« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の記事

2017/05/23

町田にプロレスが根付く!

町田の居酒屋“もぐら”で、文字通り地の底みたいなところから酒をあおりながら、

「町田でプロレス興行できたらいいねぇ…いつか。」
「できたらいいですねェ…いつか…Zzz…。」

とつぶやき合っていた石川修司竹田誠志


あれから5年、一時は実現不可能とまで言われた中、ついに2人がその町田で、しかも市役所のすぐ隣にある市民ホールで興行を実現させるというのだからいよいよ辿りついたなぁ!日の目を見るなぁ!という思いだ。

『町田プロレス祭り』

大盛況!


(今夜はそのチケット先行販売イベントだった)

三冠奪取記念&アメリカ遠征壮行

町田LOVE


上記の「町田プロレス同好会」から始まり広がり実現となったこの夢に、自分は何ができたかといえば毎集会(飲み会)しっかり参加し2人のおサイフに入れることとなったごくごくうっすらとした上りが少しはこれに影響しているのだと勝手に思い、とても嬉しく思っている。


でもまだまだお祝いはこれが終わってから。

自主興行となると仕事がいっぱい


祈・「町田プロレス祭り」大成功!

そうしてタイトル通り、毎年町田市民とエンターテイメントや飲食店など町田の全て、そしてプロレスファンまで巻き込んで開催される土着のお祭りとなぁれ!

サインに「三冠」の文字がっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

誕生!第56代三冠ヘビー級チャンピオン石川修司!

誕生!第56代三冠ヘビー級チャンピオン・石川修司

震えた


その結果はもちろん、壮絶な、素晴らしい試合内容だった。

「ケント」コールも

テキサスクローバー

躍動感

ヒザが待っている

2人ともヒザ上手

ヘッドバッドはほとんど出なかった


客席で応援していて試合終盤、おかしいな、やけに構えてるカメラの液晶がブレるな、と思ったら自分が震えていた…それほどスゴかった!

咆哮

負けられぬ!

スプラッシュマウンテン返すんだよ!

ギリギリの攻防でした


チャンピオン・カーニバルの優勝に引き続きベルトまで…まさに“大巨人、てっぺんをひとまたぎ”だ。


当時は「ド」が付くくらいだったインディー団体でデビューして、オマージュレスラーをやらされたり大きな体をもてあましてるなど揶揄されたりしながらもコツコツと積み上げてきたものが、レスラー人生7年目8年目頃に開花。

そして今こうして、プロレス界の頂点まで上り詰めるとは…本当に夢がある!


デカい新チャンプがてっぺんから見せてくれるこれからの景色はきっといーい眺め、楽しみだ!

ジャンボ鶴田さんにあこがれて


そして…負けてもアッパレ、宮原健斗

最高ですかも定着


やはり全日本プロレスのエースは彼以外いなく、ここまで一心不乱に団体をも背負いがんばってきた努力は、昨年の両国大会の成功2カ月連続で満員となった後楽園ホールの光景で証明されている。
それは関係者もファンも、みんなわかっている。

まだまだ若い彼にとって一度身軽になることが、きっとプロレスの幅を広げ自身の深みを出すいいきっかけとなるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

くりかえす

保育園が始まってからというもの2週間に1回はカゼをひいているわがこ。
と、そこから、さらに股にかけそれをもらってしまう我が家族。

今週は結構重症化し、月曜日にひどい鼻水と目やにに襲われてしまう。
ゾンビのようなドロドロの目で寝返りをうつ赤子の姿に驚いてしまった。

目がーっ


そしてそれが火曜日水曜日になると39℃近い発熱に…!


と、いうわけで、毋父でお互い1日ずつ仕事を休み看病につくことになった。


朝からつきっきりで目の前でゼィゼィ苦しんでいるわがこの姿を見ていると…陽が傾くにつれ…同じ症状に自分がなってくる…!

…うつったー!


