カテゴリー「経済・政治・国際」の記事

2016/12/12

「日本死ね」ブログについて

 1日に発表された「自由国民社『現代用語の基礎知識』選2016ユーキャン新語・流行語大賞」で「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことに「ひどい言葉を選ぶな」「反日企業か」とユーキャンへの非難が殺到している。今年2月に国会で取り上げられた際にもカンカンガクガクの議論となったが、トップテン入りで、またもぶり返して、炎上してしまった。
 ユーキャンの公式ツイッターは「日本死ね」を選出後、非難の声であふれ返っている。
 「人に教育する人が『死ね』って言葉を選ぶのは最悪」「ユーキャン生涯教育受講して試験に落ちたら『ユーキャン死ね』でいいんですね?」「『日本死ね』なんて言葉は流行っていないし、聞いていて不愉快」
 さらに怒りが止まらない一部の過激なネット民は、ユーキャンのウィキペディアの項目を「株式会社ユーキャン死ね」に書き換えたり、資料請求の無料ハガキを大量に送りつけようと呼びかけるなど“暴徒化”する勢いだ。

 「保育園落ちた日本死ね」は、待機児童問題をクローズアップさせた“功績”が受賞理由とされた。このタイトルの匿名ブログがネット上に寄せられ、当時、民主党の山尾志桜里衆院議員(42)が国会で取り上げた際、賛否が巻き起こる騒動となった。
 元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏(56)は、3月の新党大地の大地塾で「自民党の保育所に対する政策はとんでもないが、公共圏で使っていい言葉といけない言葉がある。憲政史上、『死ね』と言う言葉が政策に関連するところで出てきたのは初」と疑義を呈していた。
 その後、騒動は沈静化していたが、今回よもやのトップテン入りだ。さらに反対派の怒りに火を注いだのが、授賞式に山尾氏がドヤ顔で現れたことだ。タレントのつるの剛士(41)はツイッターで「『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」とツイートした。
 「日本死ね」賛成派からは、児童待機問題の実態を分かっていないとの批判も寄せられたが、つるのは「ワード元のブログも話題時読みました。現社会の歪みから生まれた悲痛なワードであれば尚更流行語なんかで一括りしたり国会議員が笑顔で受賞は違和感です」と反論した。

 新語・流行語大賞を巡っては過去にも「特定秘密保護法」(13年)、「アベ政治を許さない」「SEALDs」(ともに15年)など安倍政権へ批判的なワードがトップテン入りした際、「恣意的な選考」との声が上がった。
 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「政治色が強いのは余計な混乱を避けるために選ばないのが常とうなのに、ユーキャンの場合はガッツリ選んでくる。『日本死ね』は非常に強い言葉で、ネット右翼と左翼で非難の応酬になっている」と指摘する。(後略)(16'12.6『東スポWeb』

「日本死ね」ブログを最初に知った時は衝撃を受けたし、色々と考えさせられた。

乱暴な言葉遣いの中に包み隠さぬ無念さが横たわり、同時に未来へのエネルギーも感じ、だからこそ響くものがあった。
インターネットという匿名な場所だからこそできることだってあるんだと実感させられた。

いいことも悪いことも、きっと国民の大勢が何かを考えるきっかけになったと思う。


だからこそこれが政治利用されたのがモッタイナイ。

誰かの思想が介入した途端、全てがうさんくさくなり、全てが虚無と化するわけだから。

もう今ではズレた論点でギャアギャアと騒がれてしまっているだけだ。


これさえなければもう少しこの問題は、日本は、議論が重ねられていい方向に転がったんじゃないかと思うのだ。


諸説あるというこのブログの筆者。

もし本当に一般人だとしたら、その悔しさをさらに増幅させる結果となってしまったことにすごく共感する。

もし本当に政治家だったとしたら、この人は日本をよくしようなんて思っていないのだろうなと、この稚拙な茶番に悲しみを覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/28

