カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2017/04/26

「初恋の活字プロレスに乾杯!」

熱狂的ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長)チルドレンだった弘明寺“プロレス道場”のマスターであったが、

「あの人に実際触れたら、価値観が、人生が、変わってしまう。」

という理由で何十年と意図的に関わりを持たぬよう生きてきたとのこと。

それが昨年、偶然プロレス会場で座席が目の前で、

「この道をゆけばどうなるものか…」

と2時間悩み抜いた末、ついに声をかけパンドラの箱を開けてしまった。


するとそれからはもう堰を切ったようにターザン愛が溢れ出し、毎日彼に思いを馳せ、四六時中パピプペポ川柳を考え、周囲に彼の魅力を吹聴し、意識的にか無意識にか彼のキャラである“自虐”や“たかり”までコピーし、熱病のような半年ばかりを過ごし…

ついにそんな「先生」の誕生日である4月26日当日、

『ターザン山本!誕生日イベント』

開催にこぎつけたのであった。

『シン・ザッツ・レスラー』


と、いうわけで、私も参加してきた。

もちろん自分もあの頃は『週プロ』派であったし…

というか昭和時代にプロレスをみていた者ならばプロレス観に彼の影響を受けていない人は絶対にいないわけで、プロレスファン全員のかつての師であるわけだ。
『ザッツ・レスラー』は今でも色褪せない。


そのためオープン前から緊張感に包まれる店内であったが、マスターによる午前中からの良席宝塚観劇に老舗レストランでのランチ、宿泊ホテルと送迎の手配、さらには送迎車中のBGMにまでわたる丁寧なおもてなしで、主賓は上機嫌。

着席早々の、

「オラァ今日は何でも喋るよ!」

の言葉通り、自身の生い立ちから、馬場さんや長州さんのこと、さらには編集部での部下の話からあの軋轢まで…何でもサクサクと!


メディアなどでは氏の変態っぷりばかりがフィーチャーされていたが、(5年前10年前は知らないが)しっかりコチラの話を聞いてくれてそこからブワッと話を膨らませる喋りのスタイルは、まさに懐の深いベテランプロレスラーのよう。

おかげでにぎにぎと会は進んだのであった。

氏はお酒は1杯だけ、それでムチャクチャ喋るのだ


無念だったのはこちら側の問題。
気後れもあってなかなかアグレッシブになれず、もっと会話のキャッチボールがしたかったし氏もそれを望んでいたはずだと思った。


ちなみに自分がした質問は、

「ターザン山本はなぜ現代プロレスでデスマッチしかみないのか」と、

「ターザン山本はなぜ“ジャイアント馬場とお金”の話を墓場まで持って行かなかったのか」

特に後者は挑発的な質問の仕方も用意していたのだけれども度胸が足りずおもしろくない聞き方になってしまったので、反省している。


会中ターザンさんの一番おもしろかったセリフは、

「この頃はオシャレに無頓着だったな~。」(『夢の架け橋』のVTRでの自分を眺めながら)

愛し過ぎ


やっぱり一時代を築いた人はスゴい、そう思った夜となった。

色褪せない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/14

クリスマスとお正月

有隣堂恵比寿店で開催中の、

『さかざきちはる 冬の小さな展示』へ。


ペンちゃんたちの原画や書籍、そしてクリスマスグッズやお正月グッズがいっぱい!

Suicaは15周年


あまりの人気に季節のプレートや小皿はすでにほとんどが売り切れ…

散財を危惧しながら行ったので、悔しいようなホッとしたような…何この気持ち!?


しかしステキなクリスマスツリーが見られたからよしとしよう。

カワイイ!


サイン入りの『ペンギンのいるところ』を買って帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/01

異論!

