カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019/03/19

代償

先月2月期のマクドナルドの“ハッピーセット”が『おかあさんといっしょ』だったのだ。
わがこのために…と言いつつ半分は自分のため、コンプリートを目指し、2週間ほどランチ時にほぼ毎日これを食していた。
(それ以外はラーメンとカップヌードルね)
Kannge_1903_happy_1


無事におもちゃは揃って一安心となったのだが、その代償か、肌荒れがヒドくなってしまった。

吹き出物!
白ニキビがほっぺたやアゴのラインに出てくる出てくる…治ってはまた新しいのが出現し、少しよくなってはまた悪くなり…ニキビ面のおっさんなんて、何て気持ち悪いのだろう…!


と、いうわけでそれから一念発起し、マクドナルド・ラーメン屋・コンビニに1歩も入らない生活を2週間続け…

ようやく現在元の状態に戻りつつある。

どうやら加齢により食べるものの内容が顕著に体調にあらわれるようになってきているようだ。
気をつけねば…。

| | コメント (0)

2019/03/17

確かな実力

調布のショッピングモール、“クロスガーデン調布”に、

「アンパンマンがくるよ!これは行かないと!」

と、わがこの保育園のクラスメートSちゃんが教えてくれて、2家族で出かけた。

元気100ばい!


手狭な3F駐車場という会場は開幕40分前からスゴい人!

あまりの周囲の熱量にやられ、父ふたりははじき出され、端でアンパンマンたちが歌って踊るその音を寒さに震えながら聴き続けるのであった…。
しかも結構長尺(30分間)でやるの…。


日陰だし風は吹き抜けるし


子どもたちはみんな練習なんかしていないというのに曲に合わせて踊ったり叫んだり応援したりできていた。

改めてアンパンマンの人気を痛感させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/16

じゅにちゃんデビュー

町田フクロウカフェ“Rapace”×プロレスラー竹田誠志イベントへ。

壁画


以前行った時にはまだこのお店所属であったメンフクロウの12号くん。
その後すぐに竹田家の第一子として迎え入れられ、今日彼の初めての接客であった。

訪れるお客さん1人1人の手に乗ってごあいさつ。


メンフクロウは特に心が読みにくい顔をしている気がするが、隣で飼い主が、

「今リラックスしてます」
「今楽しそう!」

なんて教えてくれて、聞いていた通りふたりは仲よしであった。


毎晩の帰りが早くなったそう

グッズもあります

店内を見回すとそれぞれの人が思い思いに、フワッとなでたり、写真を撮ったり、手に乗せながらドリンクを飲んだり…
この何となくホストと客の間に程よい距離感があるのがフクロウカフェのいいところだと思う。

猫カフェなんかに行くともう完全にお猫様で、ネコは偉そうだし愛猫家たちはそれに対してどこまでも下手でちやほやしていて…まるでタチの悪いキャバクラみたいな状況が見ていられないと思っていたのだ。

まんまる


今日はフクロウ好きで別のカフェに行った経験のあるなじみの“プロレス道場”のおかみさんをご招待していたのだけれども、店内に入った彼女がすぐ叫んだ言葉が、

「全然獣臭がしない!」

店によっては耐えられないほどの匂いが店内に充満しているらしいのだけれども、ここは全くそれが無いそうなのだ。


クレイジーキッド曰く「あの人はもはや鳥です…」という店主が言うには、フン用のシートにカーペット、そしてエアコンのフィルターまで毎日全部を取り替え丸洗いし、フクロウたちもしっかり水浴びをし、これ以上ないほど気をつけているそう。

自分は他店に行ったことがないので気付かなかったが、なるほど、どこに出しても子ども連れでも安心できるところのようだ。

口元が猛禽類ならではのにおいでたまらないのだそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/15

思い出のぬりかべ

昔デパートが、子ども相手にわなげやくじやボール投げなんかのゲームをチケット制でやらせて成績に準じたおもちゃが当たる、というイベントを夏休みや春休みの期間によく開催していたものだ。

ハレの日に母と祖母とよくデパートに遊びに行っていた幼年期の自分は、もちろんこれを毎回楽しみにし、毎度熱狂していた。


これは、確か東急東横店のイベントのわなげで当てたぬりかべ。

出来がいい


とても嬉しくて嬉しくて、以来ずっと大切にしていたこれを、最近実家から持ってきた。

妖怪に目覚めた2歳のわがこに譲渡しようと思ったのだ。


きっとこのままずっと大切に遊んでいたら…そうアニメの『鬼太郎』が15期くらいにまでなった時、これもからかさ小僧のように魂が宿り妖怪になってくれると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/14

近づくお別れの時

衝撃と悲しみの卒業発表がされたEテレ『おかあさんといっしょ』。

4月の半ばにポニーキャニオンから『最新ソングブック』のDVDが、講談社から卒業時の定番『〜ありがとう』ムックが発売されるが、まず最初におとずれるよしおにいさんりさおねえさんとのお別れが同講談社の2月に1度の恒例雑誌
『NHKのおかあさんといっしょ 4月・5月号』
だ。

『NHKのおかあさんといっしょ 4月・5月号』


表紙だけでも泣けるのだが、中は卒業セレモニーの速報や4人のおにいさんおねえさんのインタビュー、よしおにいさんりさおねえさんのポスターに、付録はブンバ・ボーン!のデラックスカード(缶がスゴくカワイイ!)とプレミアムでもっともっと泣ける構成。

2冊買ってひとつは子ども用、ひとつは保存用、としたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデーに豆大福

何となく自分の中で“いただくもの”と定義づけしていた、原宿の老舗“瑞穂”の豆大福。

「東京三大豆大福」のひとつに数えられるというコレを、今日初めて買いに行ってみた。


午前10時にお店に着くと、店内に5〜6人の行列が。

重厚な引き戸を開け、自分もその最後尾につく。

すると次から次へとお客さんが到着し、すぐに行列は店外にも続いた。


衰えぬ人気に加え、接客がおかあさんのワンオペであるからこの行列も致し方ない。
ひとりで注文を聞き、大福を包み、お会計をし、電話をとっているんだもの…!

