カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2017/09/18

人は抗い、生きている。

NHK
『末期がんの“看取(みと)り医師” 死までの450日』。

医師であり僧侶でもある田中雅博さん(当時69歳)は、今まで千人以上の終末期患者に穏やかな最期を導いてきた「看取りのスペシャリスト」と呼ばれた人。

そんな彼自身が末期のがんと診断され…そこからのありのままの450日を記録したドキュメンタリーだ。


「放送は全部が終わってから…私の葬式が終わった後とかでいいんじゃない?」
「全部撮っていいから。」

田中氏とスタッフによる序盤の入念な打ち合わせや意思疎通にしたがい、撮影は密着して行われた。

刻一刻と病魔に侵されてゆく姿
周囲の人の涙
本人の亡骸
火葬場での遺骨

「これ流していいの?」というテレビの常識を覆すような、人生の最期に際した衝撃的な画はたくさんあった。


でもそれらよりも何よりも衝撃的で心を打ちつけられたのは、他人に穏やかな死を説いてきた人も、いざ自分の、そして身近な人の(ここでは同じく医師であり僧侶であった奥さんの立場)死を前にしたら、決して同じように受け止められはしないということだった。

色々なものがコントロールできなくなり、痛みに襲われ、朦朧とする中、何かに何かを懇願し続ける姿
「なんであの時できなかったのだろう」「もっとこうすればよかったのに」と、いつまでも後悔し苦悩する姿
泣き崩れ、動けない姿

それがあの田中さん夫婦でも起こる、ということに衝撃を受けたのだ。


死はやはり平等で、同時にその大きな痛みや深い苦しみ悲しみも平等なのだ。

死はやはり絶対だけれども、そのまま迎え入れられるものではない、絶対に抗ってしまうものなのだ。
イヤ、それに抗うことが生きているということなのかもしれない。


だから今、「死ぬことなんて怖くない」とか「絶対的なものだから受け入れられる」なんて言っている人も、それが差し迫った時には絶対そうはいられないと思う。

「理想の死」や「正しいターミナルケア」なんてものも存在しないのだろう。


とにかく色々と考えされられた。

被写対象と撮る側の信頼関係。
そしてその覚悟。

とてもいい番組だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

全ては偏っている

今や日本のテレビや新聞が偏向報道の塊であることは多くの国民が知っている事実であるけれども、時にその対極にいると思われるネットだってそう大差ない。

信憑性が無かったり引用だらけのネットニュースや、匿名掲示板だってそう。

そういう場所で声を挙げているのは、一部の人だけだから。
声が大きい人だけが目立つ、クレーマーや活動家の原理と一緒だ。


目立たない我々のようなごくごく真っ当な国民は、そんなものに囲まれどうすればいいのか…
自分の目で確かめ、自分の頭で考えるしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

ガッデム!!!

闘魂三銃士
卓越されたレスリングテクニック

「夏男」の称号

衝撃のヒールターン
nWoムーブメント

×大仁田
×大日本プロレス

2・1札幌事変と、その後の団体と選手生命をかけたNOAH勢との戦い


数々の伝説を残すレジェンドプロレスラー・蝶野正洋であるが、何と言っても特筆すべきことは、彼の存在自体がチャンピオンベルトを超えてしまったということだ。

“nWo JAPAN”のドンとしてプロレス界にとどまらぬ社会現象を巻き起こしていた時の彼は、その自己プロデュース力も相まって、とにかくカッコよくて、セクシーで…
チャンピオンベルトを中心に回るプロレス業界において、その枠をはみ出してしまったのだ。

あの時は、蝶野自身が誰よりも何よりも輝いていて、彼がIWGPを巻こうが巻くまいがどうでもよかったもんなぁ!


今日はそんな彼のサイン会に行ってきた。

nWoTシャツ買いました


わざわざ非常階段を使い、そこに並んでいたファン1人1人と握手をしながら登場。
会場でも気さくに参加者に声を掛け、丁寧なサイン。

さすがレジェンド、さすが今や芸能畑でも第一線を走るタレントだと唸らされた。

会場外でもたくさんの人が足を止め、
「エッ蝶野来てるの!?」
「ビンタしてもらわなきゃ!」

なんて若者やカップルが話しをしていた。

ガッチャメラ!


