カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017/09/10

まだ見ぬヨコハマ

大日本プロレス×横浜市商店街総連合会による商店街プロレスシリーズを追いかけると、横浜市内のなじみのない街・商店街・団地へ連れて行ってくれる。

同じ市内といっても広いため、臨港部と内陸部は全然違うし、川崎寄りか鎌倉寄りか相模原寄りかでも全然違うのだ。

※ちなみに自分の故郷は川崎寄りの東急東横線沿線。そのため「自称横浜のシティボーイ」なのだ。


横浜の、内陸のずっとずっと奥の方。

上大岡からバスにだいぶ揺られて訪れたそこに、“野庭団地”があった。

ステキデザイン


とにかく規模が大きくて、たくさんの高層マンションが居並び、周囲には公園・病院・保育園・学校・スーパーマーケット・畑とありとあらゆるものが揃っていて、全てがデザインされた大規模開発だったということがうかがえた。

市営と住宅供給公社の物件で差が…

まさにマンモス

大きな公園も

リスがいた


開発当初“あこがれの新しい生活スタイル”の場として、桃源郷のようなところだったんだろうなぁ…

雑草


と、多少の寂しさを伴いながら想像すると同時に、まだ当時の夢や熱量みたいなものが残っていてワクワクさせられた。


くたびれたジジババしかいないんじゃないかと心配していた商店街プロレスの会場(団地中央のショッピングセンター)にも、多くの子どもたちの姿があって、にぎわっていた。

にぎにぎ

スタン小林

たくさんの笑顔がありました

ワンコも出動


まだ見ぬヨコハマ、まだ知らぬヨコハマは、まだまだたくさんあるのだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/09

多摩の雄

久しぶりに立川に行った。

ここの地といえば近郊・多摩モノレール沿線にIKEAららぽーとと次々にショッピングモールが開発され話題になったところ。
そしてまだまだ今後も再開発の波は続く、熱い町だ。

おかげでそこはかとなく移住も進み、今や東京多摩地域の覇権を八王子から奪ったとも言われているほど。


今日は天気もいいので立川市街から散歩がてらららぽーとまで歩いてみたのだが…遠かった~…。
やっぱりモノレール、それより何よりマイカーで行くところなのだろう。

実際あらわれたららぽーと立川立飛は、駐車場完備の超巨大空間。
完全に1つの街ができあがっていた。

どどどどーん


きっと若い家族・子ども連れの需要が多いのだろう。
正面玄関には遊具のある公園に小さな汽車が走り、フードコートにもキッズスペースが完備。
たくさんの子どもが走り回っていた。

わがこは寝てますが…


そして同時にそこで目立っていたのが、足や肩をむき出しにした若いお母さんたちの井戸端会議…
というよりは集まってそれぞれが一心不乱に携帯をいじっている姿。


若い家族が多いという証拠。

これがこれからの立川の風景となるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

町田プロレス祭り開催!

石川修司と竹田誠志の長年の夢がかない、ついに“町田プロレス祭り”、開催!

会場の町田市民ホール市役所のとなりの大きくてキレイなところ。

デカい!

広い!


それが町田市民とプロレスファンで超満員札止めとなった光景は感慨深いものだった。

「楽しみにしてたよ、試合がんばって!」
「タケ!来たよ!」

たくさんのおそらく地元の人が、試合前サイン会に立つ主役の2人に声をかけていた。


地元企業やお店のロゴがプリントされた公式Tシャツに、「観戦後の打ち上げは当店へ!」のチラシ。
私も先日ライブに行った“まちだガールズクワイア”のライブ。

興行には「町田への恩返し」の思いがいっぱいだった。

はるかぜリップ


そして試合はもちろん極上のもの。

様々な団体で活躍する2人だからこそできた、団体の垣根を超えたマッチメイク。
ダムネーション×SOSの新鮮な組み合わせに、佐々木貴HARASHIMAの邂逅…

そして役者の揃ったメインイベントは、1人ずつの入場の時点からとにかくワクワク・ゾクゾクさせられた。

宮本・石川・関本・竹田の順で入場

町田トレイン、失敗…

ここでは関本がヒールに

市内中に響け!


