« 始動 | トップページ | 政治利用そのもの »

2018/01/18

ネットの世界よ、成熟せよ。

歴史的に、マスコミが力を持ち、時に芸能人や政治家を裁くという現象は昔からあった。

『週刊文春』は自らがゲスなメディアだということを忘れ、正義を気取りはじめた。」
ネットで流れてきた誰かの言葉。

確かにそうだ。
でも我々だってどうだ?

文春の記事に乗っかり騒ぎ立てることだって立派なゲス加担、同じ穴のムジナだと思うのだ。


さらにはSNSなんかで同じように誰かをはやし立てたり、悪意を持って特定の人を陥れるようにネット上の民意を誘導しようとしたり、目にした記事を疑うことなく拡散させたりしてないだろうか。


ここ最近はネットの発信力も強くなり、旧態依然からのマスコミ一強ではなくなった。

今は個人もこれらのツールを使い、誰かを断罪することができるようになったのだ。


まだまだインターネット社会は草創期だと思う。

駅のホームに明らかにヤバい奴がいたらその場を離れたりムシしたり見て見ぬフリをするというのに、ネットの世界じゃわざそれにわざ絡みに行ったりおもしろがってはやし立てたり周囲に吹聴したりする。

世の中そんなのばかりだから、いいことも悪いことも盛り上がったもの勝ちのようになってしまう。


たくさんの声が挙がれば賛否両論が渦巻き、その中で自浄作用から炎上作用までが発生し、その話題は放っておいてもドンドン一人歩きしてゆき、発信元からそこにかかわったたくさんの人の責任は薄れてゆく。
だから炎上プロモーションは無くならないし、悪意は増長するし、勘違いしている人やつまらない人が身の丈に気づかずつけ上がったままになる。


以前にも書いたが、ネットの世界はもう少し現実の人間関係に近づき、“スルースキル”を持ってもらいたいものだ。

|

« 始動 | トップページ | 政治利用そのもの »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/66367819

この記事へのトラックバック一覧です: ネットの世界よ、成熟せよ。:

« 始動 | トップページ | 政治利用そのもの »