今は「プロレス休業宣言」をしているが、その代わりメディアの露出で、今誰よりも“プロレス”というものを世間に届けている存在だと私は思うのだ。
がんばってもらいたい。

ガルパン大使


個人的な話だが、蝶野さんがまだ『バラいろダンディ』の隔週ゲストだった時、よくスタジオにお子さんを連れてきていて、威風堂々たる2人がカメラに抜かれる瞬間が家族で大好きだったのだ。

なので、
「最近はMXのスタジオにお子さん連れてきてないんですか?」
とたずねると、

「最近はね〜、上のお兄ちゃんが恥ずかしがってね…。」
「『セクシー天気予報』なんて絶対見たがらないもん。」

とのことで少し残念だった。

でももうパパは立派な司会者だしね…。(本当にスゴいことだと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/05

「青春映画みたいだっぺー!」

先週からの『ひよっこ』は辛い。

もう少しだけ…あと1週間でいいから、乙女たちの屈託のない日々を見ていたかった。


しかし彼女たちはどんな状況でも今を謳歌する。

「お父さん。笑ってるけど、泣きそうです。泣きそうだけど、楽しくて仕方ないです。」


この物語にはたくさんの“女の友情”が出てくる。

みね子と時子
奥茨城母の会
向島電気乙女寮

爽やかな女性たちの姿は、朝見るのにピッタリだ。


「女が集まるとドロドロとしたものにしかならない」といった雰囲気だった前作から一転し、いい朝を迎えられている。


 有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」では、今週放送された第9週「小さな星の、小さな光」で、向島電機の倒産に伴う工場閉鎖で女子工員たちの離散が描かれた。
 特に3日放送の第54回では、一足先に故郷に帰ってしまった優子(八木優希さん)に続き、幸子(小島藤子さん)や豊子(藤野涼子さん)、時子(佐久間由衣さん)も乙女寮を去るというという展開で、放送終了直後から「もうみんなそろうことはないなんて……」「名残惜しいな、もっと見ていたかった乙女たち」「さようなら、乙女寮の乙女たち」「完全に乙女ロス!」「今回のロスは今までで一番つらい」など、散り散りになってしまった“乙女”たちを惜しむ“乙女ロス”の声がファンの間で広がっている。(後略)
 (17'6.3『まんたんウェブ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/01

「ダメウーマン!」

2017年の頭の頭、テレビ業界に彗星の如くあらわれたブルゾンちえみ

彼女の魅力は、特徴的なメイクでも、ネタの語彙力でも、ずんぐりむっくりなのに自信満々・やり手キャリアウーマンなあのキャラクターでも、自身が憧れ好きだというセレブリティのリアリティある世界観でも、“withB”の存在でも、どれでもない。


それは何と言っても、その“声”だろう。

落ち着いているんだけれどもハリがあって、透き通っている、とでも言えばいいのだろうか。

とにかく耳障りにならない、聞いていて心地よい、そんな声。


今、ドラマに出ているが、

「声だけ聞いてたら共演の桐谷美玲、水川あさみよりもずっと美人」

なんて意見もうなずけるというものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

『土曜スタジオパーク』で見たあだっちぃーの顔が超小さかった

今日は友人のうまや一家と新宿御苑代々木公園か、広い公園でみんなでピクニックをしようという予定になっていた。

しかし昨日から一転、激しい雨…。


と、いうわけで公園は公園でも、“NHKスタジオパーク”に行くこととなった。

雨ェ…


両家とも朝ドラ『ひよっこ』にハマっている最中なので入場してすぐに出会った“『ひよっこ』展”に感激。

みね子ガンバレ!


「ちょうど今朝みね子が見てたすずふり亭のメニューがある!」

「お父ちゃん早く帰ってきてください!」

コロッケから


データベース以外にもなりきりニュースキャスターなどの体験コーナーやキャラクターたち、撮影スポットもたくさんあって、カメラ担当の父たち満足。

やっぱりこの時代

スゲーブスな女みたい…

やっぱりどーも


友人宅の愛娘・ゆっちゃんは1歳半で、ちょうどEテレを見はじめた時期。

ワンワンやコッシーにはしゃいだり、歌のおねえさんと踊ったり、レストランのキッズプレートに舌鼓を打ったりと満喫していてほほえましかった。

ウンバボ!

コッシーは大人気


わがこも見習って、来年は「サボさん!」「どーも!」なんて言いながら一緒に走り回れたらイイナ!