はじめは初めてのプロレスに戸惑っていた客席だったが…大熱戦で最終的に大いに盛り上がったのであった。

町田の絆

フィニッシュは竹田リバースU!


町田の人はプロレスを知り、プロレスファンは町田を知り、試合後竹田は、

「また来年も!」

と叫んだ。

ネクスト


この調子で市民もファンも巻き込んだ、この土地恒例の“お祭り”となってもらたいものだ。


もちろんアフターは友人と町田に残った。町田のための興行だもの。

とん汁居酒屋の“まみ屋”、そして町田プロレス祭り発祥の地でもある“もぐら”へ。

バッタリと観戦仲間とも会い改めて今夜の夢のような出来事を語り合ったりして、しっかり日付も変わった終電まで飲んだのであった(友人なんて1泊した)。

おいしゅうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

カンパチ、襲来

鹿児島県鹿屋市特産の出世魚、それがカンパチ。

夏になるとそのカンパチが、狛江市に襲来するのだ!


狛江市役所広場で今年も開催された“東京カンパチジャック”は、

東京カンパチジャック

大きい!


カンパチグルメ

お刺身からやきそばまで

あら汁おいしかったー!


カンパチタッチプール

大きい!!


カンパチ解体ショー

そして、カンパチつかみ取り

興奮のるつぼ


があるというアグレッシブなイベント。


一生懸命プールでカンパチを追いかける子どもたちと、その周りでそれを写真に収めようとする大人たちで熱気に包まれていた。

怖い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

激安高速バスの塩梅は

と、いうわけで、意気揚々と乗り込んだ名古屋

今回の旅の目的はもちろんプロレス観戦だけれども、もう1つやってみようとしていたことがあった。

それが、“激安高速バスに乗ってみる”だ。


行きは時間がなかったので新幹線に飛び乗るしかなかったが、帰りにコレにチャレンジした。

名古屋23:15発→新宿5:00着で、お値段4,000yenというもの。


大満足の観戦後、新幹線で帰路につく友人たちを見送り、自分はひとり名古屋駅横の“鶴八”に転がり込みキッチリ23時まで竹田誠志戴冠祝い。

手羽揚げが名物だそう


このお店、まぁ味はそこそこだしお値段は大衆居酒屋にしてはお高めなのだけれども、店員さんの若い兄ちゃん姉ちゃんのキップがよくて気持ちがいいのと、何より新幹線の改札や高速バスの集合場所に激近で便利なのだ。
バス集合時間5分前お会計で済むという便利さだ。

これぞという外観


ほろ酔いで向かった各社高速バスの乗り場・待ち合わせ場所となっている名古屋駅太閤口ゆりの噴水前広場は、すごい人!

昼夜一転


やはり若めの年齢層。
女性も4割くらいいて驚いた。


バス会社と便名を呼ばれた人から、少し遠くに止まっているバスまでゾロゾロと歩いて行き受付。

コチラ「ミルキーウェイエキスプレス」というバスにお世話になりました


指定された座席に座る。

車内はもちろん4列シートなので、
「太った人が隣だったら…」
「いびきがうるさい人が隣だったら…」

など心配していたが、細身の兄ちゃんだった。
バス移動にも慣れた人なのか、隣にジャマにならないよう体を縮こめて早々に寝てしまっていた。


それにしても色々とサービスを削ぎ落としているため、とにかく淡々としていたというイメージ。

発車時のアナウンス以降は何も案内はなし。

運転席や出入り口はしっかりカーテンで閉められ、サービスエリアに止まる時(休憩)だけ静かにそれが開く。
そして一定時間が過ぎたらひっそりとそれが再び閉まり、バスが走り出す…。
置いてけぼりになる人などいなかったのだろうかとコチラが心配になるほどだった。


予定通りに新宿着。
しっかりと寝たつもりだったけれども、いざ車外に出ると体のコリと眠たさに襲われた…。

やはりこれは色々気にしているようじゃ乗れない、元気で若い人の移動手段だと確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

♪町田MODIで〜

きのうは町田のまほろ座MACHIDAというエンターテイメントレストランで、“まちだガールズクワイア”というガールズコーラスグループのライブを見た。

年頃の女の子が6人、地元を扱ったオリジナル曲などでレベルの高いコーラスを披露していた。

それはご当地アイドルとコーラスグループの中間といった雰囲気で、地元に根付こうとがんばっていた。

何より楽曲がMOTOR WORKS石田ショーキチ氏プロデュースで(会場にも足を運んでいた)しっかりしていて、思った以上に乗せられてしまったのであった。

イイヨ、彼女たち!


