カテゴリー「趣味」の記事

2017/02/19

プロレスと競馬

“プロレス” と “競馬”

は、それこそレスラーとサラブレッドと対象は異なるが、その生涯を戦いに費やす生き様や、師弟や血統の脈々と継がれる大河ドラマ的流れなど、ドラマチックな共通項が多く両者にかぶさるファンも多いため、

「競馬やったら?プロレスファンなら絶対楽しめるよ!」

と方々でずっとすすめられていたのだ。


今日ついに、なじみの弘明寺“プロレス道場”店内ですすめられるがままにG1『フェブラリーステークス』を予想することとなり、前日から競馬新聞やネットで情報を収集し(「競馬新聞の読み方」からはじめた)、色々と勘も働かせた結果…

にわかに活気づく店内…!(午後3時)


見事三連複的中!


ザ・ビギナーズ・ラック!

…100yenに止めずもっと投資しておけばよかったァ…。

みんなで応援する競馬中継は大盛り上がりだったし、何よりこうなってしまうと(馬にではなく金に)欲が出てしまい、「また次も…」となってしまうというものだ。

3-9-10!


今日はお願いして普段より早く、お陽さまの出ている時間からお店を開けてもらい、家族と来店。

マスターや奥さま、そして常連という名の飲み仲間たちにまで気を遣っていただき、わがこは情報溢れる店内に目を白黒させ、およめさんは去年からその味を恋しく思っていた名物・有刺鉄線電流爆破チキンに舌鼓を打ち、みんなで満足の1日となった。

おいしくいただきました

こちらがかの名物です

ここの奥さまはホントによくできた人です


それにしても、昼からお酒飲んで、競馬予想して、プロレスのことああだこうだ語るなんて…

これが社会人の正しい休日じゃい!

わがこには父の背中を見ず育ってもらいたいものだ。

締めは豚汁!(これもとってもいおいしかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/03

原風景

文化の日は、プロレス観戦仲間3人で車に乗り込み、ドンブラドンブラ揺られながら大日本プロレスの高崎大会へプチ遠征。(うまさま安全運転ありがとう)

車内ではプロレスのテーマ曲をかけ、ウチのおよめさんの母上手づくりのおいなりさんを食べながら、ベルト戦線の行く末を予想したり年間末年始の観戦スケジュールを確認し合ったり、時々思い出したようにプライベートな話をしたり。

久しぶりの旅行


そうこうしているうち2時間で着いた高崎は…寒かった!

ぐんまちゃんグッズを買い込みながら、“シャンゴ”へ。
高崎名物シャンゴ風は、かなりのボリュームだった。

スゴい腹持ちのよさ

チャンプ

セイコーマートはなじみがない

緩むサイフのヒモ


いざ会場は、市街地からは結構な距離のあるニューサンピア高崎の、夏は体育館・冬はスケート場になる歴史を感じさせるアリーナ。
地元飲食店の出店も居並び、大いににぎわっていた。

シンプル!

満員!


「群馬凱旋」の植木巡査、血みどろブラザーズの冠に恥じない、い~いやられっぷりだった!
大声援を引き出した!

胸毛ポリス凱旋

画鋲デスマッチ


その体型による圧倒的説得力を持つ浜亮太は大人気。
こういうところで“わかりやすさ”って、何よりも大切なのだ。

しお味でした


客席を見渡すと、“はじめてのプロレス”がたくさんあって…

生の迫力に目を白黒させるお母さん、
デスマッチで泣いちゃう小さな男の子、
リングに画鋲が撒かれるや否や総立ちとなりこだまする悲鳴、
酔っ払いのヤジ、
レスラーに声かけたい、でもなかなか行けない、女の子、
「ありがとう」「また高崎来てください!」の声、

この地域密着感と、いい意味でのドサ回り感…みんながんばってるなぁ!みんな楽しんでるなぁ!
何かプロレスやデスマッチの原風景を見られた気がして、改めてプロレスってイイナ、と思った。

愛だ


今までプロレス遠征といえば大都市のビッグマッチしか足を運んだことがなかったのだが、地方の小さな大会というのはまた全然違った楽しみがあって、すごくいい1日になったのであった。

