カテゴリー「音楽」の記事

2019/04/17

♪よーいしょよいしょ、よーいしょ!

待っていた『おかあさんといっしょ最新ソングブック』DVDが届いた。

Kannge_1904_okaitsu


もちろん昨年度の月のうたを網羅。
名曲「ゾクゾクうんどうかい」が嬉しい!


そして何より、3月で卒業したよしおにいさんりさおねえさんのパフォーマンスの究極形ともいえる「おおきなかぶ」が収録している!
家族で大満足だ。


AR撮影ができるフォトフレーム特典付き。

Kannge_1904_okaitsu02

| | コメント (0)

2019/04/13

町ガの大一番!

まちだガールズ・クワイアの大一番、町田市民ホールでのワンマンライブへ行ってきた。

Kannge_1904_machiga02


前売り券完売と万全の状態で迎えた当日、会場は地元の人も多く穏やかな雰囲気であった。
ロビーの展示も地元を大切にしている様子がひしひしと伝わってきた。

Kannge_1904_machiga

Kannge_1904_machiga03

Kannge_1904_machiga04

Kannge_1904_machiga06


そんな中開幕。
1曲目から爆発する、前方指定席スペースに陣取る熱心なファンのいわゆるヲタ芸!

それに「おおう…やっぱり彼女たちはバリバリのアイドルだったんだね…」のように気後れする後方自由席…。


しかしそんなことも気にせず大舞台でも(いい意味で)変わらぬパフォーマンスをする町ガたちに、だんだんと客席はあたためられてゆく。

不動だった人たちの頭が揺れ出し、手拍子をし出し、いっしょに手を振り出し…その変わりゆく光景はとても説得力があった。


いつものシングル曲、デビュー曲、新曲…

中盤はプロデューサー勢も登場しバンドで。
『ボヘミアン・ラプソディ』カバーでのハーモニーと、石田ショーキチPのギターが素晴らしかった!


今日からがまたスタートとし、秋の都心ワンマンの決定も報告した彼女たち。
地元町田を背負いながらの彼女たちのさらなる歩みが楽しみだ。

Kannge_1904_machiga05

| | コメント (0)

2019/03/13

憧れの没落

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで12日に関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された、テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧こと瀧正則(たき・まさのり)容疑者(51)が13日午前3時25分ごろ、警視庁の取り調べを受けるため、同部が入る東京都千代田区の九段第3合同庁舎から移送された。
 黒いボックスカーの捜査車両の3列目に座った瀧容疑者はベージュのダウンジャケット姿で、襟を口元まで上げ、眼鏡をかけ目を閉じたままじっとうつむいた姿だった。
 (19'3.13『スポニチアネックス』

才能があって、確実に仕事ができて、だというのに時にナチュラルで狂人ともなれる…

それが電気グルーヴのピエール瀧という人間で、そこにみんな「こんな大人になりたい!」と大いなる憧れを抱いていたのだ。


だのに、それが精神刺激薬の力によるものだと知ってしまったら…こんなに辛いことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/12

エーオ!

絶対に映画館でみておかないと後悔するという思いから、恥ずかしながらようやく『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞した。

もはや大ヒットとアカデミー賞も経て散々語り尽くされている作品、今さら自分が何かを書くのもはばかられる程であるが…とにかくウワサに違わぬ作品であった。


よくこの尺に入ったなというくらいのQueenに起こった様々な事象の全てが、最後のライヴ・エイドのシーンにつながり、彼らの歌で、演奏で、パフォーマンスで消化される…フレディが歌う全ての歌詞に意味がある、突き刺さる!

素晴らしい彼らの楽曲に加えて、こうして構成も秀逸なのだから!


子どもが生まれてからおよめさんと映画館に行くことがなくなってしまっている昨今、いい劇場で彼女(UKロック好き・公開すぐに鑑賞済み)とふたりでみてみたかったなぁと切に思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

歌の力

ボーカリスト・あーよ♪先生による音楽教室(ヤマハミュージックアベニュー横浜とトレッサ横浜ミュージックセンターにて開講中)の自主興行、“GOSPEL LIVE『SEASONS 2019』”へ。

今回、イベントのフライヤーやチケットなどをデザインさせていただいた縁で、お花を抱え足を運んだのだった。


しかしステージのトップメンバー開口一番、おつき合いの意識は吹き飛んだ。

パワフルで美しくて、レベルが高い!

何よりみんなのびのびとしていて笑顔が絶えず…それは客席にも影響し、最終的にはホール全体で歌っちゃう!

