カテゴリー「旅行・地域」の記事

2019/07/06

破壊する女は雨女

伝統の“湘南ひらつか七夕まつり”に初めて行った。

近くに妹の家があり多少は知っている駅だったのだが、この時だけは全く違う場所。

人、人、人、人…
そしてものすごい熱気!

Kannge_1907_hiratsuka


お祭りの規模もとても大きく、バラエティに富んでいた。

家族連れは、ゆるキャラや恐竜やプロレスや地元グルメがある見附台広場へ。

カップルは、夜にライトアップされる七夕飾りを。

飲んべえは、地元の個性的な老舗飲食店へかけ込め!


と、誰しもが楽しめるお祭りだった。

やっぱり歴史ある宿場町のパワーはスゴいというものだ。

| | コメント (0)

2019/07/03

ここにしかない味

以前四国旅行をした際にここに住む友人に連れて行ってもらいそのスタイルと味に衝撃を受けた骨付鳥の“一鶴”、その関東唯一の支店・横浜西口店へきのう久しぶりに出かけた。

19時、平日にもかかわらず入店待ちの行列ができるほどの大盛況。(予約をしていたのでよかった)
やはりここでしか食べられないというレア感はスゴい。


「ひなは1人1つ。」
「おやはシェアして。」
「おにぎりも1人1セット、鳥の下にタプタプたまる油につけてね。」

と、自分が教えられた通りに自分も今夜一鶴初体験の友人にセリフをコピペ。

Kannge_1907_ikkaku


これがビールやサワーに合いまくる!
くぅーっ!

至福の時間であった。

また丸亀に行きたいなぁ。

| | コメント (0)

2019/05/25

平和を感ず

74年前の今日、我々の住む狛江市にも空襲があったそう。

平和を願い、えきまえの広場で平和記念事業が行われた。

Kannge_1905_komaheiwa


参加者が平和を願って手を繋ぎ輪をつくる。

戦争体験インタビューの展示や、すいとんの試食も。
きっと当時のすいとんはこんなに具も入ってなくて、味も濃くなくて、決しておいしいものではなかったんだろうなと思いを巡らせた。

Kannge_1905_komaheiwa02


他には“紙しばいや もっちぃ”氏による他にもバルーンやクイズやおかしやゲームのあるパフォーマンス。
炎天下という最悪のコンディションの中でも楽しませてくれた。

Kannge_1905_komaheiwa03


わがこはクイズに答え、「夜なべしてつくった」という大きなバルーンのツルをいただき満足げであった。

Kannge_1905_komaheiwa04


…平和だ。
今の日本の平和をふと、ひしひしと感じた。

Kannge_1905_komaheiwa05

| | コメント (0)

2019/05/11

OSCにバキュ〜ン

平塚はOSC湘南シティで開催された、プロレスリングFREEDOMSのイベントプロレスへ出かけた。

Kannge_1905_osc03


湘南に事務所を構え同地を愛する、佐々木貴代表の思いが詰まったイベントであった。

我が家のしたのこはだっこしてもらってニコニコ。

Kannge_1905_osc

Kannge_1905_osc02


この老舗ショッピングモールのすぐそばに妹家族が居を構えているので、そこの4歳の姪を連れて行った。

そんなプロレスを生まれて初めてみるお姉ちゃん相手に、

「カーン!と鳴ったらはじまるんだよ!(ゴング)」

と先輩として教えてあげる、プロレス観戦キャリア2年超ある2歳9ヶ月のわがこがいた。

Kannge_1905_osc04


はじめはニコニコしながらみていたが、試合が進み迫力が増してくるにつれ、

「みんな警察に捕まっちゃうよ…」

とつぶやき、最終的には、

「怖い…」
「特にあの白い顔の人怖い…」

と引いていた。
さすが吹本賢児!

