« 伝説の | トップページ | おかえりなさい!そして行ってらっしゃい! »

2015/05/27

認知されてるよな、されてないよな

齢90の祖母が、施設での食事をノドに詰まらせてしまい入院したとのことで、お見舞いに行ってきた。

本人ケロリとしていたが、きっと死にかけたことなんてすっかり“忘れている”のだろう。


もちろん、孫の顔も。

今日は調子がいいらしく、自分の顔も色んな人とごっちゃになりながらも認識できたようで、つい1ヵ月前に会ったというのに、
「しばらく見ないうちに顔が長くなったねぇ…。」
と、話していた。


やはり施設に入ると老人は、話す機会も少なくなり、“認知症”というのは進行してしまうもの。

1年前、半年前くらいまでは帰りたい帰りたいと言っていた家も、会いたい会いたいと言っていた飼い猫も、サクラや梅の木々など何十年と愛でてきていた風景も、みんな忘却の彼方となってしまった。


今でこそ疾患名ができしっかりと認識されている病気だけれども、小学生の頃、祖父のお見舞いに行った病室で、
「どちらさま?」
と言われたことがあったが、子ども心にその出来事はショックで…

以降お見舞いも行けなくなってしまったし、お葬式の日も横浜スタジアムに行っていた、なんてことがあった。


しかし今なら少しは理解できる気がする。

特に高齢者の認知症は、自身にとっても色々あるけれども、家族にとっても、“覚悟”という時間の猶予を与える、本人からの最期の“優しさ”なのかもしれないとも思っている。

|

« 伝説の | トップページ | おかえりなさい!そして行ってらっしゃい! »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家族にとっても、“覚悟”という時間の猶予を与える、本人からの最期の“優しさ”なのかもしれないとも思っている・・・・・
 
なかなかこの域に辿り着けないですね。。。。
 
私の祖母も93歳で認知症ど真ん中です。
認知症以外、体はどこも悪いところなくて、このままだと100歳も過ぎるのかしら・・・・
 
本人はぼけちゃってるので多分幸せなんですよね。
でも周りは本当に大変みたいです。
 
私は初孫なんですが、私のことは記憶にあるようで、私の母にも私の姉妹に対しても私の名前で呼びかけています。
 
でも、今、認知症ってほんとに問題です。
これからの高齢化社会。。。
今から予防しておかないと!!
 
DHA!EPA!
中鎖脂肪酸!
オメガ3!!
エゴマオイル!アマニオイル!
 

投稿: まんちゃん | 2015/06/01 17:05

まんちゃんさま、こんばんはー。

イヤイヤウチもそこまで考えられてなかったです。
同居していた時は家族全員が巻き込まれて、それは大変だったしギスギスしてましたし、母親の病気も「祖母の介護の負担がきっかけだ」なんて言われたりもしてました…。

それもこれも本人の年金がしっかり出て、施設の方がめんどうをみてくれるようになってからですよ、一抹の罪悪感と共に…。

保障も人出も足りなくなる将来は、本当に問題だと思います。
一体どうすればよいものか…。

投稿: かんげ | 2015/06/01 18:58

実際の現場にて、認知症の進行を感じる時に、「もっと自分たちは話しかけたり遊んだりできないのかな…」と記録表作成などの仕事で、利用者様を放置しがちな事を悔いる事もあります。

当人の気持ちはどうなのか…私はまだまだ修行が足らないのか完璧には感じ取れませんが、家族様含めて満足していただけるようにしたいです。

投稿: ばーにんぐK | 2015/06/05 00:30

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

やはり現場には人手も、時間やお給料という余裕も、足りてない状況ですよね…。
その中でできるかぎり明るくつとめてくださる方々にはただただ頭が下がる思いです。

これからますます状況は変わっていくと思うと、ちょっと自分ではどうしていいやら考えがまとまりません。

投稿: かんげ | 2015/06/08 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/61678668

この記事へのトラックバック一覧です: 認知されてるよな、されてないよな:

« 伝説の | トップページ | おかえりなさい!そして行ってらっしゃい! »