カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2019/10/09

メス

お酒の師匠のところで“メスカル”というものをいただいた。

こんなお酒あったんだ、と思ったらコレの狭義で“テキーラ”という名称のものがあるということだ。

Kannge_1910_mes


口当たりはスッキリ、でも余韻はじっくりで、おいしかった。

| | コメント (0)

2019/09/25

ご飯おかわり3杯!!!

今までどれだけファンが、

「いただけないでしょうか…」
「売ってください…お金ならいくらでも出します!」

とお願いしても、


「あげません」
「売りません」

の一点張りであった、“やよい軒”の卓上お漬物。


これがついに、同店のアプリから会員登録すると1つ、もらえるようになったのだ!(クーポン発行で実際のお店で交換してもらえる)

Kannge_1909_yayoi


時代が…ついに時代が動いた!!!

| | コメント (0)

2019/09/16

酔っ払い界のスター吉田類氏も番組で訪れたことがあるという狛江の名店“ミートステーション”。

その歴史、そして安くておいしい料理はもちろん、何といってもここの魅力は店主の人柄だ。

常連にも、そうじゃない人にも平等で気さくで、気持ちのいい対応。
かといって馴れ馴れしかったりしつこいわけでは決してない。
そして常に店内の全てに気を配っている。

この絶妙な距離感。
なので知らない人とカウンターに並んでいてもひとりじゃないような感じでで居心地がよいのだ。


いつもこんでるお店なので、来店客が「席ないか…」と帰ろうとすると、すかさず店主がかけて行って、
「せっかく来たんだから〜、ちょっと待ってて!」
と、言う。

すると申し合わせたようにお客さんがササッと勝手につめて席を空けるのだ。

お店の人もお客も、ここに来るとつくづくいい飲み屋さんの一番の条件ってのは、“人”だと実感する。


さて。
今夜はそんなミートの2階にある鉄板焼き“TOKIO”でパパ友と待ち合わせをした。

ここはミート店主の息子さんが営むお店。

初めて行ったのだが、ここも下と同じく居心地のいいお店だった。
やっぱり血筋だねぇ…!

Kannge_1909_tokio


と、いうわけで、お店のみんなでワイワイとお酒。

よっぽど楽しかったのか友人はものすごい勢いでお酒を飲み、ものすごい勢いで酔っ払っていた。

| | コメント (0)

2019/09/15

秋の鎌倉

毎秋恒例、お酒飲み友達との渋谷金王八幡宮例大祭→鎌倉和田塚“花ごころ”での宴会。

数年前からおよめさんも、さらにちょっと前からはわがこも参加させてもらっている。


うえのこは1年ぶり、したのこにいたっては初めての鎌倉なので、昼下がりに乗り込んでまずはしっかりと鶴岡八幡宮へお参り。

Kannge_1909_kama


そしてパン好きのおよめさんがいるのでKIBIYAベーカリーへ。

Kannge_1909_kama02


由比ヶ浜はちょうど海の家が撤去されているところ。

Kannge_1909_kama03


ひしひしと感じる夏の終わり…その足元でわがこは砂遊びに夢中。
どうやら彼女にとって海は大きな砂場のようなものらしい。


そうこうしていると日も暮れはじめ、お腹も減りノドも乾いたので、いざ夜ご飯!

Kannge_1909_hana


うるさい盛りの3歳児と0歳児が来たというのに、“花ごころ”のマスターとおかみさんはイヤな顔ひとつせず相手をしてくれた。

Kannge_1909_hana02

Kannge_1909_hana03

Kannge_1909_hana04


「おいし〜」
「おいし〜」
言っている我々の横で、

「かわい〜」
「かわい〜」
と子ども相手に何度も言ってくれて、彼女たちもまんざらでもなさそうであった。


帰る際も寂しい寂しいといつまでも名残惜しいと言ってくれて、まるで帰省したような気分であった。

| | コメント (0)

2019/09/14

おじさんだからこれでいい

最近のビアガーデンはどこもオシャレになっている。

グランピングのようなBBQだったりハンモックがあったり、DJがいたり…
もうおじさんが仕事帰りに声かけ合って、汗の匂い漂わせながらカンパイするものとは違うのだ。


と、いうわけで「今夜はビアガーデンに行こう!」ということになったのだが…

「オレたち…おじさん…。」

高校部活の戦友たち男6人で、そんな時流に乗ったオシャレなところに行っても意味があるのか!

しかも時間制限がある!
料金がお高い!
お腹いっぱいになれない!
泥酔できない!


