カテゴリー「心と体」の記事

2017/07/04

今夜も飲むぞ

先日受けていた健康診断の結果が届いていて、ドキドキしながら開いた。

その結果…

…「B(僅に所見有も日常生活に差し支えありません)」!

セーフ!


ここ3,4年の間、“尿酸値”“肝機能”“脂質代謝”“血圧”の4項目においてAとBを行ったり来たりしているのだけれども、今年は尿酸値(1年ぶり)と悪玉コレステロール値(2年連続)、以上2点のBエントリーとなった。

中性脂肪すごくよくなった


うん。許容範囲内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

リアルお助けマン

引き続き2週間に1度、効果テキメン保育園で感染症をもらってくるわがこ。

もはやこのブログの「育児」のカテゴリーは病気の報告書のようだ。


先週の木曜日にも突如高い発熱。

「40℃」を超えるのは初めてで、さすがに体温計でその数字を目の当たりにすると親としても焦るものだ。

冷えピタデビュー


かけ込んだ小児科での診断は、
“プール熱”。

夏に子どもたちの間で流行るというアレを、いち早くもらってきたのだ。
う〜ん、なんて流行に敏感な子なのだろう!


もちろん園はすぐさまお休みし、三日三晩の看病の末、なんとか熱は引いたのだった。


すると今週に残るのは、鼻水、ノドの腫れ、中耳炎…。

本人としては熱よりも痛みの方がシンドいようで、今週のテンションが非常に低く、相変わらず家で養生の日々が続いてしまっている。

早く元気になぁれ…なってくれ…!

耳からは膿


それにしてもこういう時感じるのは、祖父母の存在のありがたみ。

母も父も有事ということで遅刻早退休暇をくり返し何だかんだやりながらも、どうしても2人揃って仕事を抜けられぬ時間ができてしまい…
そんな時に文句も言わずわざわざ片道1時間超かけ来てくれるじぃじとばぁばには頭が上がらない。

もし自分たち3人きりだったらと思うとゾッとするのだ。

(いつまでも元気でいてください)(切実)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

ヨコハマ走ります。

───────────────
【重要】横浜マラソン2017【一般枠】抽選結果(当選)のお知らせ
───────────────

このたびは、横浜マラソン2017【一般枠】にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

厳正なる抽選を行った結果、「当選」されましたので、お知らせします。
つきましては、下記案内のとおり参加料のお支払い手続きをお済ませください。
★★注意★★ 現時点で、決済は完了しておりません!

---------------
[お申し込み内容]
大会名:横浜マラソン2017
種目名:【一般枠】フルマラソン・個人
---------------

と、いうわけで、フルマラソン化して3年目を迎える“横浜マラソン”に当選した。

その高い抽選倍率と、現に今年も市民の友人・STRくんが市民枠・一般枠共に落選したという報を耳にし、
「どーーーせ当たりっこないんだよーーー!」
と叫んでいたというのに、自分だけがエントリーしてしまい驚いている。


自分の前回のマラソンは“東京マラソン2011”

以前にも書いたが、あの頃は今ふり返っても肉体的にも精神的にもちょうど成熟したところで、大した練習もせずに参加し、4時間ほどでフワッとゴールにたどり着いていた。


しかし、今回ばかりはそうはいかないということは絶対的にわかっている。

すっかりヘタった筋持久力と、雨が降ると痛むヒザ周りの筋肉を鍛え、当日、なんとか無事にゴールを切りたいと思う。

そのためには今までやってきた以上に練習…しなきゃな…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/27

近い将来の不安

今日は家族揃って母の日父の日合同、
「(感謝を込めて)子どもたちが食わせてやんよ」食事会。

上品でおいしいものを


前日、母親が日課のよちよち歩きでの散歩中に転んで救急車で運ばれるというバツグンのタイミングでケガ。

顔面中生傷とガーゼだらけであらわれて、わがこに泣かれていた。(幸い骨などには問題なかったよう)


特に数年前の病気で加速した部分があるが、これからさらにこういう両親の肉体的精神的におぼつかない部分を見ることが多くなるのだと思う。

自分の親だから・元気な頃を知っているからこそ、そんな姿をはがゆく思い、イラ立つというものだ。

近い将来、自分にこの現実を受け止め・かみ砕くことができるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/26

長引くカゼの原因

2週間前に再び三度カゼをひいたわがこも1週間後には無事熱がひき、安心…

と思っていたら、そのまま鼻水、さらにはセキが止まらず今日まで続いてしまった。


かかりつけの小児科の先生には、

「カゼのこじらせや長引きは保育園に通う子供の宿命。完全に治ることはほとんどないくらいに思っていた方がいい。」

と言われていたものの、さすがに夜中にセキが止まらず眠れなかったりそのせいで嘔吐してしまったりする姿を見ているとあまりに忍びなく、何度も病院に通ってしまった。


その結果、たどり着いた耳鼻科で診断されたのが、“中耳炎”。


中耳炎ってプールやおフロでなるものだと思ってたのに、カゼでなるものなのか!

