« 朝食で世界を巡る | トップページ | 新宿から秋葉原 »

2015/12/09

明確な楔

1回勝っただけで「あの人を超えた」なんて思わないが、
名実共に今のプロレス界を引っ張っている世代が、いわゆる三銃士四天王世代から明確に結果を出した瞬間って、そう多くあったわけではない。

諏訪魔がやったか!?
棚橋がやったか!?
中邑がやったか!?
オカダがやったか!?
丸藤がやったか!?


今では過去の記憶“亡霊”と戦わざるを得ない状況も多く、歴史的にその世代交代に苦しむレスラー・団体もあった中、
今夜リアルジャパンプロレスのリングで、関本大介船木誠勝から一本とった、しかもベルトをとった、というのは、とにかくスゴいことだと思う。

「技対力」と形容されていたが…

船木「打撃でいく」

関本は飛べるんだ!

絞れ絞れ!

警戒していた浴びせ蹴りは食らわず

右腕一閃

最後はもちろんジャーマン

虎ハンターがプレゼンター

|

« 朝食で世界を巡る | トップページ | 新宿から秋葉原 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天龍源一郎や小橋建太が称された”ミスター・プロレス”の称号。他の競技じゃなく、誰が見てもプロレスラーといえる戦いで、凄さを示していく姿。
今、その称号に近い男は関本大介だと思っています。心技体!人を寄せ付けない怒りも時によりあればと思います。
船木の打撃の強さ、それに屈せずにぶっこ抜き!このカードいいですね!
防衛ロードに期待すると共に、大日本での王座奪回への日々にも期待する年末年明けになりそうですね!

投稿: ばーにんぐK | 2015/12/14 03:10

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

オールドファンの多いリアルジャパンでは圧倒的に不利だと思っていた船木戦…しかしそれを超えてしまうとは、驚きました。
その肉体、その説得力、そのインパクト、その器用さ、関本はホント今の業界を引っ張っていますよね。
逆にどの試合も素晴らし過ぎてまとまり過ぎて…確かに何か、怒りや嫉妬や、いつも以上に特別な感情が見たい気もしてきちゃいますね。ぜいたくな悩みかもしれませんが…。

年末年始も大車輪の活躍をみていきたいですっ。

投稿: かんげ | 2015/12/14 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/62842705

この記事へのトラックバック一覧です: 明確な楔:

« 朝食で世界を巡る | トップページ | 新宿から秋葉原 »