「田舎のプロレス」論

 萩生田光一官房副長官は24日、衆院議院運営委員会理事会で、野党の国会対応を「田舎のプロレス。ある意味、茶番だ」と批判した発言を撤回し、陳謝した。野党の反発で25日以降の審議日程の決定が遅れ、萩生田氏は「結果として国会審議に影響を与えたとすれば不徳の致すところだ」と記者団に語った。与党からも政権の緩みを懸念する声が出ている。
 民進党など野党4党は24日、国対委員長会談を開き、萩生田氏の発言への対応を協議。社民党の照屋寛徳国対委員長は「プロレスのように跳び蹴りしたい」と強い姿勢で臨むよう主張した。
 自身がプロレスファンという民進党の山井和則国対委員長は記者会見で「プロレスに対しても田舎に対しても失礼だ」と批判した。社民党の吉田忠智党首は会見で、トランプ次期米大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)離脱を表明した後も承認案の審議を続けること自体が茶番だと反論。「プロレスが茶番かどうかアントニオ猪木議員にぜひ聞いてほしい」と述べた。(後略)
 (16'11.24『毎日新聞』

にわかにトレンド語となった、

「田舎のプロレス」

という言葉。


ざっくりと言えば、

「安易な茶番劇」

の例えとしてこの言葉を使い、各所から批判の声が挙っている。


まぁ数年前から度々「茶番」を「プロレス」と例える人は出現している。

自分もこれを明らかに間違っているとは思う一方で、ある意味プロレスを知らない人の・世間一般の人のイメージなのだと、受け止めるところは受け止めなければいけないとも思うのだ。


怒るのはプロレスファンだけで十分。

プロレスラーがこんなことに噛み付くような小さいことはしてもらいたくないものだ。

もっとドッシリ構えて、

「そう言う人もいるんですね。」
「もっとがんばります。」

くらいで十分だ。


私が何よりこういった件で怒りを覚えるのは、こんなヘタクソな例えだというのに当の本人がしている、

(いい例えしてやった!)
(オレってスピーチ上手!ああん!)

的ドヤ顔だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/06

炎上プロモーションはもはや時代遅れだ

 元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊(41)がTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)を4日の出演を最後に降板した。5日に放送された同番組で発表された。
 (中略)
 長谷川アナは9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」と題したブログを投稿し炎上。これを受け、テレビ大阪「ニュースリアルFRIDAY」、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」を降板していた。
 「バラいろダンディ」3日放送回の冒頭には、人工透析患者を批判するブログを書いたことについて「個人的なブログ内で書きました人工透析患者の方に関する記事にまつわりまして、大変多くの方に多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。
 長谷川アナは騒動前、「バラいろダンディ」、「ニュースリアル」、「上沼・高田のクギズケ!」、BS12チャンネル「未来展望」にレギュラー出演していたが、「未来展望」は9月に番組終了。残りの3番組を降板し、全てのレギュラーを失うことになった。
 (16'10.5『スポニチアネックス』

長谷川アナが言わんとしていることはわかる。

増え続ける医療費を前に、生まれつきその病気やケガを患い、長い間向き合い悩んできた人と、自らを省みなかったり医者や周囲からの忠告を聞かなかったり、色々なものを裏切った末後天的にそうなった人、
それが同等に扱われるのはあまりにも不公平だ。

そしてそんな後者のような自業自得な1人の存在のせいで、あした生まれる子どもへ医療の手が届かなかったとしたら…と思うと、こうしちゃいられないとなるのも当然のことだ。


この不公平さの是正こそ、医療費助成だけじゃなく生活保護など社会保障制度全体の問題であろう。


そしてそこで彼のキャラクター的に、透析患者を引き合いに出し、過激なセリフで問題提起してやろうというのも、よくわかる。


だからこそ、なぜ超えちゃいけないラインを見誤ったのかと残念に思う。

言葉を生業とする職業の者として、その言葉のチョイスを大切にしてもらいたかった。


さらにはそこで、他人事なのに鬼の首を取ったように騒ぐ外野に腹が立つのもわかるが…
売り言葉に買い言葉で不特定多数の人たちとケンカしヘソを曲げるのではなく、ただ真摯に謝って、仕事で弁明・説明・フォローしていけばよかったのにと思うのだ。

