カテゴリー「住まい・インテリア」の記事

2017/09/01

9月1日

防災の日。
狛江市民としては同時にその日は“多摩川堤防決壊の日”であり、いやがおうにも防災意識が高まる9月1日なのである。

わがこの保育園でも災害時引き取り訓練が行われ、いつものお迎えの時間より早く園にいかねばならぬため、残っていた夏休みの切符を1枚切ったのであった。


と、いうわけで、昼間はしこしこと引っ越しの後片付け

結局、こういうことでしか夏休みを使えなかったよ…。


しかし陽が傾き出して少しは夏気分をと、娘のお迎えのその足で近くのビール屋さんになだれ込み、お腹の前でだっこをしながら1杯…ガマンできずに2杯。

どこかのクラフトビアー


いいよね。
父、夏休みだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/19

今日から新生活

木曜日金曜日と奇跡的に雨が少なく、無事に引っ越し業社の積み残した荷物も運ぶことができ、迎えた土曜日は旧居のあけ渡しの日。

不動産屋との退去立会いの1時間半前から乗り込んで、思いを込めて部屋をそうじ。

スッキリ


これだけ思い入れを持って丁寧に住んでいたというのに、あちこち粗をさがすように家捜しをする不動産屋に腹が立った(仕事だからしょうがないのだけれども)。


と、いうわけで、今日から本格的に新生活。

それにしても引っ越しってのはわずか数100mのものでも、家の目の前だからと使ってたクリーニング屋さんとか、名前も知らない毎朝出勤時にすれ違う人とか、何となく子どもの登園を見守ってくれていた通園路にある工場のおじさんとか、希薄ながらそれなりの歴史の中で築いてきた関係性を無くしてしまう切ないものなんだと、改めてこれに直面してしみじみと思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/16

引っ越し当日は雨だった

当日ギリギリまで荷造りをしていていよいよ、引っ越し業者の入る水曜日は、朝から雨だった…。

以前の訪問見積もりを経て結果、数万円をケチり積みきり契約をし、数千円をケチりイチバン料金の安い業者にお願いをしたのだが、その分あまり宜しくない引っ越しとなったように思う。


やはり営業と現場の間には意思疎通が全くなく、見積もり時に、
「積みきりでも荷物、ほとんど乗りますよ!」
と言われていた言葉は、

今日部屋に入った途端の作業員の、
「ちゃんと見積もりしたんですかァ?」
のセリフにあっさりとかき消された。


どちらが正しいのかはわからないけれども、そりゃあ営業は目先の契約のために口車を使うだろうし、作業員はギャラと時間が決められた中荷物を全部積まなくていい契約で、しかもこの雨…なるべく積まずに終わらせちゃおうと考えたっておかしくない。

色々と、コチラもだけれども意識の低さが露呈したように思う。


やはり引っ越しの契約は基本全積み。

もし積みきりだとしても、ある程度事前に目安としての約束事を明記させるとか、荷物の優先順位をつけて優先度の高いものから運びやすい所に準備しておくとか、コチラも人数を用意してしっかり現場を監視するとか、それなりの用意が必要になると思う。


今回は引っ越し先が数百メートルしか離れていないので自分でそこまで負担にならず荷物を運べるが、これがもしも…と思うとゾッとする。


と、いうわけで数日間、新居と旧居を往復する日々となる。
実家から借りてきた台車が思わぬ大活躍だ。

引っ越し中の事故

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/14

戻る日常、押し寄せる現実

夏カゼから肺炎まで引き起こしていたわがこであったが、増やした薬のおかげもあってようやく調子がぼちぼちと戻り、今朝久しぶりに笑顔で保育園に出かけて行ったのであった。

…ホッ。

ごはんもようやく食べられるようになりました


ちょうど今日園で定期的に行われている身体測定があって結果を見たら、病気になる前から1kgもやせていて…その影響にさすがに青ざめた。

大人の1kgならいいダイエットで済むけれども、子どもの1kgは…!
またごはんモリモリ食べてね!


そしてこの間全く進んでいなかったのは、気づけば2日後に迫っていた引っ越しの準備。

すでにきのうからは新居の契約もはじまり現在は家が2つある状態。

私そうじしますので


急がねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

引っ越し訪問見積もりのススメ

引っ越しといえば業者選びだ。

家の契約時に不動産屋から山ほど有名無名の業者を紹介されるが、訪問見積もりの場合は3件くらいが限界だしそれで十分だと思う。


以下は、今回の我が家(3人家族・1LDK2F→2LDK3F・→隣町・ウォシュレット工事付)の引っ越し訪問見積りの体験だ。

【1件目】
初日は本命であるクロネコヤマトグループの引っ越しサービス、“ヤマトホームコンビニエンス”を選ぶ。

きめ細やかなサービス、多様で柔軟なプラン、大手の安心感、そしてその上でお値段リーズナブルといたれりつくせり。

今回自分が平日に休みをとることを決め、さらに引っ越し日時をおまかせするプランなどを利用しながら相談し…
〈2tショート積みきり〉50,000円
〈2tロング全積み〉60,000円

の見積もりを出してもらう。

「積みきり契約でもほとんど積めると思う」
「食器用や衣類用のダンボールも用意」
と丁寧明朗であった。


【2件目】
次の日は、昔からテレビでCMを見ていたような引っ越し大手を呼んだ。

見積もり作業中に必ず、
「ウチは何件目ですか?」
「よかったらきのうおいくらだったか聞かせてもらえませんか?」
と、聞いてくるので隠さず伝えると、みるみる顔色が青ざめていく…

