カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2018/08/14

♪チントンシャンテントン!

マンガ『少年アシベ』が今年30周年をむかえ、渋谷はにわかにゴマちゃんゴマちゃんしている。

キュー


30年前自分は小学生。
それでも何のきっかけかアシベが好きになり、当時連載されていた『ヤングジャンプ』誌を購入していた。
エッチな描写のあるマンガもある中綴じの青年週刊誌の購入は小学生にとっては冒険で、毎週ドキドキしていたことを思い出す。


それでもやっぱり最初に開いていたのは『少年アシベ』。

アシベ、ゴマちゃん、スガオくん、チットちゃん、イエティ、ゆうま、両々、王さん、ペッペッペさん、天堂先生、早乙女くん、味田くん…多彩で魅力的なキャラクターたちに夢中だった。

その後制作されたアニメも秀逸で、エリリン(田村英里子)の歌うテーマ曲がいい曲で…今でもしっかり歌えるほどだ。

この2人好き


東急本店では原画展も開催されていて、あの何度もコミックで見てきた第1話を目の当たりにした時は感動した。

♪ピーピピピッ!

3F催事場

グッズもたくさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/12

アフター

今週末はわがこのアフター誕生日で父の実家に。

こちらでも、私の妹の家族も来て、準備万端。

プール!

ちょっとお湯をまぜました


スイカ!

志村的


お昼寝!

なぜダンゴムシ


おさんぽ!

蚊にいっぱい刺された…


ぶどう!

じいじの故郷は山梨


ケーキ!

ここにもフルーツ


プレゼントのファーストアンブレラ!(あおむし)

「あっ、あおーし!」


締めは花火!

やれる!


2歳上のいとこのお姉ちゃんに引っ張られてキャッキャ言いっぱなしであった。

つい2ヶ月前は怖いと言いながら家の中から眺めていた花火を持つことができるようになり、2歳児の意地を感じたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

狛江出身の練習生がいまして…

最近すっかり団体経営者としての活躍著しい“殿”、ことプロレスリングFREEDOMS・佐々木貴が今度はラジオのレギュラー番組を持った、しかも今夜は渋谷で公開収録、しかもしかもゲストはデスマッチのカリスマ葛西純と引退興行を控える希月あおいだ!

と、いうわけで、渋谷のはずれのスタジオに行ってきた。

収録後のフリータイムもあり


Twitterを中心に今にわかに話題になっているプロレスファンのマナー問題。
新日本プロレスの隆盛は他団体にも波及し、プロレス界全体の裾野が広がった分だけファンの質も問われる状況となっている。

今日詳細を本人から聞いたのだが、地方大会で血まみれで退場する葛西氏の背中をバチコーン!と叩いて「お客様に手は出せないだろ?」と挑発的にニヤつくオッサン…!
自分の持論で言えば、プロレスファンなんて昔っから変な奴(もちろん自分も含め)ばかりなんだから、そんな中でも特にレスラーに突っかかるような輩は昔同様若手が押さえ込んでつまみ出すとかガイジンレスラーにぶっとばされるとか、それ相応の報いをうけるべきだ。
自分としてショックだったのはあの葛西純ともあろうレスラーがこの程度のファン対応に関してツイートをしなくてはいけない状況であった。
とにかくレスラーにはどっしり構えていてもらいたいし、そのために団体側には毅然とした態度をとってもらいたいということだ。


初めて彼女を見た時、その今まで女子プロレスにはなかった底抜けに明るい姿に衝撃を受けたあおいちゃん。

しかしあれから彼女もずいぶんとキャリアを積んで、ケガもして、真剣に悩み、プロレスを離れる決断をしたそうだ。
今夜はそこに至る重い言葉を聞けた。


他にも葛西純20周年興行のカードフライング発表に練習生逃亡を憂う佐々木貴など、普段目の当たりにはできないプロレスラーの生の声を聞けるいいイベントだった。
渋谷の地で恒例化するようなので楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/08

