« 声の大きさで決めるな | トップページ | もう今後はずっとIKKOさんやってろって言われちゃうわよ! »

2018/09/22

落日を背に解かれる戦場

家族で商店街プロレス2018シリーズ、戸部大通り商店会大会へ。

プロレス同志で家族ぐるみで仲よくさせてもらっているうまや一家と、会場の掃部山公園で待ち合わせ。
ここは会場が公園なので、子ども連れや大人数でもゆったりプロレスを楽しめるのだ。

ランドマークタワーに見下ろされ


例の如くフランク篤とアブドーラ・小林(じゃなかったスタン・小林)が活躍し興行も無事終わり、その後はそのまま公園の遊具で日暮れまであそぶ。

刻々と陽は傾き、目の前では淡々とリングが解体され片付けられてゆく…。

選手も近い距離。
“黒天使”沼澤邪鬼の降臨に、わがこはまたしても号泣…。
(いつになったら母のお腹の中にいた頃生後4ヶ月のあの頃を思い出し泣かずになってくれるのだろう)

運転は星野のアニキ


最終的にはうまや家のお姉さんに鉄棒を教わってご満悦となった。
これでさ来週のうんどうかいも大丈夫だ!

ありがとう!


ここでしか見られない&体験できない光景である。

|

« 声の大きさで決めるな | トップページ | もう今後はずっとIKKOさんやってろって言われちゃうわよ! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落日を背に解かれる戦場:

« 声の大きさで決めるな | トップページ | もう今後はずっとIKKOさんやってろって言われちゃうわよ! »