カテゴリー「旅行・地域」の記事

2019/11/30

ゲゲゲ

水木しげる先生をしのび毎年調布市で大々的に開催される“ゲゲゲ忌”。

ちょうど1週間前調布駅前でのキャラクターグリーティングが開催予定で、家族で、
「ねずみ男と写真を撮ってもらって、それを来年の年賀状にしよう!」

と、張り切っていたのだが、荒天で中止になってしまったのだ…。


と、いうわけで、ちょうど水木サンの命日と重なった1週間遅れでの参加となった。

スタンプラリーの台紙を胸に抱きながら深大寺へ。
紅葉に、“そばまつり”も開催されていて大にぎわいであった。

Kannge1911_gegege


鬼太郎茶屋の“じゃころっけ”がすごくおいしくてビックリした。
なんで今まで気づかなかったんだー。

Kannge1911_gegege06


昼下がりには調布駅周辺まで戻ってきてグルグル…
いたるところに貼ってあるポスター、街中そこかしこにいるコスプレした子たち、と、年々イベントの根づきが強くなっていることを実感した。

Kannge1911_gegege03

Kannge1911_gegege04

Kannge1911_gegege05


3歳児と0歳児とのスタンプラリーなので、スタンプ半分が限界。
それでもなんとかポストカードをもらって、満足の帰路となった。


それにしても年賀状どうしよう…。

Kannge1911_gegege07

| | コメント (0)

2019/11/22

\おかえりなさい!/

 2016年の休業から約3年を経て生まれ変わった「渋谷パルコ(PARCO)」が、11月22日の今日グランドオープンを迎えた。予定していた営業開始時間の10時から45分早め、9時15分にオープン。雨が降る中、開店前から約2500人(9時15分時点)が行列を作った。(後略)
 (19'11.22『FASHIONSNAP.COM』

ちょうど駅周りの再開発による商店の立ち退きや、ここに半世紀立ち続けてきていた老舗店主たちの引退のタイミングなども重なって、渋谷PARCOが閉店した瞬間、この街の灯は消えたようになった。


この2年3年、イイ話なんて全く聞かなかったものなァ…。


だから街のランドマークの帰還のニュースはとても嬉しい。

またこの街が、文化や流行の発信地となれますように。

Kannge1911_parco

Kannge1911_parco02

| | コメント (0)

2019/11/17

おらが街のおまつり

日本で二番目に小さい市の、年に一番の大きいお祭り、“狛江市民まつり”が今年も開幕。

Kannge1911_komafes


この町に越してきたばかりの頃はちょっと覗く程度だったのだが、いつの間にか友人やなじみのお店ができ、何よりここで生まれたわがこが成長するにつれ経験させたいことが増え、だんだんと参加度が増している。


今年はうえのこのクラスメイトのSちゃん一家と共に会場を徘徊。

我が市にかけつけてくれた仮面ライダーゼロワンを応援したり、地元の飲食店の出店を回ったり。

Kannge1911_komafes02

Kannge1911_komafes05


休憩は我が家で。



そんな中抽選に当たり、はしご消防車に乗せてもらう機会に恵まれた。
思った以上に速いスピードで上昇し、気づいた時にはもう市街を見下ろす絶景!

Kannge1911_komafes03

Kannge1911_komafes04


とっても楽しくて気持ちよくて、消防隊員さんも優しくて、いい軽々をさせてもらった。

あと自分が高所に関して平気だということがわかってよかった。

| | コメント (0)

2019/11/10

お子さまのプロレス観戦デビューならココ!

大日本プロレス×横浜市商店街総連合会による“商店街プロレス”シリーズ、今日は戸部大通り商店会大会である。

この大会は会場がみなとみらいを見下ろす掃部山公園なので、ロケーションよく敷地も空も広く、とてものんびりプロレスに触れられるのだ。

Kannge1911_tobe02

Kannge1911_tobe


特に子ども連れには最適!