狛江に悲しみの涙が降る

8月8日は“狛江・多摩川花火大会”。

財政難のため開催されていなかったのだが小さな小さな狛江市民の思いをのせて、3年ぶりに開催されることとなった待望のイベントだ。


我が家でも2歳のわがこの初花火となり、ご近所でお世話になっている飲食店数軒も出店で花を添えるため、ずいぶんと前から、

「今度花火見に行くからね〜。」
「何食べられるかな〜。」
「盛り上がればイイネ!」
「楽しみだね〜。」

と家族でお店で、語り合っていたのだ。


しかし…

 強い台風13号は8日夜、房総半島の南海上を北上し、関東に接近した。9日昼ごろにかけて関東や東北の太平洋側に達する見込みで、進路が西に寄った場合は上陸する恐れがある。速度が遅く、影響が長引く可能性があるほか、首都圏では9日朝の通勤時間帯に風雨が強まるとみられ、気象庁は交通機関の乱れなどに注意を呼び掛けている。
 台風13号は8日午後9時現在、千葉県勝浦市の南東120キロの海上を時速10キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。関東や東北の太平洋側に近づいた後、沿岸を北上しながら、10日朝には三陸沖を東に抜けるとみられる。(攻略)
 (17'8.8『毎日新聞』

中止…


台風のバカヤロウ!

これが狛江の運のなさなのか…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/07

「にさいです!」

おかげさまで今日でわがこが2歳となった。

「にさいです!」言えるようになりました


今夜は母も父も大急ぎで仕事をおさめて保育園におむかえへ。
主役が寝るまでの短い時間だが、お祝いとなった。

父が育った絵本をプレゼント


まだまだ園で感染症が流行るともれなくもらって帰って来るし、週イチの中耳炎の通院はずっと続いていて、幼児ならではの不安定さがつきまとっている。

しかしちょうど1年前はカゼをこじらせ肺炎になって死にかけていたのだから…少しは成長し、丈夫になっているのだろう。


同時に最近は彼女のこだわりやイヤイヤなどに困らせられることも増えた。

こちらの心の成長も、順調だということなのだろう。

いよいよ本格的にやってくるという“イヤイヤ期”が…嬉しくもあり心配でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

プレ

来週7日(平日)がわがこの誕生日のため、今週末来週末は家族でそれぞればあばとじいじの家に、“プレ誕生会”と“アフター誕生会”として行くことになっている。

と、いうわけで、今日はプレ誕生会でおよめさんの実家へ。


ごちそうに、ケーキに、ジュースに、すべり台まで常設され、受け入れ態勢万全で迎え入れてくれてありがたや。

トイザラスで買いました


わがこは嬉しそうにパンダちゃんケーキをほおばっていた。

パンダの口がゆがんでいるのはつまみぐいしたから


そしてこっそりそのおこぼれにあずかる父…しっかり満腹・酔っ払いにさせていただくのであった。ヒック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

加速性能ゼロ

今日は17時より待ちに待った保育園の納涼祭。

しかし相変わらず場見知りするわがこは、毎日通っている保育園、周りにいるのもいつもと同じクラスメイトに先生たち・お母さんお父さんだというのに、その数や上を見上げりゃちょうちん横見りゃ出店など普段と違う雰囲気にやられ、ドギマギ…。

クラスメイトに話しかけられても返事もせず、普段はがっつくカレーやからあげも1口2口で済ませ、園庭の隅っこで走り回るお友達の姿を眺めるばかり…。


その後ようやく空気に慣れてきて、好きな男の子と手をつないでニヤニヤしたり父の構えるカメラにポーズをとったりし出したと思ったら…

「そろそろお開きの時間となりましたー!」

こんなことばっかりなのだ。

父は大いに楽しみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/03

未来へ向かう言葉

キックボクシング“REBELS”の会場に久しぶりに行った。

1年8ヶ月ぶりにリングに帰ってくるハチマキ選手の応援だ。

日菜太が出て行き、町田光が出て行き、盟友がいなくなったリングに1人帰還し、一体何を叫ぶのか。
過去か、今か、未来か、それとも…?