Kannge_1905_osc05


横で相変わらずマイペースなわがこが、

「がんばれー!」
「あー!フクロウのお兄ちゃんが負けちゃうー!」(我が家では竹田選手は完全にフクロウ業界の人)

などと大きな声で応援し叫ぶと、

「シーッ!怖い人が来ちゃうから!シーツ!」
とたしなめていた…。

Kannge_1905_osc00

| | コメント (0)

2019/05/03

大都会の公園の魅力

友人のうまや一家と、
「ゴールデンウィーク中に家族同士一緒に遊びに行こう!」
と約束をしたものの、

ネットを調べればプレイスポットや道路の地獄のような混雑情報が目に入り、ほとほと困り果てていた。


テーマパークはもちろんダメ。
大きな公園も大混雑。
車でしか行けないところは道がダメ。

かといってあまりにも小さい遊び場だと子どもたちが飽きる。
遠いところは不便。


そこでようやく目星を立てたのが、世田谷の都市公園“世田谷公園”であった。

Kannge_1905_setagaya02


結果的に大正解!


駅から近くアクセスは便利。

Kannge_1905_setagaya


周囲にはコンビニ・ファミレス・スーパーマーケット・デリバリーピザ店、そして世田谷区らしくオシャレなカフェまで何でも揃う。

2歳児3歳児にちょうどいいサイズの公園には、噴水・公園遊具・プレーパーク・多くの花も咲き、ミニSLまで運行している。

Kannge_1905_setagaya03

Kannge_1905_setagaya05


地元飲食店のキッチンカーも来ていたり、売店もある。


Kannge_1905_setagaya04


もちろん敷地内には広場がありレジャーシートをひける。

Kannge_1905_setagaya06


と、とにかくいたれり尽くせり!
子連れでもすごい楽!


世田谷区さまの施設の都会的な恩恵を受け、子どもたちはキャーキャー、親たちはのんびり、過ごすことができた。
(帰りに近所の“GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE”でアップルパイを買って帰路に

Kannge_1905_setagaya07


絶対また行く!

| | コメント (0)

2019/04/29

哀愁のシー太

横浜・八景島シーパラダイスに行った。

元横浜市民の自分、それなりにここにも来ていると思うのだが、今日は自分が見てきた中で最高に島内が混雑していた。さすがGW10連休!

Kannge_1904_seapara

でもそれも夕方になるとある程度おさまったので、家族連れが帰ったのか、それともバスツアーのお客さんなどがある程度いたのか。


それにしてもここも開園してかれこれ25年超、ランドマークである大きな“シーパラ シー太”が見る度にドンドン汚れてきている…誰か洗ってあげればいいのに…。

Kannge_1904_seapara02

そんな哀愁を引きずっているのか、アクアミュージアムのショーでもそのシー太が、人気がなくてヒマでビールで飲んだくれているところを一念発起してかのMr.マリックに弟子入りする、というストーリーが展開。

Kannge_1904_seapara05

よくよくプロフィールを見ると、好きなものが「はまぐり」と「ラーメン」と「ビール」とあって…彼とはいいお酒が飲めそうだ。

Kannge_1904_seapara03

うえのこもどうやらそのマイナー感というか一皮むけない感というかうだつの上がらない感からシー太を気に入ったようであった。


今日は小さい子ども連れなのでのりものなし・水族館のみのアクアリゾーツパスで遊んだ。

Kannge_1904_seapara04

元々水族館好きの子どもなのでレベルの高いここの展示とショーに大満足。
サービス精神旺盛なシロクマやエイ、シロイルカやバンドウイルカにノリノリであった。

Kannge_1904_seapara06

Kannge_1904_seapara07

Kannge_1904_seapara08

Kannge_1904_seapara09

Kannge_1904_seapara11

夜のショーはプロジェクションマッピングと大きなBGMにより、ノリにくいし場内の一体感が生まれず難しさを感じたが…。

Kannge_1904_seapara13


時間を持て余すかと思ったら全くそんなことはなく、
チケット発券の大行列に並んで
   ↓
お昼食べて
   ↓
ショー
   ↓
アクアミュージアム
   ↓
ドルフィンファンタジー
   ↓
おやつ(お昼寝)
   ↓
うみファーム
   ↓
ふれあいラグーン
   ↓
すると気づけばもう夜のショーの時間、
と、ゆっくり夜ご飯も食べられないくらいの忙しさであった。

Kannge_1904_seapara10

Kannge_1904_seapara12


最後におみやげ屋さんで案の定シー太のぬいぐるみを選んでいたら花火がはじまり、それをしっかり見てから帰路に着く。

Kannge_1904_seapara14

久しぶりに家族で夜ふかしした。

Kannge_1904_seapara15

| | コメント (0)

