« 狛江に悲しみの涙が降る | トップページ | アフター »

2018/08/09

狛江出身の練習生がいまして…

最近すっかり団体経営者としての活躍著しい“殿”、ことプロレスリングFREEDOMS・佐々木貴が今度はラジオのレギュラー番組を持った、しかも今夜は渋谷で公開収録、しかもしかもゲストはデスマッチのカリスマ葛西純と引退興行を控える希月あおいだ!

と、いうわけで、渋谷のはずれのスタジオに行ってきた。

収録後のフリータイムもあり


Twitterを中心に今にわかに話題になっているプロレスファンのマナー問題。
新日本プロレスの隆盛は他団体にも波及し、プロレス界全体の裾野が広がった分だけファンの質も問われる状況となっている。

今日詳細を本人から聞いたのだが、地方大会で血まみれで退場する葛西氏の背中をバチコーン!と叩いて「お客様に手は出せないだろ?」と挑発的にニヤつくオッサン…!
自分の持論で言えば、プロレスファンなんて昔っから変な奴(もちろん自分も含め)ばかりなんだから、そんな中でも特にレスラーに突っかかるような輩は昔同様若手が押さえ込んでつまみ出すとかガイジンレスラーにぶっとばされるとか、それ相応の報いをうけるべきだ。
自分としてショックだったのはあの葛西純ともあろうレスラーがこの程度のファン対応に関してツイートをしなくてはいけない状況であった。
とにかくレスラーにはどっしり構えていてもらいたいし、そのために団体側には毅然とした態度をとってもらいたいということだ。


初めて彼女を見た時、その今まで女子プロレスにはなかった底抜けに明るい姿に衝撃を受けたあおいちゃん。

しかしあれから彼女もずいぶんとキャリアを積んで、ケガもして、真剣に悩み、プロレスを離れる決断をしたそうだ。
今夜はそこに至る重い言葉を聞けた。


他にも葛西純20周年興行のカードフライング発表に練習生逃亡を憂う佐々木貴など、普段目の当たりにはできないプロレスラーの生の声を聞けるいいイベントだった。
渋谷の地で恒例化するようなので楽しみだ。

|

« 狛江に悲しみの涙が降る | トップページ | アフター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狛江出身の練習生がいまして…:

« 狛江に悲しみの涙が降る | トップページ | アフター »