« チェンジナウ!(予備軍) | トップページ | 変わらないところと変わったところ »

2016/03/02

カタカナの意味

東日本大震災、そして福島第一原発の事故以降、メディア等で福島県を「フクシマ」とカタカナにする表記が増え、これに対して差別であるという声が挙がっている。

このカタカナ表記、どういった意味や目的があるのだろう。


きっと元祖で、日本人の多くが目にしているのは、
「ヒロシマ」
「ナガサキ」
である。

そう考えるとやっぱりこの3つの土地の共通項、“被ばく地”(意味は異なるが)というネガティブなイメージからなのだろうか。


しかしながら花形商品研究所が運営する日本各地のニュースを扱うサイト、『みんなの経済新聞ネットワーク』では、
上記には全く当てはまらない
「シブヤ」
「アキバ」
「ヨコハマ」
の名前がカタカナになっている。


さらにこれは地名だけにはおさまらない。

『七人の侍』を撮ったのは、
「クロサワ」。

人名だってあるのだ。


殊に最近多く目にするのは、
「アベ」。

野党が首相を糾弾する時によく使っている。


広島平和記念館サイトがこのことについて答えている。

 Q、どうしてヒロシマとカタカナで書くのですか?

 A、広島を「ヒロシマ」と書きあらわすことについてですが、使い方がはっきりと決まっているわけではありません。新聞では、たとえば、「ヒロシマの記憶」のように、平和や原爆に関連する記事において、普通の地名の広島と区別する意味で使っているそうです。広島市役所では、次のような場合に「ヒロシマ」を使っています。
 意味) 被爆都市として世界恒久平和の実現をめざす都市であることを示す。
 使用例)平和の分野におけるヒロシマの世界的な知名度やこれまでの取り組み・・・
     全人類の共存という立場に立ってヒロシマの被爆体験を継承、・・・
 また、文学作品では、市役所などでの使い方とはちがった、作者自身の思いのこもった使い方がされていると思います。(後略)
 (『広島平和記念館』


これにしたがうと、狭義から順に、

「被ばく地」
  ↓
「平和を目指す」
  ↓
「世界的」
  ↓
「使う人の強い思い」

といった理由だろうか。


そう考えると、“アベ”首相もワールドワイドな存在になったということか。

|

« チェンジナウ!(予備軍) | トップページ | 変わらないところと変わったところ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確かに・・・そんなこと考えたこともなかったです。
しかし、日本ってすごいですよね。
漢字に平仮名にカタカナ。
そして使い分け・・・奥が深い・・・
これ、外国の方は理解できないでしょうねー。

投稿: まんちゃん | 2016/03/08 14:32

まんちゃんさま、きょんばんは!

日本語ってスゴいですよね…思いの丈まで文字に乗ってしまうんですから…!
よく難なく日本語使えてるなぁ自分…

投稿: かんげ | 2016/03/09 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63312522

この記事へのトラックバック一覧です: カタカナの意味:

« チェンジナウ!(予備軍) | トップページ | 変わらないところと変わったところ »