商店街の方々の出店も最低限だけれどもお安くやってくれていて、心強く、

Kannge1911_tobe06


商店街プロレスシリーズならではのレスラーとの距離の近さも満喫できて、嬉しい。

Kannge1911_tobe04

Kannge1911_tobe05


試合後は陽が沈んでゆく中公園遊具で遊びながら、選手たちのリング解体・イベント撤収の様子を見られるというボーナストラックも付いていて、最高なのだ。

Kannge1911_tobe03

| | コメント (0)

2019/10/31

SHIBUYA PRIDE

Kannge_1910_sp

ダッサ!!!!!!

| | コメント (0)

2019/10/15

私の三連休

10月12日、台風19号が近づき、狛江市は過去の水害の記憶もあるためか早いうちから多摩川の増水状況に応じ細やかに緊急速報メールが送られ、臨時災害放送局が開設、市内サイレンが鳴り響いていた。

最終的には一部地域が冠水、避難勧告が出され、夜が開けるとそこらは泥だらけとなってしまっていた。


他全国の台風被害の痛ましいニュースと合わせて見ていると決して大きな声では言えないけれども、

結局、自分のあれだけ詰まっていた三連休の(遊びの)予定も全てなくなってしまった。

土曜日は台風直撃でイベントが軒並み中止となり自宅待機。
日曜日も小田急線が昼まで動かず、いい時間に出かけられず。
月曜日はまた雨が降り、負担の大きい子どもふたりを連れての外出をあきらめた。

ホント何ひとつ、予定通り物事が遂行されなかった…。


だというのに連休が明けたら予定通り通勤している現状にも腹が立つというものだ。


失意の中、何か楽しい思い出をこさえなければと急いだ。

日曜日の夜ご飯は秋だしわがこのリクエストもあったので、“きのこブラザーズ(アンパンマン)鍋”にした。

Kannge_1910_kinoko02


しめじまん、えのきだけよ、まいたけちゃん、マッシュルームくん…
もちろんマツタケマンは不在だ。

Kannge_1910_kinoko


そしてラグビー日本代表の活躍をテレビで眺めながら、
「これを多摩川河川敷のパブリックビューイングでみていたらさぞや大盛り上がりだったことだろう」
と考えていた。


月曜日の夜ご飯は多摩川リバーサイドフェス“TAMARIBA”開催中止でさぞ店主が落ち込んでいるだろうと、“Pitatti”で慰めのピザやイベントで出す予定だったラムをオーダーした。

Kannge_1910_pitatti

Kannge_1910_pitatti02

Kannge_1910_pitatti03

Kannge_1910_pitatti04


また来年。


 「雨が降っても、槍が降っても、大丈夫だと思っていたのに」――。浸水した自宅で泥かき作業をしていた世田谷区在住の男性は、こう言って肩を落としました。
 10月12日から13日にかけて、東日本を縦断した台風19号。各地で記録的な降水量を観測し、いくつかの河川で氾濫が発生しました。
 東京都と神奈川県の境を流れる多摩川も、その1つ。東急田園都市線・二子玉川駅付近で氾濫が確認され、12日夜から各種メディアで報道されました。しかし、実際に現地を歩いてみると、当初報道されていたよりも被害は広い範囲に及んでいる状況が明らかになりました。(後略)
 (19'10.13『MONEY PLUS 』

| | コメント (0)

2019/10/05

地元のんびり感

味スタ(東京スタジアム)の玄関口としてラグビーワールドカップを盛り上げようとがんばっている狛江市。

駅前のオブジェや、旗、

Kannge_1910_renji


開催日にはしっかりスタッフが常駐して駅から出てバス停に向かう人たちを誘導している。


今日は昼下がりからえきまえ広場でパブリックビューイングが行われていた。

夕方、イングランド×アルゼンチンを見に行ったら、なんとなくのんびりした雰囲気の中イベントは開催されていた…モニターの後ろ“だんごや”だしね。

Kannge_1910_rwc


それでも陽が落ちた後開催された日本×サモアではたくさんの人が集まり、見事日本勝利の内容結果も相まってなかなかの盛り上がりを見せていたようだ。

松島選手、速いねぇ、スゴいねぇ!


