カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2019/03/14

ホワイトデーに豆大福

何となく自分の中で“いただくもの”と定義づけしていた、原宿の老舗“瑞穂”の豆大福。

「東京三大豆大福」のひとつに数えられるというコレを、今日初めて買いに行ってみた。


午前10時にお店に着くと、店内に5〜6人の行列が。

重厚な引き戸を開け、自分もその最後尾につく。

すると次から次へとお客さんが到着し、すぐに行列は店外にも続いた。


衰えぬ人気に加え、接客がおかあさんのワンオペであるからこの行列も致し方ない。
ひとりで注文を聞き、大福を包み、お会計をし、電話をとっているんだもの…!

中には差し入れなどの目的か1人で50個注文したりする人もいるのだから…!

それでも午前中で売り切れてしまうのだから、これでいいのだ。

絶え間なく


自慢の豆大福は相変わらずのスベスベおもちとスベスベあんこ、その中でしっかり主張する豆の存在と、ステキなバランスであった。


小豆の高騰で4月から10円値上がり230円(税別)となるそう。

これも致し方なしか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

泥にまみれて何学ぶ

実家に妹家族と合同で集まった。

4歳
2歳
0歳
0歳

の子どもたちはみんな女の子。

よって今日は“ひなまつり”というわけだ。

妹の雛人形があるがめんどくさいからもう出さないそうだ


しかしいいお天気に誘われて彼女たちはフラフラと庭へ出てゆく…

父の家庭菜園内で一番上の子により泥だんご講習会が始まってしまい、結果“どろまつり”と化すのであった。

水加減が大事


ここではもちろん父が育てたご自慢のダイコンや水菜の収穫も。

野菜嫌いのうえのこも、自分で収穫した野菜だということでなんとかモグモグしてくれて、これはいい効果があった。

よくフーフーしてね

ダイコンおいしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

兄弟なのか他人なのか

本八幡には「鳥正」と屋号のつく焼き鳥屋さんが3店舗ある。

その3店が系列店なのか全くの他人なのかは、地元でもなく、調査の時間もなかった自分にはわからないのだけれども、今夜高校部活の新年会で総武線駅チカの“鳥正”にお世話になった。

駅のホームから見えるココです


ここに移り住んだ友人がいるためその奥さまとお子さまも合流。
お店の方が個室に通してくれたり、「コッチに座った方が危なくないよ」とか言ってくれたり、おもちゃを出してくれたり、とても親切丁寧であった。

子連れだともうこの接客と人柄だけで満足のお店と思ってしまうけれども、肝心の焼き鳥もレベルが高かった。

これがたたき


どれも大きい!
はじめはお値段もそこそこかと思ったが、どれもそれに余りあるボリュームだった。

しかもタレがおいしくて、大満足。
「たたき」と名乗るつくねが一番人気だそう。


鳥だけじゃなくこのピーマン肉詰めとか、鶏肉とタケノコの入った“せいろ飯”もおいしかった。

焼きピーマンが私は大好きです

ホクホク


かの有名な藪知らずの本八幡で、焼き鳥の名店知らずでは恥ずかしいなと思った。
勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/26

フォッ フォッ フォ

牛丼チェーン店“すき家”のお子さま向けセット「すきすきセット」のおもちゃが、『みいつけた!』で、父は先日まで子どものために足しげく同店に通っていたのだ。

と、いうわけで、いよいよ集めたおもちゃ数点を、わがこのお気に入り“ホネーキンさん”を求め家族でワクワクしながら開封。

「!!やった!ホネーキンさんがいきなり出たよ!」

「!!また出たよホネーキンさん!ホネーキンさんづいてるねぇ〜。」

「!!まただ…まただよホネーキンさん…。」

出過ぎてコワイ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/16

越冬中

およめさんの実家からミカンをもらって帰ってきた。

ミカン大好きなうえのこと、

「ヤッターミカンだミカンだ!ヤッター!」

と、小躍りしながら、早速食べようということになった。


いただいた袋の中には緑色をたたえたものがあって、

「ホラ!葉っぱつきのミカンがあるよ!」

と言いながらわがこに渡したら…


「アレ?葉っぱ…?パパこれなあに…?」

「…!!」

それは葉っぱではなくカメムシであった。

絶句した


親子共にビックリし過ぎて死ぬかと思った…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

小さな牧場の小さなウシ

京王高尾線山田駅改札を出て、都道506号を南に3分くらい歩いていると、突然、ポッカリと芝生の空間があらわれる。

「何だここは…」

アスファルトと芝


「何だアレは…牛!?」

ウシ…


八王子の住宅街にある小さな牧場、“礒沼牧場”だ。

ナイスジョーク

あれはつくりものです


しかし小さいというのは牧場としては小さいという意味。

十分に広い敷地内でウシやヒツジ、ヤギやブタなどたくさんの動物たちが放牧されている。

メー!


