カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018/03/25

ダイエー向ヶ丘店はレトロで巨大ショッピング施設のはしりのような雰囲気でステキだった

 東京管区気象台は、24日午前10時過ぎ、桜(ソメイヨシノ)の満開を発表しました。平年より10日早く、昨年より9日早い満開です。東京の満開は1953年の統計開始以来、2002年の3月21日、2013年の3月22日に次ぐ3位の早さです。今年は3月17日に開花後、7日で満開を迎えました。
 (18'3.24『tenki.jp』

土曜日に満開ってことは、サクラをゆっくり愛でることができるのは今週の土日と来週の土日の4日間限り(どう考えたってさ来週は葉桜)…焦るぜ…!

しかしながらそんな状況を控え(先週)ながら発熱するわがこ…。

今日は家族で遠出してお花見する予定だったのだが、彼女が病み上がりのため急遽変更、近場の生田緑地に向かったのであった。

東口にも数本


ここのサクラは場所が限られており、枡形山広場がメイン。

結構な坂道をがんばって登ったそこは、みんなが目指す桃源郷。
たくさんの人で賑わっていた。

お見事


見事なソメイヨシノ。

展望台からの眺めも格別であった。

ライフ


「ほうら、見てごらん!」
「キレイだね〜。」

と、サクラを見上げる母と父の足元で、一生懸命下を向くわがこ。

石を拾っては捨て、拾っては眺め、拾っては我々に渡し…完全に“花より石”状態であった。


そんなに石、おもしろいかね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/17

ついに戴冠

町田駅前のエンターテインメントレストラン・まほろ座MACHIDAにて、昨年開催された“町田プロレス祭り”の番外編が。

石川修司!
竹田誠志!

葛西純!

(司会は)弥武芳郎!

(ゲストは)サイプレス上野!

飲み会あり、プレミアムグッズ抽選会あり、ライブありの豪華なイベントであった。

まちだに集まれ!

その後衝撃の光景が…


初心者でも盛り上がれるライブをみせてくれた有名ラッパー上野氏は、プロレスファンでもある。
熱いレスラーへのリスペクトに溢れていて、周囲のキャリアの低いプロレスファンにも低姿勢で、とてもステキな方であった。


そして急遽店内で勃発した竹田×葛西の乱闘。
グラスにお酒に料理に、カウンターにも客席にもたくさんのワレモノがある店内でところかまわず戦い、終いにゃ画鋲に竹串まで!

お店側との信頼関係を感じさせるイベントでした

まほろ座で流血!


さらに葛西は、

「なんだこれはーっ!」

と叫びつつおもむろに、先ほどまで竹田の座ってたイスに置いてあったBJWデスマッチヘビーのベルトを手にする!

葛西が!
あのベルトを!
手にした!
(さらには腰に巻くフリまでした!)

こんな日がこようとは


もうそれだけで衝撃で、とんでもない夜になったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/15

変わらないことを大切に

桜木町でお酒を飲んだ二軒目でフラリと野毛へ。
市内に住んでいた頃は毎週足を運んでいた街だというのに、前回を思い出せないくらいずいぶん久しぶりになってしまっていた。

あれこれ懐かしみながらバー“旧バラ荘”に行ってみたら…
建物も店主も全く変わらない姿でそこにあって、とても安心したのであった。

歴史遺産


不義理を棚に上げて言うけれども、こういう“いつ帰ってきても変わらずそこにあること”って、飲み屋さんにとってとても大事。


世の中の森羅万象は移ろい、何でも変わってしまうもの。

特殊な野毛という街も例外ではなく、そりゃあ他の街とははやさが違うかもしれないが、ここもぱっと見ではわからないスピードで変わってしまっている。
個人商店のようなチェーン店が進出し、古いように見せかけた新しいお店が増えている。


変わらないことこそが難しい中、必死にそれに抗いつつもさも当たり前のように変わらずそこにあるお店、感謝と共に大切にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/01

あの町が燃えている

と、いうわけで、小田急線完全複々線化でにわかに活気付いている町がある。

それが日本で2番目に狭い市であり自分が在住している、“狛江”だ。


上記に伴うダイヤ改正で、何と今までスルーされ続けていた小田急線準急列車が狛江駅に停車することになったのだ!

