カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2019/11/30

ゲゲゲ

水木しげる先生をしのび毎年調布市で大々的に開催される“ゲゲゲ忌”。

ちょうど1週間前調布駅前でのキャラクターグリーティングが開催予定で、家族で、
「ねずみ男と写真を撮ってもらって、それを来年の年賀状にしよう!」

と、張り切っていたのだが、荒天で中止になってしまったのだ…。


と、いうわけで、ちょうど水木サンの命日と重なった1週間遅れでの参加となった。

スタンプラリーの台紙を胸に抱きながら深大寺へ。
紅葉に、“そばまつり”も開催されていて大にぎわいであった。

Kannge1911_gegege


鬼太郎茶屋の“じゃころっけ”がすごくおいしくてビックリした。
なんで今まで気づかなかったんだー。

Kannge1911_gegege06


昼下がりには調布駅周辺まで戻ってきてグルグル…
いたるところに貼ってあるポスター、街中そこかしこにいるコスプレした子たち、と、年々イベントの根づきが強くなっていることを実感した。

Kannge1911_gegege03

Kannge1911_gegege04

Kannge1911_gegege05


3歳児と0歳児とのスタンプラリーなので、スタンプ半分が限界。
それでもなんとかポストカードをもらって、満足の帰路となった。


それにしても年賀状どうしよう…。

Kannge1911_gegege07

| | コメント (0)

2019/11/29

うきょーっ

マンガ『モンモンモン』は自分の青春の一部だ。

学生時代によくあそこがおもしろかったここがおもしろかったと話題にしたものだ。


モンチャック
まめ

さる刑(おさる刑務所)
そうじ大臣

ポチョムキン人形
タクシーのおっちゃん

はんぺら
糞政宗

「メガネバリアー!」
「俺はお前の…兄貴だからだ!」


下品で、勢いがあって、魅力的なキャラクターばかりで、時に人生の核心を突いたりシリアスになったりする、そんな名作だ。


そんなモンモンの世界が、中野ブロードウェイ“墓場の画廊”に展開された。
(『墓場のモンモンモン展』)

Kannge1911_monmon


原画に、

Kannge1911_monmon04


サルコップ変身セットに、

Kannge1911_monmon03


コミックスの表紙になった立体作品に、

Kannge1911_monmon02


カワイイグッズまで…

Kannge1911_monmon06


「名カメラマンの腕がなるわ!よっしゃはんぺら!三脚持ってこいつ!!」
とかしゃんかしゃんとシャッターをおろしていると…


「作者のつの丸先生、緊急来店で〜す」
の声!

かしゃん!
かしゃん!

ツーショットにワンショットにたくさん写真を撮らせてもらって光栄の極み、先生は気さくで大きくてオシャレで、ステキなアニキみたいな方であった。


ちなみに開展3日目の本日の時点で品切れのグッズも出ていて(順次補充とのこと)、来るサイン会の整理券も札止め間近。

ゆっくりしてられんぞ!はんぺら!(かしゃん)

Kannge1911_monmon05

| | コメント (0)

2019/10/27

ホラホラ~

娘の親友一家と、それいけ!アンパンマンミュージカル、
『おかしの国のおかしなパーティ』
府中公演へ。


会場に着くなり子どもたちのテンションが振り切れる!
場内のお客さんみんな、アンパンマンたちの登場に・一挙手一投足に、大歓声!

我が家的には大好きなホラーマンが活躍してくれて楽しかった。


その日の最終公演では劇後にキャラクターたちが出てきてくれ舞台上でハイタッチをして帰れて、特別感があった。

| | コメント (0)

2019/10/03

いつも大変お世話になっております

10月3日は、テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』放送開始日ということで”アンパンマンの日”と登録されている。

3歳のうえのこはまだまだアンパンマンがイチバン大好き。

夕食を食べ終えると決まって、
「アンパンマンみよう〜」
と言う。

(他の絵柄のものもあるのに)出してくるパズルは絶対アンパンマンのだし、
つみきを積めばパン工場かきのこブラザーズのおウチをつくるし(そこにバイキンマンとドキンちゃんを襲撃させる)、
目があって口があってホッペがあって…人の顔を描けるようになったのはアンパンマンのおかげだし、

