« 燃えよ斬鉄剣 | トップページ | 再会 »

2019/12/04

裁判とは

 新潟市の小2女児殺害事件の裁判員裁判で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われ、死刑を求刑されていた小林遼被告(25)に新潟地裁は4日、無期懲役の判決を言い渡した。
 (19'12.4『共同通信』


つくづく世の中ってのは不条理で不公平だと絶望する。

「2人以上殺さないと死刑にならない」
「計画性のない犯行であれば最高でも無期懲役刑」

裁判でよく耳にする言葉だ。


だがしかし、ここまで過去の判例に則るのならば、裁判員裁判なんて、いや全ての裁判官という存在がもはやいらないのではないか。
データさえあればいいんだもの。


改めて裁判というものが何のためにあるのか、そして裁判とは1つの事例にしっかりと寄り添ってなされるべきではないのか、我々は考える必要があるだろう。

|

« 燃えよ斬鉄剣 | トップページ | 再会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 燃えよ斬鉄剣 | トップページ | 再会 »