鼻と耳の距離の短い赤子は、カゼの菌が鼻水などからすぐ耳にも行ってしまうというのだ。


今まで気付いてあげられなくてごめんよ…と彼女に謝り倒しの今シューマツであった。

おくすりスポイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

くりかえす

保育園が始まってからというもの2週間に1回はカゼをひいているわがこ。
と、そこから、さらに股にかけそれをもらってしまう我が家族。

今週は結構重症化し、月曜日にひどい鼻水と目やにに襲われてしまう。
ゾンビのようなドロドロの目で寝返りをうつ赤子の姿に驚いてしまった。

目がーっ


そしてそれが火曜日水曜日になると39℃近い発熱に…!


と、いうわけで、毋父でお互い1日ずつ仕事を休み看病につくことになった。


朝からつきっきりで目の前でゼィゼィ苦しんでいるわがこの姿を見ていると…陽が傾くにつれ…同じ症状に自分がなってくる…!

…うつったー!


「代われるものなら、代わってやりたい。」
なんてこれっぽっちも思ってなかったのだけれども…。


とにかく今週はこれらのことに振り回されっぱなしの1週間だった。

朝からフキゲン


シューマツ突入の金曜日。
おかげさまで無事に子どもの熱は引き、残ったのは、父にうつったカゼだけである…ゲホゲホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/29

ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜ハイハ…ゴロゴロ〜

“暦通り”の自分からしたら今日からゴールデンウィークとはなかなか思えないが、そんなGW初日の土曜日は家族でお出かけでもしようと思っていた。

しかしまたしても今週わがこが保育園でご丁寧にはやりのカゼをもらい、前日金曜日には発熱して早退となり、結局1日中みんなで家にひきこもってゴロゴロ〜ゴロゴロ〜となったのであった。


おかげさまで熱も一晩明けたら引き一安心。


と、いうわけで、レクレーションはなかなか上達しないハイハイの練習が中心となった。

ほ乳瓶で釣ってうつぶせに


園では部屋の真ん中にドッシリと座り、クラスメイトが自分の周りをグルグルとハイハイして回る様子を眺めていて、先生やお母さんたちから「監督かよ!」と突っ込まれているのだそう…。


早くみんなの仲間に入って!
きっと自分で動けたら楽しいんだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

効果テキメン

恐れていたことが起こってしまった。

わがこの保育園通いがはじまり、最も恐れていたことが。

それは、

“子どもが園でもらってきた感染症に家族全員でかかる”


今週頭、わがこが嘔吐と下痢を発症。

数日後にはそれがおよめさんに伝染。

そして今、私が、全身の倦怠感を抱えている。


絵に描いたようなこのカゼのリレー…。


気をつけていたのに襲われた、保育園がはじまってわずか2週間での惨状に、驚くばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

隔離されていないのに私だけ

先週月曜日火曜日水曜日としっかり遊び歩いたら、体調を崩した。

木曜日に37.6℃の発熱。
自分は平熱が35℃なのでそこそこの上昇値だ。


ここで伝家の宝刀、

“「一晩寝りゃ治る」は過去の話”

を今回も炸裂させ、どんなに寝ても寝ても結局土曜日までグズグズと熱っぽさを引きずることとなってしまった。


明けて日曜日からは花粉症の諸症状と併せ頭痛を発症。

大切な飲み会になかなか上がらぬテンションで参加するなど非常にふがいない姿を露呈させていた。


もしこれらが感染症だった場合、何より心配されるのは家族への感染だが、

おかげさまでわがこはとても健康に生まれてくれたようで、今日もマスク姿の私をいぶかしげに眺めつつ、最近お気に入りのチーバくんうちわをカミカミ、カミカミ、していた。

昔は1シーズンに1回はカゼをひいて寝込んでいたおよめさんも、赤子を授かってから何かに目覚めたのか、以来ぱったりと調子をくずすことがなくなり、今日も元気に洗濯機を回し離乳食をしこしことつくっていた。


何かいつも自分だけがはしゃいで寝込んで、それをくり返していて、イチバン手のかかる子どものようになってしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

エール

つくづく病というものは突然で、不条理で。

この世の中にこれだけ人間がいて、中には悪い人やズルい人もいるというのに、

「なんで自分が」
「なんであの人が」

など、運命とか神様とかあやふやなものを呪いたくもなるというものだ。


しかしながらそんな中でも今を受け止め、未来に向けて病魔と戦おうと踏み出す友人を前にしたら、ただただその姿に感服させられる。


弱いところを見せず、上を向き、前向きな言葉ばかりを発する彼女は強く、そして何より周囲の人たちに恵まれているのだろう。

“帰らなければいけない場所”があるのだ。


そして人の思いは時にスゴいパワーとなる。

たくさんのそれを背負っている彼女ならば絶対に大丈夫。

勝てる。帰れる。


自分の思いや言葉なんて軽いものだけれども、少しでも背中を押せるのならば、叫びたい。

「ガンバレ!」


きっとこの試練は走り続けてきたその足を少し休める時。

だからそれを乗り越えたその時、目の前に広がる光景や築かれた関係は、また一段と人生を潤す素晴らしいものになるだろう。


とにかくイチバン言いたいことはね…

「勝ってうまい酒、飲みましょうや!」


勝ってこい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