カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017/07/09

部屋さがし、リスタート

昨年子ども不可物件で子どもが誕生してしまった我が家族。

結婚した時お互い30歳を過ぎていたので赤子は“授かりもの”と思い、特に何もせず何も考えず、2人のままでもいいし増えるんだったらそれはその時と住む場所を選んでいたのだ。


それから4年が経ちふたたびの家の契約更新を迎えそれに抵触、今住んでいるところを出なければいけなくなってしまったというわけだ。


今の家は築年数の割にはキレイで、家賃も相応。
間取りもこじんまりと自分たちに合ってて気に入っているし、そして立地も保育園やなじみの飲み屋も近い、駅もそこそこ飽きずに歩ける距離、と文句1つない現状なので、とにかくこれからやらねばならぬことが発生するのがとてもめんどくシンドい。


と、いうわけで街の不動産屋に。

上記の理由から同じ町内で新居を探すわけだから、意外とスムーズに…
と思ったら、そうはいかず。

朝から炎天下、わがこがゆでだこのようになるほど何件も物件を見て回ったのだが、間取り・内装・家賃、色々な面でどこも一長一短。
全く決断に至らないのだ。

久しぶりに行動してみてこんなにも部屋さがしが手間のかかることに改めて気づいたのであった。

キレイですね


と、いうわけで、この件また来週へ持ち越し。

まぁ家も人と同じで、出会い。
タイミングが全てだと思うので、また1週間後家族3人で頭を悩ませたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/07

流れ弾(風)

駅など公共スペースにおいてうちわや扇子などで自分のことをあおいでる人…
もちろんこんな暑い夏だから、それは致し方ないことなのだけれども、

その逆側にいる自分に、その人の汗や体臭が乗った後の風が流れてくることに、はなはだ怒りを感じている。


コレ、自分は「流れ弾(風)」と呼んで、忌み嫌っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

そうそう、こういうのが見たかったのだよ

久しぶりに横浜スタジアムへ行った。

ベイスターズ×タイガース

「ヨコスタ」と言います


中谷→原口の連続HRなどで阪神が16安打10得点。

投げては今年ついに覚醒した秋山が試合をつくり、終わってみれば5-10の完勝だった。

フレー、フレ、フレ、フレー


この満足感…それだけ目の前で勝ち名乗りを受ける猛虎の姿に飢えていたということか…。

おかげでビールもおいしかった!
オリジナルクラフトビール…DeNAがスポンサーになってここはホント変わったものだ。

ラガーももちろん飲みました


ペナントレースももうすぐ折り返し地点。
阪神は開幕から好調だったベテラン勢が調子を落としてきている今、やはり若手の奮起が待ち遠しいものだ。

1人、誰か1人でいいから、頭一つ抜きん出る存在が出てきてくれれば…
そこから同世代は切磋琢磨し、上の選手は尻を叩かれ、相乗効果でチームに勢いが出ると思うのだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/04

今夜も飲むぞ

先日受けていた健康診断の結果が届いていて、ドキドキしながら開いた。

その結果…

…「B(僅に所見有も日常生活に差し支えありません)」!

セーフ!


ここ3,4年の間、“尿酸値”“肝機能”“脂質代謝”“血圧”の4項目においてAとBを行ったり来たりしているのだけれども、今年は尿酸値(1年ぶり)と悪玉コレステロール値(2年連続)、以上2点のBエントリーとなった。

中性脂肪すごくよくなった


うん。許容範囲内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

百聞は一見に如かず

昨年とても楽しかった大日本プロレス高崎大会へのプチ遠征へ、昨年同様のメンバーで出かけた。

車内ではCHAGE and ASKAを流しながら更年期の話をしていた。
ボクたちも知り合った時はお互いまだイケイケな年齢だったが、今ではすっかりこんな話で盛り上がるようになってしまったよ…。

ようこそ高崎


会場であるニューサンピアにすべり込み、レストランのバイキングで黙々と昼食。

しかも格安


満員となったホールは、群馬出身植木巡査の撮影会やBJW所属となった浜亮太の“浜ちゃんこ”などでにぎにぎ。

スケート場です

満員御礼

チェケラ


さぁゴング!カーン!

今年の大会は1ヶ月後に控えるビッグマッチの前哨戦。

ハマタイム

タイトル挑戦


「地方で手を抜く新日本」

時代の寵児であったプロレス雑誌の編集長がそう書いて、業界全てを巻き込む騒動になったのはのはいつだったか。


ネットやSNSが発達し誰もが記者となれるこの時代、どこのプロレス団体もそんなことはできないししてないと思うけれども…

実際大日本プロレスは、こうして老若男女たくさんの人に熱い試合を届けている。

「ベルトを巻いて故郷群馬で試合がしたい!」

群馬出身Mr.ポーゴリスペクト!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/01

大人の階段

飲み集会。
家族で飲み友達のトミーさんの家へ。

トミーが腕をふるう唯一無二のパスタ(本日はジェノベーゼ)をいただいたり、同じく友人のUさんがおウチでじっくり漬けた梅酒をいただいたりして、癒しの時間とさせてもらった。

フレッシュ&スパイシー!

