カテゴリー「ニュース」の記事

2017/05/12

見た目が100パーセント

「アラ。道ばたにポピー。」
「最近よく見かけるから誰かが育ててるのかな。」

と思っていた可憐な花をつけるこの植物。(↓)

カワイイじゃん


実は“ナガミヒナゲシ”という、まぁポピーと同じケシ科なのだが、どちらかといえば雑草扱い。

1960年代に渡来し以降、爆発的繁殖力で日本中に広まっていて、さらには周辺植物への影響もあり特定外来生物に指定される可能性もあるのだという。


人々の寵愛を受けているものだと思っていたらこんな裏があるとNHKのニュースで知り、驚いたのであった。

きっとそれを知らずに庭に植えたり、一生懸命育てている人だっているだろう。


『人は見た目が100パーセント』なんてドラマが今やっているが、植物も…イヤ、世の中の生きとし生けるものは見た目が100パーセント、なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

日常に敗北

火曜日にして疲れがあり、想像以上に“連休疲れ”を感じている。

それもこれも月曜日の夕方に小田急線がダイヤ乱れをし、いつもは空いている保育園へのお迎え・17時台の列車が大混雑だったせいだ。

→←→←…満員電車に1日4回乗るのはさすがに体に不調をきたすことがわかった。


…と、いうことは、今私が抱いているものは連休疲れではなく、単なる“日常の電車疲れ”であったのだ。

あっさりと明けちまった連休と襲いかかる日常で気持ちはわかるけどさ…電車に飛び込むのだけは止めてくれよな!


 8日午後3時半ごろ、相模原市南区の小田急線相模大野駅で、同区に住む会社員の女性(18)が線路に飛び降りた。直後に藤沢発新宿行きの快速急行電車(10両編成)の先頭車両の一部が通過したが、女性は車両床下と線路との隙間に倒れていたため無事だった。
 相模原南署や地元消防によると、女性は両手に軽傷。自殺を図ったとみられる。駅員などから通報を受け、消防署員らがうつぶせに倒れていた女性を隙間から引きずり出して救助した。
 小田急によると、電車は約1時間後に運転を再開。約2万人に影響があった。(共同)
 (17'5.8『nikkansports.com』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/18

貝になれというのか

 殺害されたベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が通っていた千葉県松戸市立六実第二小学校では17日午前、保護者会の会長だった容疑者の逮捕後、初めて児童が登校した。
 通学路で登校を見守った住民からは「子どもたちを裏切ってしまったような気持ちだ」との声が聞かれた。
 死体遺棄容疑で逮捕された渋谷恭正容疑者(46)は、毎日のように見守り活動に参加していた。17日朝、緑のベストを着て見守りに参加した70代の男性は「これを着ていると、子どもたちに信用してもらえない」と漏らし、「何を信頼すればいいのか、子どもが分からなくなっているのではないか」と懸念した。
 近所に住む50代の女性は「(容疑者が)身近な人だったから、対策は難しい。大人もどうすればいいか分からない」と不安そうに話した。
 (17'4.17『時事通信』

どこぞの町内の不審者情報を見ていると、
「〇〇町で、『今日もいい天気だね』と声をかけてくる中年男性出没」
などとあって、知らない人はあいさつしただけでも不審者かよと、哀しいものを感じていた。


しかし今回の事件の容疑者は、それを発令する立場・子どもたちを守ると表明している立場の人間で、さらなる身近からの悪魔の出現に衝撃を受けている。


こんなことがあると、社会は、

「知ってる人以外と話しちゃダメ!」
   ↓
「友だち以外と話しちゃダメ!」
   ↓
「お母さんお父さん以外と話しちゃダメ」
   ↓
「自分以外と話しちゃダメ!」

となり、やがて子どもは貝のようにならざるを得なくなってしまう。


冗談はともかく、これからの子どもとそれをとりまく社会のあり方に影響を与えるであろう、悲惨な事件に腹が立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/12

たらればを語りたくなるスーパーヒロイン

 現役引退を発表したフィギュアスケート女子五輪メダリストの浅田真央(26)が12日、都内で会見を行った。冒頭から記者の質問に笑顔で受け答えしていた浅田だが、最後のあいさつでは、こらえきれず涙し「笑顔で前に進んでいきたいと思います。皆さん応援ありがとうございました」と思いを伝えた。
 会見最後に司会からあいさつを求められると「皆さんきょうは本当にありがとうございました。発表してからの2日間、あたたかいお言葉をいただいて、本当に晴れやかな気持ちで、引退を迎えることができました」と感謝の言葉。しかし、目に涙をうっすら浮かべると、その場で数秒間沈黙した。
 こらえきれない涙を後ろを向き拭った浅田は、再び笑顔。「スケート人生で経験したことを忘れずに、本当にこれから新たな目標を見つけて笑顔で進んでいきたいと思っています」と決意し「皆さん応援ありがとうございました」と深々一礼した。(後略)
 (17'4.12『オリコン』