と、いうわけで、結局故郷横浜ビアガーデンの老舗でありスタンダード、“横浜そごう屋上ビアガーデン”に行ったのであった。

Kannge_1909_beer


コチラは時間制限がなく閉店までずっといられるので、のんびり楽しめてとてもお得なのだ。

Kannge_1909_beer02


昔話に花が咲き、お酒もすすむ。

途中けっこうな雨が降ってきたが、それでも座り続けた。

Kannge_1909_beer03  


故郷を満喫した感がある。

| | コメント (0)

2019/07/04

幻のお漬物

定食チェーン大手の“やよい軒”。

ここの名物といえば卓上にある“お漬物”だ。


我が家ではおよめさんがこれの大ファン。

「あ~やよい軒のお漬物食べたい。」
と時々往年の山口美江ばりに唸っている。

もはや彼女が店を訪れる目的は、ご飯でも、サバの塩焼きでも、和風おろしハンバーグでもなく、このお漬物なのだ!


チェーン飲食店の多くは自社の名物を通信販売で取り扱ったりするが、こんな時代になってもこのやよい軒は、このやよい軒のお漬物は、店内でしか食べられない限られた存在なのだ!!


そんな中今日やよい軒の公式Twitterがこんなツイートを…

Kannge_1907_twiyayoi


山が動くか!?

| | コメント (0)

2019/07/03

ここにしかない味

以前四国旅行をした際にここに住む友人に連れて行ってもらいそのスタイルと味に衝撃を受けた骨付鳥の“一鶴”、その関東唯一の支店・横浜西口店へきのう久しぶりに出かけた。

19時、平日にもかかわらず入店待ちの行列ができるほどの大盛況。(予約をしていたのでよかった)
やはりここでしか食べられないというレア感はスゴい。


「ひなは1人1つ。」
「おやはシェアして。」
「おにぎりも1人1セット、鳥の下にタプタプたまる油につけてね。」

と、自分が教えられた通りに自分も今夜一鶴初体験の友人にセリフをコピペ。

Kannge_1907_ikkaku


これがビールやサワーに合いまくる!
くぅーっ!

至福の時間であった。

また丸亀に行きたいなぁ。

| | コメント (0)

2019/05/14

ミスター大日本の里より(滋養強壮)

もう何年になるだろう。
この時期に毎年楽しみにしいるのが、“横浜プロレス酒場YAMARYU”は山川竜司店長故郷北海道直送の“アイヌネギ(行者ニンニク)”!

これが、歯ごたえよく、肉厚で食べごたえもあり、香り高く、とってもおいしいのだ。


新鮮なのでシンプルに焼きで!

Kannge_1905_yamaryu02


これであしたから1週間分のチャージ完了!

Kannge_1905_yamaryu


山川さんのおとうさんおかあさん、毎年ありがとうございます。(ファンです)

Kannge_1905_yamaryu03

| | コメント (0)

2019/04/30

平成最後のごあいさつ

時に夜ふけにひとりでお酒を飲みにフラリと
時に家族で食事をしに
時におよめさんお出かけ時に間が持たなくなり子どもたちと

様々なシチュエーションでお世話になっている狛江の名店、“四季彩 春風”へ。


レベルの高い和食、

Kannge_1904_syunpu02


新鮮なお魚料理、

Kannge_1904_syunpu03


それでいて店内にあるのはキッズルーム、

Kannge_1904_syunpu


と、何でもあって助かるのだ。


平成の最後に家族でごあいさつがてら舌鼓をうっていたら、看板娘(3歳)が遊びに来てくれて、うえのこ(2歳)は大喜び。

Kannge_1904_syunpu05

Kannge_1904_syunpu04


「おいしい!」
  ↓
「楽しい!」
  ↓
「かえりたくない…(泣)」

となり最終的に涙雨で夜はふけゆくのであった。

Kannge_1904_syunpu06


いつもありがとう!

| | コメント (0)

2019/04/28

我が家のギョウザは世界2位

およめさんのつくるギョウザは世界で2番目においしい。
(ちなみに1番は宇都宮の正嗣)


\今夜はそのギョウザよ!/

と、いうことであったが、横から「おてつだいする!」と吉祥寺で買ったアンパンマンエプロンを着用し張り切る我が子の気持ちを尊重。

Kannge_1904_gyouza

Kannge_1904_gyouza02


そういえば自分が子どもの頃も日曜日の夕方なんかにこうして家族総出で頭つき合わせながら夕食分のギョウザを包んでいたっけ。


2歳児のつくるそれは案の定ふぞろいで、タネは吹き出るしで、味は落ちる結果となってしまったが…
GW2日目だし、これが我が家の恒例行事のスタートとなるかもしれないし、今が底辺で今後よくなっていくものだろうし、仕方がないものとした。

Kannge_1904_gyouza03

| | コメント (0)

より以前の記事一覧