2019/04/28

気分は松平健

狛江の福祉ネットワークナナの家が多摩川河川敷で定期的に開催している、

“多摩川乗馬会”

に出かけてみた。

Kannge_1904_joba

Kannge_1904_joba02


まずはヒツジやヤギ、ヒヨコやウサギとたわむれる。

Kannge_1904_joba05

Kannge_1904_joba03

Kannge_1904_joba04


メインは文字通りの乗馬。
このイベントのコンセプトが「障害者も一緒に乗馬!」で障害者乗馬インストラクターがいるので、ありがたいことに色々とおぼつかない我が家の2歳児もひき馬に参加できるのだ。

サイズの合っていないヘルメットをかぶり終始緊張の面持ちのわがこであったが…

Kannge_1904_joba08


取り乱すことなくウマと一緒に歩くことができた。

Kannge_1904_joba09


他にも出店(パパも嬉しい缶ビールも)があったり、音楽ライブがあったり、おもちゃコーナーがあったりと楽しいことが色々たくさんのイベントであった。

Kannge_1904_joba06

Kannge_1904_joba07


混雑のピークは午前中。

乗馬の受付は午前の部と午後の部で分かれているので、午後イチを狙うとスムーズかもしれない。
その代わり、ふれあいコーナーのヒツジさんやヤギさんたちは朝からの子どもたちのエサ攻撃でお腹いっぱい、いくらニンジンをチラつかせても見向きもしなくなっているが…。

| | コメント (0)

2019/04/07

ポッカポカで

立川の国営昭和記公園へお花見に。

Kannge_1904_tatikawa  


満開のサクラ、満開のチューリップ、菜の花は残念ながら五分先くらいだったか…

Kannge_1904_tatikawa03

ここまでタイミングがピッタリ合うと、それはそうれはもう桃源郷のような光景に出会えるのだ。



したのこは昨年11月生まれなので、長い長い冬に耐え、ようやく訪れた初めての春。

特に今日は長いことお陽さまの元に出て、初めての日焼け・初めての「暑い」を体験し、戸惑っていた。

Kannge_1904_tatikawa02

Kannge_1904_tatikawa04

| | コメント (0)

2019/04/06

狛江のサクラ

この平日の寒さもあり、今週末都内でもまだお花見ができる状態に。

そして都下であるおらが町狛江のサクラはちょうど満開に。


午前中は保育園の保護者会だったので、午後から家族でくり出した。


文字通り「さくら通り」のトンネルと、多摩川沿いに並ぶピンク色の帯は、どこにでも出せる狛江市自慢の光景だ。

Kannge_1904_komasaku  

Kannge_1904_komasaku03

Kannge_1904_komasaku02

発表した時は遅いんじゃないかと心配していた明日開催の「こまえ桜まつり」もグッドタイミングとなり本当によかった。

市民を中心に毎年にぎわうこの季節の風物詩だ。

ただ、今年から始まった「ハッシュタグやっぱり狛江」は、めちゃくちゃダサい…。

Kannge_1904_komasaku04

| | コメント (0)

2019/03/31

ハマの桜は都内の1週間後

毎年サクラが咲くと必ず足を運ぶ横浜は大岡川。

Kannge_1903_ooka

毎年書いているかもしれないが…

汚い川、ホテル街、多国籍な見物客、あやしく輝く地元商店の屋台と提灯、そしてそれらと対照的な美しいサクラと、
横浜イチ見事で横浜イチ横浜らしいお花見の名所だ。


きのうおとずれた都内のサクラは満開であったが、ここはまだ五分咲きくらい。
やはりここは地方なのだ。

それでもお祭りも開催していて、たくさんの人出であった。

Kannge_1903_ooka03

川沿いは日ノ出町“横浜プロレス酒場YAMARYU”の出店に顔を出し、弘明寺まで遡上した後は“プロレス道場”へ飲みに行くというなじみのお店リレー。

Kannge_1903_ooka02

Kannge_1903_ooka04

子連れでも受け止めてくれる飲み屋さんと、そしてそこの常連さんの存在に感謝し、キラキラ沈みゆく太陽と共に帰路に着いた。

Kannge_1903_ooka05

あぁあしたから1週間仕事休んでずっとお花見していたい…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