« ウワサのルマンドアイス、上陸 | トップページ | 川上さん »

2018/03/07

これが佐野直だ

佐野直デビュー20周年記念興行へ。

かの後楽園ホールでの開催で、座席は最前列以外は全て同一料金自由席。
本人は「管理が面倒だったから」とのことだったが…斬新で、お客さんそれぞれの観戦スタイルが如実にあらわれおもしろかった。

前でも後ろでも


インディーで生き抜いてきて20年の氏らしく、今夜彼の名の下に集結したレスラーたちは全く知らない人から何となく知ってる人までインディーレスラーオールスターの総勢58名…いや失礼、その中には田中将斗や葛西純というような今やその枠を飛び出したカリスマや、KENSOのようなメジャー出身レスラーまでいて、改めて佐野直の幅広い交友・レスラー人生を実感させられた。


そしてメイン。

自身が主催の興行だというのに、会場には対戦相手であるカーベル伊藤のファンでいっぱい。
応援パネル、黄色い声援、おそろいの応援ユニフォーム、大量の紙テープ、さらには株式会社カーベルによる試合前のプレゼントタイムなど、主催者間違ってたっけと思うほどであった。

さらにはゴングが鳴ると佐野のくり出す、わかりやす過ぎるヒールムーブにカーベルに疲労の色が見え出すと途端にやさしくなるプロレス。
そしてセコンドに着いた翔太・阿部によるオーバーアクションの完璧なセコンドワーク。

どヒール

中心


最後はズバリとカーベルの必殺技が決まり、カウント3!

これぞ佐野直


まさに接待プロレス極まれ…

イヤ、その時、
「これが興行というものだ!」
「これがオレの生き方だ!」

という魂の叫びが、リング上大の字になる彼から聴こえたような気がした。

|

« ウワサのルマンドアイス、上陸 | トップページ | 川上さん »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/66642966

この記事へのトラックバック一覧です: これが佐野直だ:

« ウワサのルマンドアイス、上陸 | トップページ | 川上さん »