カテゴリー「ニュース」の記事

2019/03/18

冷静な判断

 職員への暴言で市長が辞職したことに伴う兵庫県明石市の出直し市長選が17日に投開票された。前市長で無所属の泉房穂(ふさほ)氏(55)が、元市長で無所属の北口寛人(ひろと)氏(53)、元県議で共産新顔の新町美千代氏(71)を破り、3選を果たした。投票率は46・84%(前回45・50%)で、泉氏は前回選挙での得票(5万1千票)を大きく上回る8万票余りを獲得した。泉氏は2期目満了(4月30日)を待たず辞職したため公職選挙法の規定で辞職前の任期となり、4月の統一地方選で市長選がある。日程は14日告示、21日投開票で、市議選とのダブル選になる。
 泉氏は当選が確実になると、事務所で支援者に拍手で迎えられ、深々と頭を下げた。「改めて責任を痛感している。自分自身のしてしまったことの責任と、これからの明石への責任だ」と話した。取材に「職員としっかり信頼関係を築き、協力して街づくりを進めたい」と述べ、4月の選挙に立候補する考えを示した。
 暴言問題は今年1月に録音データで発覚。泉氏は2017年6月、国道用地の買収の遅れに激高し、「(建物に)火つけてこい」「燃やしてしまえ」と職員に怒声を浴びせた。発言を全面的に認め「パワハラよりひどいこと」と謝罪。先月2日に辞職した。
 (19'3.18『朝日新聞デジタル』

「暴言!」
「パワハラ市長!」

など、マスコミの報道では強い言葉ばかりが見出しで先行していた。
記事も暴言当該部分の一部を切り取ったものが多かった。


しかし今回の選挙の結果はそれに左右されなかった。

後に神戸新聞が掲載したこの市長と職員のやり取り全文を見れば、この一連の状況がただの「暴言」「パワハラ」だけで済むものではないことは明白であった。


マスコミの派手な煽りに踊らされず、明石市民はずっと冷静だったということだ。


こういう結果も珍しいというか、イヤ逆にこれからは何かに扇動され多くが一斉に動くのではなく、各々が調べ考えて行動する時代に突入したということなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/13

憧れの没落

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで12日に関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された、テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧こと瀧正則(たき・まさのり)容疑者(51)が13日午前3時25分ごろ、警視庁の取り調べを受けるため、同部が入る東京都千代田区の九段第3合同庁舎から移送された。
 黒いボックスカーの捜査車両の3列目に座った瀧容疑者はベージュのダウンジャケット姿で、襟を口元まで上げ、眼鏡をかけ目を閉じたままじっとうつむいた姿だった。
 (19'3.13『スポニチアネックス』

才能があって、確実に仕事ができて、だというのに時にナチュラルで狂人ともなれる…

それが電気グルーヴのピエール瀧という人間で、そこにみんな「こんな大人になりたい!」と大いなる憧れを抱いていたのだ。


だのに、それが精神刺激薬の力によるものだと知ってしまったら…こんなに辛いことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/11

8年

Twitterの検索窓に、
「from:アカウント名 since:2011-3-11 until:2011-4-11」
などと入れると、当該アカウントのツイートをさかのぼり当該期間のものを閲覧することができる。

ふと8年前とその周辺の自分のつぶやきを眺め、当時の混乱や不安や感謝や、様々な記憶と感情を引っ張り出して見ていた。


この8年間あっという間だった、息するくらいの間だとと思っていたが、よくよく考えてみたら自分がおよめさんに出会ったのは震災以降だし、今2人の子どもがいるわけで、ずいぶん長い時間が経っていることに気づいた。

8年前のあの時から、やはり死生観とか、家族観とか、資源に対する思いとか、当時溢れかえったデマツイートなどからSNSへの関わり方とか、勇気づけられた経験から歌というものへ対する思いとか、根本から変わっている部分が相当にあると思う。


日本全国の色んな人の人生が変わったことだろう。

忘れちゃいけないこと、前を見なきゃいけない部分、色んなことを考えてまたあしたから生きようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/05

個人の問題だと思いたい

児童虐待のニュースを耳にする。

小さな子どもにとっては親の存在が全て。
虐待をされていたこの子は、その時も、そうして命を落とす瞬間も、それでも親のことを慕っていたのかと思うと、気が狂いそうになる。

そしてこういう無償の愛を裏切る行為というのは何と卑劣なのだろうと怒りを覚える。


最近殊にこのようなニュースが多いのは、相談所のような公的期間の発達によって可視化されただけで、その件数自体が増えているわけではないと思いたい。

もしそうじゃなかったら、社会自体に歪みが生じてしまっているということで、なかなかひっくり返せることではなくなってしまうからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/05

