« 私はもう脇役 | トップページ | 今です »

2018/05/05

大日本安定期

先のFREEDOMS後楽園ホール大会にてデスマッチ二冠王者となった竹田誠志が、その2本のベルトを掲げ大日本プロレス横浜文化体育館大会へ凱旋!

なんと神々しい…


今日まで下の世代との防衛戦が多かったデスマッチヘビーだが、今宵の相手はアブドーラ・小林。
いよいよ上が、出てきた!


飛び道具的感のある対戦相手で一抹の不安があったが…イヤイヤそこはチャンピオン。
圧倒的な防衛劇であった。

竹田無双


そこで印象付けられたのはやはり二冠王者の充実さ盤石さ。
肉体的にも精神的にも、そして経験的にも、今がイチバンいい時期なのかもしれない。

この無双感…しばらくは竹田時代が続きそうだ。


BJWの両輪のもう1つ、ストロングヘビーは鈴木秀輝が関本大介の挑戦をドローで退けた。

試合後健闘を称え合い、共に退場していく…共闘、そして世代闘争等に突入するのか!?

秀樹の世界


正直岡林不在の今、関本以下に今日のこの試合を超えこのベルトを奪えるレスラーがいるかというと疑問で…こちらもしばらくは秀樹時代が続きそうな予感がある。

|

« 私はもう脇役 | トップページ | 今です »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大日本安定期:

« 私はもう脇役 | トップページ | 今です »