« まだだった | トップページ | 逆に「居心地悪い」説もあるが »

2016/03/27

失いつつあるものがここに

衝撃を受けた後楽園ホール大会から1ヵ月、FMW、再び。(新木場大会)

激闘の歴史で体はガタガタだけれども、決して器用ではないけれども、
「自分にはこれしかない!」
という揃いも揃いしレスラーたちのその泥臭さ、純粋さ、必死さ…

引退宣言

開戦、FMW×UWF

ナスリンなぜかFM軍


それがあの頃から変わらないFMWという団体のスタイルで、そして最近の華やかなプロレス界から、そして年齢を重ねてきている自分からなくなりつつある思いで…

試合前、ハヤブサの曲を歌った矢口

いつもと同じ、でもいつものように心に響く


だからこそ今、ここのリングに懐かしさと同時に心を揺さぶられたのだと思うのだ。

来年、川崎大会

|

« まだだった | トップページ | 逆に「居心地悪い」説もあるが »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63407638

この記事へのトラックバック一覧です: 失いつつあるものがここに:

« まだだった | トップページ | 逆に「居心地悪い」説もあるが »