« ひしひしと伝わる子どもの負の感情 | トップページ | ダメ亭主にはついてけない »

2017/11/15

マスコミは愉快犯か

 《私は親として、娘を守ってやる事が出来ませんでした。最後の親のつとめとして、娘をこれ以上、世間のさらし者にしたくはありません。ただ、ただ、出来るだけ静かに見送ってやりたいのです》
 福島県の17歳高校3年生の母親が、この文章を書いたのは11月9日、神奈川県座間市「9人惨殺」事件の白石隆宏容疑者(27)が逮捕された9日後。殺された娘の顔写真や実名を報じることをやめてほしいと、訴えるための書面だった。しかしほとんどの報道機関が、この嘆願を黙殺したのだった。

 11月10日未明、座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかった事件で、警視庁は新たに8人の身元を確認したと発表した。これを機に、大手テレビ局、新聞社はこぞって被害者たちの実名報道に踏み切った。だが、全国紙の社会部記者は次のように語った。
 「いちはやく身元が特定された東京都の23歳女性については、11月6日の時点で、遺族が警視庁を通じて、各報道機関に文面を送っています。それは《亡くなった娘の氏名報道はお断りするとともに……》という一文で始まるものでした」
 そんな要請があったにも関わらず、23歳女性の実名は報じられ続けたのだ。
 「10日未明に、残り8人の身元が判明したことを警視庁は会見で発表しました。そして遺族たちからの文面を報道各社に配布したのです」
 それは8人の被害者たちの遺族や、遺族が依頼した弁護士たちによる9枚の“要請書”だった。冒頭で紹介した福島県の17歳高校3年生の母親による直筆書面も、そのうちの1枚だ。遺族たちが求めていたのは取材の自粛と、顔写真や実名報道をやめることだった。
 《どうか、私達の気持ちを考えていただき、娘の実名・写真掲載による報道は一切ご遠慮ください》(神奈川県の21歳女性の母親)
 《今後とも本人及び家族の実名の報道、顔写真の公開、学校や友人、親族の職場等への取材も一切お断り致します》(群馬県の15歳高校1年生の遺族たち)
 このように被害者遺族たちが団結して強く要請したにも関わらず、実名・顔写真報道は続けられたのだ。
 「遺族に配慮して匿名報道を続けたのは一部のスポーツ紙ぐらいでした。遺族たちがここまで強く要請した背景には、座間事件が抱える2つの特別な事情があります。1つは、“死にたい”などと語っていた被害者たちがいたこと。もう1つは、白石容疑者が被害者女性たちに性的暴行を加えていたと、供述していることです」(前出・社会部記者)(後略)
 (17'11.14『女性自身』

なぜこのような事態になってしまったのか理解に苦しむ。

自殺願望の書き込みでの出会い、未成年、性被害…
本人の尊厳が踏みにじられるのはもちろん、家族まで好奇の目にさらされるのはわかりきっていること。


そして事の残酷性や悲惨さなどはすでに国民は承知。


そんな中でこういうことをして、誰も得しないと思うのだけれども。

小さい頃の写真や卒業文集を掘り起こすことに何の意味があるのだろうか。


“ペンは剣よりも強し”

さすがに自分たちの記事でムダに傷つく人があらわれるということをわかっていると思うし、だからこそできないのだ、理解が。

|

« ひしひしと伝わる子どもの負の感情 | トップページ | ダメ亭主にはついてけない »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/66050948

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは愉快犯か:

« ひしひしと伝わる子どもの負の感情 | トップページ | ダメ亭主にはついてけない »