« いよいよ | トップページ | これが御神酒だ »

2015/03/25

若獅子たち

大日本プロレス若手中心興行「D-MIX'」へ。

宇藤純久
大森達男

2選手のデビュー戦は、バタバタすることなく堂々としていて、さらには感情ほとばしり、驚くほど“でき上がっていた”。


彼らのその1つ上の代、
大下敢
佐久田俊行

そして無期限の渡米&挑戦を発表した、
関札皓太

は、それぞれ大先輩相手に玉砕。


そこからもう2つ上の神谷ヒデヨシも、健闘したもののゴーレムに完敗。


しかしどの試合も歓声を呼び、成長を感じるものであった。


プロレスは、人生だから…

その誕生の瞬間や、
別れの時、
成長の実感、

レスラーの歴史の1ページであるそれを目の当たりにすることは、とても貴重で、素晴らしいことだと思うのだ。


そして眩しく戦う若手たちの姿に、団体の充実を実感した。


またこの興行があった時、彼らはどんな姿でリングに立ってくれるのだろう。

苦しんでもがいて…強くなれ!

認めざるを得ないデビュー戦でした

コバのパイルドライバーがフィニッシュ

155cm

別れを前に

最近の神谷はとてもいい

|

« いよいよ | トップページ | これが御神酒だ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/61361653

この記事へのトラックバック一覧です: 若獅子たち:

« いよいよ | トップページ | これが御神酒だ »