« 破壊の神、降臨 | トップページ | 巣立ちはビールの香りを残しながら »

2016/08/28

プロレスの未来と団地の未来。

団地好きとしては、商店街プロレスを追いかけると定期的に団地での開催があるので、まさしく一石二鳥なのだ。

結果的に横浜市内の色々な場所の色々な団地を巡ることができている。


今日の本郷台も、駅前でたくさんの団地やマンションに囲まれ、子どもからお年寄りまでたくさんの人が足を止めていて、とてもステキなロケーションであった。

老若男女

アーケードからこんにちは


プロレスの試合の合間に周辺をフラフラしながらウォッチング。

レトロ

レトロ通り越してアレ

ハマの

閉鎖されているところもありました

ノスタルジア…。


その性質上、駅から遠いというのが通例かと思いきや、こういうしごく便利なところもあるのだ。

まさしく高度経済成長期における、地域一体となってのまちづくりの例。


かつての冬の時代を超え、客足が戻り若い選手が登場し、プロレスは復興してきていると言われている。


では、団地はどうだ。

URが今改めて「まちづくりと一体となった団地再生」を掲げ、力を入れている。

きっとそのやり方によってはいい未来が待っていると思うのだ。

|

« 破壊の神、降臨 | トップページ | 巣立ちはビールの香りを残しながら »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

歳をとったせいか、昔の風景が好きになってきました。昔建てた物の味わいが、説明しづらいですが、あると思うのです。
私の住んでいる団地近くの商店街は一軒一軒潰れ、今は散髪屋を除いて更地になりました。
確かに「まちづくりと一体となった団地再生」というのは期待したいですね。

投稿: ばーにんぐK | 2016/09/10 18:07

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

いいですよね。独特のたたずまいとか、細部まで気を遣ったデザインとか。
団地なんかはつくられた当時のワクワク感の名残なんかもあったりして…たまらんです。

しかしどうしても疲弊してゆく運命にあるんですよね…同時に商店もなくなってしまうというのもしょうがないとはいえ寂しい限りです。
新しくするのはカンタンな中、それを活かしてどうにかしようというのはこれからの時代特に必要なことだと思いますよね。

投稿: かんげ | 2016/09/13 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/64136667

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスの未来と団地の未来。:

« 破壊の神、降臨 | トップページ | 巣立ちはビールの香りを残しながら »