カテゴリー「育児」の記事

2017/03/04

慶事ですので…

(これは…!)

(ペロリ)

(…ウマイ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスサービス!初節句!

今日は1日遅れのわがこの初節句。

年明けから実家より色々チクチクとせっつかれていたおひなさまどうする問題は結局、母のものを継ぐということで落ち着いた。

それでも孫に何かをしたいという父方祖父母に応え、ひな人形の前に飾る名前の入った旗と、家用にミッフィーのぬいぐるみを買ってもらったのであった。


午前中の仕事をさっさと片付けて会場であるおよめさんの実家に急ぐと、衣装やちらしずしやお酒、そしてもちろんおひなさまが、すでにしっかりと準備されてあった。

おいしかった


この両家の気合いを目の当たりにすると…やっぱり子どもの年中行事ってのは、おじいちゃんおばあちゃんのためにあるものなのだなぁと思ったのであった。


さぁ笑顔で!
両家にサービス!

キミが笑えばみんなが笑う!
丸くおさまる!

ガンバレわがこ!

笑って笑って

そこはかとない着させられてる感

コチラは我が家で

すぐ食べる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

笑顔の時だけ歯が見える(無いけれど)

フレッシュな光が差し込み、本人の機嫌もすこぶるいい朝は、いいカンジにわがこを撮影するチャンス。

おはようございます


歯の無い彼女の笑顔はしばらくしたらもう一生見ることができなくなるのだと思うと、おウチカメラマンとしては焦るものだ。

お座りできるようになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

今こそ立ち上がる時

今日は保育園の面接の日。

「職員面接と園長面接」
なんて言われたからと張り切って職場にヒラリ午前休届けを出して行ったというのに、両親の揃った家族はほとんどいなかった…。

自画像かな


そんな中説明を聞いてみると、保育のはじまる4月は“ならし保育”に“保護者会”など、家族揃って色々とバタバタしそうだ。


母の仕事もまだ流動的な今、今こそ自分の、

有給休暇も新婚旅行休暇もとらず、薄給の中、残業代もないというのに泊りがけで仕事したりもしながら…

そんな小さな職場で十余年じっと耐え続けて、それでようやくできたポジションというか慣れ切った感覚を、今こそ使うべき・まさにここでの今までの自分は、このわがこの4月のためにあったんじゃないかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

プロレスと競馬

“プロレス” と “競馬”

は、それこそレスラーとサラブレッドと対象は異なるが、その生涯を戦いに費やす生き様や、師弟や血統の脈々と継がれる大河ドラマ的流れなど、ドラマチックな共通項が多く両者にかぶさるファンも多いため、

「競馬やったら?プロレスファンなら絶対楽しめるよ!」

と方々でずっとすすめられていたのだ。


今日ついに、なじみの弘明寺“プロレス道場”店内ですすめられるがままにG1『フェブラリーステークス』を予想することとなり、前日から競馬新聞やネットで情報を収集し(「競馬新聞の読み方」からはじめた)、色々と勘も働かせた結果…

にわかに活気づく店内…!(午後3時)


見事三連複的中!


ザ・ビギナーズ・ラック!

…100yenに止めずもっと投資しておけばよかったァ…。

みんなで応援する競馬中継は大盛り上がりだったし、何よりこうなってしまうと(馬にではなく金に)欲が出てしまい、「また次も…」となってしまうというものだ。

3-9-10!


今日はお願いして普段より早く、お陽さまの出ている時間からお店を開けてもらい、家族と来店。

マスターや奥さま、そして常連という名の飲み仲間たちにまで気を遣っていただき、わがこは情報溢れる店内に目を白黒させ、およめさんは去年からその味を恋しく思っていた名物・有刺鉄線電流爆破チキンに舌鼓を打ち、みんなで満足の1日となった。

おいしくいただきました

こちらがかの名物です

ここの奥さまはホントによくできた人です


それにしても、昼からお酒飲んで、競馬予想して、プロレスのことああだこうだ語るなんて…

これが社会人の正しい休日じゃい!