「ウチでは勝てません…」
「あしたもあるんですか?だったらヤマトさんが安心だと思いますよ…」

そう言い残し見積もりも出さず逃げ帰って行った。
(担当の計算機には“87,000円”の数字が打ち込まれていた)


【3件目】
いよいよ3軒目は、安さが自慢のあまり知られていない業者を呼ぶ。

案の定、見積もり中に前2つの結果を聞かれるので伝えると、
「ヤマトさんスゴいですね…」

と言いながら苦笑いでも、
「なんとかがんばります…」
と、それから数千円引かれた見積もりを出してきたのであった。


ここでこの両者をてんびんにかけ、サービス・安心感を取るか値段を取るかで選べばいいと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

不動産屋ってみんなそう?

部屋さがしでお世話になっている不動産屋に別の用事でおよめさんが寄ったら呼び止められ、先日自分が1時間をかけて完成させた新しい家の契約書やら重要事項説明書やら全てのものが“旧式書類だった”とのことで全部やり直しになるという。

ここまでは誰しもがミスはあるものだからしょうがないと思うのだが、「今すぐここで書け」とか「郵送なら自費で」とか、とにかくその後がメチャクチャで呆れたのであった。


元々家のことに関して全然相談事に乗ってくれなかったり、事務的だったり、契約してしまえば後はテキトーだったりと、不満ばかりが募っていたのだが、地域最大手のところで持っている物件だけはあるのでここに頼らざるを得ない現状が歯がゆいのである。

こういう環境が、こういう接客を生んでしまうのだろうか。


自分には不動産の知識はないけれども、この担当よりももっとずっとお客さんに楽しく家探しをさせ、未来への希望を抱きながら契約させられる自信がある。


家は住むのも契約するのも結局人間。
接客業・サービス業、そして人対人として色々と考えてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

隣町へ

トータル3日間にわたる不動産屋訪問と内見を経て、

“日当たりのいい小さくて古い部屋”
と、
“日当たりの悪い広くて駅の近い部屋”

のどちらかで最終的に迷っていた新居さがしであったが、きょうおよめさんが後者で決断を下したよう。

物で溢れる運命


〈駅まで〉12分→5分
〈保育園まで〉4分→4分
〈なじみの飲み屋まで〉6分→6分

となって便利かと思いきや、利用駅が1つ隣に変わってしまう。
この駅、周辺にスーパーが1軒しかないのでとても不便(今は4件ある)なのだ。

買い物してまた電車に乗る、パターンになるかな。


これから引っ越し予定の8月の半ばまでバタバタすることだろう。
あぁめんどくさい。
しかしめんどくさいと言っていても何も解決しないまま時が来てしまうので、コツコツやることにしよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

部屋さがし、リスタート

昨年子ども不可物件で子どもが誕生してしまった我が家族。

結婚した時お互い30歳を過ぎていたので赤子は“授かりもの”と思い、特に何もせず何も考えず、2人のままでもいいし増えるんだったらそれはその時と住む場所を選んでいたのだ。


それから4年が経ちふたたびの家の契約更新を迎えそれに抵触、今住んでいるところを出なければいけなくなってしまったというわけだ。


今の家は築年数の割にはキレイで、家賃も相応。
間取りもこじんまりと自分たちに合ってて気に入っているし、そして立地も保育園やなじみの飲み屋も近い、駅もそこそこ飽きずに歩ける距離、と文句1つない現状なので、とにかくこれからやらねばならぬことが発生するのがとてもめんどくシンドい。


と、いうわけで街の不動産屋に。

上記の理由から同じ町内で新居を探すわけだから、意外とスムーズに…
と思ったら、そうはいかず。

朝から炎天下、わがこがゆでだこのようになるほど何件も物件を見て回ったのだが、間取り・内装・家賃、色々な面でどこも一長一短。
全く決断に至らないのだ。

久しぶりに行動してみてこんなにも部屋さがしが手間のかかることに改めて気づいたのであった。

キレイですね


と、いうわけで、この件また来週へ持ち越し。

まぁ家も人と同じで、出会い。
タイミングが全てだと思うので、また1週間後家族3人で頭を悩ませたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/04

年末の宿題

毎年のことだけれども、寒さと忙しさでサボった年末の大そうじは、連休中の今、やるのだ!

平日と同じくらいの時間に起きて、サンサンとしたあたたかい朝の陽差しに包まれながら、のびのびとおそうじ。


お昼前にはビールを投入しながら、のんびりと。

ガソリン注入!


窓ガラス拭きの時は出窓から落ちないよう余計な気を遣うことになったが。

二度みがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/12

Lord of the Rings

今日も夏休みをとって、夏らしくない家の大そうじ。

玄関を掃いて、フローリングを拭いて、クローゼットにパンパンに詰まっていたTシャツを整理していると…

「チャリン!」

と、奥から音がしたので、何かと思って覗いてみると…

あったー!


そこには、半年くらい前になくした結婚指輪が!


こんなところにあったのかー!

どうりで本棚の裏探しても洗濯機の下探しても見つからないはずだよ…。


Twitterでつぶやいたら友人が言ってくれたように、これも大そうじという機会をくれた娘からのプレゼントかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)