これから朝はEテレになるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/27

いつだってどこだって世代闘争が望ましい

アイドルでもプロレスでも競馬でも、実際にその現場に行くとなったら会場や周囲に似合うよう負けぬよう、その業界の時流だとか歴史だとかを事前勉強しある程度の知識武装をしていくものだと思っていたが…
最近の若い子は、「自分は自分」「その場のノリで楽しめる」など大らかなのかなと、松坂桃李高畑充希柳楽優弥らが競馬場で初心者丸出しで基本的なことをスタッフに聞きまくっているJRAのCMを見て思った。


自分のような肥大した頭でっかちな人間からしてみたら考えられないことだし、業界へ全くリスペクトのない冒涜行為だとさえ思ってしまうものなのだが。
(なので上記のCMはすごく不快)


しかしながら大らかな若いファンがいるエンタメこそ潤うのが事実。

新しいファンが流入し確かな大らかな未来があるからこそ、やがて少数派となる古いファンは、

“先輩にいじめられたから後輩にいじめ返す”
ヤな奴ばりに経験と理論をこねくり回し、自分の居場所を必死に守り、業界内にいろんな価値観をもたらすべきだ。

それが業界を発展させるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/19

「お父ちゃん、みね子はここにいます。」

今期のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』が、とてもおもしろい。

今週なんて月火水と毎日がクライマックス。
名シーンの連続で、毎朝ほっこりしている。


家族のあったかさ

地方ならではの東京の位置付けと、子どもの抑圧されているという意識
若者たちの夢

故郷への思い

高度経済成長期の輝く未来

…色んなステキなものがまざって、いいお話となっている。


役者陣もみんなクセなく上手。

役作りのために増量したという有村架純、元々の純朴さに磨きがかかって、いいヒロインっぷりだ。

このまま数ヶ月、奥茨城村の光景だけを眺めていてもいいと思うくらいだ。


ミニマムな軋轢・ドロドロとした人間関係・重たい雰囲気、などのダメ脚本ダメ演出でイマイチだった前作で離れてしまっている朝ドラファンがいるとするならば、とにかく急いで戻ってきてまた幸せな朝を過ごしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

どんぴょん!

昨年末に郵便局に注文していた、

“NHKのなつかしキャラクターズフレーム切手スペシャルコレクション”

が届いていた。

でこでこ、でこりーん


カワイイ!


しかし切手自体は82円×10の1シートのみで、他の付属品は切手ホルダーにマスキングテープ、はに丸ノートににこにこぷんカード…

もう少しお値段(4,980yen)に見合うくらいのグッズの付属が欲しい、購入者の中からわずか10人しか当選しないというDVDがデフォルトで入っていてくれてもいいんじゃないかな、と思うくらいであったが…

ホルダーにこっそりノッポさんからのメッセージが入っていたのでその言葉は飲み込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

賛否両論は当然

 テレビ朝日系で13日未明に放送された日曜エンタ「現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 本来、12日午後8時58分のゴールデンタイムに放送されるはずでしたが、生中継されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)「日本対オランダ」がおよそ5時間に及ぶ死闘となり、試合終了が11時54分。プロレス総選挙の放送が深夜0時13分からのド深夜にずれ込んでしまいました。
 そんな中での4・8%は大健闘といえますが、プロレスにとっては約30年ぶりのゴールデン復活だったので、仕切り直してきちんと放送してほしかったという思いも残ります。番組がなかなかの力作だっただけに、もったいないというか。
 実際、見ごたえがありました。代々木競技場にリングを設置し、新旧のスター選手、プロレス大好き芸能人、客席のプロレスファンで熱気があふれます。ランキング20位のほか、名勝負や華麗なパフォーマンスの数々、レスラーによるレスラー評、豪華なゲストOBなど、プロレス全盛期の面白さがよみがえる2時間でした。(後略)
 (17'3.13『日刊スポーツ』

当日は昼からしっかりお酒を飲んでいたため、例に漏れず自分も次の日に録画鑑賞であった『プロレス総選挙』。

弘明寺“プロレス道場”経由で投票アンケートが回ってきたり、同店でロケが行われたりと以前からその情報は耳に入ってきていたのだけれども、「主に女性に参加してもらいたい」というスタンスやテレビ朝日が制作するという部分で内容が偏ることは容易に想像できた。

そして視聴した率直な感想は、

「ベスト20じゃおさまり切らない」
「現役レスラーと鈴木奈々がいらないかった」
というイメージだった。


やっぱりOBと現役は別のランキングにするべきだったし、カツカツのプログラム内にミーハーなタレントによる足りないガヤはジャマでしかなかった。


以前同テレビ局で制作された『声優総選挙』の時は、錚々たる大御所声優陣を抑え、下の世代ながら誰もが認める天才でありスーパースター・エンタティナーでもある山寺宏一氏が1位を獲得し、過去と同時に未来のあるランキングとなったが、今回はそうならなく残念でもあった。


しかしながら結局負けじと自分で“自分的プロレス総選挙ベスト20・レジェンド版/現役レスラー版”を考えても考えても、朝から考えたってまとまらなかったのだから、こうやってムリヤリでも何か1つの結果として業界を盛り上げるきっかけを出してくれたことには純粋に賞賛をおくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