« バーニング! | トップページ | 逃げようとしてはダメなのだ。 »

2016/06/15

全日本プロレスの今

「今の全日本プロレスがあの頃の全日本プロレスか!?」

なんて聞かれたら絶対違うけれども…
それでも、外部から錚々たるメンバーを招聘して積極的なマッチメイクをし、必死に生き残ろうとしている団体の姿を見ると、がんばってもらいたいと切に思う。


きのうはついに石川修司×竹田誠志、“町田プロレス同好会”タッグが実現!
(わかってるね全日本!)

待ってました!


今後ともこのタッグを継続してもらいたい。

これが連携なのだそうだ…


竹下×秋山は、その輝きを抑えつけようとする力と力…すごく刺激的だった。

確かにいい選手だ…


セミでは関本岡林が、ザ・ビッグガンズとの超肉弾戦を制して、世界タッグ戴冠!

これが見たかった

ものすごい光景や…

絶対イヤなサンドイッチ

戴冠!


先の三冠戦で敗れ、昨夜のFDでは岡林にとられ、後輩に後塵を拝したままかと思われた関本大介だったが…
まだまだこれから、もう一丁!という姿を見せてくれた。

老け込むには早過ぎる!


そして。

秋山「健斗、お前、いいチャンピオンになったな。」
本当にそう思う。

ここにもナルシスト

「ブラックアウト」と言うのだそうだ


試合後の、
「最高ですか!?」
は、お立ち台のヘタなプロ野球選手みたいでイマイチグッとはきてないけれども…

何より、それを自信満々でやってるのがいい。


これだけの激しい防衛戦を重ねて、しかとファンの声援に応えている、その姿はもう立派なエースだ。

もうすぐ帰ってくるあの男…諏訪魔に抗え!

秋山を逆指名

|

« バーニング! | トップページ | 逃げようとしてはダメなのだ。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

観たかった光景が見れて良かったです。
この日も私は南側客席でした。昨日のメインの激闘の24時間後の筋肉対決に臨んだ岡林&関本。関本の劣勢に焦れていましたが終盤の怒涛に心踊り!
眉山(二夜連続!)におおっと叫び、勝利に拳を上げました。アウェーの地でも歓喜の声に沸き返る。そんな感情を持たせてくれるのが関本&岡林だと思いました!

苦戦の末に目の覚める攻めで勝った宮原は頼もしいですね。秋山の挑戦が決まったのを見届けて、夜行バスのため会場を後に…熱い2日間でした。
色んな選手と交わって刺激的に行こうとする今の全日本、いいと思います!

投稿: ばーにんぐK | 2016/06/18 01:33

ばーにんぐKさま、こんばんは〜。

おー!2日連続観戦でしたか!素晴らしい!
関本岡林の戴冠、宮原の防衛、どちらもいい試合でしたもんね。

色々言われるでしょうが…そのフロントの必死さ、出し惜しみしない姿勢で、全日本に熱が戻ってきている気がします。

秋山も老いぼれた的なことなんて言ってられませんよね!
怖い怖い彼の姿、タイトルマッチで見たいですっ。

投稿: かんげ | 2016/06/20 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63791010

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本プロレスの今:

« バーニング! | トップページ | 逃げようとしてはダメなのだ。 »