「代われるものなら、代わってやりたい。」
なんてこれっぽっちも思ってなかったのだけれども…。


とにかく今週はこれらのことに振り回されっぱなしの1週間だった。

朝からフキゲン


シューマツ突入の金曜日。
おかげさまで無事に子どもの熱は引き、残ったのは、父にうつったカゼだけである…ゲホゲホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/14

剛腕継承

閑静な南青山に肉々しい2人が降臨!

「BURNNING Spirit 伝承トークバトル」、小橋建太×関本大介が開催された。

夢のトークバトル!


プロレス界随一の肉体派の両者。

言葉で語るより…この上腕二頭筋を見ろ!この広背筋を見ろ!そして感じろ!!
という2人のため、爆発的に盛り上がるとかキワドイ会話があるということはない、のは容易に想像できたこと。

(小橋建太)「関本くん、リング上であれだけ躍動感があればいいんだよ。リング下でどれだけ足が遅くたって、鈍くたって…。」


しかし同時に、誰よりもプロレスに真摯な両者。

ゆっくりと自分や互いの言葉を確かめかみしめ、心からのものを出す、そんなトークショーとなった。


(小橋建太)「(今現役だったら誰と戦ってみたいですか?の問いに)やっぱり関本大介。もうね、前から後ろからチョップをバシバシ叩き込みたい。」
(関本大介)「えぇ〜…想像しただけで…!」

独特のリズムで会は進む


ほのぼのとした流れの中、突如熱い会話も。

昨年小橋さんのフィニッシュホールドであった“バーニングハンマー”を使用した関本に対して。

(小橋建太)「今、バーニングハンマーがイチバン似合う選手が関本くんだと思う。だからこそ、自分が持っていた“覚悟”をも継承してもらいたい。相応しいと思うからこそ。」


関本→小橋はもちろん、小橋→関本も…お互いをリスペクトをしている、とてもいい雰囲気であった。

ステキな2人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

『土曜スタジオパーク』で見たあだっちぃーの顔が超小さかった

今日は友人のうまや一家と新宿御苑代々木公園か、広い公園でみんなでピクニックをしようという予定になっていた。

しかし昨日から一転、激しい雨…。


と、いうわけで公園は公園でも、“NHKスタジオパーク”に行くこととなった。

雨ェ…


両家とも朝ドラ『ひよっこ』にハマっている最中なので入場してすぐに出会った“『ひよっこ』展”に感激。

みね子ガンバレ!


「ちょうど今朝みね子が見てたすずふり亭のメニューがある!」

「お父ちゃん早く帰ってきてください!」

コロッケから


データベース以外にもなりきりニュースキャスターなどの体験コーナーやキャラクターたち、撮影スポットもたくさんあって、カメラ担当の父たち満足。

やっぱりこの時代

スゲーブスな女みたい…

やっぱりどーも


友人宅の愛娘・ゆっちゃんは1歳半で、ちょうどEテレを見はじめた時期。

ワンワンやコッシーにはしゃいだり、歌のおねえさんと踊ったり、レストランのキッズプレートに舌鼓を打ったりと満喫していてほほえましかった。

ウンバボ!

コッシーは大人気


わがこも見習って、来年は「サボさん!」「どーも!」なんて言いながら一緒に走り回れたらイイナ!

これから朝はEテレになるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

見た目が100パーセント

「アラ。道ばたにポピー。」
「最近よく見かけるから誰かが育ててるのかな。」

と思っていた可憐な花をつけるこの植物。(↓)

カワイイじゃん


実は“ナガミヒナゲシ”という、まぁポピーと同じケシ科なのだが、どちらかといえば雑草扱い。

1960年代に渡来し以降、爆発的繁殖力で日本中に広まっていて、さらには周辺植物への影響もあり特定外来生物に指定される可能性もあるのだという。


人々の寵愛を受けているものだと思っていたらこんな裏があるとNHKのニュースで知り、驚いたのであった。

きっとそれを知らずに庭に植えたり、一生懸命育てている人だっているだろう。


『人は見た目が100パーセント』なんてドラマが今やっているが、植物も…イヤ、世の中の生きとし生けるものは見た目が100パーセント、なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