…と、何とも先生らしいライブであった。


キラキラと輝くステージを見ながらきっとスクールでは技術ももちろんなのだろうけれども、もっと根本的な“歌”や“声”に対する姿勢のようなものを教えているのだろうということが実感できた。

歌ってみたくなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/31

大みそかは紅白

今年の大みそかも、お昼頃におそばやお正月の買い出しに行って、夕方からは家で『笑ってはいけない〜』を録画しながらの『紅白』つけっぱなしで私は『ゆく年くる年』が終わるまで年賀状を書き続ける、というルーティンであった。

それにしても紅白歌合戦、おもしろかったねぇ!

例年に比べ見所が少なめ…と思いきや、それ以上であった。


おかえり!DA PUMP

三山ひろし、じゃなくって“14番”のけん玉リベンジ
サブちゃんの復帰

宮本浩次と椎名林檎、カッコイイ!
MISIAめっちゃくちゃ歌上手い

『〜筋肉体操』より、所々にあらわれる武田真治の違和感(褒め言葉)
ウッチャンに頼りきりの進行とそれに応え切った内村無双

ウワサ通り雰囲気バリバリだった米津玄師のパフォーマンス

桑田×ユーミンのお祭り騒ぎ


これぞ年末のテレビのパワーを感じた。


我が家的には『いないいないばあっ』のワンワンとうーたんとゆきちゃん、『おかあさんといっしょ』のおにいさんおねえさんガラピコぷ〜が出てきてくれて大興奮!

みんなでテレビの前で踊った『わ〜お!』がショートバージョンで終わり、

「次の曲は『ブンバ・ボーン!』でしょうね!」

と、言い合っていたら天の声が聞こえ、

「コレ…プッチマーゴさんだよ!プッチマーゴさんの声だよ!」

と思っていたら出てきたのは松田聖子で、その後全盛期よりずっと低いキーで持ち歌を歌っていた時だけ落ち込んだ気持ちになった。

ワンワン最高だったぜ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/19

2018年の1枚

久しぶりにショップでCDを購入した。

DA PUMP『THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP』

顔はハメない(おひとりさまなので)

今年の顔


星野源『POP VIRUS』

おげんさん

ニセさんもいます

くじでマグネットいただきました


いい曲ばかり。

年末年始はずっとこれになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

印象的なのは女性たち

最近のロックバンドやポップグループの男性ボーカリストを見てみると、みんな声が高くて細くて、どうにもカッコよく感じられないと思っている。

そんな中でふと女性ボーカリストに目をやってみると、“GLIM SPANKY”や“あいみょん”など、骨太で雰囲気がある人が目立っている。


もはや女性が〜男性が〜というのはすでに時代遅れなのかもしれないが、おじさんは今強くこれを感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/26

スーパーベビーフェイス

 年末の風物詩、大みそかに放送される歌番組「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。
 初出場は、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組ではKing & Prince(キング・アンド・プリンス)、Suchmos(サチモス)、純烈、YOSHIKI feat. HYDEの計6組。
 「U.S.A.」がヒットしたDA PUMPが16年ぶり6回目、活動再開したいきものがかりが2年ぶり10回目の出場を果たすほか、特別企画として椎名林檎さんと宮本浩次さんも出場する。
 発表された中に、原爆Tシャツで注目を集めたBTS(防弾少年団)、『アンナチュラル』の主題歌が東京ドラマアウォードを受賞した米津玄師さんは含まれていなかった。
 (18'11.14『KAI-YOU』

2018年の音楽…イヤ芸能…イヤ全ての事象の中で、一番のヒットを飛ばしたのがDA PUMPだと思う。


彼らの音楽はもちろんのこと、

SMAP解散騒動あたりから求心力が衰え始め今や批判の多いジャニーズ事務所との軋轢…

「再ブレイク」
「大手事務所の圧力を覆す」

一部で根強く語られているこれらのストーリーもまさに日本人好みで、今や彼らはすっかりスーパーベビーフェイス・国民のアイドルだ。


年末は他番組でも引っ張りだこだろうし、より彼らを目にする機会が増えるだろう。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/21

岡ケイオス

いよいよ11.11大日本プロレス両国大会で復帰する岡林裕二と、かつてそのチャンピオンズテーマを作ったVorchaos(ヴォルケイオス)による異種格闘技戦ともいえるイベントが開催された。

過去の試合の生解説アリ!

生ライブアリ!

岡林ファンよりヴォルケイオスファンの方が多かった


リンゴ生絞りアリ!

あとでスタッフがおいしくいただきました


筋トレアリ!

トークではおとなしかったのに急に元気になる岡林


激レアグッズの当たるジャンケン大会アリ!

岡林ビジュアル化アリ!

この振り幅


グッズのお土産アリ!


と、プロレスラーとメタルバンドのやることとは到底思えない…
双方が歩み寄り化学反応が起きたような、まさにピッサリヴォルケイオス空間ができ上がったのであった。

とにかくスゴくておもしろかった…!

岡林氏とVorchaosの蜜月を感じられ、ほっこりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