あの頃と同じように敬愛するKalafinaの楽曲をバックに、ためてためて入場。

20ヶ月


大応援団を背に、過去にもKO負けしている“セクシームエタイ”翔センチャイジム選手に果敢に挑んだが…

バキバキでした


2R、バツグンのタイミングで切り込まれてきたヒジ2発に、無念のダウンを喫したのであった。


スポーツの世界には必ずブランクというものが存在することは知っている。
しかし素人目にはなかなかそれを感じさせないような仕上がりであったように感じた。


長いトンネルをようやく抜けたリング復帰。

だが何より嬉しい、何よりめでたいと思ったのが、試合後、

「まだまだ。このままじゃ終われない。」

という言葉を彼の口から聞けたことだった。


体調が一向に回復しない辛い欠場中に、何度もよぎった引退の文字。

その最中に、
「せめてけじめの一戦だけでも…。」
というセリフも聞いていた。

だからもしかしたら今回のファイトがそれなのかも、と思っていた部分もあったのだ。


だからこそ嬉しい、未来へ向かう前向きな言葉だった。

梅野源治が株を上げまくった


それにしても、リング上の勝敗だけが全てだった格闘技のファイターたちも、今ではそれ以外も求められる時代になったように思う。

そういった意味では泥臭いその生き方闘い方でこれだけ魅せられるハチマキ選手は、やっぱりプロだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

社会的不公平

 東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で、同大が女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが明らかになった。
 同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。水面下で女子だけが不利に扱われていたことに対し、女性医師や女子受験生からは「時代遅れだ」との声が上がる。
 「いわば必要悪。暗黙の了解だった」。同大関係者は、女子の合格者数を意図的に減らしていたことについてそう語る。(後略)
 (18'8.2『livedoor news』

自分は生物として性差があるのはステキなことだと思っているし、世に溢れるジェンダー論の多くは時に言いがかりのようであり不毛なことだと思っている。

だが本件に関しては、ただ女性だというだけでその人の夢を断つ反社会的行為のようで、どうにも納得がいかない。


女性が体の変化や生活環境の変化で仕事を休んだり退職したりする、とあるが、それは逆の意味で男性がそういう状況に陥っても仕事を休んだり退職したりしない、その上に成り立っているということなのだろうか。
(もちろん女性だけが経験する妊娠・出産の重大さは別の話となってしまうが)

私は昭和の人間なので、子どもの頃の記憶を思い起こすと、確かに父親は家庭を顧みず働いてくれていた。
起きる前出勤・寝たあと帰宅で1週間に何回顔を見たかな?のような存在であった。

自分も、小学生の頃は1年中半ズボンでが、家族にはげまされながらんばって皆勤賞をとったりしていた。
男の子なんだから元気に、強く、泣かない、と育てられた。

もうそういう時代ではないということか。
男も家にいてもいいんだよ、不調だったり気分が乗らない時もあるよね、弱音もはいていいんだよ、そういう風に生き、そういう風に育て育つべきなのだろうか。

それで上記のような社会的な不公平さを改善するのならば、そういった国民の根本的な意識改革が必要になる、のだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

8月1日。

気がつけば8月になっていた。

忙しかったといえば忙しかったし、忙しくなかったといえば忙しくなかった上半期。


仕事に関していえば、時間がない・お金がない・思い入れのないそんなナイナイ仕事ばかりになり、営業時間中は常に昼時のオフィス街の牛丼屋のように次々と来る作業でバタついていた。

時間があったり規模が大きかったりするものに対してあれこれと悩み考えたり、朝まで泊まり込んで仕事をすることはなくなった。
これは社自体の営業力の低下と同時に、元々残業代の無い会社でようやく必要最低限の力だけでやろうというふんぎりや諦めがついた部分もあるのかもしれない。


その代わりではないのだが、終業時間を迎えると同時にいそいそと職場を飛び出すことが多くなった。

2歳を迎えようとしているわがこの面倒や、なじみの飲食店のお手伝い、プロレス観戦…とどのつまりプライベート・“遊び”だ。


そんなこんなで色んなことにあくせくしているうちに盛夏を迎えていたのだ。

下半期はちょっと落ち着いてボケーっとしたい。
こうしてどうでもいいブログを書く時間があるくらいがちょうどいいのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