« プ女子について。 | トップページ | イースト菌ブームなの!? »

2016/03/13

まだまだ横浜マラソン

 横浜で唯一の市民参加型フルマラソン「横浜マラソン2016」が13日、開催された。
 2回目の今年も約2万5千人のランナーがエントリー。フルマラソンの男子は、小山祐太さんが2時間25分14秒(速報値)で2連覇を果たした。神奈川新聞社などで構成する同マラソン組織委員会の主催。
 曇天の下、スタート地点の横浜みなとみらい大橋は色とりどりのランナーで埋め尽くされた。潮風を感じながら、歴史をしのばせる赤レンガ倉庫や開港記念会館、横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアム、異国情緒が漂う横浜中華街、山下公園など横浜の観光名所を巡るコースを駆け抜けた。
 横浜南部市場を折り返し地点に、コース後半は起伏の激しい首都高速湾岸線も走破した。
 大会を支えたのが約7400人のボランティア。18カ所ある給水所ポイントでの給水や給食のほか、コース監察などに当たった。給水所では地元横浜を中心にした特産品が時間を区切って提供され、ランナーの人気を集めた。
 (16.3.13『カナロコ』

東京マラソンに続きコチラも落選続きの、“横浜マラソン”を観戦した。

フルマラソン化初回の昨年は、有名人の招聘やメディアとのタイアップなど華々しく開催しておきながら、「実際距離が足りなかった」というズンドコっぷりを露呈させてしまったが、今年はそれもしっかりと修正されたようだ。

雨降らなくてよかった


自分は赤レンガ倉庫周辺から応援していたが、やはりコースが居住区ではないため、東京のそれに比べるとどうしても応援が少なく盛り上がりに欠けてしまうのだ。

点在するイベント会場ではマラソンと関係ないイベントも盛りだくさんで、沿道を歩く人は結構いるけれどもランナーには無関心だったり。


まだまだ“市を挙げて”“街を挙げて”という雰囲気にはなっていないので、さらに上の大会を目指すなら、今後どうやって地域に密着させ、他の地域に宣伝していくかが課題になるだろう。

ガンバレー!

|

« プ女子について。 | トップページ | イースト菌ブームなの!? »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63358171

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ横浜マラソン:

« プ女子について。 | トップページ | イースト菌ブームなの!? »