« 俺より強い奴に会いに行く | トップページ | ひとりだけれどひとりじゃない »

2018/01/25

BJデスマッチ大復興の兆し

今夜の大日本プロレス後楽園ホール大会のメインイベントは、新春2日に壮絶なデスマッチをくり広げ改めて始動した“CrazyLovers”が、アブドーラ・小林伊東竜二組に挑んだタッグタイトルマッチだった。

とにかく小林×竹田というのは、

「コイツにならもう何やったっていいや!」

って雰囲気で必ずスイングする。


この試合でも、お互いの頭にフォークを刺し合い、
小林は竹田を背中からフォークの山に落とし(全部背中に刺さった)、さらには大量の蛍光灯を無造作に投げつける。

フォークボード!

蛍光灯やりたい放題


竹田は竹田で小林を五寸釘ボードの上にジャーマンでブン投げ、さらにはその上で腕ひしぎ十字固めを極めながらノコギリでギィコギィコと腕を引き裂くというとんでもない荒技でレフリーストップ勝ちをおさめ戴冠、2冠王者となった。

レスリングのベースが竹田の強み

腕、落ちちゃう!


パートナーの伊東・塚本の存在感が皆無だったのは残念だったが…
とにかくこの2人のインパクトがスゴくて、特に竹田の狂気と充実っぷりはまさに“竹田無双”、長期政権を強く予感させるものであった。


今まで下の世代とのタイトルマッチが多かったデスマッチヘビーのチャンプであったが、やはり今回のような上の世代との対戦は刺激的。

これで今、他団体のベルトコレクションに夢中だったり自分の城のことでいっぱいいっぱいだったりと違う方向を向いている同世代までもがベルト戦線に絡んできたら…
BJWのデスマッチ、またスゴいことになるぞ!

|

« 俺より強い奴に会いに行く | トップページ | ひとりだけれどひとりじゃない »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/66371462

この記事へのトラックバック一覧です: BJデスマッチ大復興の兆し:

« 俺より強い奴に会いに行く | トップページ | ひとりだけれどひとりじゃない »