ワインは飲みません


半年前に同じメンバーで顔を合わせた時はまだ人形のようだったわがこ。
その時は何かあってもまだ何もわからずキョトンとしているだけだったけれども、今夜はだいぶ大きくなって暴れたり笑ったり怒ったりするようになっていた。

渋谷で39年酔っ払いを支え続けたイスにて


おまけに11ヶ月を迎えようとするここ1,2週間で急に“人見知り”が発生したようで、毋父と保育園の担任の先生以外にだっこされると確実に泣くようになってしまった。

祖父母相手でも、母や父の好きな人相手でも、ピーピーと涙を流すので困っている。


これも成長の証なのだろうけれども…寂しいものだ。

父の好きな人は好きになってよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/28

保育園と家の関係性

先日、お世話になっている保育園の保護者会があり、(参加できなかったので)その議事録を読んだ。

するとそこには、

「〇〇先生の勤務状況はどうなってるんだ」
から、

「廊下にホコリが舞っていたぞ」
まで、

まるで小姑のような細かな園への意見ががつらつらと並べられていて、驚いたのであった。


確かに現状、人手不足やつたない部分も感じていたが…
それは新学期という時期や向こうの都合もあるし、それに対し何か対策を講じてないわけでもなかろうし、一度任せている以上よっぽどのことでもない限りその運営に関してああだこうだと口出しするのは失礼だと思っていたのだが、どうやら今の保育業界は違うようだ。

自分の子どもの頃は、いいのか悪いのかはわからないけれども、親たちが平身低頭にウチの子を宜しくお願いします!だったと思うのだけれども。


今の保育園や学校と、家庭の立場・関係性は、信頼感というか線引きみたいな部分でずいぶんと変わったのだなと思った。

何より心配になるのはこんなチマチマものを言われて、現場のモチベーションが下がってしまわないかということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

町内

おとなりのバルが同じ町内ながら移転して、今まで酔っ払っても4秒で家に帰れたところが6分かかるようになってしまった。

おめでとう!

めでたいから飲もう!


まぁ栄転なのでガマンしたい。

前菜


ピザ釜もできたしね!

これだ!


お世話になってる保育園も歩いて4分だし、すごく便利な立地で生活できているいるのだが、今の家が“子ども不可”の物件で…

8月の更新で追い出されることが決まっており、これから非常にめんどくさいなと思っている。
目と鼻の先に越したい!

せっかく慣れたとこなのにね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッデム!!!

闘魂三銃士
卓越されたレスリングテクニック

「夏男」の称号

衝撃のヒールターン
nWoムーブメント

×大仁田
×大日本プロレス

2・1札幌事変と、その後の団体と選手生命をかけたNOAH勢との戦い


数々の伝説を残すレジェンドプロレスラー・蝶野正洋であるが、何と言っても特筆すべきことは、彼の存在自体がチャンピオンベルトを超えてしまったということだ。

“nWo JAPAN”のドンとしてプロレス界にとどまらぬ社会現象を巻き起こしていた時の彼は、その自己プロデュース力も相まって、とにかくカッコよくて、セクシーで…
チャンピオンベルトを中心に回るプロレス業界において、その枠をはみ出してしまったのだ。

あの時は、蝶野自身が誰よりも何よりも輝いていて、彼がIWGPを巻こうが巻くまいがどうでもよかったもんなぁ!


今日はそんな彼のサイン会に行ってきた。

nWoTシャツ買いました


わざわざ非常階段を使い、そこに並んでいたファン1人1人と握手をしながら登場。
会場でも気さくに参加者に声を掛け、丁寧なサイン。

さすがレジェンド、さすが今や芸能畑でも第一線を走るタレントだと唸らされた。

会場外でもたくさんの人が足を止め、
「エッ蝶野来てるの!?」
「ビンタしてもらわなきゃ!」

なんて若者やカップルが話しをしていた。

ガッチャメラ!


今は「プロレス休業宣言」をしているが、その代わりメディアの露出で、今誰よりも“プロレス”というものを世間に届けている存在だと私は思うのだ。
がんばってもらいたい。

ガルパン大使


個人的な話だが、蝶野さんがまだ『バラいろダンディ』の隔週ゲストだった時、よくスタジオにお子さんを連れてきていて、威風堂々たる2人がカメラに抜かれる瞬間が家族で大好きだったのだ。

なので、
「最近はMXのスタジオにお子さん連れてきてないんですか?」
とたずねると、

「最近はね〜、上のお兄ちゃんが恥ずかしがってね…。」
「『セクシー天気予報』なんて絶対見たがらないもん。」

とのことで少し残念だった。

でももうパパは立派な司会者だしね…。(本当にスゴいことだと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

リアルお助けマン

引き続き2週間に1度、効果テキメン保育園で感染症をもらってくるわがこ。

もはやこのブログの「育児」のカテゴリーは病気の報告書のようだ。


先週の木曜日にも突如高い発熱。

「40℃」を超えるのは初めてで、さすがに体温計でその数字を目の当たりにすると親としても焦るものだ。

冷えピタデビュー


かけ込んだ小児科での診断は、
“プール熱”。

夏に子どもたちの間で流行るというアレを、いち早くもらってきたのだ。
う〜ん、なんて流行に敏感な子なのだろう!


もちろん園はすぐさまお休みし、三日三晩の看病の末、なんとか熱は引いたのだった。


すると今週に残るのは、鼻水、ノドの腫れ、中耳炎…。

本人としては熱よりも痛みの方がシンドいようで、今週のテンションが非常に低く、相変わらず家で養生の日々が続いてしまっている。

早く元気になぁれ…なってくれ…!

耳からは膿


それにしてもこういう時感じるのは、祖父母の存在のありがたみ。

母も父も有事ということで遅刻早退休暇をくり返し何だかんだやりながらも、どうしても2人揃って仕事を抜けられぬ時間ができてしまい…
そんな時に文句も言わずわざわざ片道1時間超かけ来てくれるじぃじとばぁばには頭が上がらない。

もし自分たち3人きりだったらと思うとゾッとするのだ。

(いつまでも元気でいてください)(切実)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