カテゴリー「文化・芸術」の記事

2017/09/17

祭りに中止はない

3連休の中日でどこもイベントや秋祭り開催の1日だが、あいにくの前日からの雨&台風となってしまった。


私も例年通りだと飲み友達と、

109前で渋谷の鎮守様の例大祭式典を見て→その金王神社にお参り&境内のイベントで遊び→鎌倉にお酒を飲みに行く(終電まで)
というコースを決まって巡っていたのだが、前夜の天気予報の時点で心が折れ、

「神社にお参りだけしに行こう…。」
と、いうことになってしまった。


と、いうわけで、金王神社へ。

晴れていたら絶対にぎわいを見せていたイベント会場も寒々しく、出店者や主催者の心情を心配したりなんかしていた。

ビールも売れないよね…


その後同行のお酒の師匠が宮司さんとお知り合いということで、ご好意で社務所に入れていただきお神酒をいただくことに。

にぎにぎと会が進む中、

「雨降ったねェ…でも私はそんな中ちゃんと式典に行きましたよ。祭り事に中止なんてないんだよ!」

という宮司の言葉が、何にも参加もせずぬくぬくとタダ酒を飲んでいた我々にグサッと刺さったのであった。

たくさんいただいてしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/03

♪ミーアキャットが、フラミンゴ!

最近わがこが道を散歩しているイヌやネコに興味を示すようになったので、まんをじして横浜市民憩いの森・野毛山の動物園へ。

はま子さん・ツガルさんは今も野毛山に


今まで意識したことがなかったが、ここもだいぶ整備されてベビーカーの移動が楽になったように思う。
園内は家族連れでいっぱいだった。

なかよし広場


やはり我が家の1歳児ホヤホヤには、展示動物は目の前で動き回ってくれないと理解できない?おもしろくない?ようで、今日は、

レッサーパンダ
インドセタカガメ
アカエリマキキツネザル

カワイイ

かわゆい


に、キャッキャと反応していた。


“なかよし広場”にも入場し、こわごわとモルモットにソフトタッチすることに成功。

ちょこんとタッチ


ちょうど子どもが満喫するボリューム感で、これだけたくさん楽しめて、それで無料というのは改めて申し訳ないお弁当持ち込んでしまったからせめて売店でビールでも買おうかお金落とすために何杯も、という気分になった。

ペンギンビアー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

カンパチ、襲来

鹿児島県鹿屋市特産の出世魚、それがカンパチ。

夏になるとそのカンパチが、狛江市に襲来するのだ!


狛江市役所広場で今年も開催された“東京カンパチジャック”は、

東京カンパチジャック

大きい!


カンパチグルメ

お刺身からやきそばまで

あら汁おいしかったー!


カンパチタッチプール

大きい!!


カンパチ解体ショー

そして、カンパチつかみ取り

興奮のるつぼ


があるというアグレッシブなイベント。


一生懸命プールでカンパチを追いかける子どもたちと、その周りでそれを写真に収めようとする大人たちで熱気に包まれていた。

怖い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/21

知らなかった擬音

子どもを育てて初めて知った擬音語がある。

それが、

「ゼロゼロ」

だ。


使用例:「お子さん、少し呼吸が『ゼロゼロ』してますね。気をつけてください。」(お医者さんに)


そこそこ長いこと生きてきて、世の中に溢れる言葉ももうだいぶ知り尽くした・使い尽くしたと思っていたが、まだまだ…!

新しい言葉には新しい生活環境で出会う、ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

『土曜スタジオパーク』で見たあだっちぃーの顔が超小さかった

今日は友人のうまや一家と新宿御苑代々木公園か、広い公園でみんなでピクニックをしようという予定になっていた。

しかし昨日から一転、激しい雨…。


と、いうわけで公園は公園でも、“NHKスタジオパーク”に行くこととなった。

雨ェ…


両家とも朝ドラ『ひよっこ』にハマっている最中なので入場してすぐに出会った“『ひよっこ』展”に感激。

みね子ガンバレ!