まさに天真爛漫、無邪気という最強の武器をまといながら難易度の高いジャンプをポンポンと決めていた国民の妹は、いつしか日本のエースとなり、業界のために様々なものと戦ってきた。

自分やライバルだけじゃなく、国中からのプレッシャーや、偏向報道など…。

それらを一身に背負い、ただひたすらに滑り続けてきた彼女がソチ五輪後、自身のためにスケートをするため現役続行を決意し、そして今自分の意思で競技人生を終わりにするというのならば、それが全てだ。

本当によく戦ったと思う。立派だ。


歴史にもスポーツにもたらればはないけれども、それでも、

「もし浅田真央がトリノオリンピックに出られていたら」
「もし浅田真央がソチオリンピックのSPでジャンプを成功させていたら」

なんて夢想せずにはいられない、それだけのスーパースターだった。


ソチのフリーは本当に、本当に、カッコよかった。

これからまた見ることができるであろう、今までとは違ったリンクでの姿、どんな華やかなものになるだろう!
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/31

シューマツだけは晴れてくれ

 4月が始まる土曜日は関東では午前中まで雨が降り、朝までは山沿いを中心に雪になる見込みだ。特に関東北部の標高の高い所では、大雪になるおそれがある。また、気温は日中でもあまり上がらず、真冬並みの寒さとなるため、お花見やお出かけには寒さ対策が必要となる。
 本州の南の海上を進む低気圧の影響で、金曜日は東日本と西日本の広い範囲で雨が降った。西日本の雨はこのあと日付が変わる頃には止む所が多いが、関東の山沿いでは次第に雪に変わる見込み。特に群馬県の標高の高い所では朝まで大雪になるおそれがあり、栃木県でも、場所によっては平地で積雪となる所があるため、路面の凍結などに注意が必要だ。  気温が予想より低く経過した場合は、降雪量が多くなる可能性がある。一方、関東南部では土曜日の昼頃まで雨の残る所がある見込み。
 関東の雨は午後には止む所が多いが、雨が止んだあとも気温はあまり上がらない見通し。予想最高気温は東京9℃、宇都宮5℃と、各地で真冬に逆戻りの寒さとなりそうだ。  東京では桜が見頃を迎えつつある所があるが、お花見へ出かける際は万全な寒さ対策が必要となる。(後略)
 (17'3.31『ウェザーマップ』

サクラの開花宣言がされてからだいぶ経つが、なかなかいいカンジに咲いてくれない。

ここ数年は毎年予想よりも早くて、

「お祭りズレちゃったよ…」とか、
「入学式まで花、持ってくれなさそう…」なんてよく言っていたものだが、

久しぶりに遅い開花となり、逆に戸惑う結果となっている。

結局いつが満開なの!?サクラさん!


おまけにこの悪い天気が追い打ちをかけ…

なかなか予定の立てられない週末に苛立ちはつのるばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

絶対 はない

 栃木県那須町湯本で27日、8人が死亡した雪崩。低気圧の接近、短時間で大量に降る雪、営業を終了したスキー場、と事故が起きやすい条件がそろった中で高校生の春山登山講習は“強行”された。当初の登山訓練を中止して切り替えられたラッセル訓練が雪崩を誘発した可能性もあり、主催者側の無謀な判断が悲劇を生んだとみられる。
 「(登山経験の)ベテランの先生方が状況を把握して、的確な判断のもとにやったと思う」
 講習会を主催した栃木県高体連の橋本健一会長は同日夜、県庁で開いた会見で判断は適切だったとの考えを強調した。ただ、その理由を問われると「詳細は分からない」「先生はベテランだった」などと、現場に責任を転嫁しているとも受け取れる説明を繰り返した。
 雪崩のリスクを下げる活動を行う日本雪崩ネットワークの出川あずささんは「営業していないスキー場はただの雪山。勾配がある斜面に積雪があれば、雪崩はどこでも起こりうる」と指摘する。(後略)
 (17'4.28『iza』

雪山の危険や厳しさを教える講習だったのかもしれないが、ここまで身をもってすることではない。


いいことばかりと思っていた経験も、時に慢心や油断を生むということか。(責任者)

