« 妻へ。母へ。 | トップページ | #ワイチャイ »

2017/09/28

希望とは

 衆議院は28日午後、臨時国会冒頭の本会議で解散され、選挙に向けた動きが続いています。東京都の小池知事が代表を務める「希望の党」を巡る現状をまとめました。
 民進党は今回の選挙で、希望の党に事実上合流することを了承しました。しかし、東京都の小池知事は「柱になる政策に同意できるかどうかが必要になる」と語り、合流する議員を選別する考えを示唆しています。また、民進党と野党共闘を進めてきた自由党は、小沢共同代表が小池知事と会談するなど、合流を視野に入れた動きが出ています。一方で、共産党は希望の党について「自公連立政権の補完勢力だ」と指摘し、協力には否定的な姿勢です。
 自民党は小池知事と関係が近い鴨下元環境相が東京都連の会長に就任しましたが、これまでの関係に一線を引き、対決する姿勢を見せています。
 東京都議会議員選挙で小池知事と協力した公明党について、小池知事は今回も公明党に協力を求めたい考えですが、山口代表は「都知事に専念してほしい」と注文を付け、都議会公明党も小池知事が新党の代表に就いたことに「裏切られた気持ちだ」と批判的で対決姿勢を見せ、連立政権の維持を図る方針です。
 総選挙の日程は28日の閣議で、10月10日公示、22日投開票と正式に決まりました。公示日までどのような枠組みでの戦いとなるのか目が離せない状況が続きそうです。
 (17'9.28『TOKYO MX』

以前からあるぞあるぞとは言われていたが、都政で騒ぐだけ騒ぎまだ何も成していないというのに新党立ち上げ。

これは国政参戦宣言ととっていいだろう。


ファーストと言っていた都民も東京も後回し。
裏切り行為だ。

それなのにそんな彼女をもてはやすマスコミやすり寄る政治家、そして心酔する一部有権者(特に都民)…
あきれて物も言えなくなるというものだ。


またしてもこうした派手な仕掛けで焦点がブレ、今まで、

「安倍下ろせ!」
「安倍憎し!」
と言っていた人々に対抗するかのように、

「小池下ろせ!」
「小池憎し!」
と言う人々が出てきて全ては同じ穴のムジナに落とし込まれ、アンチと熱狂的感情的支持者ばかりが目立ち多くの国民は置いてけぼりとなり…本来あってしかるべき政策論議はどこかに行ってしまっている。


本当に、このままではいけないと思う。

政治家たちはちゃんと政策で選挙を争い、我々はちゃんと政策で一票を投じなければ。

毎度のことなのだけれども、そろそろ、いいかげん、そう思う。


求めているのは現政権が、
「もっとマジメにがんばらなくちゃ」
と焦るような、政治と国民に真摯な野党・対抗馬の出現であって、あげ足とりや大義の無い輩や雰囲気だけの有象無象では決してないのだ。

|

« 妻へ。母へ。 | トップページ | #ワイチャイ »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/65852095

この記事へのトラックバック一覧です: 希望とは:

« 妻へ。母へ。 | トップページ | #ワイチャイ »