« 花の命は短くて… | トップページ | マッサン »

2015/03/31

これぞストロングBJ、これぞ大日本プロレス

BJW認定世界ストロングヘビー級選手権、
石川修司×関本大介

頂上決戦


エルボー
逆水平チョップ

ニーリフト
ラリアット

ヘッドバッド
張り手

ぺいっ

皮膚が裂ける!

絶望的ヒザ

猛進!


デカくて強くてタフな2人でも壊れてしまうんじゃないかというほどのゴツゴツとした打撃の応酬。

それでも両者は倒れても倒れても立ち上がり、ぶつかり合う。


スプラッシュマウンテン
ジャーマンスープレックスホールド

これで「終わった!」と思ったのに!

何回巨人投げるの!?


完璧にフィニッシュホールドが決まった!
…のに、肩を上げる。


なぜここまでできるのだろう!?

スゴかった。
とにかくスゴかった。


先月の石川×岡林で頂点まで上がったハードルを、ゆうゆうと飛び越えてみせた。

まさにストロングBJ極まれり!


今日はメインだけじゃなく、セミではWユージ、そして新鋭神谷が活躍。

逃げられない…

ストロングの未来


リーグ戦「一騎当千」では、デスマッチ勢が壮絶な試合をみせた。

有刺鉄線レガースイイネー!

デスマッチ頂上血戦

伊東も竹田も容赦ないからー!

天からイサミ


第0試合ではデビュー2試合目の新人が躍動し、大いなる未来へつながる別れが。

宇藤選手のビッグブーツ、いいです

アメリカで、でっかくなれ!


過去も今も未来も輝く、素晴らしい興行だった。

世は春休み最終日。
会場に来ていた小さな子どもたちやプロレス初観戦のお客さんも、大満足だったに違いない。

満員の後楽園ホールを眺めて改めて思った。
今、イチバン観客を裏切らない団体は、間違いなく大日本プロレスだ。

|

« 花の命は短くて… | トップページ | マッサン »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年も有望な新人を複数デビューさせた大日本プロレス。この光景に団体の未来を期待させますね。
石川修司vs関本…この常人離れした肉体同士のぶつかり合い!現代に甦った闘いのワンダーランド!多くの人に伝わって欲しいですね!

投稿: ばーにんぐK | 2015/04/05 00:37

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

いやァ…スゴかった、スゴかったです。
「世IV虎?あんなもんプロレスの範ちゅうですよ。」
って言ってたプロレスラーが、
「石川関本、やり過ぎだよ…。」
と言ってしまうほどの、タフで壮絶な試合でした。

引き合いには出したくないのですが、先の有明で失望感ややるせなさを覚えたばかりだったので…
ここの団体の現状や未来の輝きには、まぶしさを感じずにはいられませんでした。

どこももっと盛り上がって、信頼できるリングになってもらいたいです。

投稿: かんげ | 2015/04/06 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/61371876

この記事へのトラックバック一覧です: これぞストロングBJ、これぞ大日本プロレス:

« 花の命は短くて… | トップページ | マッサン »