もはや人生のバイブルだ。


親は親で、家のことをやりたかったりしたのこの世話に行ったり手が離せない時、ついつい、
「アンパンマンみてて〜」
とやってしまう。

完全に頼りっぱなしだ。

彼らには家族揃って大変大変、お世話になっているのだ。

Kannge_1910_nurie

| | コメント (0)

2019/09/02

【いる】ちゃわんむしまろさん【いない】えのきだけよ

“横浜アンパンマンこどもミュージアム”へ行った。
先日移転リニューアルされたのだ。

アンパンマンブーム真っ只中のうえのこは数日前から興奮し、好きなホラーマンやどんぶりまんトリオ(てんどんまん・カツドンマン・かまめしどん)、きのこブラザーズ(しめじまん・まつたけまん・えのきだけよ・まいたけちゃん・マッシュルームくん)に会えるかなと楽しみにしていた。


と、いうわけで、その感想を箇条書きで。

【(リニューアル後の)よかったところ】
全て屋内になって雨でも楽しめる
もちろん完成したばかりでキレイ

エントランスの大きなアンパンマンがカワイイ

Kannge_1909_anpanmanm



ベビーカー置き場とコインロッカーが広くて安心
トイレや授乳室も快適

Kannge_1909_anpanmanm03



ミュージアムのメインショーが見やすい、楽しい
ワークショップやミニステージがたくさんあって飽きない

Kannge_1909_anpanmanm04


(早い時間に行くと)たくさんのキャラクターが不定期にグリーティングで出てきてくれる

Kannge_1909_anpanmanm02

Kannge_1909_anpanmanm05


ミュージアムのグッズがスタイリッシュでステキ


ミュージアムのメインのショーは広い人工芝のスペースで行われ、ちょっとだけ高い丘のようなステージで行われるため見やすかった。
そして楽しい!
くらやみまんの登場に本気で怖がる子どもたち、そしてそこから生まれるアンパンマンへの全力の応援!

「それっ!」クライマックスのギミックには大人も感動する。

Kannge_1909_anpanmanm07


【(リニューアル後の)残念だったところ】
ミュージアム入館料の値上げ
ミュージアム入館時に子どもがもらえるおもちゃが廃止された

ミュージアムのボリュームはさほど変わらない
しめじまんがいなかった…(見られるキャラクターの減少)

Kannge_1909_anpanmanm06


1F中央ひろば(無料スペース)でのショーにキャラクター(着ぐるみ)が出てきてくれなくなった


以前は無作為のようにたくさんのキャラクターが並ぶ人形や壁画があったが、リニューアルでスッキリ・スタイシッリュになった分、出会えるキャラクターが少なくなってしまったように思う。
リニューアル前無知な時に見て、「ホラーマンに身内がいたのか!」と衝撃を受けたホラ・ホラコは確実にいなかった…。
娘の楽しみにしていたじめじめまん(しめじまん)もいなかった…。

Kannge_1909_anpanmanm08


『アンパンマン大図鑑』が出版されていて同館の売店にも並んでいるくらいなのだから、ここもムリヤリ窓際扱いのキャラクターがいてもいいから全てを網羅し、よくよく探せば超マイナーキャラも絶対に館内のどこかにいる、みたいになればおもしろいのにな、と思ったのであった。
「まつたけまんは1Fトイレの入り口の端の端の下、ここだけにいる!」みたいに。

そして実はその全てを把握している“キャラクターコンシェルジュ”がいたりしたらおもしろい。

Kannge_1909_anpanmanm09

| | コメント (0)

