« 全日本プロレスの今 | トップページ | そろそろか、そろそろなのか »

2016/06/16

逃げようとしてはダメなのだ。

 政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑を追及されていた東京都の舛添要一知事の辞職が15日、正式に決まった。辞職は21日付。献金問題で辞任した猪瀬直樹・前知事の後を受けて2014年2月に就任し、「東京を世界一の都市にしたい」と掲げた舛添知事だったが、2年4か月で都庁を去ることになった。
 辞職願は15日午前に都議会の川井重勇議長に提出。同日夜の本会議は全会一致でこれに同意し、辞職が正式に了承された。
 舛添知事は最後にあいさつし、「私の問題で4年の任期の途中で終わる。反省と心残りは尽きないが、私の不徳のいたすところ。もっとも懸念したのは五輪への影響だが、これ以上、都政の停滞を長引かせることは耐え難い」と辞職を決断した理由を語った。(後略)(16.6.15『THE PAGE』

不徳も不徳、全くもって不透明で煮え切らないままの辞任劇であった。

「お金ちょろまかしてスミマセン。やっぱり悪いことするとバレるんですね。そそのかしたのはアイツです。」
「全部返すし、もうしないし、罰も受けます。今後は心を入れ替えて真っすぐにがんばります!」

とでも言えばよかったのに…職にこだわりたかったのなら。


猪瀬さんを辞めさせて、誰もいない中からムリヤリ舛添さんを選んだ途端、上記のような公費の問題や都有地の韓国学校貸与問題などが噴出、

「ズコー!やっぱり前の人の方がよかったー!」

と都民はなったのだから、また同じセリフをくり返さないためにも、次こそは清廉の士のような人物に立ち上がってもらいたいし、我々もよくよく考えなければならない。

|

« 全日本プロレスの今 | トップページ | そろそろか、そろそろなのか »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

見ていて、あまりに情けなくて、最後のほうはもう哀れでかわいそうにすら思えました。

今度は誰になるのでしょう。ちょっと興味深々です。

投稿: まんちゃん | 2016/06/20 14:07

まんちゃんさま、こんばんはー。

次やる人は大変ですよね。
これだけお金の不祥事続いて注目されてるから、よっぽどクリーンな人じゃなきゃ…。

改めて都知事の仕事の大変さや重要さがわかった今、志高い人が出てきてくれないと…もうこんなことくり返したくないっ。

投稿: かんげ | 2016/06/20 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63791420

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げようとしてはダメなのだ。:

« 全日本プロレスの今 | トップページ | そろそろか、そろそろなのか »