このことが発表されるや否や駅には大きな広告が張り出され、市民は「ついに狛江もメジャーに!」「もう『狛江?それどこ?』とは言わせない!」と口々に叫んだのであった!

「あなたも変わる」…


祭りだ!
狛江成りあがり祭りだ!

狛江の快進撃が始まる!


しかしながら「準急」というところが地味なここらしいし、朝のラッシュ時にそれは「通勤準急」というものに変わりそれは今までのように華麗にこの駅を通過するため、サラリーマンなどは思った以上その恩恵にあずかるわけではなく上記の「大きく変わる。あなたも変わる。」なんてコピーのようにいくのかは怪しいところなのだけれども…

まぁでもみんな諸手を挙げて喜んでいるし、これで少しでも狛江が盛り上がるのならいいのかな…。


※狛江的にはおとなりの登戸駅に「快速急行」が停車する、というダイヤ改正の方が実際便利なニュースなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/21

狛江の名店

狛江の名店“ミートステーション”。

地元の飲兵衛たちから愛され、かの『酒場放浪記』で吉田類氏も足を運んだというところである。

「meat」と「meet」


カウンターと、奥にテーブル1つだけの細長い店内はいつもギュウギュウ。

仕事帰りひとり静かに飲むおじさん、大声でしゃべくっているグループ、(狭いので)肩をくっつけ合いながら飲むカップル、まどろんでいるおじいさん、この市に移り住んできた外国人、

年齢も性別も人種も飲み方もバラバラだけれども、でもみんな何となく各々色んなことをわきまえながらそこにいる。


それもこれもマスターのバランス感覚のおかげ。

常連にも一見にもキップよくも優しく、色んなことが円滑に行く雰囲気・店内がみんな仲よくなってしまうような雰囲気をふりまいている。


満卓で入れない新規のお客さんがいたら、

「ちょっと待ってて!せっかく来たんだから寄って(酔って)ってくださいよ!」(マスター)
「お会計!自分今どくからどうぞどうぞ!」(座っていたお客)

ここではこんな自然な思いやりがくり返されながら毎夜毎夜が更けているのである。


料理も、お肉も魚も野菜も新鮮でとてもおいしい。

敷居が高そうに見えて、全くそうでなく懐の深い、ウワサ通りのとてもいいお店なのだ。

何でもおいしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

Go!Go!クワイア・ガール!

地元を愛し、音楽を愛し、歌を楽しむガールズコーラスグループ、“まちだガールズクワイア”の月に一度のお楽しみ「ちいさなディナーショー」@まほろ座MACHIDAの幕開け。

相変わらずのステージでのハーモニーと楽しさ、MC中の元気さとまぶしさと。

ステージは3部制


そういえば今日はバレンタインで、彼女たちからのささやかな贈り物が嬉しい夜であった。

チロリアン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/11

いくべぇが狛江に

青森県を旅していて気に入り、かの地に住み着いたという妖精“いくべぇ”がなぜか我が家に。

最近は北海道も旅するようで、頭にはりりしい函館の星をかぶっていた。


しかしそれを許すはずがない、我が家の怪獣であった…。(奪う)

星を奪ってこのドヤ顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/04

リス→フクロウ

「ポッポ」(ハト)
「パオーン」(ゾウ)
「アァアァ」(カラス)

「ガウー」(ライオン)
「ナー」(ネコ)

