カテゴリー「育児」の記事

2019/03/19

代償

先月2月期のマクドナルドの“ハッピーセット”が『おかあさんといっしょ』だったのだ。
わがこのために…と言いつつ半分は自分のため、コンプリートを目指し、2週間ほどランチ時にほぼ毎日これを食していた。
(それ以外はラーメンとカップヌードルね)
Kannge_1903_happy_1


無事におもちゃは揃って一安心となったのだが、その代償か、肌荒れがヒドくなってしまった。

吹き出物!
白ニキビがほっぺたやアゴのラインに出てくる出てくる…治ってはまた新しいのが出現し、少しよくなってはまた悪くなり…ニキビ面のおっさんなんて、何て気持ち悪いのだろう…!


と、いうわけでそれから一念発起し、マクドナルド・ラーメン屋・コンビニに1歩も入らない生活を2週間続け…

ようやく現在元の状態に戻りつつある。

どうやら加齢により食べるものの内容が顕著に体調にあらわれるようになってきているようだ。
気をつけねば…。

| | コメント (0)

2019/03/17

確かな実力

調布のショッピングモール、“クロスガーデン調布”に、

「アンパンマンがくるよ!これは行かないと!」

と、わがこの保育園のクラスメートSちゃんが教えてくれて、2家族で出かけた。

元気100ばい!


手狭な3F駐車場という会場は開幕40分前からスゴい人!

あまりの周囲の熱量にやられ、父ふたりははじき出され、端でアンパンマンたちが歌って踊るその音を寒さに震えながら聴き続けるのであった…。
しかも結構長尺(30分間)でやるの…。


日陰だし風は吹き抜けるし


子どもたちはみんな練習なんかしていないというのに曲に合わせて踊ったり叫んだり応援したりできていた。

改めてアンパンマンの人気を痛感させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/15

思い出のぬりかべ

昔デパートが、子ども相手にわなげやくじやボール投げなんかのゲームをチケット制でやらせて成績に準じたおもちゃが当たる、というイベントを夏休みや春休みの期間によく開催していたものだ。

ハレの日に母と祖母とよくデパートに遊びに行っていた幼年期の自分は、もちろんこれを毎回楽しみにし、毎度熱狂していた。


これは、確か東急東横店のイベントのわなげで当てたぬりかべ。

出来がいい


とても嬉しくて嬉しくて、以来ずっと大切にしていたこれを、最近実家から持ってきた。

妖怪に目覚めた2歳のわがこに譲渡しようと思ったのだ。


きっとこのままずっと大切に遊んでいたら…そうアニメの『鬼太郎』が15期くらいにまでなった時、これもからかさ小僧のように魂が宿り妖怪になってくれると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/14

近づくお別れの時

衝撃と悲しみの卒業発表がされたEテレ『おかあさんといっしょ』。

4月の半ばにポニーキャニオンから『最新ソングブック』のDVDが、講談社から卒業時の定番『〜ありがとう』ムックが発売されるが、まず最初におとずれるよしおにいさんりさおねえさんとのお別れが同講談社の2月に1度の恒例雑誌
『NHKのおかあさんといっしょ 4月・5月号』
だ。

『NHKのおかあさんといっしょ 4月・5月号』


表紙だけでも泣けるのだが、中は卒業セレモニーの速報や4人のおにいさんおねえさんのインタビュー、よしおにいさんりさおねえさんのポスターに、付録はブンバ・ボーン!のデラックスカード(缶がスゴくカワイイ!)とプレミアムでもっともっと泣ける構成。

2冊買ってひとつは子ども用、ひとつは保存用、としたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/05

個人の問題だと思いたい

児童虐待のニュースを耳にする。

小さな子どもにとっては親の存在が全て。
虐待をされていたこの子は、その時も、そうして命を落とす瞬間も、それでも親のことを慕っていたのかと思うと、気が狂いそうになる。

そしてこういう無償の愛を裏切る行為というのは何と卑劣なのだろうと怒りを覚える。


最近殊にこのようなニュースが多いのは、相談所のような公的期間の発達によって可視化されただけで、その件数自体が増えているわけではないと思いたい。

もしそうじゃなかったら、社会自体に歪みが生じてしまっているということで、なかなかひっくり返せることではなくなってしまうからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

優雅な時間

仕事終わりで真っすぐ家に帰る日は子どもの寝かしつけをするわけだが、どうしても一緒に寝てしまい、そのまま夜中、はたまた朝まで熟睡してしまう。

彼女もコチラが本当に一緒に寝るのだと思わなければ遊びたい欲を抑え寝てくれないわけで…

しかしこれでは自分の時間や夫婦の時間が全く持てないのである。


そんな中今夜は久しぶりに、おそらく今年に入って初めて、わがこ就寝後にすぐ起きられた。

ゆっくりおフロにつかって、お酒を飲みながら録画がたまっているドラマをみた。
(ちなみに今期鑑賞は『メゾン・ド・ポリス』と『フルーツ宅配便』)


至極有意義な時間であった…!