中には差し入れなどの目的か1人で50個注文したりする人もいるのだから…!

それでも午前中で売り切れてしまうのだから、これでいいのだ。

絶え間なく


自慢の豆大福は相変わらずのスベスベおもちとスベスベあんこ、その中でしっかり主張する豆の存在と、ステキなバランスであった。


小豆の高騰で4月から10円値上がり230円(税別)となるそう。

これも致し方なしか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/12

エーオ!

絶対に映画館でみておかないと後悔するという思いから、恥ずかしながらようやく『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞した。

もはや大ヒットとアカデミー賞も経て散々語り尽くされている作品、今さら自分が何かを書くのもはばかられる程であるが…とにかくウワサに違わぬ作品であった。


よくこの尺に入ったなというくらいのQueenに起こった様々な事象の全てが、最後のライヴ・エイドのシーンにつながり、彼らの歌で、演奏で、パフォーマンスで消化される…フレディが歌う全ての歌詞に意味がある、突き刺さる!

素晴らしい彼らの楽曲に加えて、こうして構成も秀逸なのだから!


子どもが生まれてからおよめさんと映画館に行くことがなくなってしまっている昨今、いい劇場で彼女(UKロック好き・公開すぐに鑑賞済み)とふたりでみてみたかったなぁと切に思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/11

8年

Twitterの検索窓に、
「from:アカウント名 since:2011-3-11 until:2011-4-11」
などと入れると、当該アカウントのツイートをさかのぼり当該期間のものを閲覧することができる。

ふと8年前とその周辺の自分のつぶやきを眺め、当時の混乱や不安や感謝や、様々な記憶と感情を引っ張り出して見ていた。


この8年間あっという間だった、息するくらいの間だとと思っていたが、よくよく考えてみたら自分がおよめさんに出会ったのは震災以降だし、今2人の子どもがいるわけで、ずいぶん長い時間が経っていることに気づいた。

8年前のあの時から、やはり死生観とか、家族観とか、資源に対する思いとか、当時溢れかえったデマツイートなどからSNSへの関わり方とか、勇気づけられた経験から歌というものへ対する思いとか、根本から変わっている部分が相当にあると思う。


日本全国の色んな人の人生が変わったことだろう。

忘れちゃいけないこと、前を見なきゃいけない部分、色んなことを考えてまたあしたから生きようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/08

現場主義の勝利

金曜ロードショーで恥ずかしながら初めて、かの話題作『カメラを止めるな!』を鑑賞した。

“答え合わせの物語”は斬新といった感はなかった。

しかしこれは事前情報を入れていないと言いつつも公開から1年以上が経ち、ちょこちょこと作品についての話題が耳に入ってきてしまっていたこともあるだろう。
案の定退屈な物語前半を眺めながら、「早く後半になぁれ」と待ち遠しく思ってしまっていたくらいなのだから。


この前半と後半でのギャップはやはりお金を払って実際に劇場に足を運び、

「なんじゃこりゃあ!」
「退屈な映画だ…」
「途中で帰ろうか…」
「金返せ!」

と本気で思った人が勝ちなのだ。


そんな人たちに後半部で訪れる、いい意味での裏切りこそが最高なのだから。


しかしそれでも次々と明らかになる舞台裏のドタバタ劇と「そういうことだったのか」という発見がおもしろかったのは確か。


しかも途中まで「おもしろいだけで何のメッセージ性もないのか、これで映画として成立するのか」と心配していたが、終わってみれば心から「ものづくりの現場ってステキだな」とほっこりさせられていた。

他にも家族愛親子愛や最後まであきらめないことなど、この上質コメディに普遍的なメッセージを詰め込み最終的に大衆娯楽に昇華させていて、そのヒットにも納得したのであった。


最後に何よりも言いたいのは、撮影助手の女優さんのコケっぷりに感心したということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

優雅な時間

仕事終わりで真っすぐ家に帰る日は子どもの寝かしつけをするわけだが、どうしても一緒に寝てしまい、そのまま夜中、はたまた朝まで熟睡してしまう。

彼女もコチラが本当に一緒に寝るのだと思わなければ遊びたい欲を抑え寝てくれないわけで…

しかしこれでは自分の時間や夫婦の時間が全く持てないのである。


そんな中今夜は久しぶりに、おそらく今年に入って初めて、わがこ就寝後にすぐ起きられた。

ゆっくりおフロにつかって、お酒を飲みながら録画がたまっているドラマをみた。
(ちなみに今期鑑賞は『メゾン・ド・ポリス』と『フルーツ宅配便』)


至極有意義な時間であった…!

(一方およめさんはグーグー寝ていた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