その犠牲になってしまった若い子たちが本当に気の毒だ。


やっぱり自然相手に、イヤ世の中の全ての事象に対して、「絶対(大丈夫)」なんて言葉はないのだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

「送料無料」の甘き言葉

 宅配便最大手のヤマト運輸が、今秋にも個人向けの宅配便の基本料金を値上げする方針を固めた。消費増税時を除けば、実に27年ぶりの全面値上げとなる。
 ヤマトが値上げする理由は、ネット通販の“ガリバー企業”、アマゾンにある。
 アマゾンは、ヤマトにとっての最大荷主で、国土交通省の調べによれば、ヤマトが扱う荷物の個数は年間約17億3千万個(2015年度)。そのうち、「アマゾンの荷物は約2億5千万個。これは業界5位の福山通運が扱う1年間の荷物(約1億2千万個)の2倍を超える数字です」(物流業界紙記者)。

 大量のアマゾンの荷物を一手に引き受けるヤマトのドライバーは毎日、フル稼働だ。同社の社員ドライバー(28歳)がこう明かす。
 「会社の始業は朝8時ですが、そんな時間に出勤していては荷物をさばき切れません。7時過ぎには会社に出て、自分の荷物を積み込み、8時過ぎには営業所を出発。荷台に積む荷物の3~4割がアマゾンの商品ですが、配達先に到着しても2~3割が不在で燃料を浪費するだけの“ムダ走り”が増え、再配達が必要になります。
 時間指定が12時~14時に集中すると昼食休憩は取れず、20時~21時に集中すると営業所に戻るのは21時過ぎになり、タイムカードを打ってから“無給”の事務作業を強いられます。1ヵ月の所定労働時間を超えると会社的にヤバいらしく、繁忙期は『タイムカードを押してから残務処理をやってくれ』と上司から言われるんです。
 体は相当きついですね。体調を崩しても、他のドライバーに迷惑が掛かるので休めませんし…。月収は28万円ですが、全然わりに合っていません。扱う荷物が多い日には、ついお客さんが不在でも玄関前に荷物を置いていってしまいます」

 「アマゾンの荷物は一個250円程度で契約しています。他の荷物に比べれば、半額以下の激安料金。それなのに再配達は多いわ、時間指定でルート計画は狂うわで、運べば運ぶほど『赤字になってるんじゃ…?』と徒労感が募ります。
 できることなら、会社にはアマゾンとの取引きをやめてほしいと思う。あのロゴを見るだけで吐き気がすることもあるので…」(後略)(17'3.27『週プレNEWS』

ヤマト運輸の迅速できめ細やかなサービスには頭が下がる。
他の宅配便会社とは明らかにサービスのランクが1つ上で、まさに日本企業の鏡といった感があった。


そんなところでさえ持て余すようになってしまったAmazonという企業との提携。

現場は本当に大変なことだと思う。


通販会社としてその常識を打ち崩す、
「(ほぼ)送料無料」
を文句に大躍進をしたAmazonではあるが、それをうたいながらも、

「配達の日時指定は有料」
となったらいつかはこうなることはわかっていたのではないのだろうか。

そりゃあみんなヤマトの再配達に頼ってしまうというものだ…。


「ヤマトが値上げ」
の言葉だけで片方の企業だけが叩かれるようではいけないと思う。


Amazon側だって、企業努力で配達日時指定をできるようにするか、もういっそのこと今が送料無料自体を廃止にするタイミングなのかもしれない。
これに慣れきってしまい現場のことを想像できなくなってしまった国民全員の意識を元に戻すために。

デジタル上での買い物だが、買うものは実際に存在するもので、自分の元に届くのはアナログで多くの人の力に頼っているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

ネコの方がもっと賢い

 民進、共産、自由、社民の4野党は24日午前、国対委員長会談を国会内で開き、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題をめぐり、安倍昭恵首相夫人、松井一郎大阪府知事、学園の籠池泰典氏の代理人を最近辞任した弁護士の、証人喚問を求める方針で一致した。
 民進党の山井和則国対委員長は会談後、記者団に対し、籠池氏が昭恵夫人から受け取ったと主張している100万円の寄付金などを念頭に「夫人と籠池氏の言い分が真っ向から対立している。どちらが真実なのか明らかにする必要がある」と述べた。(17'3.24『産経新聞』

毎日毎日、朝から、国会で、テレビで、

森友森友

森友森友森友

森友森友森友森友…


もちろん国有地が格安で森友学園側に払い下げられていた問題は由々しきことだと思う。

今回のこの問題に限らず、政治家と民間団体の癒着、そしてそれへの対策は早急にすべきだ。


ハイ!
話はここまで!