と、人間以外の動物への認識もだいぶ進んできたわがこ。

駅前で「ポッポー!」と絶叫


そこで0歳児クラス・りす組からの進級を目前に、かの有名な“町田リス園”に行くことにした。

父も母も同じく初めてのリス園だったので、家族揃ってワクワクしながらバスに揺られ降り立ってみたのだが…

まさかの閉園


 東京都町田市は、市営の町田リス園(同市金井町)で飼育しているタイワンリスの尿から感染症「レプトスピラ」の陽性反応が出たと発表した。実際に感染しているかどうかは未確認だが、1日から休園し、詳しい検査をしている。
 レプトスピラはネズミなどが媒介する感染症で人が感染することもある。発熱、頭痛などの症状があり、重症化することもあるという。
 市によると、同園でレプトスピラ感染の疑いが出たのは初めて。これまでに来園者の発症などの情報はないという。(18'2.5『産経ニュース』


ショック!

向かいの薬師池公園と隣のハニワ公園で遊んで町田駅へとんぼ返りとなったのであった…。

日本庭園的な

謎のハニワ


しかしながら薬師池公園は風光明媚なところであった。

あっ、お花!


そんな我が家を不憫に思い、この地の友人がフクロウカフェに連れて行ってくれた。

“Rapace”というお店には、『ハリーポッター』に出てくるような大きい子から手のひらサイズの小さな子までたくさんのタレントが勢揃い。

凛々しい

手にも肩にも乗ってくれます


猛禽類は攻撃的で人間になつかない、なんてことはなく、みんな店主の言うことをよく聞き、お客さんの肩に乗ったり手に乗ったり、指を甘噛みしたりとカワイかった。そして何より美しかった。

一歳児が行って大丈夫なのかとはじめは心配したが、お互い乱暴なことはせず、わがこもこわばった表情でソフトタッチをくり返しながらだんだんと慣れ、最後はニコニコとしていて、やはり動物の存在は情操教育にいいものだと思ったのであった。

こわごわ


たくさんふれ合って楽しんで地元に帰ってきたら駅前にハトがいた。

いつもだったら「ポッポー!」と叫び追いかける娘なのだが、今日はスルー…さっきまでもっと大きな鳥さんと遊んでいたからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/28

みんな血が繋がってるんだからー!

今日は父主催の親族新年会。

昨年と同じ横浜中華街“同發別館”で。

ここのお座敷個室は、小さな子どもと年寄りと病人のいる我が家にとってとてもありがたくくつろげる。

楽チンです


お店の人もデキる人が多いので安心感がある。


相変わらず絶賛人見知り中のわがこは、会場に着くや否や私に抱きついてしばらく泣き続ける始末。

せっかくじいじやおばちゃんがプレゼントとかお年玉を持ってきてくれたというのに、受け取るものは真顔で受け取って、あとはプイッ…。

オイオイ頼むよしっかりしてよ…親として申し訳ないという気持ちを通り過ぎてかわいそうになってきてしまった。

誰彼構わずいい顔しろなんて自分がそうじゃないから絶対に言わないが、父や母が仲がいい人とか好きな人とかいい雰囲気の人ってのは、早々に感じ取ってもらいたいものだ。

おいしかったオリジナル紹興酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/15

城下町は雰囲気がいい

箱根に行ったら帰りにどうしても寄りたい小田原

小田原といったらお城!

どーん!


が、わがこはその難攻不落の名城に見向きもせずにハトと、そしてこども遊園地に夢中であった。

ハトのが上手


遊園地のおっちゃんたちがとてもよくしてくれた。

トンネル、トンネル


お昼は小田原に来たらどうしても寄りたい“相州鳥ぎん”で、釜飯に舌鼓。

親子


そうしてかまぼこと干物を買ってホクホクで帰路に。

ちなみにこの旅、狛江→←箱根湯元ロマンスカーに乗っても10分しか所用時間が違わないので利用しなかった。
地方に行けば車内も空き座席も広く利用できるし、それでいい。

写真も撮れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