 その年に話題になった言葉から選出される「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が12月1日に発表された。大賞にはプロ野球・広島東洋カープ緒方孝市監督の「神ってる」が選ばれた。
 トップ10に入ったのはこのほか「聖地巡礼」「トランプ現象」「ゲス不倫」「マイナス金利」「盛り土」「保育園落ちた日本死ね」「ポケモンGO」「(僕の)アモーレ」「PPAP」。選考委員特別賞には、熊本地震で被害を受けた熊本城の支援を募る制度「復興城主」が選出された。
 トップ10に選ばれなかったノミネート語は「アスリートファースト」「AI」「SMAP解散」「センテンススプリング」「おそ松さん」など。
 (2016'12.1『ITmediaニュース』

今年の新語・流行語大賞は絶対に、

その渦中に表立った絶妙のタイミングとインパクト、
一周回って気持ちいいほどの語彙センス、

さらには発信者の開き直りの境地ともとれる清々しさ、

Line流出”という前代未聞の事態による広まり方、
騒動に油を注ぐカタチとなりますます炎上を進めることとなった影響力、

で、

「センテンス スプリング」
だと思ったのに。


もしくはいい加減、インターネットでめちゃくちゃ目にするこの言葉、

「※なぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀」

に、この絶好のタイミングを利用し大賞をあげて欲しかった。
(ちなみに前回のチャンスはもちろん数年前の泥酔逮捕時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/06

ねないこ だれだ

自分の思い出の絵本は数冊あるが、その中の一冊がせなけいこさんの作品だ。

「ねないこ だれだ」

「あーんあん」

「もじゃ もじゃ」

「ふくれっつら ぷくー」

どれもカワイくて、でも怖くて、戒めがあって…すごく印象に残っている。


もはや自分はこのおばけに育てられたと言ってもいいくらい。


そんなせなさんの自伝的絵本、
『ねないこは わたし』

『ねないこは わたし』


内容は、彼女の歩んできた人生や、子どもとのやりとり。

それぞれの作品誕生に際する思い出。


そして、“おばけ観”など。

最後の方では、言葉がいき過ぎているのを承知で言うが…
どこか“遺書”のような、そんな雰囲気をも感じた。


それらを自身の切り絵や、その下絵、自宅の写真などいっぱいで飾ってあって、全てのメッセージが優しく入ってきたのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/07/09

ふぁんしぃ

80年代のファンシーカルチャーを特集した、
『ファンシーメイト』
が秀逸。

『ファンシーメイト』


ファンシーグッズ特集
観光地メルヘングッズ特集

80年代原宿タレントショップ特集

兵藤ゆき×高田純次対談
酒井法子インタビュー

マル文字特集

クラッシュギャルズ特集etc…


自分が物心ついた時には、すでに世間はファンシーなグッズや情報であふれ返っていた。
つまり思春期がおとずれる少し前に、ファンシー全盛期を迎えたようなカンジだ。


クラスメイトの誕生会に行く時は必ずサンリオショップでプレゼントを買って(おまけにつけてくれる小さなおもちゃが何より嬉しかった)、

クラス全員が同じテレビ番組を見ていて、

原宿にもいつかは行ってみたいとずっと思っていて、

気づけばマル文字になっていた。(男子なのに)


あんなことあったこんなことあったと懐かしみ、ピュアな気持ちを蘇らせてくれる、いい本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/25

彼について悩むことも快感の一部なのだけれども。

『タモリ論』のヒットと『笑っていいとも!』の終了発表以降、“タモリ評論本”がたくさん刊行されている。

タモリタモリタモリ


が、評論すればする程、タモリという人物がわからなくなるような気がするのだ。


お笑い芸人でも文化人でもない異質の存在、野望があったんだかやる気がないのだかわからないその出生と人間性…
この、元々カタチのないものを、ムリヤリ型にはめているカンジ…

それはまるでカゴで水を汲んでいるような行為。


この時点でもう、みんなタモさんの掌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/22

呼び捨てたい

プロレスマスコミの慣習で、現役の選手は呼び捨てで表記するが、引退した選手は“「さん」付け”になるのだ。

それがなんとなくファンにも浸透していて…
先日引退した小橋建太“さん”の、このまだ違和感満載の“さん付け”が、現実を痛感させられ切ないのだ。


今夜はそんな彼の著書の発売を記念した紀伊国屋書店渋谷店でのサイン会&握手会に参加してきた。

小橋建太著『悔いは、ない』


スタッフが急かせる中でも、丁寧にサインと握手と、言葉のキャッチボールをしてくれた。


武道館の興奮を伝え、
「これからも応援させてください」と言うと、

「もちろんだよ!」
と力強い返事。


第二の青春に向けて…ガンバレ小橋さん!いや小橋!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/13

グラビアに素人感はいらない(たまにでいい)

