« 今こそ立ち上がる時 | トップページ | 年賀状は人間関係最後の砦 »

2017/02/24

戦うものが多過ぎる

 重傷を負った女子大生が、犯人の極刑を求めた。東京都小金井市で昨年5月、歌手活動をしていた冨田真由さん(21)が刺され、一時重体となった事件で、殺人未遂などの罪に問われた無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判初公判が20日、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)で開かれた。検察側が冨田さんの供述調書を読み上げ「犯人は死んでしまってほしい」と極刑を望んでいることを強調した。同被告は罪状認否で起訴内容を認めた。
 裁判は午後に検察側の証拠説明が終わり、冨田さんの供述調書の読み上げに移った。弁護士によると、冨田さんもついたてに囲まれた検察側の席で、午後の公判を傍聴したという。
 この調書では、岩埼被告から「結婚して」などと一方的に好意を抱かれ、ツイッターで殺害予告を受け、事件に至る過程を説明。首や胸、背中など34カ所も刺されたが、抵抗も試みていた。「『殺されてはいけない』と思って、心臓を守ろうとした。右足でナイフの刃を1度、止めたのを覚えている」。瀕死(ひんし)の重傷を負ったが、奇跡的に一命を取り留め、現在も治療を続けている。
 「事件前とは違う生活になった。悔しくてたまらない。犯人を許せない。犯人がツイッターに『死んでしまいたい』と書き込んでいた。その言葉通りに死んでしまってほしい」。冨田さんの怒りがにじみ出た。「それが無理なら一生刑務所に入ってほしい。出てきたら、今度こそ私を殺しに来る」。今でも岩埼被告に恐怖を感じているようだ。(後略)
 (17'2.21『日刊スポーツ』

判例的には難しいが、心情的にはどう考えったって絶対極刑だろう。

誰が同じ立場だって、誰が被害者のことを考えたって、そうなるに決まっている。

被告は生きていたらまた同じことをくり返すのが想像できるんだもの。


せっかく命が助かっても、肉体の後遺症や心の痛みと戦う中、こうしてさらなる不安や絶望と戦わなくてはいけない冨田さんのことを考えると本当に心が痛い。

|

« 今こそ立ち上がる時 | トップページ | 年賀状は人間関係最後の砦 »

「ニュース」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/64960514

この記事へのトラックバック一覧です: 戦うものが多過ぎる:

« 今こそ立ち上がる時 | トップページ | 年賀状は人間関係最後の砦 »