阪の爽やかな空気で目が覚めてしまい、欲張ってホテルのチェックインまで歩くことにした。

すぐさま本日の遊びどころミナミに移動して、グルグルグルグル…

コテコテの


魅惑的な光景を探したり、

楽しそう

日本橋にて


いつもプロレス遠征に行く度お土産を買ってきてくれる観戦仲間へのいよいよのお返しをさがし回ったり。

大阪にしかないウワサの高級ポッキー


食事はモーニングと、きつねうどん。

なんば地下の“若松”

安くて早くてうまい


“天政”は老舗でこの店構えなのに店員さんがみんなチャキチャキしていて丁寧で、全然敷居高くしていないところがすごくステキだった。
ネギもたくさんだしね。

いーいお店でした


東京だともう少し欧米人の割合が多いイメージだが、ここはアジア系の観光客でいっぱいだった。


14時に堺筋のホテルになだれ込み少し休憩した後、ついにメンバー集合。

日が傾くにつれ気づけば周りの商店街の飲食店方々に行列ができはじめる。
串かつの定番“だるま”も大行列!

1時間ほどで出てけと言われる…

まだ夕方だよ!


相変わらず元気な街だった。


すっかり油臭くなったままプロレス観戦(久しぶりのNOAH)して、

2年8ヶ月ぶり


居酒屋でお造りつつきながら興行をふり返り、

食べ過ぎ


その後は我々もこの街の元気さに負けていられないというかのようにギラギラとしたネオン街になだれ込む…!

豪遊の入り口



……

………!


気づけば朝。

“金龍”で朝ラーして、それぞれ車・飛行機・新幹線と別々にそそくさと解散。

ド定番

ドラグーン


怒涛の1日になったのであった。


遊んだ!
とにかく遊んだ!

向こう3ヶ月はおとなしくしないといけないくらい遊んでしまった…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

マナーが悪いのは年寄り

初秋の名古屋→新宿の高速バス移動が思ったよりも苦無く済んだので、気が大きくなり、今度はそれで大阪まで行ってみることにした!

もちろんバスは激安(6,900yen)4列シートだ。


乗り場であるバスタ新宿近くの歌舞伎町で、出発の30分前までお酒を飲んで準備万端(睡眠欲向上のため)。

24時のバスタ待合所はそれでもたくさんの人であふれていた。

みんな旅人


24:10、出発5分前に呼び出しされてのこのこバスに向かうと…やっぱり大学生くらいの若い男女でいっぱい。
どうやら私が目的の梅田の後にUSJまで行く便で、それが目的の子が多かったようだ。

こんな遅くでもまだまだ便があるんですね


遠慮して最後に乗り込んで、遠慮して大きなカバンを足元に置いて座ったら、狭い!

でもまぁ窮屈ながらなんとかガマンできるかなとなりの若くて細身の男の子も静かだしと思っていたら、途中池袋から乗り込んできて私の前に座ったオッサンが、ありえないくらいにリクライニングを倒してきてギュウギュウに!

それから明け方に土山のSAに着くまで、全く動けずヒザが痛かったりおしりが痛かったりで寝たり起きたりのシンドいシンドい6時間を過ごすのであった…。


高速バスのような20代くらいの若者が多いサービスを利用すると、やっぱり公共のマナーを守らないのはそれより倍くらいの年寄りだということが如実にわかった。

先ほどの私の前のオッサンは何も言わずにリクライニングをデーンと倒すや否や、すぐさま車内中に響き渡る音でいびきをかき始めた。

斜め前に座っていたオッサンは消灯後の真っ暗な車内でいつまでも煌々と光るスマホをいじり続けていた。


迷惑なのはみんなオッサン。
そしてみんな私に影響を及ぼしていた。

今回は不幸だったと思うしかない。
でも周囲の人間環境で全てが決まる、これが高速バスという乗り物なのだろう。

お世話になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

年の瀬

渋谷の酉の市。

シブヤっぽいでしょ?