テレビのガンは

 「日本テレビの情報・制作局長が『水の上の一本橋を自転車で渡る催しは(東南アジア)各地で人気となっている』と反論していましたけど、そんな催し、聞いたことないですよ。川に橋を架けると敵の侵入路になってしまう。橋がお祭りの舞台となる文化的背景がないんです。タイやミャンマーの『水かけ祭り』とか、豊作を願って川(水)を祀(まつ)る催しはありますけどね」(東南アジアを拠点に30年、活動している現地ジャーナリスト)
 日本テレビの看板バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(以下、イッテQ)のヤラセ疑惑が波紋を広げている。
 11月15日には日テレ大久保好男社長が民放連会長としての会見において「制作陣にやらせの認識はなかった」と説明した。一方、騒動については謝罪し、「祭り」企画を当面休止すると発表。
 続いて、11月18日の『イッテQ』では、冒頭、テロップと女性のナレーションで「『祭り』企画をめぐり視聴者のみなさまに疑念を抱かせご心配をおかけする事態になったことについて深くおわび申し上げます」と1分10数秒にわたって放送された。(後略)
 (18'11.23『FRIDAY』)

視聴者はテレビのバラエティ番組に一体何を求めているのだろう。

ニュース番組がニュートラルにありのままを伝えず演出を行った場合はもちろん問題であるが、それ以外であれば“おもしろいこと”それが全てであると思うのだが。


なぜテレビとはそういうものだと付き合うことができないのだろうか。
そんなものだろう。

そんなにテレビって精錬潔白なものなのだろうか!?
そうでなくちゃいけないものなのだろうか!?


最近テレビがおもしろくない、ネットに比べて規制が多い・刺激が少ないと文句を言っている視聴者自身が、テレビをそうさせた犯人なのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/26

スーパーベビーフェイス

 年末の風物詩、大みそかに放送される歌番組「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。
 初出場は、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組ではKing & Prince(キング・アンド・プリンス)、Suchmos(サチモス)、純烈、YOSHIKI feat. HYDEの計6組。
 「U.S.A.」がヒットしたDA PUMPが16年ぶり6回目、活動再開したいきものがかりが2年ぶり10回目の出場を果たすほか、特別企画として椎名林檎さんと宮本浩次さんも出場する。
 発表された中に、原爆Tシャツで注目を集めたBTS(防弾少年団)、『アンナチュラル』の主題歌が東京ドラマアウォードを受賞した米津玄師さんは含まれていなかった。
 (18'11.14『KAI-YOU』

2018年の音楽…イヤ芸能…イヤ全ての事象の中で、一番のヒットを飛ばしたのがDA PUMPだと思う。


彼らの音楽はもちろんのこと、

SMAP解散騒動あたりから求心力が衰え始め今や批判の多いジャニーズ事務所との軋轢…

「再ブレイク」
「大手事務所の圧力を覆す」

一部で根強く語られているこれらのストーリーもまさに日本人好みで、今や彼らはすっかりスーパーベビーフェイス・国民のアイドルだ。


年末は他番組でも引っ張りだこだろうし、より彼らを目にする機会が増えるだろう。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/22

ただの思慮の浅い人たちだった

 最近、韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が話題だ。
 K-POPが誇る男性7人組のグループで、アルバムなどのセールスも好評で世界的に人気が高い。日本にも進出してオリコンのチャートで1位を獲得している。日本にもファンは多い。
 そんなノリに乗っているグループが今、騒動を巻き起こしている。メンバーが過去に、キノコ雲と「愛国心」という単語がプリントされた「原爆Tシャツ」を着ていたことが判明。結局、予定していた日本の音楽番組の出演を中止する事態になり、海外でも大きく報じられた。
 すると今度は、ナチス親衛隊の記章がついた帽子をかぶって写真に収まったり、ナチスを想起させる旗をコンサートで振ったりしたことが明らかになり、米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が抗議。BTSが国連でスピーチをしたこともあるグループということで、こちらも海外で大々的に報じられている。
 BTSにしてみればもはや言い訳もできない状態で、この状況がしばらく沈静化することはないだろう。(後略)
 (18'11.15『ITmedia ビジネスオンライン』

結局全ての韓国の歌手やアイドルはその根底に“反日”というものを抱えていて、表層やコッチでいい顔しながらも心の中やアッチじゃ我々に中指立てながら活動しているのだなと思っていたら、それも違うよう。


ナチスの問題も持ち上がり、どうやら事務所を含む彼らには思想的なものは無く、ただ単純に、

「タブーに触れてるオレたちカッコイイ!尖ってる!」

のような中二病的な考えに支配されてしまっているようで、逆にさらなる浅はかさを露呈してしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

