« 商店街プロレス2016 | トップページ | バーニング! »

2016/06/13

くっさー

お酒の師匠のところで、くさいチーズをいただいた。

ゴルゴンゾーラのドルチェ


今夜はお世話になってるチーズ好きの友人をご招待。

カマンベールドゥルマンディ

(↑)コレはカマンベールをCHARTREUSEでウォッシュした自家製だそう。
シャルトリューズ独特の風味が香り、とてもくさおいしかった。


それにしても、“くさい食べ物”ってのは、なぜおいしいことが多いのだろうか。

|

« 商店街プロレス2016 | トップページ | バーニング! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おいしそうなチーズですな。
くさいものはウマイ!同感同感。
口に含むまで、すんごく臭くて、
口に含んだ途端にその臭さが旨さを倍増させる気がします。
どういうことなんすかね。

投稿: まんちゃん | 2016/06/17 15:49

まんちゃんさま、きょんばんは!

くさいって、いいことじゃないですよねェ…スカンクなんてそういうので身を守ってるわけですもの…
それなのにおいしい食べ物があるってのは矛盾してますよねェ…。
世の中はわからないものだらけです…。

投稿: かんげ | 2016/06/17 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63787575

この記事へのトラックバック一覧です: くっさー:

« 商店街プロレス2016 | トップページ | バーニング! »