« 色々見たけれど結局この1本 | トップページ | 「今日はスパイスが足りなかった…」 »

2015/10/29

刹那の瞬間に極まれしストロングBJ

大日本プロレス「最侠タッグリーグ」準決勝・決勝。

満員の後楽園ホールは第1試合から大盛り上がり!

極道人気もスゴかった

あわや!

腕一閃

準決勝はストロング×デスマッチの図式に

関根壊れちゃう!

スプラッシュマウンテン


そんな中、ツインタワーズとの壮絶な決勝戦を制したのは、関本大介岡林裕二組。

錚々たるタッグチームがひしめき合う過酷なリーグ戦、本当に強い2人がそれを制したカタチとなった。

タッグベルトも奪取!


それにしても、改めて2015年のストロングBJの隆盛は素晴らしい。

つい数年前までは正直、興行のメインや締めがデスマッチ勢じゃないと物足りなさを感じることがあったが…
今やメインを張るのは当たり前。

もちろんそこに疑問など生じない。


どこへ出しても恥ずかしくない、イヤ、どこよりも強くてスゴくて熱くてカッコイイ、最高のプロレス!

ペイッ

蹴り一発で千人以上の客をわかせる耕平

ダブル

説得力十分の眉山

反撃開始!ここから!

石川のデカい手でひっぱたかれたら首から上無くなっちゃうよ…

ゴーレム降臨


関本岡林耕平修司河上
義人、石川…

現在リングに上がっている選手たち、そしてかつてのライバルたち、魂を削るような闘いで切磋琢磨してきた男たちの理想が、彼らそれぞれの心技体・肉体と経験の成熟のおとずれともちょうど重なり、今ここに実現しているような、そんなまるで奇跡のようなものを目の当たりにしている気分になる。

人間の極限まで肉体をいじめ合うリング上の面々は、まるで聖職者のように神々しい。

これは決して比べるものではないが、"四天王プロレス”を見ていた時のような興奮と、刹那的な気持ちに似ている…。


何年か後、
「あの時のストロングBJは、あの時代の彼らだけにしかできない極上のプロレスだったのだ。」
と語る日が来てしまうのかもしれない。

今年の最侠タッグも大成功!

|

« 色々見たけれど結局この1本 | トップページ | 「今日はスパイスが足りなかった…」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このど迫力は間違いなく大日本から生み出されたものですね!確かに往時の四天王プロレスの趣も感じますが、強き男たちを集結させた団体の指針に拍手。そして肉体を鍛え抜いて各リングで激しく闘った関本と、後に続いた志高き男達の存在…どこにも負けない激突ですね!
この10月はかなりのハードスケジュールだった大日本。本当にお疲れ様と言いたいですね!

投稿: ばーにんぐK | 2015/11/14 03:23

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

先日、「10月は大日本だけでも25試合」という話を聞いてがく然としました…だったら関本は何試合してたんだ…!

しかし彼1人だけではストロングの隆盛はなかったわけですもんね、ライバル、後輩…素晴らしいレスラーたちに拍手です。
両国大会直後の今は特にですっ。

投稿: かんげ | 2015/11/17 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/62669782

この記事へのトラックバック一覧です: 刹那の瞬間に極まれしストロングBJ:

« 色々見たけれど結局この1本 | トップページ | 「今日はスパイスが足りなかった…」 »