今のままだと論点がズレたままワイドショー的に騒がれて、そのまま終わり。

こんな時は、真摯な“アフター”の行為があってこそ、問題提起になるのではないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/15

戦い始まる

 元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏が15日、TBS系「白熱ライブ ビビット」のインタビューに答え、次期都知事を選ぶポイントについて「都議会と戦える人を選ばないといけない」と力説した。
 猪瀬氏は、都知事選に立候補した小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏といった有力候補について「言うだけなら評論家。要は実行力」と、その公約を実行できるかどうかが重要であると指摘。そのカギを握るのが都議会との立ち位置だと指摘した。
 猪瀬氏によると、「何か1つ政策をやろうとすると、既得権益の壁にぶつかる。その既得権益を持っているのが都議会」だという。都知事選立候補者たちも、待機児童や高齢者などの福祉問題、防災、東京五輪などについて、政策を掲げているが、都議会と対立すれば、公約を実行することが困難になる。
 そのために「都議会と戦える人、都議会にメスを入れる人は誰か。そこが判断の基準になる」と既得権益を守ろうとする都議会の反対に負けず、政策を実行できるリーダーシップがある人を選ぶ必要があると訴えていた。
 (16.7.15『デイリースポーツ』

前都知事・舛添氏辞任時のマスコミや国を巻き込んでの騒乱、小池氏の立候補時の軋轢、そして猪瀬氏の発言などで、改めて都議会の存在が広く明るみになり(こう書くと悪の組織のよう)、おそらく今回の都知事選はいわゆる既得権益とそれを持つ組織をめぐる部分にも焦点が当てられることだろう。

国もそうだが今回東京がきっかけとなり、こうした影の部分に疑問を抱く都民国民が増えるというのは、やはりネットのおかげなのだろうか、とにかくいいことだ。


彼らを敵に回した候補者は、もしかしたら数ヶ月前のように多くのスキャンダルを報じられたり、バッシングを受けたり、民意という名の皮を被った何かとして様々なイメージを流布されたりするかもしれない。

何にせよ、冷静に真偽を見極め、広く見聞し、判断したいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/11

そこじゃない

「千円札出しておつりの返ってこないセットなんて、もはやランチの域を超えている。」
なんて言いながら毎日お昼をどう過ごそうか迷っていたり、

「月曜日は朝市だから。」
なんて言いながら普段よりも早く身支度してスーパーにかけて行ったり、

そんなつつましく生きている我々のような庶民にとって、今回の参院選の焦点はどう考えたって経済の問題だ。


それなのにマスコミはことあるごとに「3分の2」「3分の2」をくり返し、総理に「選挙の時だけ改憲問題に対してダンマリですか?」ときたものだ。

同様に野党も「3分の2」「3分の2」をくり返し、「アベ反対」と叫ぶだけで何の具体的なものを提示しない。


バイトかけ持ちで必死に生きている若者が、何よりも改憲に興味持ちますか!?

そんな感情論だけで支持をもらえるとお思いですか!?


なかなか変わらない現状にしびれをきらしても、こんな政治の状況では絶望しかない。

1度くらいは今の与党じゃないところにも未来を託してみたいものなのだが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/06/21

今夜、およめさんに来た電話

「大切なお願いがあるんだけど…電話していい?」

昔の同僚からの久しぶりの電話。


…スルドイ方ならもうおわかりだろう。時期的に。

参院選の公示をあしたに控え、早くも某政党の支持者・信仰者による草の根広報運動の襲撃である。


「選挙では〇〇党に入れてもらいたいんだけど…」
「よかったら〇〇党の説明しようか?」

コチラがどんな思想かどんな考えを持っているかなんておかまいなしにまくしたてられる演説。


ここで、
「よし!君の意見はわかった!私はそれについてこう思うのだ…」

なんて意見をぶつかり合わせることができたらなかなかに建設的な時間が過ごせるのだろうが、もちろんそんなことをするのはめんどうだし、何より相手の勢いと盲目さに当てられてしまい、

