カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2017/03/13

賛否両論は当然

 テレビ朝日系で13日未明に放送された日曜エンタ「現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 本来、12日午後8時58分のゴールデンタイムに放送されるはずでしたが、生中継されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)「日本対オランダ」がおよそ5時間に及ぶ死闘となり、試合終了が11時54分。プロレス総選挙の放送が深夜0時13分からのド深夜にずれ込んでしまいました。
 そんな中での4・8%は大健闘といえますが、プロレスにとっては約30年ぶりのゴールデン復活だったので、仕切り直してきちんと放送してほしかったという思いも残ります。番組がなかなかの力作だっただけに、もったいないというか。
 実際、見ごたえがありました。代々木競技場にリングを設置し、新旧のスター選手、プロレス大好き芸能人、客席のプロレスファンで熱気があふれます。ランキング20位のほか、名勝負や華麗なパフォーマンスの数々、レスラーによるレスラー評、豪華なゲストOBなど、プロレス全盛期の面白さがよみがえる2時間でした。(後略)
 (17'3.13『日刊スポーツ』

当日は昼からしっかりお酒を飲んでいたため、例に漏れず自分も次の日に録画鑑賞であった『プロレス総選挙』。

弘明寺“プロレス道場”経由で投票アンケートが回ってきたり、同店でロケが行われたりと以前からその情報は耳に入ってきていたのだけれども、「主に女性に参加してもらいたい」というスタンスやテレビ朝日が制作するという部分で内容が偏ることは容易に想像できた。

そして視聴した率直な感想は、

「ベスト20じゃおさまり切らない」
「現役レスラーと鈴木奈々がいらないかった」
というイメージだった。


やっぱりOBと現役は別のランキングにするべきだったし、カツカツのプログラム内にミーハーなタレントによる足りないガヤはジャマでしかなかった。


以前同テレビ局で制作された『声優総選挙』の時は、錚々たる大御所声優陣を抑え、下の世代ながら誰もが認める天才でありスーパースター・エンタティナーでもある山寺宏一氏が1位を獲得し、過去と同時に未来のあるランキングとなったが、今回はそうならなく残念でもあった。


しかしながら結局負けじと自分で“自分的プロレス総選挙ベスト20・レジェンド版/現役レスラー版”を考えても考えても、朝から考えたってまとまらなかったのだから、こうやってムリヤリでも何か1つの結果として業界を盛り上げるきっかけを出してくれたことには純粋に賞賛をおくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

ジャスティス!!!!!

タニタも

トリピーも

サンシャイン池崎は全然おもしろくないのに、斎藤工TANITAトリピーがサンシャイン化するととてもおもしろい。

と、いうことは、ネタ自体はおもしろいのにサンシャイン池崎本人に魅力がないということなのだろうか。


それにしてもこのムーブメントを世に出した、ガキの使いのスタッフと斎藤工は素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/09

「テレビは悪影響」と初めて思った(シニア層に対して)

今日はお休み。
バンザーイ!

新成人のみなさま、ありがとう。
あなたたちのおかげのお休みです。(晴れてよかったね)


と、いうわけで、なんとなく普段は目にすることのないワイドショーなど平日昼間のテレビプログラムを眺めてみると…

まーつまらない!


説明過多だし、

1コーナーが長々しくリズムはゆっくりだし、

刺激は全く無いし、


シニア層に向けてつくっているのだからしょうがないのはわかっているのだけれども、これをずっと見てたらさすがに考えることを停止してしまうのではないかと恐ろしく思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/04

新MC

 プロレスラーの蝶野正洋(53)が、きょう4日から新MCとして出演予定だったTOKYO MX『バラいろダンディ』(月~金 後9:00)に初日から大遅刻し、出演できない事態となった。

 蝶野は、昨年10月にブログ炎上騒動で同番組MCを降板したフリーアナウンサー・長谷川豊(41)の実質的な後任としてMCに就任した。
 番組は新年の鏡開きでスタートするも、蝶野は新日本プロレス1.4東京ドーム大会で解説の仕事が押し不在。到着を待ちつつ「今夜は寝れ9」などレギュラー企画を進行していったが、ついに蝶野が現れることはなかった。
 番組はスタジオへ移動中の蝶野と電話をつなぎ話をきくことに。蝶野は「ガッデム!」と第一声をあげると「今向かってんのよ。(出演者が帰っても)一人でもやるよ」とMCの阿部哲子アナ(38)に訴え。阿部アナからMC就任への思いを聞かれ「緊張して怖くて行けなくなっちゃったんです」と冗談で笑わせながらも「あしたからはちゃんと行きますよ」と意気込んだ。

 同番組では、長谷川氏が人工透析患者に対する不適切なブログ記事への批判を受け、昨年10月に番組を降板。以降は、各曜日のコメンテーターが持ち回りでMCを担当する形をとっていた。(17'1.4『オリコン』

新年早々ビッグニュース!

