カテゴリー「趣味」の記事

2017/12/30

最終的には私がこっそり奥さまの元へ聞きに行った

毎年恒例、男7人、高校部活の戦友たちとの忘年会@あの頃練習終わりで毎日通ったファミレス。

ガストです


お互い健康問題を嘆いたり、
一部メンバーの後退する髪の毛を揶揄したり、

早くも夏の旅行の計画を立てたり、
来月の駅伝大会へ向けて抱負を語ったり、

婿養子となった友人の塩梅を聞いてみたり、
ハイボールが品切れですと言われたり、

目の前にスーパーあるけど…


今回も色々あったけれども…そんな中で一等のテーマが、昨年第一子が誕生したメンバーの1人・店長(あだ名)への出産祝だった。


数ヶ月前からこっそりと「何を贈ろう」と計画していたのだが、3万円強する“銀製のベビースプーン”という突如挙がった案を巡り、

「自分では絶対買わないものだからいいじゃない」
「珍しいものを贈りたい」
「一生モノになるんじゃない?」
などと言う賛成派と、

「こんなもん使わねェ」
「高過ぎる」
「同じ値段なら別のものがあるだろ」
などと言う反対派で、

真っ二つに分かれて大論争。


結局私を含む後者グループが勝ち、この計画は一回白紙に戻されたのであった。


その後二度三度の侃侃諤諤を経て最終的には、“木製のおもちゃのゴルフセット”+“各自オススメの絵本1冊”、に落ち着いたのであった。

これでどうじゃー!(目指せ松山)


とりあえずパパにも本人にも喜んでもらえてよかったが、この裏には相当の紆余曲折があったことを伝えてくてしょうがなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

パキッとも言わずに

大學1年生の夏に友人にもらったシャープペンシル。

手にすごくなじんで気に入って、それからずーーーっと使っている。

学生時代の論文もコレだったし、仕事するようになっての走り書きも、アイデア出しの時もコレだ。

15年以上、常にこのペンが自分の手の届くところにあるのだ。


その大切なペンが、

今日…

折れた。

こんな変わり果てた姿に…


いつもと同じ会議中に、何気なく上の方を親指で横に押してみたら、まるでラムネ細工のように音もなく折れてしまったのであった。


ショッーーーク!!!


これがないと何も書く気になれない…とりあえずセロテープで補修し、だましだまし使ってみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

はじめてのクレーム電話

わがこ1歳の誕生日のお祝いに、私の父母が1歳からの三輪車を買ってくれた。

ミッフィーとのコラボでカワイイんだよ!


家族全員でワクワクしながらAmazonから送られてきたダンボール箱を開けると、何か違和感…

パッケージの一部に外国語が使われている海外販売版だったのだ。

“D-Bike”のミッフィーバージョン

読めない


実際商品のページのどこを読んでもそう書いていなかったので、その旨カスタマーサービスにメールをしてみたところ、すぐさまおわびの返事と、商品交換の集荷が家まで来たのであった。


数日後。
改めて送られてきた代替品。

なんとなくイヤな予感はしていたのだが…中に入っていたものはやっぱり全く同じもの!ズコー!

と、いうわけで、さすがにクレームの電話を入れることとなった。


その後1週間におよぶ社内調査の結果、「現在Amazonで扱っているものは全て海外販売版でした」とのことで、これだけ長い時間をかけたものの結局返品する運びとなってしまったのであった。
こういうことってあるのだねぇ…。


そして気になるAmazonカスタマーサービスさんの対応だったが、電話口ではすごく低姿勢で丁寧で、当たりがよかった。
「おわびのクーポンを…」とかものすごい早さで送付してくれたり。

しかしその実務は、「2,3日で返金手続きをする」とのことなのに1週間待っても返事がなくまたこちらから連絡をするハメになったりとおぼつかなく、謝ることだけが上手なんだな〜といった印象であった。

まぁ、そこが企業的にはイチバン大事な部分ではあるのかもしれないけれども。

返送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

ここにも多摩川

和泉多摩川河川敷で昨年に続き開催された、

“TAMARIBA”

に行った。

いいお天気でよかった


大きな柳の木の周りで、

のんびり寝転んだり
走り回ったり

コーヒー飲んだり
ご飯食べたり

生演奏の音楽聞いたり
犬を散歩させたり
写真を撮ったり

川に小石投げたり
シャボン玉したり
ハンモックで揺られたり

川で水上ヨガをしたり
キャンドルをつくったり

映画をみたり
絵を描いたり

みんな思い思いにゆったりと過ごしていた。

母なる河川多摩川


わがこも河原で石を拾ったり、草むらで葉っぱにふれたり、楽しく自然とたわむれていた。

自立できるようになりました


周辺の地元飲食店などが集い中心となってひらかれたリバーサイドフェスティバル。

多摩川周辺といえば二子玉川ばかりがクローズアップされている中、こうしてここもにわかに異なる方向性で盛り上がればいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/31

へなちょこだち。

『どーもくん』『こまねこ』に代表される、合田経郎さん率いるパペットアニメーションスタジオ“ドワーフ”好きの私。

かつては監督のトークショーに行ったりと、ファンなのだ。


先日友人一家とNHKスタジオパークに遊びに行った際、わがこもきっと父同様どーもくんを好きになってくれるという手応えを感じたので、

どーも!


今日、保育園帰りにまんをじして一緒にDVDを見たのだ。

どーだいどーも


すると…突然の号泣!

ピエーーー!直前まで機嫌よかったのに…


なんでー!?