「アッ、〇〇党ね。ハイハイ、わかりました。ハ〜イハイ。前向きに考えておきますね…ハイハイ。じゃあまた…ハ〜イハイ、ハ〜イハイハイハイ…。」

と、ウソの相槌を打ちながらそそくさと電話を切るのがオチなのだ。


それにしても毎度思うのだけれども、こんな一方的な活動が身を結ぶと本人たちは思っているのだろうか。
イヤ、思っていないからこそ、「ヘタな鉄砲〜」でこういう風に遠い知り合いにまでわざわざ連絡してくるのか…。

何にしてもすごいバイタリティ。
これをもっと違う方向に活かせたらいいのに、と思う。


 第24回参院選は22日に公示、7月10日に投開票される。公示を前に与野党9党の党首は21日、東京都内で日本記者クラブ主催の討論会に出席し、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の評価や憲法などで論戦を交わした。自民党総裁の安倍晋三首相は「国民総所得は40兆円回復し、有効求人倍率は24年ぶりの高水準だ。成果を出してきた」と政権3年半の実績を訴えた。これに対し野党側は「経済政策は行き詰まっている。転換が必要だ」(民進党の岡田克也代表)などと批判し、対決色を強めた。
 公明党の山口那津男代表は「地方や中小企業など、アベノミクスの成果が十分に及んでいないところに希望を広げたい」と述べ、無年金者救済のための受給資格期間短縮などを主張した。首相は「アベノミクスはまだ道半ばだ」と認めたうえで、「デフレから完全に脱却し、景気がよくなったと言ってもらえる経済を作るのが第一目標だ」と述べた。
 岡田氏は将来の金利高騰リスクを指摘し、「分配と成長の両立」への政策転換を掲げた。共産党の志位和夫委員長は「アベノミクスによる生活破壊、格差と貧困を是正する」と述べた。(後略)
 (16.6.21『毎日新聞』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/06/16

逃げようとしてはダメなのだ。

 政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑を追及されていた東京都の舛添要一知事の辞職が15日、正式に決まった。辞職は21日付。献金問題で辞任した猪瀬直樹・前知事の後を受けて2014年2月に就任し、「東京を世界一の都市にしたい」と掲げた舛添知事だったが、2年4か月で都庁を去ることになった。
 辞職願は15日午前に都議会の川井重勇議長に提出。同日夜の本会議は全会一致でこれに同意し、辞職が正式に了承された。
 舛添知事は最後にあいさつし、「私の問題で4年の任期の途中で終わる。反省と心残りは尽きないが、私の不徳のいたすところ。もっとも懸念したのは五輪への影響だが、これ以上、都政の停滞を長引かせることは耐え難い」と辞職を決断した理由を語った。(後略)(16.6.15『THE PAGE』

不徳も不徳、全くもって不透明で煮え切らないままの辞任劇であった。

「お金ちょろまかしてスミマセン。やっぱり悪いことするとバレるんですね。そそのかしたのはアイツです。」
「全部返すし、もうしないし、罰も受けます。今後は心を入れ替えて真っすぐにがんばります!」

とでも言えばよかったのに…職にこだわりたかったのなら。


猪瀬さんを辞めさせて、誰もいない中からムリヤリ舛添さんを選んだ途端、上記のような公費の問題や都有地の韓国学校貸与問題などが噴出、

「ズコー!やっぱり前の人の方がよかったー!」

と都民はなったのだから、また同じセリフをくり返さないためにも、次こそは清廉の士のような人物に立ち上がってもらいたいし、我々もよくよく考えなければならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/05/17

前を見よう

 安倍晋三首相は14日、東京都内の会合であいさつし、オバマ米大統領の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせた広島訪問に関し、「原爆や戦争を恨まず、争う心と決別する歴史的な訪問にしなければならない」と述べ、成功への決意を強調した。
 首相は、オバマ氏の訪問決断を「米大統領が被爆地を訪問するのは戦後71年にして初めての出来事だ」と評価。「被爆国の首相と、核兵器を使用した国の指導者がともに犠牲者に哀悼の誠をささげることが核のない世界に向けての一歩になる」と語った。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も14日のBS11番組の収録で、テロ対策について「警備当局は昼夜を問わず徹底して行っている。万全の態勢で警備に臨み成功に終わりたい」と述べ、サミットとオバマ氏広島訪問の成功に向けて警戒・警備に全力を挙げる考えを強調した。
 (16.5.15『産経新聞』