幅広い客層


気づけば迫り来る年の瀬を感じ、相変わらず実りのない1年間に、無性に焦り、無性に寂しく、無性に虚しく、感じるものだ。

シャンシャンシャン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

パクつく

8ヶ月ぶりに鎌倉へ。

鶴岡八幡宮は1日に何組入れているのかというほどの、入れ替わり立ち替わりの結婚式ラッシュだった。

順番待ち


それにしても今日はお日もお天気もよくてよかったですね(新郎新婦たちへ)。

お守り買いました


夜は当然のごとく家族でお世話になってる和田塚の“花ごころ”へ。

\サザエ!サザエ!/

ビビンビ〜ン


前回おじゃました時と変わらず歩けぬわがこであったが…成長しているところが1つあった。

それは、そこそこ大人と同じものを食べられるということだ!


と、いうわけで、買ってきたベビーフードを食べた後だというのに、花ごころ名物のサザエご飯(今夜は特別チャーハン)をパクパク、パクパク。
周囲が目を見張るほどの食欲を見せていた。

特別メニュー

誰よりも食べる


おいしいもんね。
お腹ポンポコリンになってるけれども、今夜は仕方ない。


たくさん食べさせてもらって、たくさん遊んでもらって、元気な祝日となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

さぁ!あしたは横浜マラソン!

10月29日は“横浜マラソン”!

前身のハーフマラソン時代は毎年参加していた(先着順エントリーだった)自分が、フルマラソン化3年目にしてついに高倍率の抽選に勝ちエントリー

意識低い系市民ランナーながら特に今月は自分的にがんばって調整してきて…
いよいよ大会があしたに迫った今日、ゼッケンを受け取りに赤レンガ倉庫で開催されている“横浜マラソンEXPO”にいざ足を運んだ。


会場入り口の大きな看板がいやが応にもテンションを高め気合いを入れてくれる。

気合い入るぜ!


雨でさしているカサをジャマだな〜ジャマだな〜と思いながらそれをカメラにおさめていると、向こうの方からスタッフの張り上げる声が…

「あしたの横浜マラソンは中止になりましたー!」
「あしたの横浜マラソンは中止になりましたー!」

…。

寝耳に水


思ったよりも会場の雰囲気が悲観的になることもなかったし、スタッフに詰め寄るようなランナーもいなかった。
これだけ前日前々日くらいから台風直撃のニュースを聞いていたからであろうか。

でもやっぱり、哀しいものだ。

もちろんスタッフ・関係者の負担を考えたら仕方ないのだけれども、せめて当初の予定通り開催可否を当日朝4時発表にして、今晩一晩くらい夢をみせてもらいたかった。

そしてマラソンという競技のシステム上返金のないのはしょうがないとはわかっているのだけれども、こういう事態が起こりうるのだから、せめて参加費は10,000円を超えるべきじゃないと思う。(東京マラソンは10,000円、横浜マラソンは15,000円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/13

住民票を出しつつ生ガキ

狛江市役所内にはオイスターバーがある。

ジャックポット狛江


安いありがちな食堂でもなく、大衆的な飲み屋さんでもなく、
さらには多摩川が観光資源の狛江で突然カキ…ってところが不思議でおもしろいところだ。


“ジャックポット狛江”

広い店内はカジュアルで、場所柄も相まって幅広い客層。
子連れでも大丈夫。

子どもイスもあります


厨房も広くて何でもできそう。

自前の窯があるのでピザやフォカッチャがしっかりしていた。
“地のもの”狛江野菜も扱っているそう。
もちろんお酒もワインからハイボールまでちゃんとある。

そして肝心のカキも、おいしかった…のは、実のところ自分はあまり得意でないので連れの言葉だ。

産地は…えーと…


朝から夜まで開けていてくれるし、とっても使い勝手がいいお店だ。

気軽に行けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

ここにも多摩川

和泉多摩川河川敷で昨年に続き開催された、

“TAMARIBA”

