« 父から子へ | トップページ | 実写版ルパンはコチラ »

2016/05/08

「お時間となりました」

 落語家の桂歌丸さんが日本テレビの長寿演芸番組「笑点」を引退することが4月30日、明らかになった。同日、東京都内で行われた50周年記念特番(5月15日放送)の収録中に自ら発表した。最後の出演は22日の放送で、当日は生放送になる。歌丸さんは今後も落語は続け、「終身名誉司会」として番組にも関わっていくという。
 収録後に行われた会見で歌丸さんは「体力の限界」と引退の理由を説明。肺気腫を患って以来、息切れなどをするようになったといい、昨年の秋ごろに局側に「これ以上、迷惑はかけられない。もう引き際だと考えている」と伝えたが、局側から「50周年までは続けてほしい」と説得され、このタイミングでの引退発表になったという。
 「笑点」は1966年5月にスタートした国民的演芸番組で、歌丸さんは第1回から出演。歌丸さんは「正直、寂しい」と素直な心境を明かすと、「50年間、シャカリキにやってきた番組で、名前と顔を売り出してくださった」と番組にも感謝し、「全てが思い出です」と語った。
 また、「落語をやめるわけじない」と前置きした上で、「噺(はなし)家になって65年、年も80になる。いろいろな節目も重なって決断した。80になったら少し楽をして落語を勉強したいと思っていた」と改めて引退の真意を説明。「若い方に席をお譲りする」とも語り、「笑点」の新司会者については「私が口出しすべきことじゃない」と話していた。(後略)
 (16.5.2『まんたんウェブ』

まさに様々なタイミングが重なっての勇退。

まだまだこれからも現場にこだわり続けることを約束し、周囲からの惜しむ声を耳にしながらの、見事な引き際だと思う。


自分も独演会に足を運んだこともある、我が故郷のスター。

これからもしぶとくその芸を見せていただきたい。

|

« 父から子へ | トップページ | 実写版ルパンはコチラ »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

毎週日曜日、うちで早めの晩酌をしながら笑点を見る。笑点が始まると、あ~今日は日曜日、明日からまた仕事だ~と思うんですよね。
サザエさん的な感じで。。
歌丸師匠・・・円楽さんとの掛け合いも好きだし、女装もよく似合ってるし、もう見れなくなると思うと寂しいですね。
次の司会は誰なんだと話題になってますね。
そして、いよいよ今度の日曜日が最後。
絶対見なくちゃーーー!!

投稿: まんちゃん | 2016/05/20 09:26

まんちゃんさま、こんばんは。

ですよねー。笑点やサザエさんはもう全国民の時計がわりですもんね。
ホントあのテーマ曲が耳に入ると出てくるお休みの終わり感が辛くて…。

フフッ。女装お似合いって!
寂しいですが、しょうがない部分もあるし、22日は絶対に国民全員で見なくちゃー!

投稿: かんげ | 2016/05/20 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63649190

この記事へのトラックバック一覧です: 「お時間となりました」:

« 父から子へ | トップページ | 実写版ルパンはコチラ »