三代目血みどろブラザーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/11

A型は試合をしない

(血液型)A型の性格の特徴のひとつに、
“完璧主義”
というのがある。

典型的A型性格の自分でも何となく理解できる気がする。


時にいいと思われるそれだけれども、

「完璧主義」
ってことは同時に、

「完璧じゃないことはしない」
ということだ。


例えて言うなら、

「『400戦無敗の男』ヒクソン・グレイシーは、自分の勝てる相手と自分の勝てるルールでしか試合をしない」

ようなもの。


中途半端が気持ち悪いので、完璧に取りかかれるまで仕事には手をつけない。

さらにはその途中で、少しでも、
「コレ思うようにいかないな…」
と思ったら、癇癪のようにそれを放り投げることだってしてしまう、とてもやっかいな気質なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

プロレスの未来と団地の未来。

団地好きとしては、商店街プロレスを追いかけると定期的に団地での開催があるので、まさしく一石二鳥なのだ。

結果的に横浜市内の色々な場所の色々な団地を巡ることができている。


今日の本郷台も、駅前でたくさんの団地やマンションに囲まれ、子どもからお年寄りまでたくさんの人が足を止めていて、とてもステキなロケーションであった。

老若男女

アーケードからこんにちは


プロレスの試合の合間に周辺をフラフラしながらウォッチング。

レトロ

レトロ通り越してアレ

ハマの

閉鎖されているところもありました

ノスタルジア…。


その性質上、駅から遠いというのが通例かと思いきや、こういうしごく便利なところもあるのだ。

まさしく高度経済成長期における、地域一体となってのまちづくりの例。


かつての冬の時代を超え、客足が戻り若い選手が登場し、プロレスは復興してきていると言われている。


では、団地はどうだ。

URが今改めて「まちづくりと一体となった団地再生」を掲げ、力を入れている。

きっとそのやり方によってはいい未来が待っていると思うのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/07/18

マリオよ立国せよ

 大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の運営会社が、任天堂との提携で事業展開を進める新アトラクションについて、400億円規模を投資して正面ゲート左側に設置する方針を固めたことが4日、分かった。東京五輪が開催される平成32年までのオープンを目指す。26年7月に登場した人気映画「ハリー・ポッター」がテーマのエリアと同規模の大型投資で、任天堂の人気キャラクター「マリオ39 件」を使用する。
 USJの運営会社ユー・エス・ジェイは映画だけでなく、日本のゲームやアニメをテーマにしたアトラクションを展開するなどの独自路線で収益を伸ばしており、任天堂とも共同で事業展開することで基本合意している。当初はマリオ39 件などが登場する単体のアトラクションになるとみられたが、ハリー・ポッターと同規模の投資額を計画していることから、複数のアトラクションに飲食店やグッズ店などを融合したエリアになる可能性が高くなった。(後略)
 (16.3.5『産経WEST』

マリオ(任天堂)はUSJに出張なんかしていないで、ソニック(SEGA)を見習って自分で王国を創ってもらいたい。

まさしく“スーパーマリオランド”じゃないか!


または日本のゲームメーカーが勢揃いして、というのも夢が広がる。

ピクミンのサイズになり体験する実世界
ソニックの音速ジェットコースター
パーティーを組んでドラクエの世界に冒険へ

バイオハザードの世界を体験できるお化け屋敷的アトラクション
迷宮組曲で音を探す旅
グラディウスに乗って宇宙空間を仮想体験

パックマンの巨大迷路
リアルサルゲッチュ!
じゃじゃ丸くんの忍者屋敷


などなどなどなど…昔の名作今の作品含め、色々と見てみたいもの・体験したいことが出てくる出てくる!