いい上司とは

昔の同僚がかつて言っていたセリフを今だに思い出す。

「いい上司ってのは、街中を歩いてたら後ろから後輩が声をかけてくるような存在だ。」


…確かに。

もし自分が前に歩いている〇〇先輩を見つけたら、あいさつしに走り寄らないどころか、近づかないようにわざと歩くペースを落としたり、着いた職場のエレベーターが同じにならないようにちょっとコンビニに寄ろうかな、とか思うだろう。

そしてきっと同時に自分も、後ろからそう思われていることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

この季節のスタミナ源

毎年この時期を楽しみにしている、店主の故郷・北海道直送の“アイヌネギ”!

おひたしと、天ぷらでいただいた。


とってもくさくてとってもおいしかったー!

少しだけクセが薄れて食べやすくなる


連休疲れ…イヤ日常疲れをブッ飛ばしてもらったのであった。

ドヤ顔店主


“横浜プロレス酒場YAMARYU”、「アイヌネギ祭り」は只今絶賛開催中Death!

レガシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

日常に敗北

火曜日にして疲れがあり、想像以上に“連休疲れ”を感じている。

それもこれも月曜日の夕方に小田急線がダイヤ乱れをし、いつもは空いている保育園へのお迎え・17時台の列車が大混雑だったせいだ。

→←→←…満員電車に1日4回乗るのはさすがに体に不調をきたすことがわかった。


…と、いうことは、今私が抱いているものは連休疲れではなく、単なる“日常の電車疲れ”であったのだ。

あっさりと明けちまった連休と襲いかかる日常で気持ちはわかるけどさ…電車に飛び込むのだけは止めてくれよな!


 8日午後3時半ごろ、相模原市南区の小田急線相模大野駅で、同区に住む会社員の女性(18)が線路に飛び降りた。直後に藤沢発新宿行きの快速急行電車(10両編成)の先頭車両の一部が通過したが、女性は車両床下と線路との隙間に倒れていたため無事だった。
 相模原南署や地元消防によると、女性は両手に軽傷。自殺を図ったとみられる。駅員などから通報を受け、消防署員らがうつぶせに倒れていた女性を隙間から引きずり出して救助した。
 小田急によると、電車は約1時間後に運転を再開。約2万人に影響があった。(共同)
 (17'5.8『nikkansports.com』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

連休最終日…

我が家では今日は1日中、全員こんなカンジ(↓)であった。

この世の終わり…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

久しぶりの温泉

万葉倶楽部グループHPに、

「※おむつの取れていないお子様の大浴場ご利用はご遠慮いただいております。別料金になりますが、貸切のお風呂もご用意しております。」

と、わざわざ書いてくれているので、日常に息苦しさを感じている赤子のいる家族としては安心できる。


と、いうわけで、ちょっとした旅行気分も兼ねて家族揃って癒しを求め、秦野店へ。

迫る山々!


ここの「満喫クーポン」は、

2人分の入館料
45分の貸切風呂
5時間の貸部屋
2人分のお料理

がセットになって9,960円(税別)ととってもリーズナブル!

十分の広さです

十分のボリュームです


久しぶりの温泉を、みんなで過ごせるなんてとてもありがたい。

湯上り、ドリンキング!


生まれて初めての温泉となったわがこであったが、何のことだかわからぬよう…「なぜ昼間からおフロに入るの?」とでも言うかのように目をパチクリさせるばかりであった。

暑いの熱いのキライ、夏生まれなんで


まだこういうのを楽しめるようになるには、まだまだまだまだかかるよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

こどもの日は大日本プロレス

5月5日は大日本プロレス横浜文化体育館大会!