わがこには父の背中を見ず育ってもらいたいものだ。

締めは豚汁!(これもとってもいおいしかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/07

\ピプー!/(寂しきおもちゃの音)

今日でわがこが生まれて6ヶ月。


「この半年は~…」なんて語っていいのはずっと傍にいた母親だけなので自分は何も言えないが…とにかく、

「よくがんばった!よく生きた!」
と思う。

6ヶ月

5ヶ月

4ヶ月

2ヶ月

0ヶ月


ささやかなプレゼントを用意したのだけれども、中身よりパッケージのリボンを気に入るという案の定の結末であった…。

リボン大好き!気持ちよくなめれるから

開けなくてよかったのに…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/06

はがはえた

わがこの口の中に米粒のような白い凸が。

歯がはえてきたようだ。
下前歯の右側。


本人はどうやらそれが気持ち悪い?むずがゆい?ようで、下唇を咬んだり、ツバをブーブー飛ばしたり、手当たり次第モノに噛み付いたりしている。

何でもカミカミ

咬む用おもちゃも買いました


汚い父親の指もそりゃあもうおいしそうにカミカミ、カミカミしている。


同時に離乳食もはじめた。

たくさん咬んで、現代人らしからぬいいアゴになってもらいたい。
そしてこれから出会うことになるたくさんのおいしいもの、それをおいしく食べられるようになって欲しい。

おかゆから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

子連れの楽園(予約必須)

新宿中村屋ビルにある、

“KICHIRI MOLLIS”(キチリモリス)

というダイニングバーは、はだしで上がり、フカフカのじゅうたんの上でくつろぎながら食事のできるダイニングバーだ。


そういうシステムのお店がランチをやると…

子どものいる家族でいっぱいになるのだ!


自分たちもそのウワサを聞きつけ、友人家族とランチ会をしに足を運んだのだけれども…

エレベーターからバギーにだっこに、子連れでパンパン!
もちろん店内は子連れのみ!


そのおかげで子どもがはしゃいでも、泣いても、周りも同じなのでそれに甘えてビクビク気を遣うことなく、のんびり食事ができたのであった。

母たちの羽根を伸ばすために父がセッティングした会だったのに、気づけばランチビールを頼んでいたダメ亭主2人…まぁそれだけのんびりできたということで…。

しかも2杯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

一通の通知書が…

「保育園受かった」

…こういう時、日本に対して何て言えばいいのだろうか。

「がんばろう日本!」
かな。


およめさんの産休・育休的にはまだ半年以上子どもとベッタリでもいい、時間的余裕があったのだけれども、どうしても保育園の入園というものが4月に限られてしまうので半ば五里霧中のような・されるがままのように申し込みをしたらこういう結果となっていた。

「保育園入園のために逆算して子づくりをする」
なんて都市伝説かと思っていたが…なるほど、こういう事態を回避するためにやっているのか。

これにも“秋入学”みたいなものがあってもいいのに、と思った。


それにしても、母親にはこれから子育てをしながらの社会復帰という険しい道が待っている。
(受かったところは)0歳児の延長保育ができないので、定時にお迎えに行くために交渉次第では新たに働き口を探すところから始めなくてはいけなくなるかもしれない。

他にも、わがこと園の相性が合うか・いい保育士さんにめぐり会えるか、という不安もある。

そして何より、つきまとう寂しさ。
およめさんなどは合格通知をもらった瞬間から、「寂しい〜!」と泣きそうになっていた。


いざ園に受かったとしても、このように悩みは尽きないものだ。


結局は、全て、

“父親の稼ぎが悪いせい”
となるのだ。

ホント、これさえしっかりしていれば、悩みの9割は無くせるもの!


家族には迷惑をかけ・助けてもらってばかりいる。

春からは協力できるところは協力し、分かち合えるものは分かち合い、なんとかよちよちでも歩みを進めていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/30

死地よりの脱出

父親の乾燥肌を娘が継いでしまった…。

辛い季節だ。
チクチク・ボリボリを親子でやってしまっている。


特にわがこは首の後ろの皮剥けにお腹や胸の湿疹と具合が悪く、とうとうおよめさんが小児科に連れて行ったそう。


しかしかけ込んだ病院の待合室は、

真っ赤な顔でぐでーっとうなだれる赤ちゃん
バケツに顔を突っ込んで吐き続けている幼児

体調の悪い子どもたちでそれはもう地獄のような光景だったそう…!


看護師さんに、

「ホントはここで診てから皮膚科に行ったほうがいいんだけれど…」
と前置きをしつつも、

「ここには危ない!いない方がいい!今すぐ出て行きなさい!」
と、追い返してもらったそう。

辛い季節だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