« 出てくるな | トップページ | 飲まされた! »

2016/02/03

カナシミの意味

DVDで今さらながら、
『インサイド・ヘッド』
を鑑賞したら、カワイイキャラクターや演出の印象を残しつつも、その内容が思っていた以上に大人・哲学的で驚いた。


“カナシミ”と“ヨロコビ”をはじめ、様々な感情は表裏一体。
悪いことがあるからいいことがある。
いいことがあるから悪いことがある。

その全てに向き合うことによってはじめてそれらは補完され、成熟し、そこから生じる複雑な感情を覚え、同時に色んなことを忘れながら、ヒトは大人になってゆく…


これらのことを、このブログのこの記事のように多くを語ることなく、説教臭くすることなく、ポップに、そして感動的に伝えてくれる。

名作だった。

|

« 出てくるな | トップページ | 飲まされた! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/63165035

この記事へのトラックバック一覧です: カナシミの意味:

« 出てくるな | トップページ | 飲まされた! »