次の話し合いはなんでしょう?


前々から論議される予定だった、もっと国民の生活に密着したもの…働き方の問題は?少子化や待機児童の問題は?
さらには日本海の向こうからはキナ臭いものが漂っている。その対策はどうなっているのだろうか。


考えなければ、話し合わなければいけないことはたくさんあるというのに、目の前にあった事柄に飛びつき終始していて…政治家はネコジャラシを前にしたネコのようだ。


それも今では話がズレて、ただ安倍政権の支持者と反対派が・ネトウヨと左翼が、揚げ足を取り合い難癖をつけ合っているだけ。
間にいる大多数の国民は置いてけぼりで、相変わらず政治不信は加速しているように感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

ハマの桜はまだ遠く

 気象庁は3月21日午前、東京都心の桜(ソメイヨシノ)の開花を発表した。平年より5日早く、昨年と同日の開花。(市ケ谷経済新聞)
 開花日の基準は標本木に5輪以上の花が咲いた状態。標本木のある靖国神社(千代田区九段北3)境内で、気象庁の職員による観測が行われ開花が宣言された。(後略)
 (17'3.21『みんなの経済新聞ネットワーク』

東京の開花宣言もされ、横浜の桜の名所・大岡川も先週からぼんぼりが灯りはじめている。

まだまだ寒いですが


寒空の下こちらの蕾はまだまだ固いようだが…今年も桜まつりへの出店が決定した“横浜プロレス酒場YAMARYU”は、昨夜も今夜もあしたの夜も、元気にあったかいちゃんこを仕込んでお客さんを待っているとのことだ。(レジェンド店主より)

そっぷ

「待たせたな!」


基本的にはエイトセンタービルの本店は閉め、川沿い屋台のみの営業。

ハマの老舗

気軽に電話してね!


しかし不定期開催の選手イベントなどは、「困った時のフランク篤先生」の出勤次第で本店で開催されることもあるようだ。(今夜はドラゴンナイトでした!)

あっくんいれば大丈夫

いざ一騎当千クライマックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

賛否両論は当然

 テレビ朝日系で13日未明に放送された日曜エンタ「現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 本来、12日午後8時58分のゴールデンタイムに放送されるはずでしたが、生中継されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)「日本対オランダ」がおよそ5時間に及ぶ死闘となり、試合終了が11時54分。プロレス総選挙の放送が深夜0時13分からのド深夜にずれ込んでしまいました。
 そんな中での4・8%は大健闘といえますが、プロレスにとっては約30年ぶりのゴールデン復活だったので、仕切り直してきちんと放送してほしかったという思いも残ります。番組がなかなかの力作だっただけに、もったいないというか。
 実際、見ごたえがありました。代々木競技場にリングを設置し、新旧のスター選手、プロレス大好き芸能人、客席のプロレスファンで熱気があふれます。ランキング20位のほか、名勝負や華麗なパフォーマンスの数々、レスラーによるレスラー評、豪華なゲストOBなど、プロレス全盛期の面白さがよみがえる2時間でした。(後略)
 (17'3.13『日刊スポーツ』

当日は昼からしっかりお酒を飲んでいたため、例に漏れず自分も次の日に録画鑑賞であった『プロレス総選挙』。

弘明寺“プロレス道場”経由で投票アンケートが回ってきたり、同店でロケが行われたりと以前からその情報は耳に入ってきていたのだけれども、「主に女性に参加してもらいたい」というスタンスやテレビ朝日が制作するという部分で内容が偏ることは容易に想像できた。

そして視聴した率直な感想は、

「ベスト20じゃおさまり切らない」
「現役レスラーと鈴木奈々がいらないかった」
というイメージだった。


やっぱりOBと現役は別のランキングにするべきだったし、カツカツのプログラム内にミーハーなタレントによる足りないガヤはジャマでしかなかった。


以前同テレビ局で制作された『声優総選挙』の時は、錚々たる大御所声優陣を抑え、下の世代ながら誰もが認める天才でありスーパースター・エンタティナーでもある山寺宏一氏が1位を獲得し、過去と同時に未来のあるランキングとなったが、今回はそうならなく残念でもあった。


しかしながら結局負けじと自分で“自分的プロレス総選挙ベスト20・レジェンド版/現役レスラー版”を考えても考えても、朝から考えたってまとまらなかったのだから、こうやってムリヤリでも何か1つの結果として業界を盛り上げるきっかけを出してくれたことには純粋に賞賛をおくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