「ちょうど今朝みね子が見てたすずふり亭のメニューがある!」

「お父ちゃん早く帰ってきてください!」

コロッケから


データベース以外にもなりきりニュースキャスターなどの体験コーナーやキャラクターたち、撮影スポットもたくさんあって、カメラ担当の父たち満足。

やっぱりこの時代

スゲーブスな女みたい…

やっぱりどーも


友人宅の愛娘・ゆっちゃんは1歳半で、ちょうどEテレを見はじめた時期。

ワンワンやコッシーにはしゃいだり、歌のおねえさんと踊ったり、レストランのキッズプレートに舌鼓を打ったりと満喫していてほほえましかった。

ウンバボ!

コッシーは大人気


わがこも見習って、来年は「サボさん!」「どーも!」なんて言いながら一緒に走り回れたらイイナ!

これから朝はEテレになるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

慶事ですので…

(これは…!)

(ペロリ)

(…ウマイ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスサービス!初節句!

今日は1日遅れのわがこの初節句。

年明けから実家より色々チクチクとせっつかれていたおひなさまどうする問題は結局、母のものを継ぐということで落ち着いた。

それでも孫に何かをしたいという父方祖父母に応え、ひな人形の前に飾る名前の入った旗と、家用にミッフィーのぬいぐるみを買ってもらったのであった。


午前中の仕事をさっさと片付けて会場であるおよめさんの実家に急ぐと、衣装やちらしずしやお酒、そしてもちろんおひなさまが、すでにしっかりと準備されてあった。

おいしかった


この両家の気合いを目の当たりにすると…やっぱり子どもの年中行事ってのは、おじいちゃんおばあちゃんのためにあるものなのだなぁと思ったのであった。


さぁ笑顔で!
両家にサービス!

キミが笑えばみんなが笑う!
丸くおさまる!

ガンバレわがこ!

笑って笑って

そこはかとない着させられてる感

コチラは我が家で

すぐ食べる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/25

年賀状は人間関係最後の砦

自分が毎年気合いを入れて書いていることもあるが、年賀状って、

“人間関係の最後の砦”

の感がある。


どんなに疎遠になってしまった人でも最後の最後に引っかかるのがこの年賀状というしきたりで、確かに年賀状だけの付き合いで年に1回これによりお互いの生存や健康を確認し合う、って関係も少なからずあるからだ。

だからそこの関係上でこれをないがしろにされた時はどうしても、
「いよいよその人と終わる時なんだ」
と、なってしまうというものだ。

送った枚数と異なるいただいた年賀状のお年玉くじ番号を照合しながら、ふと思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/03

吉…イヤ、中吉だったかな…。

初もうでは地元の氏神さまのところへ。

お願いしっぱなしです


家族3人でそれぞれしっかりおみくじをひいたのだけれども、わがこの分の内容に夢中で自分のご神託を全く覚えていない体たらく。

「恋愛」顔によらず心を選べ…!


それにしても“赤子用のおみくじ”ってないものだろうか。

「おさんぽ」…ひがしにいくが吉

「ミルク」…あたたかめがよい

「ハイハイ」…おそくなるがかならずくる、あせるべからず

なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

伝統

元日はお昼からおよめさんの実家へ。

毎年お酒と、手づくりのおせちをしっかり用意していただいて有難い。


およめさんなんか、

「実家でおせち食べるから〜」

と言って朝パンを食べてたほどだ。


なんでもお料理上手だった親戚のおばさんに教わった味を、彼女が亡くなった後もしかと引き継いでいるのだそう。
すごく文化的な話で感心する。

芸術のよう


と、いうわけで、無論の事我々もその脈々と流れる系譜にのるべくたずねるのだ。

「これはどうやってつくるの?」
「それは?」
「こちらは?」

すると聞けば聞くほど、どれもとんでもない手間がかかっていて…
(特に料理ベタな自分には)気が遠くなるような話ばかり…。


はたしてこの大いなる伝統は継ぐことができるのだろうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