あれだけでき上がったキャラクターたちと、あれだけバラエティに富んだ世界があるんだから、絶対楽しいことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/09

そこにあるのは優しさばかり

職場にブースカ言われながら休みをとって、およめさんのつきそいで舞浜に行ってきた。

どうやらリゾートラインに乗らなくてもTDSには行けるらしい

2年ぶりに来ました


今回も、「まかせとけ!」とばかりに、ここに勤めて十余年の“マスター”いとこが来てくれたため、

「ここは穴場。」
「ここ歩くと近い。」

「ここに隠れミッキー。」

「それが食べたいならあそこの店だ。」
「これ限定グッズ。」

「こんなサービスあるよ。」

…など、いたれつくせり。

ポテト味のチュロスだそう


現在15周年記念イベント開催中のTDSのテーマは、“Wish”。

いとこの勧めで、彼女の同僚のイラストが上手なキャストさんが、願い事をシールに描いてくれる。

本日ドナルド誕生日


これを胸に貼っていると…
色んなところでこれに気づいた人が声をかけてくれるのだ。

さらには大勢の人に囲まれているキャラクターたちも、わざわざ遠くからかけよって、シールとお腹を交互に見ながら、
「がんばってね!」
というメッセージをくれる(ジェスチャーで)。

なんてみんな優しいの!?
妊婦の特権だろうか。


グリーティングでは天下のミッキーさんにまでお声がけいただき、夫婦は恐縮し続けたのであった。

ミッキーさんはやっぱりサービス精神がスゴかった…!


およめさんの体の状態的に色々と制限があるので心配だったが、これだけ手厚くもてなしてくれ、その代わりに普段だったら行かないような奥の方に足を運んでみたり、普段だったら見ないようなショーやグリーティングに並んだり…

行進

爽やかでした

当たったー!


加えてシーズン的にか天気的にか園内とっても空いていた(インディ・ジョーンズ5分待ち)のもあって、とてもゆったりのんびり楽しく過ごすことができた。

拍子抜けするほど

夜までいちゃいました

旅行気分


この地らしくお酒もよくよくいただけたので、付添人も満足したのであった。

ウイスキーのカクテルだって

コチラオススメ

ガマンできずモルトを

夜は日本酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/23

無償の愛を持てないのなら人に関わるのは止めちまえ

 東京都小金井市で、アイドル活動をする武蔵野市在住の大学3年生冨田真由さん(20)が刃物で刺されて重体となった事件で、警視庁に傷害容疑で逮捕された住所と職業不詳の自称岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)が住んでいたとみられるマンションは、京都市右京区の東映京都撮影所に近い住宅街にある。居住していたとされる部屋の隣人の男性(71)は「数年前に(岩埼容疑者が)引っ越してきた際、菓子折りを持ってあいさつにきてくれた。若いのにきちんとした人だと感じた」と振り返る。
 冨田真由さんは事件前、岩埼容疑者から「ツイッターに執拗(しつよう)な書き込みをされている」と武蔵野署に相談し、その後も電話などで署に複数回連絡していたという。
 「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか?大切に使ってくださいね」
 岩埼容疑者のものとみられるツイッターは今年1月18日、こんな書き込みから始まった。「真由ちゃんと飲み交わしたいから、お酒を飲めるよう特訓してます」「真由さんが出演するなら観(み)に行きますね♪」。冨田さんを「トミーさん」と呼ぶこともあった。
 2月1日には、贈った腕時計への思いも書き込んだ。「『物』で気を引こうだなんて愚かでしょ。『腕時計』捨てたり売ったりするくらいなら返して。それは僕の『心』だ」「腕時計を贈られたのだとしたら、少なくともあなたとは誠実な関係を望んでいます。これは『だから、私との関係も長く大切にして欲しい』という意味」
 (16.5.23『朝日新聞デジタル』

「応援する」

ってのは無償のものだ。


その対象はたくさんの人からの愛を受ける選ばれた人間で、自分なんてものは刺身のつま。

仕事を通して世に・ファンに平等にほどこしをくださる存在の前で、なぜ自分だけが特別と思い、見返りを求めてしまうのだろう。
あまりにも自分勝手で足りないというものだ。