会場は彼女たちのファンと地元の人たちが集い満員。

そのいーい雰囲気に、自分がアイドルを追いかけていた頃を思い出し、色々と微笑ましくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

クレイジー商店街でクレイジーキッドが吼える!

今年も“日本一クレイジーな商店街”六角橋商店街での、「元祖商店街プロレス」を観戦。

元祖


通例どおり大日本・登坂社長と六角橋・石原部長による「ぶっ壊せ!」のかけ声と共にスタートした夏の一夜の悪夢は、ここらしい阿鼻叫喚の光景がたくさん見られた。

焼き鳥刺さってます

これがふれあい

焼き鳥屋壊さないで!


急遽デスマッチヘビー次期タイトル挑戦者として発表された竹田誠志が、
「唐突すぎる」
「最近の大日本では刺激が足りなかった」
「ベルトにも興味が薄れてきていた」

としながらもその現状打破のため現チャンピオン高橋匡哉を圧倒し宣戦布告。

自己主張再開


いよいよクレイジーキッドがBJWのリングで主張を再開!

あの頃…デスマッチに憧れ、上だけをギラギラと見ていたあの頃の狂気を!
そうなればきっとデスマッチ業界はもっと刺激的なものになる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/31

夏はまだか

きのうはビミョーなお天気の元、地元のおまつりに。

第一会場は境内

大人用


そういえばこの時期毎年そうなのだけれども、まだ夏らしいことをやっていないと焦る。

気づけばもうあしたから8月。

がっつかなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

人生の指針

2017年7月21日。

センター街“蓼科”が、長い長い歴史にシャッターを下ろした。

48年ありがとう

バイトのゆりちゃんもホントおつかれさま!がんばった!


最終日は自宅療養中だったママもかけつけ、元気そうな姿にホッとさせられた。

「どう?痩せたのよ!」
なんて喜んいたが…でもホント病的なやせ方じゃなくてよかった。

これで半年前までは電車がなくなる時間過ぎてもカウンターに立って仕事してたり、深夜閉店後にお客さんが経営するキャバクラに攻め込んでボトル入れたりしてたのだから、恐ろしい89歳だ。

だからなおのこと、ちょっと歯車が狂ってしまったきっかけの病が悔しい。

渋谷の母


夜は半世紀にわたる常連が店主に会うため大挙し、それはもうひっちゃかめっちゃかであった。

渋谷が泣いた夜


自分はそれを予感し、昼間に仕事を抜け出しフライングゲットしていたので(ビールまでいただいてしまう)、ゆっくり喋れる時間があってよかった。


昔ママが、

「1年に1度思い出したように来て50万円分飲んでくお客さんよりも、1週間に1度必ず来て500円のお酒を1杯飲んでく人の方が嬉しい」

と言っていたのを聞いて以来、自分は人付き合いでも、お店や誰かを応援する時でも、そうありたいと思って生きてきた。
(勝手に)人生の指針をママにいただいたのだ。


48年間、渋谷を照らし続けた灯…お疲れさまでした!本当に本当に、アリガトー!

灯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/09

また1つ、渋谷の灯が消える

渋谷センター街で48年。

“蓼科”、が閉店する運びとなった。

7月21日


理由はママ(88)の健康問題なので(自宅療養中)仕方のないことなのだけれども、それでもずっとこの街を照らしてきた1つの灯が消えるというのは、やっぱりとても、哀しく切ないものだ。

そしてなじみのお店がなくなる瞬間ってのは、何度体験しても、自分の体の一部がもがれたように辛い。

閉店までにボトル入れよか

ありがとうはまだこれから


今、ものすごい勢いで変わりゆく渋谷。

私的にもここ2,3年で急に顔のきくお店が軒並み無くなってしまい、「ここにはもうお前の居場所はないんだよ」と街から言われているような気さえしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