(一方およめさんはグーグー寝ていた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

泥にまみれて何学ぶ

実家に妹家族と合同で集まった。

4歳
2歳
0歳
0歳

の子どもたちはみんな女の子。

よって今日は“ひなまつり”というわけだ。

妹の雛人形があるがめんどくさいからもう出さないそうだ


しかしいいお天気に誘われて彼女たちはフラフラと庭へ出てゆく…

父の家庭菜園内で一番上の子により泥だんご講習会が始まってしまい、結果“どろまつり”と化すのであった。

水加減が大事


ここではもちろん父が育てたご自慢のダイコンや水菜の収穫も。

野菜嫌いのうえのこも、自分で収穫した野菜だということでなんとかモグモグしてくれて、これはいい効果があった。

よくフーフーしてね

ダイコンおいしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/03

教育にガチャピンを

『ポンキッキ』シリーズのDVD-Box発売記念にベントに行ったことがある我が夫婦は、もちろんガチャピンとムックが大好きだ。

最近は何でも失敗するとすぐ落ち込み諦めてしまう挫折型性格のうえのこの教育のために、『ガチャピンチャレンジ』シリーズを見せている。

「スゴいね!ガチャピンは失敗しても、成功するまで諦めないんだよ。」
と。


と、いうわけで今日は横浜の放送ライブラリーで開催されている、

『45th Anniversary ガチャピン・ムック展』

に、まんをじして家族で出かけた。


決して大きくないスペースであったが、そこにはガチャピンムックにコニーちゃんたちがひしめきあっていてかわいくてキラキラしていた。

このみちどんどん

ジャカジャカジャン!


45年…昔の映像、昔のグッズ、知らなかった設定なども紹介されていて新たな発見もたくさんあった。

恐竜の子ども


もちろん、今の情報も。
『ポンキッキーズ』終了後その去就が心配されていたガチャピンとムックは今ふたたび、BSフジでE-girlsのメンバーとレギュラーを持っているそうだ。(『ガチャムク』)

個人的にはもっと会いたい、地上波でも全然いい、と思うのだけれども。

オリジナルシールもいただきました


と、いうわけで親と共にわがこもガチャピン先生を前に大興奮で、いつもの決めポーズに勢いがつき過ぎて顔が映らないほどであった。

コッチ向け


ガチャピン先生を見習って、ね!

しかし彼女、性格はムック型っぽいんだよなァ…。

文化系かな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

みんなわがこのよう

うえのこ2年目の保育園の春、2度目の保育園の“はっぴょうかい”だった。

写真を撮るか動画を撮るかで悩みまくった


今年はクラス内各々がおべんとうのおかずとなって、バス旅行に出かけるというおゆうぎ。


昨年は周りに流されることなく、音楽にノることもなく、ただそこに立ち尽くしているだけのわがこであったが…

今日は先生の呼びかけに大きな声で返事をし、そこそこの元気さで音楽に合わせて振りをして、無事にイチゴ役をつとめ上げていた。ホッ。

達成感からか帰りのテンションが振り切れておかしかった


ずっと座り続けた子、ずっとママをさがしていた子、歌ってる子踊ってる子拍手してる子…1年前は思い思いで行動しバラバラだったはっぴょうも、今年はしっかりまとまって同じ踊りをしていることに、彼ら彼女らの成長を強く感じた。

何より前回舞台上で1人泣きじゃくっていたAくんが、今回誰よりも元気に笑顔で率先して歌っていて…その姿に、
「Aくんスゴい!目立ってるよ!」
と興奮し、娘よりも追いかけてしまった。


わずか20人弱のクラス、いつの間にか全員が自分の子どものような、応援したくなるような存在になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/25

そういうもの

最近およめさんが0歳のしたのこをだっこしながら、

「この子が今自分になついているのは、私のことをただのミルク製造機と思っているだけだからだわ…」

などとつぶやいていたのだが、


私は私で2歳のうえのこをポンポン高い高いしながら、

「この子が今自分になついているのは、私のことをただのアトラクションだと思っているだけだからだ…」

と、つぶやいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