それがアイドルでも、プロレスラーでも、ミュージシャンでも、キャバ嬢でも、バーのマスターでも、同じことだ。


自分も青春時代は熱心に有名人を応援し、ファンレターなどをしたためた経験もあるが、そんな時も、

「応援してやってる」
はおろか、

「応援してます」
と書くのもはばかられたものだ。

「応援させてください。」
だよ。

普通は。
刺身のつまとしては。


「会いに行けるアイドル」をはじめ、時代が、インターネットというメディアの存在が、プロモーションのカタチを昔より身近なものに変えているのは確かで、ファンもバランスを崩しがちだというのは、ある。

だからこそ我々は、自分がなぜその人を応援しているのか、その人にどうなってもらいたいのか、時々立ち止まって考える必要があるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/17

慣れない銀ブラ

いい歳なので銀ブラしに出かけた。

ガイジンさんは地べたに座る


しかし、慣れない街と居並ぶお店の入りづらさと大陸系外国人観光客の多さにあっという間に疲れ果て…

結局、寄るところはアンテナショップ。

群馬県アンテナショップ「ぐんまちゃん家」

岩手県アンテナショップ「いわて銀河プラザ」


群馬県のそこには、ゆるキャラ界のスターが!

さすがのオーラ!

カメラへのポージング、司会のお姉さんとのやりとり、さすがのパフォーマンスだった。ぐんまちゃん

おめでとう!


岩手県のそこには、グリーンスタジアムのスターが!

現役時代と変わらぬ大きな声で、
「エッ奥さん高尾出身!?こないだ高尾山行ったばかりだよ!『土曜スペシャル』の収録で。見てね。」

試合巧者


こちらもさすがのパフォーマンスだった。パンチ佐藤氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

IZU!

熱海に行った。

寧々さんとじゃなくおよめさんのマヨっちとです


日曜日だし、もっと閑散としているのかと思いきや…

どっこい!
結構な人出であった。

特に夜、偶然通りかかって目撃した、ニューフジヤホテルの卓球コーナーの盛況さには驚いた。
闇夜に浮かぶ、浴衣姿のプレイヤーたちは圧巻であった…!


熱海にはすでに春が来ていた。

大島桜をはじめ、色とりどりの花が満開!
あまり観光局がPRしていないから知らなかったけれど、海沿いに咲き誇るサクラ、なかなか見物だ。

そういえば熱海といえば花だった


ここといえば、お魚。

ひもの!


そして秘宝館

日本で唯一現存する大人のためのおとぎの国は、数年ぶりの来館にもかかわらず全く変わらぬ雰囲気でそこにあった。

ネットを開けば3クリックで性器を見ることができてしまう時代に、秘宝館が何をできるのか…。
ヒメゴトとしての・畏敬の念…
我々はもうわかっているから、もっと若い人たちに見て感じて、理解してもらいたいものだ。

浦島太郎伝説


夜は“あいおら”というホテルにお世話になった。

外観や看板はラブホテルみたいだし、朝食のみのプランだし、建物内は古さを感じるものだった。

ラブホテル風


しかしここは、お湯がいい。(源泉掛け流し)


中庭には所有する源泉の蒸気が噴き出していて、そこで何でも蒸すことができる。

白いの50円、赤いの100円


かため10分、半熟は8分…
温泉タマゴをつくったら、ビックリするくらいおいしかった!

濃厚なタマゴはより濃厚に、軽いタマゴはよりフワッフワになった。

商店街も近いので便利です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/30

復活しない

PILOTのボールペン“HITEC-C”の0.3mmが好きで、高校生の頃からずっと使っている。

特に、手帳に細かく予定やできごとを書き込むのにとても便利なのだ。

正直、乗り換えようと思っている


しかしこのペン、よくインクが出なくなる。

1度出なくなったら最後、どんなにあがいても、出ないのだ。


いわゆるボールペンが詰まった時の対処法。

どんなに試し書きしても、

水に浸してみても、

ザラザラした紙に走らせてみても、

落としてみても、

振ってみても、

芯の後ろから息を吹き入れてみても、

まぁー、とにかく、出ない!


極細のペン先、とてもデリケートなのだろう。

200円という少しお高いペンなので、買い直しという堂々巡りはなんとか避けたいとは思っているのだが…
青春時代からずっと、どうしてもこの負のスパイラルから抜け出せないでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