2019/05/25

「しつれいこかせていただきます」

『おしりたんてい』というアニメ。

風のウワサで知った時、

「なんでこんな下品なアニメが世に出てきてしまったのだろうか」

思ったものだ。


しかしながらよくよく鑑賞してみると、

直接的な単語は「おしり」以外絶対出てこない

主役のおしりたんていがとても紳士
周囲のキャラも魅力的

子どもにちょうどいい謎解き要素
その上シニカルな笑いもある

と、とてもレベルの高いアニメで…

もちろん初見の「おしり〜」というインパクトも相まって、

「そりゃあ子どもたちもハマるか」

と納得させられたのであった。

| | コメント (0)

2019/03/21

魅惑の白い子

クリスマスに買っていたのだけれどもうえのこのおもちゃおかたずけできない問題でずっとしまったままにしていた、

“ブルーナボンボン”

をついに開封した。


カワイイ!

耐久体重は90kgとつくりもしっかり。


早速わがこは乗り回すのか跳ねまくるのか、と思ったら…

どうやら彼女はいっしょにおめかししたりおままごとしたりお昼寝したりという、おともだちとして付き合うようだ。

Kannge_1903_bonbon

Kannge_1903_bonbon02

| | コメント (0)

2019/03/15

思い出のぬりかべ

昔デパートが、子ども相手にわなげやくじやボール投げなんかのゲームをチケット制でやらせて成績に準じたおもちゃが当たる、というイベントを夏休みや春休みの期間によく開催していたものだ。

ハレの日に母と祖母とよくデパートに遊びに行っていた幼年期の自分は、もちろんこれを毎回楽しみにし、毎度熱狂していた。


これは、確か東急東横店のイベントのわなげで当てたぬりかべ。

出来がいい


とても嬉しくて嬉しくて、以来ずっと大切にしていたこれを、最近実家から持ってきた。

妖怪に目覚めた2歳のわがこに譲渡しようと思ったのだ。


きっとこのままずっと大切に遊んでいたら…そうアニメの『鬼太郎』が15期くらいにまでなった時、これもからかさ小僧のように魂が宿り妖怪になってくれると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/26

フォッ フォッ フォ

牛丼チェーン店“すき家”のお子さま向けセット「すきすきセット」のおもちゃが、『みいつけた!』で、父は先日まで子どものために足しげく同店に通っていたのだ。

と、いうわけで、いよいよ集めたおもちゃ数点を、わがこのお気に入り“ホネーキンさん”を求め家族でワクワクしながら開封。

「!!やった!ホネーキンさんがいきなり出たよ!」

「!!また出たよホネーキンさん!ホネーキンさんづいてるねぇ〜。」

「!!まただ…まただよホネーキンさん…。」

出過ぎてコワイ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/20

ダークヒーロー

今までワンワンにコッシーにうたのおにいさんおねえさんにニャッキにと、Eテレ中心のレクレーションだったわがこが、2歳4ヶ月で急に“アンパンマン”に目覚めた。

もちろん彼らは避けれは通れない道だということはわかっていたのだけれども、それがあまりにも熱病のように急激で…テレビの前でアンパンマンたいそうを踊り狂う彼女を見て驚いている。


これ以降、朝以外のEテレのアニメや民放のアニメなども見るようになり、何となく彼女の中での各番組での好きなキャラクターがあらわれてきた。

『いないいないばあっ!』…パクパクさんとパク子さん
『おかあさんといっしょ』…よしおにいさんとワルビット
『みいつけた!』…ホネーキンさん
『それいけ!アンパンマン』…ホラーマン
『おじゃる丸』…川上さん
『ニャッキ!』…ニャッキ
『ドラえもん』…ジャイアン

何というか、この、主役じゃない人たちばかりのラインナップ…。
特にホネーキンさん→ホラーマン→川上さんの流れったらね…。


それなのに、テレビにジャイアンが映ると「キャー!」と叫んで喜ぶクセに口では「いっちゃんドラちゃんが一番好きなの〜。」と言ったり、
ホラーマンの一挙手一投足にくびったけのクセに家にあるホラーマンの人形だけを蹴飛ばしたりして、

2歳児にして“好きな子をいじめる”、小学生男児みたいなこじらせを発揮しているようだ…親ゆずりか。

こちら側が彼女の中の主役

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