米大統領の広島訪問、とてもいいことだと思う。

大切なのは、日本とアジア一部諸国との関係のように「謝罪だ」「賠償だ」などと騒ぎ立てず、感情論を押し付けないこと、責任論を引きずってこないこと。


日本として、被爆国として、被爆地の訪問は純粋に世界中の全ての人にしてもらいたいこと。


粛々と過去を振り返り、そうして未来に向けた話ができればいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/10

不信感しかない

 東京都の舛添要一知事は9日、TBS系のニュース番組「NEWS23」に出演し、神奈川県湯河原町の別荘に都の公用車で行き来していたことについて、「今後は原則的に公用車を使わないようにする。批判は真摯(しんし)に受けとめたい」と述べた。湯河原行きの頻度についても見直す考えを示した。
 都によると、舛添氏は昨年5月から今年4月11日までの計48回にわたり、ほぼ毎週末、都庁などの公務先と湯河原町を公用車で行き来していた。先月の記者会見などでは「公用車は『動く知事室』」「ルールに従ってやっている。全く問題ない」などと主張していた。都の決まりでは、知事の公用車は、発着点のいずれかが公務に関わる場合は距離や時間にかかわらず使用が認められている。(後略)
 (16.5.10『朝日新聞デジタル』

何度か書いているかもしれないが、政治家が多少のぜいたくをしたっていいのだ。

その分仕事をしっかりとやっていれば。
その分我々にも還元されるものがあれば。


就任以来、一体何をやっているのかわからない、漠然とした不信感を抱きつつある中の、この不祥事。


都民として、消去法ながら彼に票を入れたことを猛省している。

でも、ホントに、他に、誰もいなかったんだよ…。


都政とは何か、政治とは何か…

もっと真っすぐに、もっと大義のある人はいないのか。

そしてそういう人材は選挙に出ないのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/02

カタカナの意味

東日本大震災、そして福島第一原発の事故以降、メディア等で福島県を「フクシマ」とカタカナにする表記が増え、これに対して差別であるという声が挙がっている。

このカタカナ表記、どういった意味や目的があるのだろう。


きっと元祖で、日本人の多くが目にしているのは、
「ヒロシマ」
「ナガサキ」
である。

そう考えるとやっぱりこの3つの土地の共通項、“被ばく地”(意味は異なるが)というネガティブなイメージからなのだろうか。


しかしながら花形商品研究所が運営する日本各地のニュースを扱うサイト、『みんなの経済新聞ネットワーク』では、
上記には全く当てはまらない
「シブヤ」
「アキバ」
「ヨコハマ」
の名前がカタカナになっている。


さらにこれは地名だけにはおさまらない。

『七人の侍』を撮ったのは、
「クロサワ」。

人名だってあるのだ。


殊に最近多く目にするのは、
「アベ」。

野党が首相を糾弾する時によく使っている。


広島平和記念館サイトがこのことについて答えている。

 Q、どうしてヒロシマとカタカナで書くのですか?

 A、広島を「ヒロシマ」と書きあらわすことについてですが、使い方がはっきりと決まっているわけではありません。新聞では、たとえば、「ヒロシマの記憶」のように、平和や原爆に関連する記事において、普通の地名の広島と区別する意味で使っているそうです。広島市役所では、次のような場合に「ヒロシマ」を使っています。
 意味) 被爆都市として世界恒久平和の実現をめざす都市であることを示す。
 使用例)平和の分野におけるヒロシマの世界的な知名度やこれまでの取り組み・・・
     全人類の共存という立場に立ってヒロシマの被爆体験を継承、・・・
 また、文学作品では、市役所などでの使い方とはちがった、作者自身の思いのこもった使い方がされていると思います。(後略)
 (『広島平和記念館』


これにしたがうと、狭義から順に、

「被ばく地」
  ↓
「平和を目指す」
  ↓
「世界的」
  ↓
「使う人の強い思い」

といった理由だろうか。


そう考えると、“アベ”首相もワールドワイドな存在になったということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