 15日(木)朝は、この秋一番の冷え込みになっている地域が多いものの、日中は高気圧に覆われて晴れのエリアが広がり、穏やかな秋晴れのもとで過ごせそうだ。週末は天気の崩れる所が多いため、きょうの日差しを有効に活用しておきたい。
 この時季としてはやや冷たい寒気が流れ込んだ影響で、けさは各地で冷え込みが強まり、東京都心でも最低気温が8.9℃(午前5時現在)と、今季初めて10℃を下回った。
 ただ、日中は日差しの力を借りて西・東日本で18℃前後まで上がる予想。北日本でも2桁の気温となる見込みだ。(後略)
 (18'11.15『ウェザーマップ』

ここのところ急に冷え込んできた。

ヒザが痛む。
気分が滅入る。
元々ない仕事へのやる気がさらに減退する。


昼下がりにノソノソと外へ出てひなたぼっこ。

少しずつポカポカ


ウミイグアナのように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/22

故意のものだ

 22日、青森県つがる市の国道で4人が死亡した事故を起こしたとして、危険運転致死傷の疑いで市内の団体職員・高杉祐弥容疑者(32)が逮捕された。
 9月22日、高杉容疑者は酒に酔った状態で乗用車を運転。前方を走る黒い軽乗用車に追突した後、対向車線にはみ出して紫の軽自動車と正面衝突した。警察によると、高杉容疑者が運転する車は、制限速度50kmの国道を時速約130kmもの速度で走行していたという。(後略)
 (18'10.22『FNNプライムオンライン』

全ての人が極めて不幸な事故。

何もしていないというのに運転中突然後ろから襲われた被害者の方は、かける言葉が見つからないほど不幸である。

そしてそれと同じくらい不幸なことは、こうして人を殺しておきながらのうのうと生き残ってしまった加害者側だ。


飲酒運転の喚起もだいぶ進んだと思っていたが、それはまだ都心だけに限ることなのかなと思った。

本当にやりきれない殺人事件だ。
(泥酔状態で車に乗るという意図的なもので、危険運転致死傷罪には値しない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/16

浅い

 東京都が、パラスポーツを応援するために東京駅構内に掲示していたポスターを撤去した。2018年10月16日にJ-CASTニュースの取材に認め、公式サイトでも発表した。
 同ポスターには、「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」というフレーズが大きく書かれており、インターネット上で物議を醸していた。

 ポスターは、東京都が主催するパラスポーツ応援プロジェクト「TEAM BEYOND(チーム・ビヨンド)」の活動の一環で制作。東京駅・丸の内仲通りで12~21日に開催のイベント「BEYOND FES 丸の内」の企画の1つとして同駅構内などに掲示されていたもので、全23種類。それぞれ23人のパラアスリートの競技写真とともに、それぞれが競技に向き合う気持ちを表したフレーズが書かれている。
 そのうちの1枚、パラバドミントンの杉野明子選手のポスターに書かれていたのが、
 「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」というフレーズだ。
 12日、ツイッターユーザー「障害者雇用の働き方」さんが同ポスターを撮影して投稿すると、この文言をめぐって都に疑問の声が相次いだ。選手が自分自身に向けた言葉だとしても、このポスターだけでは判然とせず、不特定多数の人の目に触れる場所で掲げられる言葉として配慮に欠けていないかといった趣旨のものが見られる。
 「ご本人がそう思って頑張る分にはいいかもしれませんが、ポスターにして多くの人の目に触れるとなると、障害や障害者に無理解だったり差別意識を持つ人々の誤解・曲解をさらに助長するという負の効果しかないと思います」
 「杉野さんがそういう気持ちでがんばってきた。ってことを、東京都はポスターにして何を期待するのか? 2020パラリンピックの宣伝なの? パッと見て、何言ってんだ?って思うわ」
 「障がいの程度は、千差万別なんです。障がいについて全く理解が進んでいない」(後略)(18'1016『J-CASTニュース』

パラリンピックとパラアスリートの告知ポスター。

言わずもがなその言葉は、前に、

(「コートでは」)
(「パラバドミントンの世界では」)

が付いているというのはしっかり見れば誰でもわかること。

杉野選手の気概を感じるカッコイイデザインだ。


それなのに、言葉の表面だけを拾って差別だと騒ぐのは本当に愚かだ。

もはや逆にパラアスリートを、障害者を、差別しているように感じる。


こう騒ぐ人というのは、わざとわかっていて揚げ足取りをしているのだろうか、それとも本当に思慮が浅いだけなのだろうか。
どちらにしても、騒いだ人、対応した都、何より選手や障害を持つ人にとって、全てにおいて残念な話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