このへんてこないきものが怖いのー!?

どーもが見てる


自分の好きなものを否定されるというのは、たとえそれが赤子相手といえどもショックなものだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/27

いつだってどこだって世代闘争が望ましい

アイドルでもプロレスでも競馬でも、実際にその現場に行くとなったら会場や周囲に似合うよう負けぬよう、その業界の時流だとか歴史だとかを事前勉強しある程度の知識武装をしていくものだと思っていたが…
最近の若い子は、「自分は自分」「その場のノリで楽しめる」など大らかなのかなと、松坂桃李高畑充希柳楽優弥らが競馬場で初心者丸出しで基本的なことをスタッフに聞きまくっているJRAのCMを見て思った。


自分のような肥大した頭でっかちな人間からしてみたら考えられないことだし、業界へ全くリスペクトのない冒涜行為だとさえ思ってしまうものなのだが。
(なので上記のCMはすごく不快)


しかしながら大らかな若いファンがいるエンタメこそ潤うのが事実。

新しいファンが流入し確かな大らかな未来があるからこそ、やがて少数派となる古いファンは、

“先輩にいじめられたから後輩にいじめ返す”
ヤな奴ばりに経験と理論をこねくり回し、自分の居場所を必死に守り、業界内にいろんな価値観をもたらすべきだ。

それが業界を発展させるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

BBQ、決行される

2ヶ月くらい前からとあるプロレス観戦仲間内で今日・3月26日の日程で動いていたBBQがこの雨の中強行された。

理由は幹事が、
「気合入ってるから!タープも買うよ!」
とのこと。


すると他メンバーからも、

「自分も食材準備しちゃてるし!」
「カッパ着て参加します!」
「ありったけのカイロ持って行くね!」
「汁ものの準備だ!」
「むしろ花粉飛散が少なくて好都合!」

など、彼の熱さに影響されたのか前向きなセリフが次々と出てくる出てくる…!


やはりBBQというものは、BBQというレクリエーション自体に対して真摯で、熱く、前向きで、リーダーシップのある人間が幹事となり遂行されるべきなのだ。


そして私はビショビショになりながらも安心して幹事の焼く肉をほおばったのであった。(何も仕事をしないという)

他に誰もいないキャンプ場…

自分は食べるばかり飲むばかり

いたれりつくせり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

BBQ、中止になる

2ヶ月くらい前からとある飲み屋の仲間内で今日・3月25日の日程で動いていたBBQが突然中止となった。

理由は幹事が、
「寒そう」
と思ったから、とのこと。


実のところ数週間前から、
「幹事かわりにやって~。」
と周囲にもらすなど、今日に対して明らかに彼のモチベーションが下がっていたことはうすうす感じていた。

いざ勇んで声を挙げてみたが、お目当の女性や後輩が参加することがかなわずそうなったようなのだ。


やはりBBQというものは、もっとBBQというレクリエーション自体に対して真摯で、熱く、前向きで、リーダーシップのある人間が幹事となり遂行されるべきなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

どんぴょん!

昨年末に郵便局に注文していた、

“NHKのなつかしキャラクターズフレーム切手スペシャルコレクション”

が届いていた。

でこでこ、でこりーん


カワイイ!


しかし切手自体は82円×10の1シートのみで、他の付属品は切手ホルダーにマスキングテープ、はに丸ノートににこにこぷんカード…

もう少しお値段(4,980yen)に見合うくらいのグッズの付属が欲しい、購入者の中からわずか10人しか当選しないというDVDがデフォルトで入っていてくれてもいいんじゃないかな、と思うくらいであったが…

ホルダーにこっそりノッポさんからのメッセージが入っていたのでその言葉は飲み込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

プロレスと競馬

“プロレス” と “競馬”

は、それこそレスラーとサラブレッドと対象は異なるが、その生涯を戦いに費やす生き様や、師弟や血統の脈々と継がれる大河ドラマ的流れなど、ドラマチックな共通項が多く両者にかぶさるファンも多いため、

「競馬やったら?プロレスファンなら絶対楽しめるよ!」

と方々でずっとすすめられていたのだ。


今日ついに、なじみの弘明寺“プロレス道場”店内ですすめられるがままにG1『フェブラリーステークス』を予想することとなり、前日から競馬新聞やネットで情報を収集し(「競馬新聞の読み方」からはじめた)、色々と勘も働かせた結果…

にわかに活気づく店内…!(午後3時)


見事三連複的中!


ザ・ビギナーズ・ラック!

…100yenに止めずもっと投資しておけばよかったァ…。

みんなで応援する競馬中継は大盛り上がりだったし、何よりこうなってしまうと(馬にではなく金に)欲が出てしまい、「また次も…」となってしまうというものだ。

3-9-10!


今日はお願いして普段より早く、お陽さまの出ている時間からお店を開けてもらい、家族と来店。

マスターや奥さま、そして常連という名の飲み仲間たちにまで気を遣っていただき、わがこは情報溢れる店内に目を白黒させ、およめさんは去年からその味を恋しく思っていた名物・有刺鉄線電流爆破チキンに舌鼓を打ち、みんなで満足の1日となった。

おいしくいただきました

こちらがかの名物です

ここの奥さまはホントによくできた人です


それにしても、昼からお酒飲んで、競馬予想して、プロレスのことああだこうだ語るなんて…

これが社会人の正しい休日じゃい!

わがこには父の背中を見ず育ってもらいたいものだ。

締めは豚汁!(これもとってもいおいしかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