« 期待が足かせに | トップページ | FREEDOMSの可能性 »

2017/12/04

耐える人

と、いうわけで保育園の規律に年齢が抵触しなくなり、18時以降の延長保育をしてもらえることになったわがこ。

職場が18時定時の両親としては助かる話なのだが、子ども本人からしてみたら延長保育になると他のクラスメートはみんな帰ってしまい、上の学年その上の学年そのまた上の学年まで全員同室となり、大勢の先輩たちに囲まれ過ごすことが、わずが30分強の時間ながら心配なのであった。

現に園長先生からは、「気持ちや体の負担をよくよく注意しながら」という言葉をいただいていた。


そしてむかえた12月1日の延長保育初日。

18時半頃、母がおむかえに行くと…
それまでいつも通りおやつを食べ、先生と遊び、お兄ちゃんお姉ちゃんたちにいじられ、普通の顔をして過ごしていたというのに、母の顔を見た途端ポロポロと涙を流したという。

きっと彼女なりに環境変化に耐え、周囲に訴えることを遠慮し、じっと親の帰りを待っていたのだと思うと、小さいながら頭の下がる思いであった。


これから毎日、なるべく早く、大急ぎでおむかえ行きます!

大人の階段

|

« 期待が足かせに | トップページ | FREEDOMSの可能性 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/66124471

この記事へのトラックバック一覧です: 耐える人:

« 期待が足かせに | トップページ | FREEDOMSの可能性 »