カテゴリー「スポーツ」の記事

2017/03/07

いざ開幕

 野球日本代表「侍ジャパン」の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕。日本は1次リーグ初戦でキューバに、14安打11得点の猛攻で乱打戦を制した。
 初回、2死二塁から4番・筒香(DeNA)の右前適時打で先制。先発の石川(ロッテ)が4回2安打1失点で試合を作ると、五回には松田(ソフトバンク)の3ランを含む打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。七回に2番手・則本(楽天)が3失点し、3点差まで詰め寄られたが、流れを引き戻したのはまたも4番だ。
 2死一塁で打席に立つと、3ボール1ストライクから5球目。内角高めの直球を狙った。見逃せばボール球だったが、フルスイングした打球は大きな弧を描き、ゆっくりと右翼スタンドへ。ダメ押しの2ランになった。
 八回に2点を返されるなど、キューバに最後まで粘られたが、裏の攻撃で松田が4安打目の右前適時打。3ランを含む4打点の活躍で勝利を決定付けた。このリードを平野(オリックス)-秋吉(ヤクルト)-牧田(西武)が必死に守り抜き、日本が大きな1勝を手にした。
 開幕戦を乱打戦で制した小久保監督は「独特の緊張感でスタートして初回の菊池のプレーが大きかった」と初回無死一、二塁から好守で二ゴロ併殺に仕留めた菊池(広島)のプレーをたたえた。続けて「8番の松田もよく返してくれたし、守りで青木のプレーも大きかった。今日のことは終わりなんで。全部勝って2次プールに行かないといけないんで、明日も勝ちます」と次戦に目をやった。
 8日はオーストラリアとの第2戦。弾みを付け、日本はエース・菅野(巨人)で連勝を狙う。
 (17'3.7『デイリースポーツ』

「またいいようにMLBに搾取されて…」とか、
「こんな時期にムリヤリ調整してシーズンに影響出たらどうするの…」とか、
「フルメンバーじゃないし」とか、

何かと今まで冷ややかな視線を送っていたWBCであったが、いざ開幕してしまうとやっぱり、

「日本代表には負けて欲しくない!」
と、応援してしまうというものだ。


監督が焦っていたのかそれとも何も考えていなかったのか全てその場のノリだったのか、テレビ解説陣も苦言を呈するほどだった後手後手の継投策…
その采配を選手個人個人が己の力量でカバーしなんとか勝利をおさめた、そういった印象の初戦であった。

とどのところつまり、戦略的課題は山積みということだ。


筒香に松田、小林と、目立った選手はたくさんいたけれども、やっぱり今夜は菊池涼介、この人に尽きるだろう。

再三のチームのピンチを救い空気をガラリと変えた華麗で鉄壁の守備、これぞまさしく日本のプロ野球の素晴らしさだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/27

“此処でしか魅られない戦いがある”

「此処でしか魅られない戦いがある。」

浅草友人会興行。

浅草友人会興行


葛西純伊東竜二が同じリングに上がる”

これだけで新木場1stRINGがパンパンになるんだから、まだまだデスマッチには、プロレスには、夢がありますなぁ!


Slipknotが流れた瞬間「そうきたかー!」とそのカードに唸ったメインイベントは、役者が揃って大興奮だった。

対峙する葛西伊東

待つクレイジーモンキー

織姫と彦星


居並ぶ045邪猿気違's…

やっぱり絵になる

団体対抗戦だと思ったら


1秒でも長くこの光景を眺めていたい!

いつもの技も葛西氏が食らうと!

“ひどいことする”邪鬼よ、帰ってこい!

充実

伊東正岡組も意外といいビジュアルでした

ガラスボード被弾は伊東

葛西氏人一倍血みどろ


そして試合を征した正岡は改めて、「(デスマッチドラゴンとは)組むより戦いたい。いつか挨拶に行くから。」と宣言。

しかしそれをクレイジーモンキーが遮り、「遠距離恋愛中」の伊東・沼澤にラブコール!

背中で語る

大復活!


最高かよ!


その他にも三代目血みどろブラザーズの登場や、団体を背負い一騎当千に単身出陣する吹本賢児、充実ぶりをみせる宮本裕向竹田誠志など、

いい面構えになってきた2人

いざ出陣


これからはじまる大日本プロレスのデスマッチリーグ戦、そしてFREEDOMSのタイトル戦線、さらにはこれからのデスマッチ業界の序章のような興行で…

選手たちはそんなんじゃないと言うかもしれないが、何か、

“春の訪れ”

の兆しのようなものを感じたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

おかえりジョー!

