カテゴリー「育児」の記事

2018/03/30

感謝しかない3月最終日

今週からわがこが無事に保育園で進級した。

しかしながら環境の変化に弱い子どもなので急に変わった教室に戸惑い気味…来週からは新しく入ってくる同級生もいるし、しばらくは登園に時間がかかりそうだ。
じっくりゆっくり。

Kannge032018usagi


そして今日は2017年度の最終日でもある。

娘のクラスメイトにも、親の仕事の都合や、兄弟と同じ園に通えるようになる、などの理由で今日をもってお別れとなる子もいて、とにかく寂しかった。

そして、先生も。
お世話になっていた先生の辞令がそこそこ前から掲示板に張り出されていたようなのだが母も父も気づいていなく、今日おむかえの時にようやく本人から知らされ、お互い涙を流して別れを惜しんだ(遅)という話がおよめさんから残業中に伝わってきた。

1年間お世話になった先生方はみんな優しくて、明朗でいながら控えめだった。
上記の件でもそうだし、
「子どもたちの園での様子」の写真を見ると、もっと子どもが先生たちと仲よくしている写真も見たいというのに彼女たちは全然写り込んでいない。

子どもたちを主役としてくれ、しっかりと見て、いいところは褒めてくれて、伝えてくれて、親としてもとても頼りになり助かって、感謝の言葉しか浮かばないのである。


何というかこの心がチクチクする“別れ”というイベント…久しぶりだ。

すっかり淀んだ職場という自分の環境では味わうことのできないものに、まさか子どもを通して体験できるとは思っていなかったので、寂しくもあり嬉しくもある複雑な気持ちだ。

チューリップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

ダイエー向ヶ丘店はレトロで巨大ショッピング施設のはしりのような雰囲気でステキだった

 東京管区気象台は、24日午前10時過ぎ、桜(ソメイヨシノ)の満開を発表しました。平年より10日早く、昨年より9日早い満開です。東京の満開は1953年の統計開始以来、2002年の3月21日、2013年の3月22日に次ぐ3位の早さです。今年は3月17日に開花後、7日で満開を迎えました。
 (18'3.24『tenki.jp』

土曜日に満開ってことは、サクラをゆっくり愛でることができるのは今週の土日と来週の土日の4日間限り(どう考えたってさ来週は葉桜)…焦るぜ…!

しかしながらそんな状況を控え(先週)ながら発熱するわがこ…。

今日は家族で遠出してお花見する予定だったのだが、彼女が病み上がりのため急遽変更、近場の生田緑地に向かったのであった。

東口にも数本


ここのサクラは場所が限られており、枡形山広場がメイン。

結構な坂道をがんばって登ったそこは、みんなが目指す桃源郷。
たくさんの人で賑わっていた。

お見事


見事なソメイヨシノ。

展望台からの眺めも格別であった。

ライフ


「ほうら、見てごらん!」
「キレイだね〜。」

と、サクラを見上げる母と父の足元で、一生懸命下を向くわがこ。

石を拾っては捨て、拾っては眺め、拾っては我々に渡し…完全に“花より石”状態であった。


そんなに石、おもしろいかね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/11

NHK×幼児

全国各地の食材や郷土料理の祭典、“ふるさとの食 にっぽんの食 全国フェスティバル”が開催されているNHK放送センターへ家族で出かけた。

しかし幼児がいるとなると足はどうしてもNHKスタジオパークの方に向いてしまう。


約1年前、友人家族とここに来た時はまだ理解が追いついていなかったわがこであったが、今やすっかりEテレファン。

母父からチャンネルを奪い毎朝見ているEテレフルコースでの好きなキャラクターは、

『コレナンデ商会』…間田ナイ
『みいつけた!』…オフロスキー
『おかあさんといっしょ』…たいそうのよしおにいさん
『いないいないばあっ!』…ワンワン

と、いうわけで、家の柱にはシールによるよしおにいさんコーナーがあったり、日々「ワンワン!」と叫びながらぬいぐるみとおままごとをしていたりしている。

フラミンゴ〜


会場に着くや否やワンワンのステージショー、さらにはエントランスにはどーもくんがいて家族揃って大興奮。

わがこのどーも拒否反応もおさまりました


大きなガラピコぷ〜の顔を見上げ、

かおーん


コッシーの前で写真を撮り、

ドヤ顔


最終的にわがこは「ここから動きたくない!」とダダをこねる始末となったのであった…楽しめた証拠か。

画面のどーもに合わせて踊る

帰りたくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物づくし

薄毛のわがこ。

ずっと仰向けに寝ていた乳児時代にできた後頭部ハゲの影響か、後ろ髪はまばらに伸び、全体的にもスカスカのままであった。

しかしいっさいはんを過ぎてようやく前髪が目にかかるようになり、今日ついに初めての理髪となった。


と、いうわけで、およめさんがお世話になっている美容師さんのところへ朝イチでおじゃま。

強張った顔で母にだっこされながら、チョキチョキと整えてもらったのであった。


その後は開放感からか上機嫌で駅前のハトを追いかけ回し、ファミリーレストランでコチラも初めてのお子様ランチ。

「ポッポー!」


食欲がスゴいので、おもちゃや旗に目もくれずバクバクとチキンライスをかき込むのであった。(野菜は残す)

短くなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/03

2nd

わがこ2回目のひなまつり。

ばあばお料理ありがとう

昨年は確実に何が何だかわかっておらずただおひなさまの前に座らされているだけだったが、さすがに今年は色んなことが理解できているようで、家のミッフィーのお殿様とお姫様を「箱から出して」「だっこしたい」とせがみ、ばあばとじいじの家のおひなさま(母のおさがり)をショーケース越しに「うわー」と声を上げながら覗き込んでいた。

耳持たないで


最近なんとなく父がかまえるカメラの存在を認識したようで、逆に顔がかたくなるのであった。

桃の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/26

魔のクレヨン

ばあばとじいじがクレヨンをプレゼントしてくれた。

これはいいやつ

しかもとてもいいクレヨン!


ちょうど何かを描きたがる時期と重なり嬉々とするわがこであったが、ここまでテンションが上がってしまうとそのお絵描きのフィールドが“じゆうがちょう”だけにおさまるはずもなく、気がついたら…

チョロミーえかきうた


まぁテレビの向こうのチョロミーも同じくクレヨンで絵を描いているのでわかっている部分はわかっているのだろうけれども、さすがにテレビはやり過ぎだよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/24

ごらんセキモティートだよ

1月から連月開催されている大日本プロレスの道場イベントに家族でゾロゾロと遊びに行った。

正月の風物詩であるプロ餅つき師・岡林裕二神が肩のケガで降臨しなかったというのは残念なことだったが(復帰をじっくりとお待ちしております)、今日はおいしいちゃんこをいただき、楽しいプロレスをみせてもらい、わがこはどことなくナボナ大使のオーラをまとう覆面パンダちゃんにナボナをいただきご満悦であった。

フランクチャンプ陥落

ナボナありがとう


さて。
娘が生まれた頃から一緒にいる我が家の守り神“セキモティート”。

今でも仲よしで、毎日「いってきます」と「おやすみなさい」を言いながらタッチをしている。


今日はいよいよ久しぶりにその本人(モデル)関本大介氏に出会えたのだが…

仲よしのはずなのに…


やはりやっぱり人見知り発動であった…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/18

イチゴ株急上昇中

わがこの好きなくだものはこの冬で“ミカン”となっていたのだけれども、春が近づきそこに“イチゴ”もスゴい勢いでトレンド入りした。

じいじ(私の父)は人見知り全開で全くなついてこない孫相手に、めげずに度々夫婦で行ったというイチゴ狩りバスツアーのお土産を持ってきてくれたり、実家に遊びに行った際デザートとして出してくれ、ありがたく思っている。

いいやつだからちょっとだけだよ!


下記の画像はそんな私の実家にて、一定の距離を保ちつつ出してもらったデザートのイチゴに「じいじわかってるね〜」という顔をするわがこ。

「わかってるね〜」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/12

緊張と緩和

今日は祖母の四十九日だった。

あれからもう1ヶ月半…あっという間だった。

いいお天気の下、お墓へ。
じいちゃんが死んだ時以来なので30年ぶりくらいに開いているところを見た。

いいてんき!


ここのお寺のお坊さんは昔から説教が長いのだが…もちろん我が家のいっさいはんは聞く耳を持たず。

読経の後、荘厳な堂内で僧侶が死ぬこととは何かと語りそれを神妙な面持ちで享受している人々の目の前を、ドタバタと音立てながら走り回ったり、窓から外を眺めてノラ猫相手に「おぉー!」と叫んだり…!
まるで死なんぞ自分とは関係ないとばかりの勢いで…!

子どもならではの気持ちいいほどの空気の読まなさっぷりに、「シー!シー!」と彼女を追いかけ回しながらもコチラもガマンできずにケラケラと笑ってしまった。

久しぶりに横隔膜を揺らし、自分で制することができないくらいに笑った気がする。


おそらく祖母も上で苦笑していたことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/11

いくべぇが狛江に

青森県を旅していて気に入り、かの地に住み着いたという妖精“いくべぇ”がなぜか我が家に。

最近は北海道も旅するようで、頭にはりりしい函館の星をかぶっていた。


しかしそれを許すはずがない、我が家の怪獣であった…。(奪う)

星を奪ってこのドヤ顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