« 夜の顔 | トップページ | 仕事、お好きですか? »

2016/07/24

ひたむきにひたすらに

大日本プロレス両国国技館大会“両国譚”が今年も開催。

半ば意地のようにさえ感じるビッグマッチ仕様ではない、「いつもの大日本」にこだわった大会は今年も健在。

創立20周年の記念イヤーだった昨年よりは観客動員が減少したものの、普段着のままの内容で満員の1階席、そして大歓声を実現させたのだから、改めて団体の地力を見た。

今年も開催おめでとう!


不器用でもひたむきに、そしてひたすらに戦ってきた者たちに花が咲いた夜。

復帰戦

待ってたよ!

王者は厳しく

逆転の一撃

神谷の人生を少しでも知ってしまったら、応援せずにはいられない

伊東史上、最恐の伊東を

決死のダイブ

中年の意地!

何かその姿が、大日本プロレスという団体自体とも被るような気がした。

ひとつの到達点であった両国大会はまた来年の開催が決定。

では新チャンピオンになった星野勘九郎神谷英慶は…
BJWのように、ここが(到達点ではなく)通過点であることをこれから証明していってもらいたい。

これからだ!


そしてさらに、今まで長きに渡り高き壁として君臨してきた前チャンピオンの巻き返しで、団体がどんどん底上げされてゆくこと期待したい。


今回の大会のオープニング映像がすごくよかった。

RC SUCCESSION『ドカドカうるさいR&Rバンド』に乗せて見せる、大日本プロレスの全国巡業の様子…

完全に曲とマッチしていて、全国での熱い戦い、客席の興奮と笑顔、厳しいスケジュール、そのドサ廻り感と泥臭さが、ロバート・オルドリッチの『カリフォルニア・ドールズ』を見ているかのような、愛と夢と哀愁の詰まった素晴らしいロードムービーだった!

息子へチャンピオンベルトを

|

« 夜の顔 | トップページ | 仕事、お好きですか? »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年も両極譚の世界、大成功ですね!
2大王座戦、挑戦者よく勝てたなあ!と称えたくなる試合でした(映像確認にて)。
2月の大阪大会行った時に「平成極道コンブ」を買いまして、半分以上残してたのですが、前日に勝利祈願込めて食べきりました!うまかったです…すみません余談で。
前王者たちの巻き返しあってこそ戦いはエスカレートします。そこに期待して大日本戦線を見ていきたいですね!

投稿: ばーにんぐK | 2016/08/15 22:53

ばーにんぐKさま、こんばんは。

あの極道コンブ、ちょっと大きいですよね…
量半分にして、パッケージ簡易化させて、値段3分の2くらいにしてくれればもっと買うのに…
でもその前日食べきりのおかげで新チャンプが誕生したのかもしれませんっ。

新王者は2人とも努力の人で…ファンも共感し、共に歩みを進めることになりそうですね。
そうはいかせないという猛者たちの存在でより輝くことかと…楽しみです!

投稿: かんげ | 2016/08/16 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63978135

この記事へのトラックバック一覧です: ひたむきにひたすらに:

« 夜の顔 | トップページ | 仕事、お好きですか? »