昨年、突如悪性脳腫瘍に冒され欠場を余儀なくされた全日本プロレス、ジョー・ドーリング。

今年はじめにその病を克服し復帰をはたしたというニュースを耳にしていたが、病気が病気のためかつてのようなファイトはもう見られないだろうと勝手に思っていた。


しかし今日後楽園ホールで見たジョーの姿は…絶好調!

この2人は怖過ぎる


一度辞めた全日本にリターンしてきたKAIを前に、そしてその厚顔さに怒りを湛える諏訪魔を横に、さらに客席にはフラリと現れた大仁田厚を見下ろし、誰よりもホールを熱くさせていた!

ホールに響く「ジョー」コール!
そしてぶっ飛ばされたKAIは脳震盪で途中脱落…!

KAIは完全に存在を消される結果に…


その姿はむしろ欠場前より調子がいいのではないかと思うくらいの暴れっぷりであった。

ジョー、完全復帰だ!

しかも動ける!


彼はデカくて動けて強くて怖い、全日本プロレス優良ガイジンレスラーの系譜を脈々と注ぐ存在。

やっぱりここのマットには彼がいなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

極寒の地から

大日本プロレスの上野大会が今年に入って土日にも開催され、ついに足を運べることとなった。

不忍池


いやァ…

それにしても…

さーーーーーむかったーーーーー!

ほぼ外ですから


昼間は「思ったよりもあたたかいかな…」なんて思っていたのだけれども、お陽さまが沈みはじめてから急冷却。

それからはとにかくもう寒くて寒くて…試合にも集中できず、このまさに底冷えというものに耐え忍ぶだけであった。

興行後電車に乗っても寒さは抜けず、なじみの飲み屋さんにかけ込んでいつもの「とりあえずビール」が「とりあえず熱燗」となるのであった。


この状況下で氷まみれの池が戦場の“シベリアンデスマッチ”を戦うレスラーがいたり、会場全体がズブ濡れとなる“ポセイドンマッチ”を嬉々として観戦するファンがいるというのだから(明日開催)…

かつて伊東竜二が言っていたように、ホントにこれは、

「現代に蘇りし奇祭」
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/10

30分の重さ

大日本プロレスの平日開催の後楽園ホール大会が今年から19時開始→18時半開始になり、(18時上がりの)サラリーマンにはシンドくなった。

特に昨今のように興行がパッケージングされる中、仕事終わって職場飛び出してどんなに急いでもそれを頭からみることができないのは辛いものがあるというものだ。


しかも今日の興行は、

第1試合にイチバン下の若手が出場し、
SOS×ヤンキー2丁拳銃の素晴らしい試合があり、

3月からのデスマッチシングルリーグ戦の機運が高まり、
神谷英慶×将軍岡本という新たな因縁が芽生え、

そしてメインは“一発”“一瞬”の緊張感のある、最近のストロングBJとはまた一線を画した名勝負、

…と、とてもいい大会だったために、その思いはますます強くなったのであった。


休憩や全試合終了後に、ファンも団体側も余裕を持てるのはいいことなのだけれども…やっぱり、ねェ。

人

間

風

車

!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/08

走ってます(週イチだけど)

先の駅伝大会の惨敗後、その反省を感じさせぬ打ち上げにて決まった、地元なんちゃってマラソン部での、

「みんなでランニングアプリを共有しよう」

は、“Runkeeper”を入れてはじまった。

ホントに週1回、それ以上は走らない


今のところ目標の「全員週イチで走る」は、これとLINEによる二重相互監視体制のおかげか、続いている。


酔っ払っている同時刻に誰かが走ってることがリアルタイムでわかり焦らされたり、
他人のペースをあれやこれやと批評し合ったり、
友人のランニングコースを眺めながら、彼の住む街に思いを馳せたり、

なかなかおもしろい。


思ったよりもちったぁ続きそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/28

ポーツマス!ポーツマス!

と、いうわけで“日産スタジアム駅伝大会”今年も参加。

今回、10周年記念大会ということでオリンピアンの猫ひろし氏も走っていた、にゃー!

しょーりゅー


開会式では10年間毎回参加してきた人が表彰をされていたが、我々メンバー4人もあともうちょっとの9回参加。惜しかったなー。


あさて、肝心のレース。

天気にもめぐまれたというのに、

「一夜漬けで練習した」
などと荒唐無稽なことを言い出す友人に、

ジム通いが日課のはずだったのにいつの間にかジムの会員証を返却していた友人と、

各々が案の定の調整不足を露呈し、やっぱり今年も右肩下がりのタイムを叩き出し、性懲りもなく、

「来年こそは…!」
とつぶやくのであった。

スタートは11時半


しかし今回はここで止まらない!