工房もあって、しぼりたての牛乳やアイス、ヨーグルトをその場で食べられたりお土産にできたりするのだ。

迷うぜ…


と、いうわけで、およめさんとふたりめがお世話になった病院から近いそこに、うえのことふたりで訪問。

夏に念願叶って船橋のアンデルセン公園へ行った時は嬉しそうにヤギに手を伸ばしていたわがこであったというのに、今日は(まぁウシさんは大きいからしょうがないけれども)人なつこいヤギが飛んできたら「ギャー!」と泣いて逃げ回る始末…。

ヤギさんカワイイのに…


怖さを知った、という大人になったことの証明ですかね…。


牛乳を飲むときはそれが一転、ニコニコで、父に一口しかゆずらない子どもっぷりを見せつけていた。

とってもおいしかったそうです


牛舎に行くと昨日生まれたばかりの赤ちゃんウシがいて、何か赤子が家族内にできたばかりの父娘は他人事じゃないみたいに興味津々で、「赤ちゃん寝てるから静かにしよう…」なんて言い合いながら、彼女のことをしばらく眺めていたのであった。

とても澄んだキレイな目をしていた。

女の子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/29

熊王中毒

ずっと行きたい行きたいと思っていた隣町国領の老舗ラーメン店、

“熊王”

に、昨晩夜中、飲み会の帰りがけでついに入店できた。(深夜まで開いていて嬉しい)

暗闇のオアシス


昔ながらだけれども今でも十分通用する、イヤハイレベルな、ダシ香る繊細な醤油ラーメン。

具材が水菜でおもしろい。


これにさらに、

「ニンニク入れますか?」
「入れます!」

で、緑色に輝く刻んだニンニクとネギが加えられる。

これが急激に味をパンチのあるものに変える!

美しい


次の日起きて、鼻腔に残っているニンニクネギとだしと醤油の香りに、

「あぁ熊王ラーメンに今日も会いたい…今日も食べたい…。」

とクセになる、とてもおいしい、老舗の納得の実力を目の当たりにしたのであった。


あぁ…今日も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/08

風物詩

弘明寺“プロレス道場”へ。

ターザン色が強い!


おかみさんの出身・北海道から、今年も“レッドムーン”が届いたと聞きつけ足を運んだのだ。


毎年ここで、これをいただいて、冬の訪れを感じる…


レッドつながり


今年のレッドシューズ(メニュー名)も、ホクホクでおいしかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

共通項

今夜はSNSとプロレスがきっかけではじまり今やすっかり家族ぐるみのお付き合いまでなった友人とお酒を飲むために遠征。

まずは船橋のおもちゃ箱・“ゴールデンバーガー”。

まるでおもちゃ箱


レベルが高くてカワイイバーガーが今夜の食事。

これが「エメラルドフロウジョン」!


そしてお次は津田沼のミュージックバー“2213”。

おや?真ん中にステッカーが…!


お酒を楽しむ人、音楽を楽しむ人、お客さんそれぞれが明確な目的を持って訪れる硬派なバー。

食後のダークラム


どちらも友人のなじみ。

そしてどちらにも共通するのが、「店主がプロレス好き」ということ。

と、いうわけで今夜はずっとみんなで趣味の話で持ち切りであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/03

10月3日。

今夜は仕事を片付けたら、真っすぐ光の速さで家に帰った。

数年前まで10月3日は、なじみの飲み屋さんに転がり込んで、
「今日自分、誕生日だから!」
なんて叫んで、お店の方に強制的にお祝いしてもらったりしていたのだが、

最近は、そんなことせずともお祝いをしてくれる家族という存在があるというのは、ステキなことだ。
(もちろん前者も十二分にステキなことなのだが)

わがこのほうが喜んでいた


今日はわがままが許される唯一の日ということで、普段(蒸留酒中心で)家では飲まないビールを飲んだり、

今日は特別なので


「晩ご飯、好きなものつくるよ!」
と、およめさんが言ってくれたので、

「飽きるくらい豚のしょうが焼きを食べたい!」
とリクエストした。

飽きなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