恒例行事

ファンクラブ先行で入場します(2階自由席)


メインでは同団体生え抜き1号であるチャンピオン・アブドーラ・小林から、デスマッチ第五世代と呼ばれる若き高橋匡哉がベルトを奪取するという、歴史に楔の打ち込まれた瞬間を目撃した。

時代が動いた!


他の試合でも関本、河上の敗戦があり…まだまだひよっこだと思っていた若い世代からの突き上げを感じる興行となった。

しかし下が伸びてきている今だからこそ、先輩には意地を見せ、彼らの高い高い壁として立ちはだかってもらいたい。
それを超えてこその未来だ。


チャンプ鈴木秀樹が相変わらずの強さを見せるストロングBJ、さらには新設されることが決定したジュニアヘビー級戦線も含め、BJWは年最大のビッグマッチ・両国国技館大会へと進んでゆく…!


今日は文体なので久しぶりに家族での観戦。

2階席より


会場では、
「今日はこどもの日なので〜」
と、0歳児でチケットの持っていないわがこにまでグッズをいただき、ありがたかった。

デスマッチという特殊な形式の試合の存在でイチバン子どもと相性の悪そうな大日本プロレスが、こうしてイチバン(?)ファンサービスに努力をしていることは特筆すべきことかもしれない。

こういうことがあるから、「またみんなで応援しに来なきゃ!」と思うのだ。

早速いただきました(舐)


売店で先の「2017チャンピオン・カーニバル」で優勝したまさに正真正銘のチャンピオンに、名も実も物理的にも最高峰の“たかいたかい”をしていただいたわがこの姿は、まさにGWのハイライト。

たかいたかい…

高過ぎる!


本人は、
「パーパーパー、パーパーパーパー!(文体の天井に頭擦ったよ!)」
と興奮していた。

三冠獲ってくれ!石川修司!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/04

年末の宿題

毎年のことだけれども、寒さと忙しさでサボった年末の大そうじは、連休中の今、やるのだ!

平日と同じくらいの時間に起きて、サンサンとしたあたたかい朝の陽差しに包まれながら、のびのびとおそうじ。


お昼前にはビールを投入しながら、のんびりと。

ガソリン注入!


窓ガラス拭きの時は出窓から落ちないよう余計な気を遣うことになったが。

二度みがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

低い天井の下

立川の広い公園で家族とのびのびしたその夜は、母子を置いてナイトホークス。

幡ヶ谷の狭い一室でお酒を飲み散らかした。

ワインからウイスキー、漢方酒まで

シャルトリューズでウォッシュしたチーズも

春キャベツのパスタも


GW初日、いーい滑り出しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広い空の下

いい天気だったので昭和記念公園に行った。

いーいお天気!

いただきます


もちろんサクラは散った後、もはや目の覚めるような新緑の時期であったが…

サクラの名所


よくよく見ると1輪だけ残っているものもあってほっこり。

咲いててくれたよう


花でいうと今はツツジとネモフィラがピークだった。

真っ赤!

真っ青!


わがこは芝生に興味津々。

そういえばシーツや毛布の肌当たりばかりに気を遣っていて忘れていた。
土とか草とか、自然と触れ合うことを。

メッとは言えない


油断していてこいのぼりを見逃したのが唯一の心残りだ…。

ガラーン

無念…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

5月突入

5月に入り、およめさんが産休・育休から復帰となった。

4月中は全てを彼女に任せきりにしていたわがこの保育園へのお見送り・お出迎えであったが、再開したばかりの仕事で都合がつかせづらいため、夕方は自分が職場を中抜けして迎えに行くこととなった。

延長保育が可能になる1歳3ヶ月…冬のはじめまで毎日続くことになる。


以前にも書いたが、チマチマチマチマ自分的にマジメに同じところで働いてきて…今こそ、職場にワガママを言うその時だと思っている。

りす組です


とりあえず目下の心配事は、保育園のエントランスの指紋認証ドアがちゃんと開くかということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