« 優雅な時間 | トップページ | 現場主義の勝利 »

2019/03/05

個人の問題だと思いたい

児童虐待のニュースを耳にする。

小さな子どもにとっては親の存在が全て。
虐待をされていたこの子は、その時も、そうして命を落とす瞬間も、それでも親のことを慕っていたのかと思うと、気が狂いそうになる。

そしてこういう無償の愛を裏切る行為というのは何と卑劣なのだろうと怒りを覚える。


最近殊にこのようなニュースが多いのは、相談所のような公的期間の発達によって可視化されただけで、その件数自体が増えているわけではないと思いたい。

もしそうじゃなかったら、社会自体に歪みが生じてしまっているということで、なかなかひっくり返せることではなくなってしまうからだ。

|

« 優雅な時間 | トップページ | 現場主義の勝利 »

「ニュース」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人の問題だと思いたい:

« 優雅な時間 | トップページ | 現場主義の勝利 »