水曜日だけの担当なのかと思ったら、まさかウィークデー全てに渡る完全MCとは!
しかもかの長谷川豊氏の後任で…。

ハレの仕事初日に大遅刻というのも遅刻魔蝶野の面目躍如。カンペキだ。


個人的には子どもをスタジオの隅に座らせてコメンテーターをしている方が好きなのだけれども…

プロレス界随一のバランス感覚の持ち主、うまくやってくれることだろう。


大みそかの『笑ってはいけない』を併せたその振り幅で、彼は今やプロレスをイチバン世間に届かせている人物かもしれない。


そして、これを決断したTOKYO MXの勇気とアイデアには頭が下がる思いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

年越しはテレビの前で運を寄せる

大みそかはずっと家にいた。

午前中から地元の商店街で年末年始の買い出し。

おそばは地元の名店、天ぷらはその向かいのおそうざい屋さんで。

いつも行列

お安くて助かってます


今夜のテレビは『笑ってはいけない〜』を録画しつつおよめさんのリクエストもあって『紅白歌合戦』をずっと見ていた。

ザッピングもせずに紅白を最初から最後までしかと見たのは初めてかもしれない。

大きな目玉はなかったかもしれないけれども、地に足がついた放送だったように思う。

ようやくおとずれたPUFFYKinKi Kidsの初登場にウハウハし、星野源にほっこりし、RADIO FISHに笑わせてもらい、橋本マナミ土屋太鳳のダンスに「?」となり、司会の2人にハラハラし、あのガッキーの横にいても顔の大きさが変わらない大谷翔平のスタイルのよさにビックリし。
ただゴジラピコ太郎は出過ぎだなと思ったが。

私ひとりでいただいております


年賀状を無事に書き終わり、年越しそばを食べたら、『ゆく年くる年』の時間。

テレビの前にみんなで並んで座りながら、残りわずかの色々あった2016年をふり返りしみじみ…


「あけまして、おめでとうございます!」


すると私のヒザの上に座っていたわがこが、

「ブリブリブリブリ!」


年越しの瞬間に発動された彼女のオムツの許容量を超える粗相に、ズボンはおろかパンツまで汚しながら新年が始まったのであった…。

年明け…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/04

TOP3

 12月4日に決勝戦が開催された「M-1グランプリ2016」(テレビ朝日系)は銀シャリが優勝し、直後の会見に出席した。
 ファーストラウンドを1位で勝ち残り、ファイナルラウンドではスーパーマラドーナ、和牛を抑え、3503組の頂点に立った。
 橋本直は「優勝できて夢のよう。大学時代に番組を見て、M-1で優勝したくて芸人になったんです」と喜びを明かす。一方、相方の鰻和弘も「これで“一生食える!”と思いました。それくらいM-1ブランドはすごいんです!」と、興奮気味に語った。(後略)
 (16'12.4『Smartザテレビジョン』)

M-1グランプリ史上、イチバン接戦でイチバン審査が難しい最終決戦だったように思う。

スーパーマラドーナの終盤で全てがひっくり返る、秀逸なドラマのような漫才は爆発力があったし、

和牛も小ボケから伏線を回収する見事なものまで途切れないボケでドコドコ爆笑をとり、ツッコミの川西はとても落ち着いていてすごく聞きやすかった。

優勝した銀シャリは、今まで、
「上手なのも実力があるのもわかるんだけど、爆笑はしないんだよね…」
といった雰囲気だったのだけれども、今回はその安定感に爆発力が加わってすごくおもしろかった。

パワーバランスの悪いコンビだったのが、ボケの鰻の成長でついに完成されたように思う。


普段はテレビを見ながら、

「優勝は〇〇だろ!」
「〇〇が勝たないとおかしいよ審査員!」

とか言っているのだけれども、今回は、

「もう誰でもいい!」
となっていた。

とにかくこの3組のM-1だった。


残念だったのは“銀シャリの次”という順番に泣いたスリムクラブと、かけ合いのない同じパターンのくり返しで4分を長く感じてしまったハライチだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/24

カリスマの復帰

『報道ステーション』勇退後の古舘伊知郎が精力的だ。

テレビの特別番組の司会やゲスト出演。

そして日曜日ゴールデンタイムの大激選区に殴り込みをかけた。


今夜の『ミュージック・ポートレイト』では20年来の付き合いという大根仁との対談。

これがまた青春時代にモテないことをこじらせ、ウジウジウジウジと考えることを巡らせてきた2人ならではの時間で、とてもおもしろかった。


大根仁「モテなかった青春時代がエネルギー源」

古舘伊知郎「青春時代のタメね」

2人「青春時代にモテてた奴って信用できないもんね」


やはりこの人は、この人ならではの考えと、何より“言葉”がある。

誰と顔を合わせて、そこでどんな会話がなされるのか・何が生まれるのか…
しばらくは彼の動向にワクワクさせられる日々が続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

