« Happy? birthday. | トップページ | ボクに余裕があれば »

2016/06/03

子ども嫌い

 9年前、私が妊婦になった頃は、まだ知らない人の方が多かったマタニティマーク。その後、認知度は上がり、見知らぬ人が電車内で席を譲ってくれることもあると聞いていたのだが、最近その状況は大きく変わっている。
 認知度が高まったことにより、妊婦さんたちは「妊婦だと知られることが怖くて、安易には付けられない」というのだ。
 Twitterのまとめサイトには、妊婦だということで『故意に足をかけられた』『お腹を殴られた』『ホームに突き落とされた』と、信じられないようなコメントが並ぶ。そのほとんどが、誰もが乗る公共交通機関での出来事だ。
 このような話は、1年ほど前から聞いてはいたのだが、ごく一部の人が経験したことがSNSで大きく広がっているだけだと思っていた。しかし、少なくとも首都圏においては、そうではなかった。

 先日、別の取材に関連する形で、FBを通じて妊産婦さんたちに問い掛けた。『怖い思いをするからとマタニティマークを付けなかったという妊婦さん、ご存知ですか?』と。8年前から働くママのコミュニティを主催しており、働く妊婦さんとの繋がりは強いものの、あくまでも友人限定のFB。それなのに、実際に怖い経験をした人が複数おり、マタニティマークは付けない(付けなかった)というコメントが並んだのだ。
 何よりも驚いたのは、彼女たちが萎縮していて『妊婦で申し訳ない』という気持ちを持っていたことだ。彼女たちは会社員として働いていたために、電車通勤をするしかなかった人たち。何も悪いことはしていない。
 「1人目妊娠中には付けてましたが、2人目の時は隠したりしてました。1人目の時、優先席の近くに立っていたら、座ってる元気そうなアラフィフくらいのご夫婦に『絶対譲らないからな、何様のつもりだ!』とブツブツ言われ続けたので…。」
 そう話すのは、1人目を2011年、2人目を2013年に出産したAさん。
 「そんなことがあったので、2人目の時は、優先席付近にはあまり行かないようにしていました。座ってる方も、優先席だと譲らなきゃならないと思う人が多いけど、普通席なら譲らなくてもいいと思いそうなので、その方が気が楽でしたし。譲ってもらえた時も、なんだか申し訳ない気持ちがあって、ひたすら目をつむって寝ていました。また何か言われそうで。」

 譲ってもらっても申し訳ない、譲ってもらうことになってしまうから優先席の近くには座らないというのだ。妊婦を含め、立っているのが辛い人のための優先席だというのに…。この意見は本当に多く、Bさんも同じ意見だった。(後略)
 (16.5.30『Yahoo!ニュース』藤村美里氏著)

昨年自分の周りでベビーブームが起こったため、妊婦さんや小さな子どものいる家族と会うことも多かったのだが、上記のような話も少なからず耳に入ってきていた。

「通勤電車で、わざとらしくお腹にカバンをぶつけられた。」
とか、
「レストランで、自分たちを指差し『子どもを見ながら食事したくないのであの家族が帰るまで待つ』と大きな声で店員さんに言う人がいた。」
とか。

まるでウソみたいなホントの話だ。


最近の各自治体での保育園建設反対運動などもそうだし、何か行き過ぎた“子ども嫌い”の人間がいることに驚いている。


もしこの思想の原因が、よく言われるように「うらやましさの裏返し」とか「他人の幸せが憎い」とかだとしたら、全くのお門違いだ。

「子どもがいる」か「子どもがいない」かなんてことは、「黒人」か「黄色人」か、「ニンジンが好き」か「ピーマンが好き」か、くらいにどっちでもいいこと。

考え過ぎることなく、ただ目の前にいるハンデのある人や小さい子を、そっと気遣ってあげられる社会になればいい。

|

« Happy? birthday. | トップページ | ボクに余裕があれば »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

あのマタニティマーク・・そんな悲しい事情になっていたとは・・・。
ってか、世の中おかしーんじゃないですか!!!
私も子供好きじゃない・・・と若い頃からそう思ってきた一人です。
だけど、姪っ子や甥っ子ができたり、自分が年をとったりしていく中で、子供の声を聞くとその存在がキラキラしていて、未来のあることに喜びを感じます。
自分の子供でもないのに、この子たちのお陰で私も一緒に成長してんだな~と思う。
そう、かんげさんの仰るとおり、「羨ましさの裏返し」です。
わが子を持てないのを「キライだしー」ってことにしちゃってたんですね。
子供なんて~と言いながら、姪っ子に頼りにされる素敵な伯母を目指している私です。

投稿: まんちゃん | 2016/06/15 09:22

まんちゃんさま、こんばんはー。

私もずっと子ども嫌いと公言してきた人間ですが…そんな人道的に外れたことは考えられません。
うんうん、周りの子どもたちに感化されることだっていっぱいありますよね。
何より自分だって昔は子どもだったんですから…!

やっぱり家族が小さくなっていき、「他人は他人」の考えが国中に広まってしまってるんでしょうかね…。
若い子たちを、みんなの財産と思いたいですね。

ステキなおばさま、いいですね!
ついついおねだりしちゃうような!

投稿: かんげ | 2016/06/15 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63777004

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども嫌い:

« Happy? birthday. | トップページ | ボクに余裕があれば »