レース後なだれ込んだスパで湯上りにビールを飲みながら決定したのは、スマホに同じランニングアプリを入れデータを共有し、相互監視体制で、“せめて週イチ”の練習をしてゆくということ。

さぁ!誰がイチバン最初に脱落するのか!


最高の1杯

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/17

ピンピンしてるはず

1月に入って、飲み屋さんになだれ込まない夜は外を走っている。
…結果的に週に2回ほどなのだけれども。

今年も1月末に日産スタジアムの駅伝大会に参加するからだ。
(東京マラソンはもちろん落選した)


昨年の同大会以降パッタリと走らなくなり、寒い日などに痛みの実感として“ヒザ周りの筋肉がなくなってきている”というのがあったので心配していたが、思っていたよりもスイスイ苦なく走れて驚いた。


先日などは、

7時半に仕事を片付け真っすぐ帰り
   ↓
8時半から家で缶ビールを開けつつ夕食をいただき
   ↓
10時から10kmちょっと走り
   ↓
11時に帰ってきてわがことおフロに入り
   ↓
深夜までホットラムを飲みながらゲームをする

と、我ながらカンペキな夜を過ごした。(ドヤァ)


なんとなく今日朝から足が異様にダルいのは、その影響と思いたくないところだが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/04

嗚呼平成極道コンビ

星野勘九郎・稲葉雅人の“平成極道コンビ”が解散した。

稲葉のケガをした首の調子が芳しくなく…
なにせ参戦しているのは日本一興行数の多い大日本プロレス、体も心も限界がきてしまったようだ。

極道ロケット!

オジキに見守られ


昨年末に開催されたタッグリーグを見ると、ヤンキー2丁拳銃、SOS、ツインタワーズ、そしてプロレス大賞最優秀タッグの関本岡林など、スマートで強くて完全無欠なタッグチームばかりの中、
アニキとマサは逆に不器用で、愚直で、なかなか結果を出せず…
でもだからこそファンがイチバン思いを乗せられる2人だった。

「マサは若いし、才能があるんだよ。」(星野)
「個人というより、とにかくアニキとベルトが獲りたい。」(稲葉)

パートナーのいないところでそんな風にお互いのことを言い合う姿もあった。


だからこそ、苦しんで、地を這いつくばって…

「いつか極道がタッグベルトを獲る時が来る」
「いつかデスマッチヘビーのタイトルマッチを、アニキとマサで争う時が来る」

そんな光景を夢見ていたのに。


BJW的に打撃なのは、行き場をなくしたファンのカタルシスもそうだが、彼らが前代未聞の“押し売り”スタイルで変え・築き上げた物販も。

買って買って!


思い出すのは某団体に参戦した時。

前半の試合が全く盛り上がらず冷え切った客席を、休憩時間、他団体だというのにアニキとマサだけが大声を出しねり歩きあたためていたこと。

本人は自分達のグッズの売り上げのためだったのかもしれないけれど…その姿がすごくカッコよかったのだ。


コンビは解散してしまったが、2人のレスラー人生はまだまだ続く。

そしてレスラーの生き様は人生と同じで何が起こるかわからない。

無論分かれた道の先も…。

たくさんのファンから愛されたその行方、見守っていきたい。

タマゴ買ってって!

たくさんのファンからも見送られ

泣くなマサ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

正月早々スゴいもん見た!

新年のプロレスはじめは大日本プロレスから。

謹賀新年


おとそ気分の客席(私)とは対照的に、リング上は早くも熱い戦いの連続!

特にメインは年間ベストバウト級の死闘だった。


肉体と精神を削りながらガンガン真正面からぶつかり合う4人…

関本岡林は岡林がムードメーカー

ZERO-ONEは1日から試合

全ての矢面に立った関本

この日の修司はとにかく怖かった…!


2017年まだこれからなのに!
大丈夫なの!?今年最後まで持つの!?

と、心配してしまうほど。
とにかくすごかった!

関本岡林×ツインタワーズはもはや極上のブランドだ。


これだけスゴいものを見せられてしまうと、彼ら以外に誰がこのベルトを獲ることができるのか、誰がこの戦線に入って行けるのか…全くもってわからないというものだ。

終盤、修司のヘッドバッドで流血!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