« 出会い | トップページ | 子どもと子ども »

2017/09/15

くり返すのか

 北朝鮮の弾道ミサイルが再び北海道上空を通過した15日、北海道十勝管内にも発射を知らせ避難を呼び掛ける防災行政無線やスマートフォン(スマホ)の緊急速報が鳴り響いた。8月29日に次ぐ2度目の事態に、住民からは不安や憤りの声が聞かれた。
 今回は複数の自治体が新たに、消防用サイレンなどでミサイル発射を住民に周知した。音更高校3年の女子生徒(18)は音更町の自宅でJアラートと消防用サイレンを聞き、ミサイル発射を知った。「大きな音が鳴りびっくりしたが、サイレンもあった方が多くの人が気付ける」と話した。
 戦争体験者の女性(84)=音更=は「戦争は悲惨なもの。戦争を引き起こすような挑発はやめてほしい」と北朝鮮の行動に憤る。また、「避難すべき頑丈な建物や地下の場所を示してほしい」と行政に具体的な対応を求めた。
 ミサイルは太平洋に落下したことから、漁業者の困惑は大きい。広尾町の十勝港で出漁準備をしていた漁業者の男性(66)は「北朝鮮はやめろと言えば言うだけやる。もうどうにもならない」とあきれ顔。別の漁業者の男性(60)は「近くに落とされたらかなわない。アラームが鳴ればどうしても不安になる。安心して生活できるようにしてもらいたい」と国に要望する。(後略)
 (17'9.15『十勝毎日新聞』

自然災害などなら仕方ないけれども、朝から野蛮な隣人によるミサイルのニュースで心が騒めかされたり電車が遅れたり、『ひよっこ』が見られなくなったりと、日常が狂わされるというのはどうにも腹立たしいというものだ。

いつかテレビドラマやアニメで見た、空襲警報が発令されると家族全員で手慣れたように荷物や防災頭巾を準備し、そそくさと非難してゆく…

半世紀以上も昔にあったというこの光景が再びくり返されるのだとしたら、悲しい世界だ。


それにしても、ミサイルミサイルと人的被害のことばかり報道されているが、これまでに幾度となく海にポコポコポコポコそれを落とされて、海洋汚染などはないのだろうか。

そこも心配だ。

|

« 出会い | トップページ | 子どもと子ども »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/65819534

この記事へのトラックバック一覧です: くり返すのか:

« 出会い | トップページ | 子どもと子ども »