« 役割分担 | トップページ | まだまだサクラ »

2017/04/12

たらればを語りたくなるスーパーヒロイン

 現役引退を発表したフィギュアスケート女子五輪メダリストの浅田真央(26)が12日、都内で会見を行った。冒頭から記者の質問に笑顔で受け答えしていた浅田だが、最後のあいさつでは、こらえきれず涙し「笑顔で前に進んでいきたいと思います。皆さん応援ありがとうございました」と思いを伝えた。
 会見最後に司会からあいさつを求められると「皆さんきょうは本当にありがとうございました。発表してからの2日間、あたたかいお言葉をいただいて、本当に晴れやかな気持ちで、引退を迎えることができました」と感謝の言葉。しかし、目に涙をうっすら浮かべると、その場で数秒間沈黙した。
 こらえきれない涙を後ろを向き拭った浅田は、再び笑顔。「スケート人生で経験したことを忘れずに、本当にこれから新たな目標を見つけて笑顔で進んでいきたいと思っています」と決意し「皆さん応援ありがとうございました」と深々一礼した。(後略)
 (17'4.12『オリコン』

まさに天真爛漫、無邪気という最強の武器をまといながら難易度の高いジャンプをポンポンと決めていた国民の妹は、いつしか日本のエースとなり、業界のために様々なものと戦ってきた。

自分やライバルだけじゃなく、国中からのプレッシャーや、偏向報道など…。

それらを一身に背負い、ただひたすらに滑り続けてきた彼女がソチ五輪後、自身のためにスケートをするため現役続行を決意し、そして今自分の意思で競技人生を終わりにするというのならば、それが全てだ。

本当によく戦ったと思う。立派だ。


歴史にもスポーツにもたらればはないけれども、それでも、

「もし浅田真央がトリノオリンピックに出られていたら」
「もし浅田真央がソチオリンピックのSPでジャンプを成功させていたら」

なんて夢想せずにはいられない、それだけのスーパースターだった。


ソチのフリーは本当に、本当に、カッコよかった。

これからまた見ることができるであろう、今までとは違ったリンクでの姿、どんな華やかなものになるだろう!
期待したい。

|

« 役割分担 | トップページ | まだまだサクラ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/65149228

この記事へのトラックバック一覧です: たらればを語りたくなるスーパーヒロイン:

« 役割分担 | トップページ | まだまだサクラ »