« 知らなかった擬音 | トップページ | カンパチ、襲来 »

2017/08/22

感染源の特定を

 ポテトサラダを食べて腸管出血性大腸菌O157に感染した女児(5)が意識不明の重体、2人が重症になっている問題。ポテトサラダを販売した埼玉県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」内の総菜専門店「でりしゃす籠原店」の店頭には21日、「お詫びと自主休業のお知らせ」と書かれた紙が掲示されていた。
 スーパーと総菜店を運営する「フレッシュコーポレーション」(本社・群馬県太田市)によると、ポテトサラダは取引先から仕入れ、ハムとリンゴは自社で調理・加工したという。
 同社は埼玉、群馬、栃木でスーパー27店舗、総菜専門店17店舗を運営。同社によると、O157は籠原店の他には検出されていないという。
 店頭の張り紙には今月7、8日に同店が販売した「ハムいっぱいポテトサラダ」と「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた客6人からO157が検出されたとし、21日午後1時から23日までの3日間、でりしゃす籠原店の営業を自粛する旨を伝えていた。
 同店に買い物に来ていた50代の女性によると、ポテトサラダは客がトングですくい、グラム売り方式だったという。「味はおいしかったが、衛生面で心配していた」と語り、「(販売方法を)どうにかしてほしかった」と話した。
 同社の男性担当者は「原因調査中なので、調査結果を待って協議させていただく」とコメントした。
 (17'8.21『埼玉新聞』

生焼けのお肉とか、そういったものからO157に感染したのかと思っていたら、まさかポテトサラダからとは…。

そして5歳の子どもでもこんなにも重篤化してしまうとは…。

とにかく感染力や影響力や、全てにおいて想像を上回ることで驚いている。


ウチも特に若者に対して気をつけなければと思うのと同時に、当該の女の子の回復を心より願う。

|

« 知らなかった擬音 | トップページ | カンパチ、襲来 »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/65725497

この記事へのトラックバック一覧です: 感染源の特定を:

« 知らなかった擬音 | トップページ | カンパチ、襲来 »