某最大手広告代理店の大プッシュにより、各メディアへのAKB48関連グループの露出が多くなって、何年経つだろう。

アイドルがヒットチャートをにぎわすのは、歴史的にもかねてからあったことなので、納得できる。

テレビのバラエティ番組のにぎやかしも、昔からあること。わかる。


だが、彼女たちが水着になって、毎週毎日週刊誌などの表紙巻頭を飾るのは納得できない。


このグループのコンセプトは「会いに行けるアイドル」。

そんな等身大アイドルが毎日水着になってたら、それはただの本職のグラビアアイドルじゃん!


ファンと近い雰囲気・素人感をウリにするならば、たまに水着になるからグッとくるのだ。

「カノジョとのはじめての海」とか、
「グループデートであの子もまざってプール」とか、
そういう日常のレア感・初々しさを感じてさせてこそだと思う。

いっぱい!いっぱい!


そうして“アイドル”と“グラビアアイドル”の垣根をとっぱらい流入してきた、(グラビアにおいて)半分素人である彼女たちの存在が、業界のレベル低迷を招いている現実が、哀しい。


やはりグラビアは、ちょっとやそっとじゃ会えなさそうな人じゃなくちゃ!


と、いうわけで最近グラビアで好きな子は、

石原さとみ似でセクシーなくちびるが人気の日テレジェニック2012今野杏南

モデル業界から殴り込みをかけ、若くして「佐々木希を超える逸材」とも言われる日南響子


彼女たちには、地元を歩いてても絶対に会えなさそうだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/05

beppu!

『旅手帖 beppu』はスゴい。

これだけのボリュームの特集が、フリーペーパー!

1,480円の雑誌だ、コレは。


今回はあしたから開催する別府現代アートフェスティバル「混浴温泉世界」特集号。

『旅手帖 beppu』


と、こんなことを言いながらも、私は九州を訪れたことがない。

物理的に遠いという理由もあるが、

ご飯が色々甘くて合わなそう(しょうゆのせい)

治安が悪そう(福岡のせい)

と色々勝手に偏見を抱いて尻込みしているのだ。


しかしこの雑誌で見る別府はホントにいい雰囲気。

建物や看板、路地裏の風景。

パン屋さんや喫茶店、ライブハウスにバー、地元の商店・地元の人たち。

そしてもちろん温泉。


今、旅行欲がムクムクと湧いてきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

三沢光晴という人

“6月13日”に、ミシマ社から発行された、『ドンマイ、ドンマイッ!―プロレスラー三沢からのメッセージ』を読んでいる。

故三沢光晴の、携帯コラム集だ。


当時寮住まいだった若手レスラーとの交換形式で連載されていただけあって、ここでの三沢は、自分の半分ほどの年齢の後輩相手に、一緒にバカもできて、でも暖かく見守る、兄のような懐の深さを見せている。


下ネタの直後に、ケガで欠場中のレスラーへの気遣いを見せたり。

「エ~、男だけでカラオケ~!?」って言いながらも、朝まで盛り上がっちゃうとか。

「オレは、お前たちみたいな『オタク』ってのじゃないからな!」って言いながら、仮面ライダーの変身ベルト集めちゃったり(棺にフィギア入れてもらってたくらい)。


ファンに対する言葉は、
「今回のイベントは、女の子のファンが少なかったなぁ…男のファンもすごく嬉しいけどね!」

と、こんなカンジ。


いいな、こんなアニキ!

改めて人間的にも素晴らしい人だったと実感させられ、そしてそんな三沢を身近に感じることができる、いい本だ。

三沢光晴『ドンマイ、ドンマイッ!―プロレスラー三沢からのメッセージ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)