気さくという能力者

深夜番組の頃から好きだった、

TBS『バナナマンのせっかくグルメ!』

が、日曜6時半でレギュラー化された。

日村勇基が旅をし、地元の人から、
「せっかくウチの町に来たんだから○○食べていきなさい!」
を聞き出す番組。


これまでNHK『鶴瓶の家族に乾杯』を見ながら、つくづく笑福亭鶴瓶という人は一般の・フツーの人と接してその魅力を引き出すのが上手だなぁと脱帽していた。

相手と同じ目線、同じ位置にスッと立つことができる、“気さく”というスゴい能力者だと。


そして今回、ついにその後継者が見つかった!という気がしている。

どこぞやの小学校だか中学校の相撲部に行って、本気で子どもたちと相撲とってるのとか、おもしろかったなぁ…!


重箱の隅をつつくように街の隅々からおもしろいものやおもしろい人を見つけて突っ込む能力者がさまぁ〜ずだが、それとはまた方向性の違うスゴさだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/10/06

炎上プロモーションはもはや時代遅れだ

 元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊(41)がTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)を4日の出演を最後に降板した。5日に放送された同番組で発表された。
 (中略)
 長谷川アナは9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」と題したブログを投稿し炎上。これを受け、テレビ大阪「ニュースリアルFRIDAY」、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」を降板していた。
 「バラいろダンディ」3日放送回の冒頭には、人工透析患者を批判するブログを書いたことについて「個人的なブログ内で書きました人工透析患者の方に関する記事にまつわりまして、大変多くの方に多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。
 長谷川アナは騒動前、「バラいろダンディ」、「ニュースリアル」、「上沼・高田のクギズケ!」、BS12チャンネル「未来展望」にレギュラー出演していたが、「未来展望」は9月に番組終了。残りの3番組を降板し、全てのレギュラーを失うことになった。
 (16'10.5『スポニチアネックス』

長谷川アナが言わんとしていることはわかる。

増え続ける医療費を前に、生まれつきその病気やケガを患い、長い間向き合い悩んできた人と、自らを省みなかったり医者や周囲からの忠告を聞かなかったり、色々なものを裏切った末後天的にそうなった人、
それが同等に扱われるのはあまりにも不公平だ。

そしてそんな後者のような自業自得な1人の存在のせいで、あした生まれる子どもへ医療の手が届かなかったとしたら…と思うと、こうしちゃいられないとなるのも当然のことだ。


この不公平さの是正こそ、医療費助成だけじゃなく生活保護など社会保障制度全体の問題であろう。


そしてそこで彼のキャラクター的に、透析患者を引き合いに出し、過激なセリフで問題提起してやろうというのも、よくわかる。


だからこそ、なぜ超えちゃいけないラインを見誤ったのかと残念に思う。

言葉を生業とする職業の者として、その言葉のチョイスを大切にしてもらいたかった。


さらにはそこで、他人事なのに鬼の首を取ったように騒ぐ外野に腹が立つのもわかるが…
売り言葉に買い言葉で不特定多数の人たちとケンカしヘソを曲げるのではなく、ただ真摯に謝って、仕事で弁明・説明・フォローしていけばよかったのにと思うのだ。

今のままだと論点がズレたままワイドショー的に騒がれて、そのまま終わり。

こんな時は、真摯な“アフター”の行為があってこそ、問題提起になるのではないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

帰ってこい丸高

夜9時のお楽しみはTOKYOMX『バラいろダンディ』だけれども、自分は月曜日と水曜日しか見ていない。

基本的に有象無象が居並び好きなことを好きなように喋るのがこの局制作番組のコメンテーターであり、それが何よりのウリなのだけれども、本当にそれだけだと全くまとまりがなくやかましく痛々しく…見ていられないのだ。


肉体だけでなく頭もよく、隣の遠野なぎこを掌で転がし、しばしば暴走するカルーセル麻紀を諌めることができる(月)武井壮。

ボケもツッコミもできさらには自分たちでコーナーも持てる上、偏りがちな室井佑月を配するスタジオの空気をしっかりコントロールする(水)玉袋筋太郎宇多丸。(さらにここに隔週で蝶野正洋が絡むとより絶妙なバランスになる)

やはりこの番組には毎日バランス感覚に優れたツッコミという司令塔がいなくてはいけないのだ。


ちなみに改編期を迎え、突然月曜日のスタジオの平均年齢が上がって閉塞感がスゴい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