 ◆ラグビーW杯 ▽1次リーグA組 日本38―19サモア(5日・豊田スタジアム)
 日本がサモアに4トライを挙げて勝利し、決勝トーナメント進出に必要不可欠なボーナスポイント(BP)を含む勝ち点「5」を獲得した。劇的トライを決めたのは今大会絶好調の右ウィング松島だ。試合終了の銅鑼(どら)が鳴った後の後半44分、敵陣5メートル付近のスクラムからSH田中が左に構えていた松島にパス。松島はフェイントで相手をかわし、大歓声を浴びながらゴールラインに飛び込んだ。土壇場でつかんだチーム4トライ目は、自身にとっても今大会4トライ目となり、さらにはW杯通算でも日本代表歴代最多となる5トライとなった。(後略)
 (19'10.5『スポーツ報知』


| | コメント (0)

2019/09/20

ラグビーワールドカップ開幕

祝!ラグビーワールドカップ開幕!

狛江市も味の素スタジアム(東京スタジアム)の玄関口として応援している。

※それにしてもせっかく味の素株式会社が高いお金を出してネーミングライツを買ったというのに、大会のスポンサーじゃないからという理由で「味の素スタジアム」という名称が使用されないのはおかしいと思う。もはや「味スタ」と言わないとどこだかわからないくらいだというのに!

Kannge_1909_rwc


恥ずかしながら初めてラグビーの試合を長い時間見たが、あれだけプレイヤー同士がぶつかり合う競技だというのにサッカーでいうところのシミュレーションみたいなものは全くなく、とにかく真っ向勝負!という雰囲気がすごく無骨でクリーンでステキだなと思った。

| | コメント (0)

2019/09/16

酔っ払い界のスター吉田類氏も番組で訪れたことがあるという狛江の名店“ミートステーション”。

その歴史、そして安くておいしい料理はもちろん、何といってもここの魅力は店主の人柄だ。

常連にも、そうじゃない人にも平等で気さくで、気持ちのいい対応。
かといって馴れ馴れしかったりしつこいわけでは決してない。
そして常に店内の全てに気を配っている。

この絶妙な距離感。
なので知らない人とカウンターに並んでいてもひとりじゃないような感じでで居心地がよいのだ。


いつもこんでるお店なので、来店客が「席ないか…」と帰ろうとすると、すかさず店主がかけて行って、
「せっかく来たんだから〜、ちょっと待ってて!」
と、言う。

すると申し合わせたようにお客さんがササッと勝手につめて席を空けるのだ。

お店の人もお客も、ここに来るとつくづくいい飲み屋さんの一番の条件ってのは、“人”だと実感する。


さて。
今夜はそんなミートの2階にある鉄板焼き“TOKIO”でパパ友と待ち合わせをした。

ここはミート店主の息子さんが営むお店。

初めて行ったのだが、ここも下と同じく居心地のいいお店だった。
やっぱり血筋だねぇ…!

Kannge_1909_tokio


と、いうわけで、お店のみんなでワイワイとお酒。

よっぽど楽しかったのか友人はものすごい勢いでお酒を飲み、ものすごい勢いで酔っ払っていた。

| | コメント (0)

2019/09/15

秋の鎌倉

毎秋恒例、お酒飲み友達との渋谷金王八幡宮例大祭→鎌倉和田塚“花ごころ”での宴会。

数年前からおよめさんも、さらにちょっと前からはわがこも参加させてもらっている。


うえのこは1年ぶり、したのこにいたっては初めての鎌倉なので、昼下がりに乗り込んでまずはしっかりと鶴岡八幡宮へお参り。

Kannge_1909_kama


そしてパン好きのおよめさんがいるのでKIBIYAベーカリーへ。

Kannge_1909_kama02


由比ヶ浜はちょうど海の家が撤去されているところ。

Kannge_1909_kama03


ひしひしと感じる夏の終わり…その足元でわがこは砂遊びに夢中。
どうやら彼女にとって海は大きな砂場のようなものらしい。


そうこうしていると日も暮れはじめ、お腹も減りノドも乾いたので、いざ夜ご飯!

Kannge_1909_hana


うるさい盛りの3歳児と0歳児が来たというのに、“花ごころ”のマスターとおかみさんはイヤな顔ひとつせず相手をしてくれた。

Kannge_1909_hana02

Kannge_1909_hana03

Kannge_1909_hana04


「おいし〜」
「おいし〜」
言っている我々の横で、

「かわい〜」
「かわい〜」
と子ども相手に何度も言ってくれて、彼女たちもまんざらでもなさそうであった。


帰る際も寂しい寂しいといつまでも名残惜しいと言ってくれて、まるで帰省したような気分であった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