« 作戦失敗 | トップページ | その航海とは »

2016/09/04

“常軌を逸したくらいの演技”でないと目立てない

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は4日、第35話「犬伏」で最大のクライマックスを迎える。副題の通り、真田家が生き残りをかけ、袂(たもと)を分かつことになる有名なエピソード「犬伏の別れ」を描く。主人公・真田信繁役の堺雅人(42)信繁の兄・信幸役の大泉洋(43)兄弟の父・昌幸役の草刈正雄(63)、父子3人の共演シーンはこれが最後。見納めとなる。
 関ヶ原の戦い(慶長5年、1600年)目前。上杉攻めのため徳川軍に従っていた真田家に、ある便りが届く。石田三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)が打倒・徳川家康(内野聖陽)のために挙兵したという。豊臣方につくか、徳川方につくか。信繁(堺)信幸(大泉)昌幸(草刈)の3人は下野国(栃木県)・犬伏の地で激論を交わす。真田家が生き残るための選択とは――。
 タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で信繁が築いた最強の砦。同時に、家族の物語として一艘の船に例えたもの。真田家のホームドラマとして見れば「犬伏の別れ」は最大のヤマ場になる。(後略)
 (16'9.4『スポニチアネックス』

戦の描写は極端に少なく、武将たちの・お家の軋轢を中心に進む大河ドラマ『真田丸』は、完全に人間ドラマだ。

草刈正雄、小日向文世、内野聖陽…しかもそれは、名優たちによる鬼気迫る協演。


Twitterで誰かのつぶやきを見たのだが(失念)、
「大谷刑部くらいの“普通のいい演技”では埋もれてしまう」
くらいに、全ての登場人物が自身の個性をぶつかり合わせている。

まさにその光景こそが戦のよう・乱世のようだ。

|

« 作戦失敗 | トップページ | その航海とは »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

内野聖陽って、もっと線の細い2枚目な感じとばかり思っていたら・・・びっくり!!
今季の大河は驚くことが多い。
「今までで一番(いい)かも」と相方も絶賛しています。

投稿: まんちゃん | 2016/09/06 14:46

まんちゃんさま、こーんばんは。

何か、役者たちの、渾身の演技を見てる気がしますよね!

シナリオも、どの登場人物もずっと見ていると魅力的だしキライになれないし…すごく上手にできている感があります。

関ヶ原以降も楽しみー!

投稿: かんげ | 2016/09/06 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/64165996

この記事へのトラックバック一覧です: “常軌を逸したくらいの演技”でないと目立てない:

« 作戦失敗 | トップページ | その航海とは »