に行った。

いいお天気でよかった


大きな柳の木の周りで、

のんびり寝転んだり
走り回ったり

コーヒー飲んだり
ご飯食べたり

生演奏の音楽聞いたり
犬を散歩させたり
写真を撮ったり

川に小石投げたり
シャボン玉したり
ハンモックで揺られたり

川で水上ヨガをしたり
キャンドルをつくったり

映画をみたり
絵を描いたり

みんな思い思いにゆったりと過ごしていた。

母なる河川多摩川


わがこも河原で石を拾ったり、草むらで葉っぱにふれたり、楽しく自然とたわむれていた。

自立できるようになりました


周辺の地元飲食店などが集い中心となってひらかれたリバーサイドフェスティバル。

多摩川周辺といえば二子玉川ばかりがクローズアップされている中、こうしてここもにわかに異なる方向性で盛り上がればいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/24

最初はグー

ペンギンのような華麗な滑り込みで、今日が最終日の、

“さかざきちはる おしごと展”
へ行った。

キレイな美術館でした

「チーバさんです」


さかざきさんの地元市川で開催。

代名詞のペンギンはもちろん、

ペンちゃん来たよ!

円卓


千葉といえば生誕10周年を迎えた“チーバくん”

出世の歴史

おひとりさまで行ったので顔出せなかった


お父さんが先生を務めていたという千葉工業大学のキャラクター“チバニー”

工


市川市の“クロロとバララ”に“アートくんとメロディさん”、

市川は下町に開発でフタをした隠せないのんびりの町でした


さらには企業キャラクター“カクカクシカジカ”“ニッパーくん”まで大集合。

妙齢

着ぐるみ制作のために依頼があったとのこと


原画にグッズに解説にと色とりどりの展示がされていた。


他にも、たくさん出版されている彼女執筆の絵本やエッセイ本、挿絵を担当した教育本の紹介に、フリーとなる前に担当した水彩画まで。

意外とたくさん

文具メーカーのデザイナーだったんだって


イチバンよかったのは今回に際し書き下ろされたイラストの、制作過程が分かるテーブル。

私物の絵の具やラフが間近で見られて嬉しかった。

uni


こぢんまりとした会場ながら見どころがいっぱいで、彼女のおしごとの多くがわかった。

小さな子ども連れの家族からカップル、お年寄りまで幅広い年齢層が足を運び楽しんでいた。

チーバくん47都道府県侵略宣言


最終日とあってさかざきさんも来場していて、作品の解説で色々なことが聞けた。

「ラフに使うのはuniのBとHB。Hi-uniは合わなかった。」とか、
「動物は得意だけれど風景やカクカクしっかりしたものを描くのが苦手」とか。

JR東日本ノベルティカレンダー


そして最終日とあってグッズはほぼ全滅。

最後に勝ち抜けばサイン入りポスターがもらえるさかざきさんとのジャンケン大会が開催されたのででっかいお土産をと張り切って参加したものの、速攻負けたのであった…。

無念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

祭りに中止はない

3連休の中日でどこもイベントや秋祭り開催の1日だが、あいにくの前日からの雨&台風となってしまった。


私も例年通りだと飲み友達と、

109前で渋谷の鎮守様の例大祭式典を見て→その金王神社にお参り&境内のイベントで遊び→鎌倉にお酒を飲みに行く(終電まで)
というコースを決まって巡っていたのだが、前夜の天気予報の時点で心が折れ、

「神社にお参りだけしに行こう…。」
と、いうことになってしまった。


と、いうわけで、金王神社へ。

晴れていたら絶対にぎわいを見せていたイベント会場も寒々しく、出店者や主催者の心情を心配したりなんかしていた。

ビールも売れないよね…


その後同行のお酒の師匠が宮司さんとお知り合いということで、ご好意で社務所に入れていただきお神酒をいただくことに。

にぎにぎと会が進む中、

「雨降ったねェ…でも私はそんな中ちゃんと式典に行きましたよ。祭り事に中止なんてないんだよ!」

という宮司の言葉が、何にも参加もせずぬくぬくとタダ酒を飲んでいた我々にグサッと刺さったのであった。

たくさんいただいてしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